コミュ障が転職する為絶対に使いたい2つのサイトと死ぬまで使える考え方

コミュ障が転職する為絶対に使いたい2つのサイトと死ぬまで使える考え方

コミュ障なんだけど転職するにはどうしたら良いのか?と悩んでいる人は日本中で沢山います。

もともと日本人は内気な人が多く、コミュ障で悩んでいると言う人が数多くいますが、結局コミュ障がどんな仕事をして良いか分からない事だらけです。

そこで今回はコミュ障の適職や仕事の探し方を紹介していきます。

転職エージェントを使う

まずいきなり言いますが、転職エージェントというサービスを使った方が良いです。

転職エージェントとは簡単に言うと転職の支援をしてくれるサービスです。たとえば

  • 非公開求人の紹介
  • あなたに合っている仕事を提案
  • 面接の指導
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

などが全て無料で使えます。

あなたはコミュ障と思っていますけど、対人恐怖症になっている程コミュ障ではないですよね?

恐らく仕事の話や業務的な話なら普通に受け答えは出来るくらいのコミュ障だと思います。

そのコミュ障だったらエージェントの人と1対1の会話も普通に出来るはずです。

あなたは仕事選びに悩んでいますが、家族や友人に相談してもあまりいい結果が出ません。そしてネットで検索してもあまり良い答えが見つからない事が多いでしょう。

ではいっその事、転職のプロに相談して求人を紹介して貰った方が一番早いです。

「餅は餅屋」と言うことわざがある様に、転職するなら転職屋に聞いた方が心に刺さる意見を貰えます。

あっ…別に無理やりすすめているわけではないですよ。

ただこうやってネットで検索したり、友人に聞いたりするよりは確実に良いアトバイスが貰えるという事を言いたいだけです。

ちなみに「DODA」というサービスなら平日と土曜日も営業しているので使いやすく、求人数も多く全国の求人もあるので使いやすいですよ。

無料会員登録で今すぐに使う事が出来ますよ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

転職サイトを使う

だけど、ちょっとエージェントは敷居が高いと言う人もいるでしょう。

そんな人は転職サイトを使う事をおすすめします。

転職サイトは先ほどのエージェントと違い、サポートのサービスがないですが、求人だけを観たいと言う人には手軽に使えて便利なサイトでしょう。

ちなみに「リクナビNEKT」というサイトが一番有名なサイトでこちらも全国の求人があるので使いやすさは一番になります。

無料会員登録で今すぐ使えます!

↓↓↓↓↓↓↓

グッドポイント

グットポイント診断で自分の適性を客観的にみよう

コミュ障の人であるあるなのが「自分の適性が分からない」というパターンです。

確かにコミュ障の人は自分に自信がなく、誇れる長所がないと思いがちですがちゃんと調べたら沢山長所は出てきます。

ですが家族や友人に「俺の長所ってなに?」と聞くのは恥ずかしすぎます。私だってそんな事を聞きたくないです。

そこで活躍するのが「グッドポイント診断」という性格診断と適職診断が同時に出来るサービスです。

このサービスは先ほど言った「リクナビNEKT」というサイトから使えますが、これがかなり当たると中々の評判を持っています。

まあ、結局機械的な診断なので100%信じてはいけませんが、参考にする程度だったら全然問題ないです。

こちらも無料で使えるので暇つぶし程度にでも使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓↓

グッドポイント

派遣社員になる

転職=正社員。

社会人=正社員

と日本人は思っていますが、必ずしもそうではありません。確かに「学校で正社員にならないと将来危ないよ」と言われて来たかもしれませんが、人の人生は正社員になれないくらいで終わりません。

むしろ日本は世界的にみても食料が沢山あり、水も公園に行けば無料で飲めて餓死をすることが少ない国でしょう。

だから日本ではなんでもいいので、働く事が出来れば幸せな人生と言うのは簡単に送れますよ。

なので正社員じゃなくて派遣社員になっても良いんじゃないですか?

そもそもあなたが正社員にこだわる理由はなんですか?

  • 親が言ったから?
  • 友人に話せないから?
  • 学校で教わったから?

色々理由がありますが、ほとんどの場合「世間体」を気にして正社員になっているのではないですか?

