仕事ができなくて辛いと思った時の心が安らぐ8つの対処法

仕事ができなくて辛いと思った時の心が安らぐ8つの対処法

仕事があまりのも出来なくて辛いと感じたことはないですか?

  • 失敗して上司に怒られる
  • 失敗して申し訳ない気持ちになる
  • 失敗して自信をなくす
  • 失敗して辞めたくなる

などなど、仕事の失敗で辛い事が多いですが、今回は仕事が出来なくて辛い時の対策法を書いていきましょう。

メモをしっかりとる

まず、単純だけど意外と出来ない事がメモをとることです。

メモをとることは新人の時はやっていたかもしれませんが、失敗したときにメモをしていないのではないですか?

本来メモは仕事内容を忘れないようにするためのものですが、失敗したこともメモをしておくと仕事のミスが減ってきます。

たとえば、事務仕事のデーター入力でミスが出たとしましょう。本来ならデータ入力でミスをしたらそのままにする人が多いですが、まずは失敗したことをしっかりとメモをする。

そしてメモをした後に「どうすれば改善点がみつかるか?」と考えたり、「次は失敗しないためにチェックの回数を増やそう」と具体的な対策を立てた方が良いでしょう。

仕事ができないのは最初は当たり前でしょう。どんな人でも何かしら仕事のミスは出てしまいます。

ですが、仕事ができる人は失敗した後に2度と失敗しないように対策案を素早く出します。

しかし仕事ができない人は、「失敗した…落ち込む…」と何も対策をしない事が多いので対策が全くできません。

なので失敗したらまずメモをする。メモをした後に具体的な対策案を出して次はミスをしない様にする。ここまでが重要になるでしょう。

整理整頓をする

仕事ができない人であるあるなのが、整理整頓が全くできない事です。たとえば自分が使う机の上は常に書類で汚いとか、デスクの机の中がぐちゃぐちゃになっているなど、自分の使うものが整理できていません。

そして人がみえないところはもっとひどいです。たとえばロッカーの中とかカバンの中などは人がみないので、もっとぐちゃぐちゃになっている人がいるでしょう。

だからまずは整理整頓をするようにしてみましょう。

ちなみに整理整頓をする時は自分で100均のペン立てや書類入れなどを買った方が良いですよ。

会社にあるものより自分で買った物の方が愛着がわきますし、使いやすいものを選べるので自分で買ってしまいましょう。

沢山失敗をする

仕事ができないと思った時は逆に失敗を沢山した方が良いでしょう。

失敗はしたくないと思っていますが、これには理由があります。それは失敗をあまりにも恐れることを防ぐためです。

仕事ができない人は、失敗を恐れるあまり「失敗は絶対にしてはいけない」と気合を入れすぎて逆にプレッシャーになってしまうでしょう。

確かに失敗はしてはいけないと思うのも良い事ですが、それがあまりにも強いと体が硬くなってしまい、失敗がドンドン増えます。

たとえばですが、命綱がある状態で綱渡りをするのと、ない状態で綱渡りをするのどちらが失敗の確率が高いのか?それは命綱がない状態で綱渡りをする事です。

命綱があるということは、最悪の場合失敗しても命は助かります。しかしない状態で失敗したら命が亡くなるでしょう。

その命がなくなるかもしれない状態で、綱渡りなんてしたら大半の人が失敗するでしょう。

この様にあまりにも緊張すると、本来できる可能性があるものが出来なくなります。

だからこそ、沢山失敗をして失敗に耐性をつけます。「上司が怖い」と思うかもしれませんが、ここで沢山失敗して緊張をなくすと仕事が出来る様になり、上司に怒られなくなるので結果的にも良いでしょう。

もちろん沢山失敗する中で、メモを取って失敗しない様に対策をするのも忘れないで下さい。

心の中で毒を吐く

失敗を怖がる人は、非常に優しくて真面目な性格の持ち主です。それこそ人に迷惑かけたくないと思って、仕事を辞める人もいるのでそうとう真面目な性格の人でしょう。

しかし優しすぎるのも実はよくありません。確かに失敗が多いの悪い事ですが、それを全て自分のせいにすると疲れてしまいます。

なので時々仕事の失敗をして上司に怒られたら「お前の指示が悪かったんだよ」と心の中で毒を吐いてやりましょう。

ここで大事なのが、心の中で毒を吐くことですよ。決して口に出してはいけません。喧嘩になってしまうので(笑)

「他人のせいにする事は悪い事では?」と思うかもしれませんが、多くの上司がミスを認めない人もいるので、あまり問題はないでしょう。

上司というのは部下になめられてはいけないので、自分のミスを認めようとしない人が多いです。

それこそ100%上司が悪いことになっても、部下のせいにする上司もいるので全てを自分のせいにするのは正直いって馬鹿馬鹿しいです。

なので、ミスをしたら心の中で「お前のせいだ」と毒を吐いてやりましょう。そうすると多少は精神的に楽になりますよ。

質問をしっかりする

仕事ができない人の特徴として、分からない事は質問をしない。という人が多いです。

質問をしない気持ちも分かります。

「こんな簡単なことで質問をして良いのか?」

「同じことを質問して良いのか?」

「こんなことを聞いて怒られないのか?」

と色々な事を思うでしょう。確かに質問して怒られる場合もありますが、それでも失敗して怒られるよりかは全然ましです。

なので、分からない事は怒られても良いので素直に質問した方が良いですよ。

怒られても、「なんだこいつ」と先ほどと同じように心の中で毒を吐いてやりましょう。

何度でも言いますが、自分のせいにしてはいけませんよ。上司が悪いことは悪いと思って良いです。

それを言うと立場上危なくなる事が多いので、決して口に出してはいけませんが、自分のせいにするのと上司のせいにするのでは精神的な辛さがまるで違います。

上司だって本当に仕事ができる上司と、給料泥棒と思われても良いくらいダメダメな上司がいるので、ダメな上司の場合は失敗を自分のせいにするのも時間がもったいないですよ。

会社内で味方を作る

あなたに大事なのは、会社内で気軽に喋れる仲間がいないことではないですか?

確かに喋るのが苦手だったり、年上ばかりで喋りにくい、新入社員で会社に馴染めないという事もあるでしょう。

しかし会社内で愚痴れる人が1人いるだけで、仕事ができないと思っても精神的に楽になるので仕事は長続きします。

ちなみに私が時々やっている、仲間を作る方法は仕事の愚痴か嫌いな上司の愚痴を言う事です。

愚痴と聞くと嫌な響きがありますし、上司に愚痴も言いたくないと思う事もあるでしょう。

しかし悪口を言ってはダメなんてただの綺麗ごとです。人間生きていれば嫌いな人は絶対に1人は出てきます。

どんなに優しい人でも気に入らない相手は絶対にいるので、悪口を言ってはダメなんて思ってはいけませんよ。

むしろ不満を自分の中で溜めると仕事が辛くなく原因にもなるので、愚痴を吐くというのは非常にやって欲しい行動になります。

ですが、いきなり上司の愚痴をいうのは難しいでしょうから、仕事の愚痴とかでも十分良いですよ。

たとえば年齢がまだ近い人に、「最近仕事の量多いですね」と世間話程度に話してみましょう。仲良くない人でも多少は反応があるはずですし、そこから少しずつ会話をすれば仕事の愚痴仲間が沢山増えていきます。

結局不満を言わないとドンドン溜まるだけなので、不満や嫌な人の愚痴は喋るまくるくらいがちょうどいいですよ。

100点を求めない

仕事ができない人は常に100%を求める完璧主義です。

それこそ常に完璧を求めて、常に高い仕事をすることをイメージしてますが、完璧主義になると精神的に疲れてしまうので辞めた方がいいでしょう。

仕事なんて常に80%、いえ60%でいいんです。そもそもあなたは本当に仕事ができないですか?

実は思っている以上に仕事が出来ているのではないですか?

あなたは真面目な性格なので、ちょっとしたミスでももしかしたら仕事ができないと思い込んでいるかもしれません。

なので一度力を抜いてリラックスして60%程度で良いのでゆっくりとやってみましょう。

そもそも会社の多くの上司はサボっている人が多いです。面倒な仕事は全て新人に任せますし、会社内を知り尽くしているから、適度に人がこない場所でサボっている人もいます。

しかも、仕事が長続きする人ほど実は効率的に仕事をサボる人が多いです。みんな仕事を続けるため適度にサボって適度に仕事をやって、給料を貰っています。

参照:メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

もちろん毎日仕事を全力でやれる人もいますが、そういう人は心の底から仕事が大好きな人間なので、あまり真似できるものではないでしょう。

なので、あなたも一回力を抜いてみましょう。60%で余力を残して頑張ってみましょう。そうすると精神的に楽になりますよ。

小さな成功体験を持つ

仕事ができないと思う人は精神的に弱い部分があります。

それこそ小さい失敗で30分くらい落ち込む事もあるので、何でもできないと思いがちです。

そこで小さな成功体験で少しで良いので喜んでみることが良いですよ。

たとえば、いつもやっている仕事がいつもより5分早く終わったとか、いつもよりミスが少なかったとかそういう成功体験を重ねていくと少しずつですが自信に繋がっていきます。

いま、うさん臭いなと思いませんでしたか?確かに聞くだけなら胡散臭いと感じる事も多いです。

ですが、小さい成功体験でも喜ばないとこれも精神的に辛くなることが多いです。

ちょっと極端な事を話しますが、たとえば会社内で営業成績が1位をとったとしますよね?

普通だったら「流石俺だな!」と喜ぶことですが、あまりにも喜ばない人だと「この会社内だから1位が貰えた、ほかの会社ならそうはいかない」と自分の実力を全く認めようとしません。

実際にいますよ、絶対に自分の成績を褒めようとしなくて、失敗ばかり攻めてしまう男性が。

そしてここまでくると、基本的に成功では絶対に喜ばない、そして失敗ばかり気になって精神的に追い詰められてしまいます。

そうならないためにも、まずは自分の事を褒めましょう。褒めないと失敗ばかり目立ってしまい辛くなります。

なので今から自分を褒める練習としてやってみましょう。そうしないとあなたは課長になっても部長になっても仮に社長になったとしても「俺はダメなやつだ」と精神的に追い込まれることになるでしょう。

20代ならしょうがないこと

ちなみに仕事ができないのは20代なら仕方ない事とも言えます。

やはり20代と言うのはそもそも経験がないです。経験がないことをやるのはほとんどの人間は無理なので、失敗が増えるのは仕方ないと言えるでしょう。

それに20代の人の多くは仕事にやる気がない人だっています。

  • 好きな仕事じゃない
  • やりたい仕事じゃない
  • なんとなくてやっているからやる気がない

などと、20代の人があるあるで社会人1年目、2年目、3年目の人は意外と仕事にやる気がない人がいるでしょう。

やる気がないから失敗する。失敗するから落ち込んでしまう。こんな悪循環になってしまいます。

なので、今は仕方がないことなのであまり気にしない方が良いですよ。

今の事を考える

仕事ができない人はつい先の事を考える癖があります。

これが終わったら次の仕事は…

この仕事は30分くらいで終わるから次の仕事は…

と言う風についつい、あまたの中で先の事を考えてしまう癖があります。

仕事で常に先の事を考えるのはいいですが、仕事ができないと感じるなら今この瞬間の仕事に集中しましょう。

まずは今の仕事。そして終わったら次の仕事と言うように一個一個を確実にやるようにすると、失敗の確率は減っていきますよ。

丁寧に仕事をやる

仕事ができない人は、つい焦って仕事をやってしまいます。たとえば「この仕事を1時間くらいでやってくれ」と言われたらかなり早めに仕事をやり、丁寧さが全くなくとりあえず提出すればいい。と言う風になってしまい結局仕事でミスをして怒られてしまいます。

確かに上司に怒られるのが嫌ですが、それでも仕事でミスをしたらあまり意味がないでしょう。

なので、落ち着いて少し遅れても良いのでミスを減らすことを心掛けていくのが良いでしょう。

焦ってやると本当に良い事がありませんよ、

焦った時は深呼吸

とはいっても、どうしても焦ってしまうことだってあるでしょう。そんなときはゆっくりと深呼吸をすると意外と落ち着く事が多いですよ。

深呼吸は緊張をなくす方法としてよく使われますが、なんだかんだ言って一番効果があります。

もしあなたが焦ってしまった時は、ゆっくりと鼻から息を吸って口で吐く。それだけで良いのでぜひやってみて下さい。

本当は3秒間息を吸うとか、細かい方法があるんですが本当に焦ったときって正しい深呼吸のやり方を忘れるので、鼻から吸って口から吐くだけを覚えれば大丈夫です。

周りの目を気にしない

難しいことですが、結局周りの目を気にしないことが一番良いでしょう。

やはり、仕事の失敗で深く落ち込むということは、あなたが責任感の強い性格というのもありますし、他人の目を気にしている原因にもなります。

そもそも他人の目を気にする人生はもったいないと思いませんか?常に他人のため、他人がよければ自分はどうでも良い。そんな人生は非常にもったいないと言えるでしょう。

それに、日本では極端な事を言えばコンビニのバイトだけで十分生活が出来てしまいます。

これだけ資源もある日本なので、無理して嫌な人と付き合ったり嫌な会社にいる必要はないでしょう。

だって日本なら暮らしていけるから、日本だったら働ければ普通に暮らしていけるからです。

いまちょっと胡散臭いとか、暑苦しいとか、怪しいセミナーみたいとか思っていませんでしたか?

確かにちょっと怪しいセミナーみたいな言葉を出しましたが、他人の目を気にする人生は本当にもったいないですよ。

それに他人の目を気にしなくなると、自分が動きやすくなって仕事も自然と出来る様になっていきます。

最初の方に言いましたが結局緊張するせいであなたの能力が半分以下になって、仕事ができないように感じてしまいますから。

ストレスを上手く解消する

仕事ができない人は、ストレス解消が非常に下手です。

ストレスの解消が下手すぎるせいで、次の仕事までに体力が回復しなくて上手く力が出ません。

結局人間は、上手く息抜きが出来ないとどんなに仕事が出来ても、いずれか倒れてしまうでしょう。

逆に言うとストレスの解消が非常にうまい人は、どんな職場でも耐えることだってできます。

たとえば会社でよく飲み会に行く人がいますが、あれだってストレス発散です。あまり体によくありませんが、お酒を飲んで愚痴を言い合って、仕事の事を忘れる。これだって立派なストレス発散になるでしょう。

なので、あなたも土日が楽しみになるくらい生きがいになるような趣味をみつけると仕事ができないというストレスを解消して、少しずつですが自然と仕事も出来る様になっていきます。

では趣味をみつけるのはどうしたらいいのか?それはとりあえず趣味といえるものを全部試してみましょう。

まずは「趣味 おすすめ」と検索すると色んな趣味が出てきます。その中から自分がいま出来そうなものを選んで試してみる。

それで楽しいと思うものを続けていく。非常に単純な方法です。

趣味というのは自然と見つかるものだと思っているかもしれませんが、それだと新しいことができません。なのでときには自分から趣味を探していかないと本当に楽しいことはみつかりませんよ。

ちなみに、私はHuluなど定額で映画やアニメやドラマが見放題になるサービスを使って、休日をエンジョイしています。

スマホやタブレットなどを使って、アニメを寝転んでみながらポテトチップスを食べる。そして喉が乾いたらぶどうジュースを飲む。

そして飽きたら昼寝をして、またアニメまたは映画を観る。どうですかこの私のゴロゴロダラダラ生活は(笑)

もし、趣味がみつからないと言う場合は、私と同じようにHuluを使ってアニメや映画を観てみて下さい。

Huluは本来月額933円ですが、31日間は無料なので合わなかったら解約してまた違う趣味をみつけるのが良いでしょう。

↓↓↓↓

Huluの無料登録はこちらからどうぞ!

1年目は出来なくてしょうがない

ちなみに仕事ができないのがまだ1年目の人はそこまで気にする必要はありません。

1年間は長いと思いますが、社会人になると1年なんてすぐに過ぎます。それこそ仕事のついていくのがやっとというくらい、早く過ぎていくでしょう。

なので、1年目の場合は仕事が出来なくてしょうがないと思い、あまり落ち込まない様にしましょう。

結局1年では何もできません。それこそ1年目なんて同期がいないとあなたが一番仕事の経験がないはずです。

なので落ち込まず、1年目だからしょうがないと思う方が精神的に楽ですよ。

2年目の場合は向いていないことを自覚する

しかし2年たっても仕事が予想以上に出来ないなら、その仕事は向いていないと思った方が良いです。

流石にどんな仕事も2年もたてば多少は動けるようになります。それこそ仕事ができないと悩むことがなくなるくらいに。

しかしそれでも仕事ができないと感じるならその仕事はあなたには向いてない可能性があります。

そもそも人間は向き不向きがあるのは当たり前です。日本では平均的にバランスよく同じような能力の人間を育てることが多いですが、日本人でもアメリカ人でもイギリス人でも出来る事と出来ない事は絶対にあります。

ちなみに私は、話すことが苦手なので接客業と営業の仕事は全く向いていません。

そもそも上司に仕事の報告をするときも心臓がバクバクするので、物を売るなんて仕事は私には確実に向いていないことがわかります。

この様に人間向き、不向きが絶対にあるので2年目になっても仕事ができない場合は転職を考える方があなたのためにもなりますよ。

転職を考えた方がいい場合

そして転職を考えた方が良い場合ですが、先ほど言ったように2年以上たっても仕事ができないと感じる時です。

どうしても仕事ができならなら、それはあなたには向いていません。

しかし「今の仕事が大好きだからずっとやりたい」と言うなら辞めない方が良いですがそうじゃなくて何となく続けているという人ならそれはもう辞める方が良いですよ。

とはいっても、いきなり辞めるのは正直危ないので一度転職エージェントに相談だけした方が良いですね。

転職エージェントは、求人の紹介もしてくれますし、在職中でも転職の相談だってしてくれるので一度相談に言った方が客観的な意見を貰えて非常に助かります。

それに転職エージェントは基本的に土曜日だけまたは土日の両方営業しているので、休日にちょっと相談にいくと言う事だって可能です。

仕事が出来なくて辞めたいと感じるなら、相談だけでも良いのでぜひ使ってみて下さい。

ちなみに転職エージェントはリクルートエージェントというのが、業界の中でも大手なのでおすすめです。

私のやり方で、こういった初めて使うサービスなんかはとりあえず大手を使っておけば、大きな外れはない。今までの経験からするとやっぱり大手が安心なのでぜひあなたも使って下さい。

相談する時は予約が必要ですが、電話予約かネット予約の両方があります。どちらも簡単に予約が出来ますし、全てのサービスは無料で使えるので仕事をちょっとでも辞めたいと思ったら相談だけでも良いので使ってみて下さい。

↓↓↓↓

リクルートエージェントに相談する場合はこちらから

まとめ

ちょっと長かったので、今回の要点をまとめます。

仕事ができない場合は、メモをする。

仕事のストレスが溜まっている場合は趣味を増やす。なんの趣味をやるのか分からない場合は、Huluで映画やアニメを観てみる

↓↓↓↓

Huluを無料で使い倒す人はこちらから

仕事を辞めたいとちょっとでも思ったら、リクルートエージェントに相談する。

↓↓↓↓

リクルートエージェントで相談したい人はこちらから

ぜひちょっとでも良いので行動してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする