上司と合わないから辞めたいと思った時に聞いて欲しい事実

上司と合わないから辞めたいと思った時に聞いて欲しい事実

上司が怖すぎて合わないから辞めたい。

20代のころは誰もがそう思っているはずです。20代はみんなから怒られる年齢なので多少はしょうがないと思いますが、それでも毎日怒鳴られたり、嫌味を言われたりしたら我慢の限界というものもあるでしょう。

そこで今回は、上司が怖すぎて合わないから辞めたい。そう思った人のために対処法を書いていきましょう。

結論は辞めても良い

いきなり結論を言いますが、上司が合わないならすぐに辞めても良いです。

世間では、人間関係で辞めるのは甘えだとか逃げだとか言いますが、そんなものは関係ありません。

人間関係はどうしようもない

まず言いますが、人間関係なんて本当にどうしようもない事が多いです。

たとえば、誰もが知っている大企業だって、中をみると人間関係がぐちゃぐちゃなんて事は良くありますし、ネットでよく見るホワイト企業ランキングでよくみる企業でも、人間関係がホワイトなんて保証はどこにもありません。

残業時間や、給料なら求人をみれば多少分かりますが、人間関係なんてほとんど運になるのであなたの上司が怖すぎるのはしょうがない事なんです。

こういうとなんですが、あなたは運が悪かった。そう考えた方が良いですよ。

関連記事:人間関係で仕事を辞めたいと思う人は甘えではないので辞めても良い

関連記事:人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

我慢すると涙が出てくる

上司が合わないのに我慢してると不思議な事に涙が出てきます。

これは女性だけとかそう言う事ではなく、男性も女性も精神的なストレスがあまりにも溜まると涙が止まらなくなります。

ですが、涙が止まらなくても「頑張らないと…」と無理やり自分の体を叩き起こしてまた頑張ろうとします。

ですが、涙が出る時点でもう限界がきているのに本人は全く気付きません。

我慢すると吐き気がしてくる

涙が出るのは人によって個人差がありますが、多くの人は人間関係で我慢すると吐き気がある、もしくは吐くなどの症状が出てきます。

これは私にもありましたが、あまりにも精神的ストレスが大きすぎて朝起きた時に吐き気がある。吐き気があるけど何も吐かずに終わる。

そしてお昼ごろに吐き気は収まるという症状が良くありました。今思えば完全にうつ病の症状だったんですが、私は「社会人だから頑張ろう」と思いそのまま我慢していました。

会社に行こうとすると、拒絶反応をするように吐き気があるので、恐らく一番分かりやすく精神的に限界を知らせてくれたのでしょう。

我慢するとうつ病になる

そして、先ほどの症状があるとうつ病の可能性だってあります。

私の場合は、病院にいかずにそのまま会社を辞めたら、吐き気もなくなり今では普通に働けますが、あと一歩遅かったら私はこの世にいなかったかもしれません。

それくらい毎日追い詰められていましたし、通勤時間に高い山とかビルなどをみると「あの高さから落ちたら死ねるかな?」なんて毎日考えてもいました。

世間では「人間関係で辞めるな」なんて言いますが我慢した結果そのまま命を落とす人だって沢山います。先ほど言ったように私も一歩間違えたら確実にこの世にいません。

なので、上司が嫌という人は我慢しないでそのまま辞めてしまっても何も問題ないですよ。

関連記事:製造業にうつ病の人が多いと聞く驚きの理由は?

関連記事:仕事辞めたいけど次がないという人がやって欲しい転職の最終手段

頭のおかしい上司といると常識もおかしくなる

時々、何をしても怒鳴ってくる頭のおかしい上司もいます。

「この人本当に40代なのか?」と思うくらい頭のおかしくて、頭が固いヤバい人もいますが、そう言った人たちと一緒にいると常識が確実に壊れていきます。

たとえば上司が「サービス残業は当たり前だ!!」なんて言うと部下も時間が経つにつれて「サービス残業は当たり前にする事」と言う風に常識が変わっていきます。

本来サービス残業なんてするものではないですが、変な上司と一緒にいると常識が確実に変わりあなたの今後の人生にも影響が出てくる場合があります。

なので、常識がおかしい人や頭のおかしい上司とは、絶対に一緒に仕事をしないで下さい。

上司は気に入らない人を無意識で怒る

なんかよく怒られると思いがちですが、上司は気に入らない人を無意識で怒る事も実はあります。

やっぱり人間は誰もが好き嫌いをします。それこそ人間の好き嫌いなんて絶対に誰もが持っていることなので、これは仕方がありません。

しかし上司がもし、あなたの事を嫌っているというなら上司はあなたの事をとにかく怒鳴り、痛めつけてストレスを発散しようとします。

これが、課長とか部長などえらい人が嫌いというなら、何も抵抗ができませんが、部下という立場が下の人の場合はやりたい放題が出来るので、あなたは怒鳴られ放題と言う事になっているかもしれません。

辞める前の対処法

本当は仕事を辞めて欲しいですが、そう簡単には出来ませんよね?

それはそうです。仕事は人生のほとんどを占める非常に大切なことです。それをホイホイ転職できるなら、あなたも今困らないでしょう。

なので、辞める前に出来る対処法を書いていきましょう。

心の中で毒を吐く

まず、上司に何か嫌味や叱られたら心の中で良いので毒を吐いてみましょう。

たとえば、「なんでこんな事も出来ないんだよ!!」と叱られたら心の中で「お前の指示の仕方が悪いんだよ」と毒を吐いてやりましょう。

仕事でミスをしたら、全て自分のせいと思いがちですが別にそんな事もありません。場合によっては上司の指示の仕方が下手だったという事もありますし、そもそも威圧的な上司と仕事をすると「怒られるのが嫌だ」と思って、仕事がうまくできない事もあります。

そして今の仕事で頑張ると言うなら、心を強くしないといけません。しかし心なんて簡単に強く出来たらあなたはそこまで苦労しないでしょう。

なので、まずは上司が何か言ってきたら心の中でで良いので、「あの上司が悪い」と悪態をついてやりましょう。

「仕事のミスを人のせいにするのは良くないのでは?」と思ったかもしれませんが、全てのミスを自分のせいにするのは良くありません。

結局心が弱ってしまうと、辞めたくなるのでまずは他人のせいにする事から始めてみましょう。

部署移動をお願いする

仕事を辞める前に出来ることが部署移動です。

結局、上司が嫌と言う場合はその上司と離れないといけません。

一番良いのは、その上司が辞めてくれることですがあなたが嫌いな上司に限って絶対に辞めないので、それは考えない方が良いでしょう。

だったら、部署移動をするのが一番いい方法になるでしょう。

部署移動をするなら、辞めなくて良いので転職をしなくて済みますしたった1つ部署が変わるだけで人間関係は劇的に変わります。

部署移動をするのは、ある意味転職より勇気がいることですが、あなたが話しやすい上司に部署移動をお願いしてみましょう。

「部署移動なんて出来ないでしょ」と思っているかもしれませんが、意外とあっさり認めてくれることも多いですよ。

会社としても、20代と言う若者は逃がしたくありませんからね。

もし部署移動ができないなら、潔く辞めると言う方法も1つの手です。

周りに味方を作る

あなたは、恐らく孤独で上司と戦っているでしょう。誰にも相談できず1人で上司の怒鳴りを浴びているかと思います。

そんなときは、同じ会社で味方を作ってしまえばいいんです。結局人間というのは孤独になるのが一番ダメです。

1人の人がどれだけ正しい事を言っても、10人がそれを否定すれば正しい事ではなくなります。

よくTwitterなどのSNSなどで、1人の発言を集団でボコボコにすると言うのと同じです。たとえTwitterの1人が正しい事をいっても、それを否定したい100人の人がボコボコにすればその正しい事は、間違っている事に変わるでしょう。

この様に、孤独な人は結局勝つことが難しいです。だからこそこっちが味方を作ってしまえばあなたの心は楽になりますよ。

試しに、嫌いな上司の愚痴を話しやすい人に、言ってみましょう。もしかしてその人が愚痴を聞いてくれるかもしれませんし、その人も上司の事が嫌いで同感してくれるかもしれません。

ちなみに、「人の悪口を言うのは良くない」と言いますが愚痴を言わないと精神的に病みやすいです。

こういったらもやもやするかもしれませんが、結局会社が長続きする人は、人の悪口を言って発散して味方を作る人。そういう人が一番長続きしますから。

たとえばいつも人の悪口を言っているおばさんが、一番会社の中で好き勝手出来るのと同じ原理です。

嫌いな上司の話は真剣に聞かない

心が弱ってる人は、人の話を真面目に聞きすぎです。それこそ嫌いな上司の言葉を真正面から受け止めているでしょう。

恐らく、「反省しないと」とか「仕事のミスは俺のせいだから、お説教は真面目に聞く」という事を思っているでしょうけど、別に嫌いな上司の話は真剣に聞かなくても大丈夫です。

てきとうに受け流してやりましょう。嫌いな人からの説教からは何も学べません。

これが本当に尊敬する上司の言葉なら、真面目に受け止めるべきですがあなたが大嫌いな人からは、特に学べることがありません。

そもそも学ぼうとしても、嫌いと言う感情のせいで嫌な気分しか記憶されないでしょう。

なので、怒られている時は今日の晩御飯でも考えて、てきとうに受け流すとメンタルが安定しますよ。

ストレス発散方法を沢山持つ

ストレスの発散というのは非常に大事です。結局ストレスを上手く発散しないと体調も崩れますし仕事も長続きしません。

仕事ができない人でも長続きするのは、ストレスを上手く発散してるからです。

たとえば、20代の人が嫌いなことが多い飲み会ですが、あれだって立派なストレス発散です。

お酒の力を借りて楽しい気分になり、日ごろの仕事の不満を出してとにかく騒ぐ。

これだっていいストレス発散方法でしょう。

なので、あなたも色々な状況に合わせてストレスの発散方法があると、仕事でもメンタルが安定するでしょう。

たとえば私は、本当に限界まで落ち込んでいるときは、YouTubeで自然の音が流れる動画を流しています。

小鳥の鳴き声とか、川の音とかとにかく自然の音を聴いてボーっとするのが私のストレス解消法です。

そして、ちょっと回復したらHuluでアニメや映画などをリラックスした体制で観ます。

タブレットを立てて、ソファーでゴロゴロしてポテチを食べて、コーラを飲みながら観る。これが意外と癒されますよ。

もし、ストレス発散方法が分からない場合は、私の真似をしてみましょう、YouTubeは今すぐ観れますし、Huluは31日間の無料期間があるので、合わなかったら解約すればいいだけなので、とりあえず使ってみるだけと言うのもありです。

↓↓↓

Huluでストレス発散したい人はこちら

嫌いなら嫌いとハッキリ思う

上司が嫌いだったら、はっきりと嫌いと思った方が良いです。

よくあるのが、「人を嫌いになってはいけない」と勝手に思い込んで嫌いな上司を好きになろうとする事でしょう。

一言言わせてもらうと、嫌いな人はずっと嫌いで好きになることはほとんどないですよ。

なので嫌いなままで良いので、決して無理やりその人の良い所を探して好きになろうとしないで下さい。

辞める時の対処法

では次は、もう限界と思い仕事を辞めたいと思った時の対処法を書いていきましょう。

貯金を確認しよう

まず、貯金を確認する事。これが一番大事です。

辞めるのは全然良いですが、多くの人は貯金を確認しようとしません。

なので辞めた時に、生活費が足りなくて困る人がよくあることになります。

本当にもう、会社に行こうとすると吐き気が出るレベルの人は、そのまま辞めても構いません。むしろサッサと辞めないとあなたの命に関わるでしょう。

ですが、それ以外でまだ余裕がある人は生活費が半年分あるかどうかを確認してから辞めるのも遅くはないでしょう。

というのも、転職って意外と時間がかかります。2か月で転職をするという人が5か月くらい転職に時間のかかる事なんて普通にあるので、とにかく予想以上に時間がかかります。

もう1度言いますが、余裕がなくて会社に行くと吐き気がするレベルの人なら今すぐ辞めてください。

ですが、余裕のある人は半年分の生活費を貯めてから辞めるとよりよい転職が出来るでしょう。

余裕があるなら、在職中に転職

個人的には、辞めてから転職と言うのも良いんですがどうやら在職中に転職をした方がメリットがかなりあるみたいです。

たとえば、在職中に転職活動をすると心の余裕が出来ます。辞めてからの転職活動をすると面接に1回落ちるだけで「ヤバいかもしれない」と思いますが、在職中だと「落ちたけど次がある」と思いポジティブになる事が出来ます。

そのおかげで、焦ってブラック企業に入社する事を避けられるため、非常にいい選択になるでしょう。

ですが、これも余裕のある人だけです。もう限界と感じるなら何度も言うようですがすぐに辞めて下さい。後先考えずに辞めても良いんですよ。

最悪の場合派遣社員も考える

多くの人は、正社員から正社員になることを考えますが、正社員と派遣社員になることも考えた方が良いでしょう。

正社員の転職も今の人で不足の時代なら、問題なく出来るでしょう。しかし心に余裕がないと「正社員になれないなら死ぬしかない」と思い込んでしまう人も沢山います。

実際に正社員になれないせいで、命を落とす人だって日本には沢山いるので冗談ではありませんよ。

ですが、派遣社員になるという選択肢も頭に入れるだけで心の余裕がまるで違うでしょう。

ちなみに言うと、ずっと派遣社員で働けなんて言う訳ではありません。

恐らく派遣社員で働いてみて、と言うと

  • 将来が不安定
  • 世間体が下がる
  • 親を安心させれない
  • 男は正社員じゃないと

と色々言いたいことがあるでしょう。個人的には意見では別に派遣社員で働くことも悪くないと思いますが、それでも正社員が良いよと思う事があると思います。

なので、正社員になれるまでの繋ぎと考えて良いです。派遣社員だったら空白期間になることもないですし、派遣会社に相談すれば定時で帰らせてもらう事も可能です。

それに、派遣社員だって頑張ればそのまま正社員に上がることだって可能なので、派遣社員というのも悪いものではないですよ。

転職エージェントを使う

もし仕事を辞める事をもう考えているなら、転職エージェントを使ってみるのが良いでしょう。

転職エージェントは簡単に言うと、あなたの転職を全力で支援してくれるサービスです。

  • 求人の紹介
  • 仕事内容の確認
  • 履歴書のチェック
  • 面接の練習
  • 年収の相談

などなど、個人でやっていると絶対に受けられないサービスがあるのが、転職エージェントの特徴です。

1人で転職活動をすると、どうしても視野が狭くなりがちで上手くいかない事も多いです。しかし転職エージェントを使うと、担当者の人が客観的な意見を言ってくれるので非常に約に立ちますよ。

ちなみに使うならリクルートエージェントという所が、日本の中でも大手のサービスなので初めて使う人は大手なので、安心して使う事が出来るでしょう。

リクルートエージェントは完全無料で使う事が出来るので、ぜひ相談だけでも良いので使ってみて下さい。

嫌な上司から逃げることが出来ますよ。

↓↓↓

リクルートエージェントの登録はこちらから

関連記事:20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

ゆるい職場にとにかく逃げる

あなたに大事な事は、とにかくゆるい職場に逃げる事です。

20代の時は、厳しい環境で働いて自分を成長させろなんてよく聞きますが、厳しい環境にいたせいでうつ病になり、働けなくなる人も沢山います。

しかも、厳しい環境でストレスを抱えたせいで30代の時に脳梗塞になって、右手が不自由になる人だって実は日本には沢山います。

結局病気になってしまったら、全く意味がないので今は緩い職場に逃げることだけ考えて下さい。

あなたに大事なのは成長ではなく継続です。長続き出来る職場を探して見て下さい。

とにかく逃げる事を最優先しよう

色々書きましたが、とにかくヤバかったら逃げる。まずはこれだけでも覚えて下さい。

たとえ、1年で辞めようとも1か月で辞めようとも自分がまだ元気ならいくらでもやり直しができます。

ですが、1度でもうつ病になってしまうと復帰までの道のりは険しいものとなるでしょう。

なので、壊れる前にサッサと逃げる。これだけは覚えて下さい。

まとめ

今日のまとめ

  • ヤバそうなら逃げる
  • 余裕があるなら貯金をする
  • 転職エージェントに頼る

この3つだけ覚えてくれたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする