会社を辞めたい

会社が嫌いな時に出来るぜひやって欲しい5つの対策

 

こんな会社嫌いだ!!

 

そう思っていまこのページを観てませんか?

 

今回はそんな会社が嫌いな人のために、会社が嫌いな原因と対策を書いていきましょう。

 

ちなみに結論を言うと「嫌いならサッサと辞めてしまおう!!」というのが私の答えです。

 

上司が嫌い

 

まず、一番多い回答ですが上司が嫌いで会社も嫌いと言う人がいます。

 

そもそも日本人が会社を辞める理由が、「人間関係」というのがネットのアンケートでも結果が出ています。

 

人間関係で辞めるが、毎回半分くらいの割合になっていて、あとは残業の長さというのが会社を辞める理由なので、上司が嫌いな人は沢山いるでしょう。

 

  • 理不尽に怒る
  • 言ってる事が違う
  • クソみたいな人生論が鬱陶しい

 

などなど、理由は沢山ありますがとにかく上司が嫌いで会社も嫌いになる人はかなり多いです。

 

対策は?

 

上司が嫌いというなら、徹底的に逃げる方が良いです。

 

よく「上司が嫌いならその上司を好きになろう」とか「上司が嫌いでもちゃんとつき合わないと社会人失格」などとにかく嫌いな上司でも無理やり我慢するとか好きになるとかありますが、あれは無理と思って良いです。

 

そもそも人間は性格が合う人と、合わない人と言うのが絶対にいます。たとえ悟りを開いたお坊さんだとしても、絶対に嫌いな人とか合わない人はいるはずです。

 

そんな合わない人の事を無理やり好きになるのは時間の無駄と言えるでしょう。

 

だったら、最初から嫌いなら嫌いでいいので、とにかく関わらないようにするのが良いです。

 

たとえば仕事の報告をする時はまとめてやって、簡潔に終わらせるとか。無駄な事は一切話さないで用件だけ簡単に伝えるとか。上司と関わる時間を減らす事は十分可能になります。

 

怒鳴る上司でも理不尽な上司もどんな人でも、関わらないようにすれば多少は効果があります。

 

そして大事なのが嫌いという心を大事にして下さい。「あの上司は大嫌い」その感情を我慢しないで下さい。そうすると「この人は嫌いだから仕事の話だけしてサッサと逃げよう」と思えるのであなたのストレスの原因が少なくなっていきますよ。

 

 

同僚が嫌い

 

これも人間関係の悩みですが、同僚が嫌いで会社も嫌いと言う人もいます。

 

同僚は上司に比べると怒る事もないですし、理不尽に叱ってくる事もないので多少楽だと思いますが、そんな事もありません。

 

たとえば仕事をしてないのに上司に評価される、意外とそういったことが多いのではないですか?

 

同僚の仕事はよく見るけど明らかにサボっていたり、上司にごますりをしたりなどこっちが雑用などを頑張っているのに自分だけ評価を上げようとしているせいで、腹がたつ人も沢山います。

 

同僚が嫌いな原因はこういった、「なんで仕事をしてないの!」で嫌になる場合がよくあります。

 

対策は?

 

対策としては、同僚が仕事を押し付けてきたら断る。これが一番良いですね。

 

そもそも同僚にイライラする場合は、同僚がずる賢い事をして、上司の評価が上がるのが気に食わない事が多いです。

 

しかしここで「あの人は仕事してません」と言っても無駄です。上司は同僚の事を気に入っているので、逆にあなたの評価が下がるだけです。

 

ならせめて、同僚から仕事を押し付けられたら断るのが良いでしょう。

 

同僚にイライラするならせめて、こちらが使われない様にするしかありません。

 

 

会社の方針が嫌い

 

そもそも会社のやり方が嫌いな人もいます。

 

たとえば営業をする時に、デメリットは全て隠して良い所だけ伝える。そして強引にでも良いから押し売りをするなど自分のやり方と合っていないような方法だと、根本的に嫌いになるでしょう。

 

対策は?

 

会社の方針自体が嫌いな人は、早めに会社を辞めるしか方法がありません。そもそも会社の方針や社長や部長など上の人たちが決めます。

 

上の人たちが決めて、後は部下の我々が仕事をする。それが会社の基本的な仕組みです。

 

そして日本人は実力があっても、立場が上の人に逆らってはいけないという考えがあるでしょう。

 

そういった習慣が日本人にあるので、会社がどれだけ間違っていても上司に逆らおうとすると「お前が間違っている」と集団であなたを否定しにくるでしょう。

 

会社の方針はどうあがいても変える事は出来ません。なのでサッサと仕事を辞めた方があなたのためになります。

 

 

会社の残業が嫌い

 

会社の労働時間が長すぎるのも嫌いになる原因の1つです。

 

最近は残業時間を少なくしてプライベートの時間を楽しむのが主流になっています。

 

昔みたいに働きまくるという時代は少しずつ終わりになっています。

 

そのお陰で残業が多い所は嫌いという事になるでしょう。

 

しかも自分の仕事が終わっても「上司が帰らないから俺も帰らない」と言う状態になるので「なんで仕事がないのに残業するの?」という考えにもなってしまいます。

 

対策は?

 

この場合は3つほど対策がありますが、まず1つ目は無理矢理帰ってしまうことです。仕事がないのに残業するのは普通に考えておかしいです。それこそ本来は定時で上がって良いはずなのに、上司が帰らないから俺も…と言う風になっては時間の無駄になります。

 

なのでとにかく無理矢理でも帰ってしまうのが良いです。そして3か月も定時で帰ったら「あいつは定時で帰る人」と諦められてあなたの勝ちになります。

 

多少上司の評価が落ちますが定時で帰りたいなら無理やりにでも帰った方が良いでしょう。

 

2つ目の方法は部署移動をすることです。同じ会社でも部署が違うだけで天国と地獄のような違いがあります。

 

よくあるのが工場で夜の9時まで残業する部署がありますが、事務員の場合は定時で帰れるというのがあります。

 

1つの会社でも定時で帰れる場所とそうではない場所があるので、残業が多すぎると言う場合は他の部署の労働時間を調べる。そして定時で帰れる所に行った方がいいでしょう。

 

3つ目は利用するだけ利用することです。

 

残業が多い会社というのは、多少サボっていてもバレません。これは私の経験ですが残業が多い所だとだいたい定時を過ぎると皆疲れて動きが遅くなります。

 

それはそうですよね。朝の9時から働いて夕方の5時ごろまで働く。1時間の昼休憩があってもだいたい7時間は動いている事になります。

 

しかもそこから2時間、3時間と残業があるので疲れないはずがありません。なので朝に比べると動きが半分以下になる人もいますし、隠れてサボっている人もいます。

 

これを利用して、自分も隠れてサボりつつ次の就職先を探すとか、副業をするとか資格の勉強をしてみて下さい。

 

ちなみに私は残業が多い会社にいた頃は「トイレに隠れてスマホで副業」をした事があります。

 

アプリのレビューを書いたり、アンケートに答えたり副業で自分がやれそうで儲かりそうなものはないかと調べたり、サボって色んな事をしていました。

 

もちろん回数を重ねるとトイレでサボっていることがばれていましたが、無視をして続けたら諦められました(笑)

 

この様に残業が多い会社というのは意外と利用価値があります。そもそも作業効率が半分以下になっているので私のいた会社では残業しても全く意味がありませんでした。

 

この様に真面目に残業をする必要はありません。逆に残業を利用して次の就職先を見つけたり、勉強して将来のために備える不真面目さが必要になります。

 

辞めても良いけど準備だけはしよう

 

最初のほうに会社が嫌いなら辞めようと言いましたが、辞める前に準備だけはした方が良いです。

 

転職をした事がない人は、まだ経験がないので分かりませんが転職って結構焦ります。

 

それこそ最初はホワイト企業が良いなと思って探していると、「内定が貰えない、もうどこでも良いから入りたい」に変わってしまいます。

 

なので、辞める前にとりあえず転職をする為に準備だけをしておきましょう。

 

まず最初は転職サイトに登録する。転職する時はハローワークを使う事が多いですが、ネットの転職サイトを使った方がホワイト企業の確率も高いですし、全体的に給料が多い求人があります。

 

リクナビNEXTというサイトが求人数も多く、幅広い職種もあるので転職初心者の人には使いやすいサイトになります。

 

そして転職エージェントというサイトにも登録しておきましょう。

 

転職エージェントもネットを使った転職サイトに変わりませんが、エージェントの凄い所は内定を貰えるまであなたを支援してくれる事。

 

エージェントでは1人1人に担当者がついていて、あなたの経歴と希望にあった求人の紹介。あなたが内定を貰えるために必要な面接の練習、あなたが書類選考で落とされないための履歴書のチェックなどがやってくれる事です。

 

転職って孤独なイメージが強いですが、転職エージェントだと手厚い支援をしてくれるので使った方が良いサービスです。

 

ちなみにDODAという転職エージェントが転職業界の中でもかなりの大手で、転職初心者で転職エージェントがよく分からない。そんな人にも使いやすいですよ。

 

もちろん無料で全てのサービスが使えるので、登録だけしても損はないですし、「どんな求人があるかみたい」と言う人でも全く問題ありません。

 

DODAは土曜日にも営業しているので、休みの日に行くだけでも転職が現実的にみえますよ。

 

リクナビNEXTの無料登録は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXTの登録はこちらからどうぞ

 

転職エージェントの「DODA」は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

 

 

1歩外に出たら狭い世界で生きていたのがよく分かる

 

会社が嫌いだから転職したい。だけど転職は怖いと言う人がいるでしょう。

 

だけど転職をして外の世界に出たらどれだけ自分が、狭い世界を生きているのかよく分かります。

 

探せば残業がない会社も沢山あるし、残業がなくて今より高い給料がもらえる仕事も沢山あります。

 

だからもっと気軽に転職を考えても良いよ思いますよ。

 

まとめ

 

会社が嫌いだからと言って、無理に好きになる必要はありません。むしろ嫌いな人は嫌いなままで次にどうすればいいのか?を考える事が出来るチャンスとも言えます。

 

私としては嫌いな物は嫌い!好きな物は好き!とハッキリ言えた方が人生はもっと楽しくなりますよ。