世間体を気にして無理やり正社員になって疲れるくらいなら、別に派遣社員でも何も問題ないですよ。むしろ正社員になって精神が崩壊して働けなくなる方が問題です。

なので別に正社員のプレッシャーが駄目なら派遣社員で暮らす事も十分可能です。

最悪の場合フリーターになる

派遣社員になれば正社員よりは内定が決まりやすいですが、それでも地域によっては仕事がなかったりします。

その場合はフリーターでも良いのでとにかく働いてみる事が大事です。

もう1度言いますが、日本は食料に恵まれてぶっちゃけ日本で働いていれば餓死になる事はないでしょう。

極端な事を言えばコンビニでバイトさえすれば40年、50年と生きる事は十分可能でしょう。

確かにこれも世間体がと言う話がありますが、それは日本人が勝手に作った物です。世間体がと言う前に働いていれば十分社会人として立派でしょう。

なので、最悪の場合フリーターになる事も考えて下さい。将来とか考える前に今を生きる事を大事にしてください。

大事なのは正社員じゃないとダメと思わない事

ここまでのまとめを言いますが、コミュ障が転職するにはまず「社会人は正社員が普通」という考えを捨てて下さい。

正社員は確かに社会的な信用が高いですが、それは1つの道にすぎません。

世の中には男に貢がせて暮らしている女性もいます。逆に女性に貢がせて暮らしている人もいます。

真似してはいけませんが、この様に働かないで暮らしている人も世の中にはいるでしょう。中には日本の働き方が嫌いで海外で働いている人だっています。

最近ではYouTubeで月に100万円以上稼げる人だって沢山います。

これだけの道があるのに正社員しか道がないなんてもったいないと思いませんか?

もちろんコミュ障で自信がないあなたは、何をするにも「俺に出来るのか?」と思うでしょう。

ですがやってみると案外何でも出来ます。派遣社員でもフリーターでも海外でもYouTubeでもじっくりとコツコツ頑張れば何でも出来てしまいます。

ちょっと熱くなってしまいましたが、とりあえず伝えたい事はコミュ障の人は「正社員にならないとダメ」と考えるのをまずはやめましょう。

立派な仕事より働きやすさが大事

20代の人はとにかく立派に、人に誇れる仕事をやろうとつい頑張ってしまいます。

確かに立派な仕事をやるという向上心は非常に良いですが、あなたの場合は立派な仕事より働きやすい仕事を探す方が大事です。

よく「若い時に苦労しろ」と言う人がいますが、メンタルが弱い人の場合は苦労しすぎると精神が破壊されて30代以降に働けなくなる場合が高いでしょう。

なのでそんな言葉は無視!大事なのは楽な仕事でも良いのでとにかく働きやすい職場に行く事が大事です。

とにかく「苦労することは大事」と思わないで下さい。日本人は真面目なので苦労すればするほどいい結果が出ると思いがちですが、楽をして最高の結果を出している人だって沢山います。

そもそも苦労しても何も結果が出ないこともよくある事でしょう。なのでとにかく楽をする事を考えて下さい。

コミュ障にオススメの職業とは?

ではコミュ障におすすめの職業とはなにか?を書いていきます。

人と喋る事が少ない仕事

まず王道の仕事として人と喋る事が少なく、多少の受け答えが出来ればいい仕事が条件です。

それではどんな仕事があるのかを紹介していきます。

製造業

まずあなたも思っていたでしょうし、ネットでもよくあるのが製造業です。

製造業は工場で部品のパーツを作ったり、食品をパック詰めする事が多くいわゆる単純作業の仕事が非常に多いです。

単純作業なので一度覚えたら、もう人に聞かなくても出来ますしそもそも他の仕事と比べると喋る量が少ない事も魅力的です。

最近は外国人労働者を沢山雇う会社もあったり、自動化が進んでいる工場もあり仕事がなくなるのではないか?という不安がありますが、心配はしなくても良いです。

まず外国人労働者は言葉が通じない人が多く、仕事を教えるのに不便で「やっぱり日本人が良い」という経営者も結構います。そして自動化の話ですが結局一部の製造工程は人力でやらないといけません。

たとえば製品に異常がないかチェックする仕事は機械では出来ません。なぜなら機械は金属や虫などは多少検知出来ますが、髪の毛やホコリ、砂など小さいゴミまでは判別が不可能だからです。

なので「将来的に製造業は危ない?」と思っている人は安心して下さい。自動化で仕事が奪われる事はほとんどないでしょうから。

深夜の工場

工場は工場ですが、深夜の工場もコミュ障の人にはおすすめです。

おすすめの理由は先ほど言ったようにあまり話さなくても良い事と、実は深夜の工場ってかなり訳アリの人が多くいるんです。

たとえば中卒でどこの会社にも内定が貰えない人が深夜の工場に行く事もありますし、元暴走族の人がいる事もあります。

時々ですが、工場によっては知的障害者の人や精神障害者の人も働いていて深夜の工場というのは場所によっては色んな訳アリの人が働いていることがあります。

とはいってもその人たちが暴れる様な人だったり、喧嘩するような人たちばかりというのではありません。皆普通に良い人たちですよ。私も精神障害者の人たちや知的障害者の人たちと働いた事がありますが、皆良い人たちばかりで喋りやすかったです。

もちろんあなたと同じで喋る事が苦手な人も深夜の工場には沢山います。

ですが絶対にそう言う人ばかりではありません。場所によっては普通の人しかいない事もあるので、そこら辺は運に任せるしかないでしょう。

深夜のコンビニ

深夜のコンビニというのは、人がかなり少ないです。

もともと深夜帯は人がほとんどいなくて、やる事といえばトラックで運ばれた食品を並べるくらい。

下手をすると深夜のコンビニは工場より喋る事が少ない可能性も高いです。

それくらい人と喋る事が少ないので、コミュ障の人でもオススメが出来ます。

ですが人が少ないと言ってもお客さん1人1人はキャラが濃い人が多いです。

酔っ払いながら煙草を買う人もいますし、何もしてないのに「おい!!」と怒鳴るお客さんもいます。

ですが、人と喋りたくない、関わりたくないと言うなら時給も高いですし、かなりオススメが出来ます。

清掃業

清掃業はデパートの中やビルの掃除などをする仕事で、これも人と関わる事が少ないです。

床の掃除やトイレの掃除、閉店後にも掃除があるのでやる事が沢山あります。

と言ってもデパートや百貨店などの掃除は基本的に女性のパートさんがやる事が多く、男性の募集がそこまでないです。

ですがビルの掃除などは男性がやる事が多いので、高所恐怖症さえなければ清掃業でも十分働けますよ。

倉庫管理

倉庫管理とは、製品が入った段ボールなどを出荷、在庫管理、整理などをする仕事です。

倉庫管理も基本的に1人か2人で仕事をするのであまり人と関わりません。

倉庫管理で大事なのはとにかく細かく仕事をする事です、製品の在庫管理が上手く出来ないと出荷に間に合わなくて上の人に大迷惑がかかります。

とにかく細かく、周りを見る能力が必要になっていくでしょう。ですが慣れてしまえば後は作業なので、人と喋るのが嫌いな人でも楽に仕事が出来るでしょう。

事務職

事務職といえば楽な仕事や働きやすいことで有名で、今でもかなり人気がある仕事になります。

事務職は基本的にパソコン作業が主になりますが、作業は1人作業が多く話さなくても問題はありません。

時々会社によっては電話対応もすることがあり、不安になる人も多いですがマニュアル通りにやれば電話対応も作業の1つになるので問題はありません。

事務職は定時で帰れる所も多いので、プライベートも充実したい人にはおすすめです。

ネットで出来る仕事

コミュ障の人はそもそも「会社で働くのが嫌だ」と思っている人が沢山います。

そこで特別にネットで出来る仕事も紹介していきましょう!

YouTube

まずネットで出来る代表の仕事といえばYouTubeです。最近はYouTubeで月に100万円以上稼いでいる人が沢山いて、「YouTubeは稼げる」というのは有名になりました。

再生数に応じてドンドンお金が入ってくるので、普通に働いているのが馬鹿らしく思えてしまう事もあります。

ちなみに「顔出しは嫌だ」と思う人がいますが、別に顔出しをしなくてもYouTubeは稼げますよ。

たとえばですけど、ゆっくり実況というジャンルを知っていますか?簡単に言うと機械音声で実況する動画で、ゲームの録画をした後に編集するので「喋りながらゲームをするのは無理」と思っている人にピッタリのジャンルです。

よく分からないと言う人は、代表的なゆっくり実況者の動画を貼るのでぜひ観て下さい。

どうでしたか?ゆっくり実況というのは大体こんな感じです。

それと少しブラックな方法を紹介しますが、テレビ番組などの面白かった場面を張り付けて再生数を稼ぐ方法もあります。

時々ありますが、たとえば某アイドルグループが女性にわいせつな行為をして書類送検になった時。同じグループの1人がニュース番組のレギュラーでいったコメントの部分だけをYouTubeに流す。

そして世間的にはかなり気になる事なので、皆YouTubeでその動画を観ます。そうして再生数が50万再生とかになってお金を稼ぐという方法です。

本来はブラックな手法だけど「とりあえずお金を稼げれれば良いや」と言う人が使っている方法です。

この方法でも一応顔出しはしない再生数の稼ぎ方になります。

この方法以外にもまだまだ顔出しをしないで稼ぐ方法があります。

どうですか?YouTube1つとってもかなり稼ぐ方法はあるんですよ?ちなみに「YouTubeはもう稼げないんじゃないの?」と言う人がいますが、まだまだ稼ぐことは可能です。

よく「稼げない」と言う人がいますが、あれは1か月程度で辞めて頑張ろうとしなかった人が言っている事です。

1年間勉強しながら毎日動画を投稿すれば多少は稼げるようにはなります。それこそ10万円いくかいかないか?くらいの量ですが確かに稼ぐことは可能でしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトというのはブログを書いて、アクセス数を伸ばして広告収入を貰うネットビジネスで、原理はYouTubeと同じです。

アフィリエイトがYouTubeと違う所は今すぐに出来る事です。

ようはブログを書いてアクセスを集めるのが、アフィリエイトのやり方なので無料でブログを始めてしまえば良いです。

人が面白いと思えるような体験談を書くとかなりアクセスが集まりますよ。

「文章力がない」と言う人がいますが、ブログにそこまで文章力は必要ありません。ブログもYouTubeと同じで慣れてしまえば誰でも簡単に出来る様になります。

ちなみに無料ブログでおすすめなのが

はてなブログ

ライブドアブログ

の2つが良いですよ。この2つは使いやすいのと使っている人が多くてアクセスが集めやすい。と言う点もありますが、自分の広告を貼り付けることが出来るのでこの2つじゃないとアフィリエイトは難しいでしょう。

投資家

投資家もネットビジネスの1つになります。

代表的な物で言えば株式投資とFXになります。

この2つはギャンブルの様でお金が減っていくと思っている人も多いですが、「ちゃんと勉強」すればギャンブルではなくちゃんとお金を稼げます。

株式投資なんかは他のネットビジネスと違って完全に1人で出来ます。YouTubeやアフィリエイトなんかは結局ネット上の人を集めるビジネスなので、1人と言われるとうーん…となってしまうものです。

ですが、投資家なら毎日パソコンとにらめっこしてお金を増やすビジネスです。

そのかわり他の2つと比べて難易度もリスクも高い事は言っておかないといけません。

勉強をすれば稼げるようになりますが、コミュ障の人はメンタルが弱い所があるため、お金がなくなるという恐怖に耐えられないかもしれません。

なので個人的におすすめなのが、YouTubeかアフィリエイトでまず10万円以上稼ぐ。そして興味があったら投資をしてみると言う流れが一番良いでしょう。

クラウドワークス

次に紹介するのがクラウドワークスと言って、在宅ワークが出来るサイトになります。

最近在宅ワークというのは流行っていますが、クラウドワークスでは

  • ライター(文章を書く仕事)
  • イラストレイター
  • プログラマー
  • アプリの動作チェック
  • アンケート調査
  • 作曲家

などの仕事が主に出来ますよ。

在宅ワークと言ってもアンケートなどの簡単の物もあるので、「俺には何も特技がない」と言う人でも問題なくやる事は出来ます。

もちろん報酬が少ない事もありますが、「在宅ワークってこんな感じだよ」と言う体験をする事が出来るでしょう。

全てのサービスを無料で使えるので、在宅ワークに興味がある人は下の公式サイトのリンクいってぜひ体験してみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

クラウドワークス

ネットビジネスは1年以上は毎日続けよう

先ほども少し言いましたが、ネットビジネスは1年以上は続ける事を意識しましょう。

先ほど言ったように「YouTubeは稼げないからやめとけ」と言う人がいますが、あれは1か月程度、しかもたいして工夫もしないで適当に動画を投稿した人が言っている事です。

1年と言う時間はかかりますが、適当ではなく工夫をして毎日作業をする事で誰でも確実に稼げるのがネットビジネスの魅力です。

なのでコミュ障で、「会社で働きたくない」と考えてネットビジネスをする人は続けると言う事を意識すれば稼げるようになりますよ。

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます!なんとここまで7000文字以上あるので読むのに時間がかかったでしょう。

長すぎて大事なことを忘れそうなので、今回紹介した中で特に大事な事を伝えます。

  1. 転職エージェントを積極的に使う
  2. 正社員にこだわらない
  3. ネットビジネスをやってみる
  4. ネットビジネスは1年以上続ける

この4つが特に大事なことなので、コミュ障で転職出来ないと思っている人は4つの事を意識すると、転職はスムーズに進みますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする