内向型人間にやって欲しい10個の適職とやってはいけない仕事

内向型人間にやって欲しい10個の適職とやってはいけない仕事

内向型人間といって、簡単にいうと内気な人をちょっとカッコよく直した言葉があります。

内向型人間の特徴は「自分がどんな仕事に就いたら良いのか分からない」と思っている人が多く、こうやってネットで検索しにきたのでしょう。

では今回はそんな内向型人間の適職を書いていきます。

内向型人間の特徴

適職を書く前に、内向型人間の特徴を書いてそれをどう仕事に生かせるかを考えていきます。

忍耐力がある

内向型人間はメンタルが弱いですが、忍耐力は高い人が多いです。

確かに内向型人間は傷つきやすく、ちょっと注意されただけで凹む事もありますが、それで簡単に仕事を辞めたりはしません。

落ち込んでいますけど、「とにかく仕事だけは続けないと」という本能があるため一度就いた仕事は中々辞めず、頑張って我慢するでしょう。

また一度習慣化したことはずっと続ける事が多く、例えば趣味で絵を描いているなら1日1枚はどんなに疲れていても絵を描く続けると言う忍耐力も持っています。

集中力が高い

内向型人間は職人みたいな人が多く、一度集中すると普通のよりのめりこむ事が多いです。

もともと1人で作業をするのが大好きな内向型人間なので、コツコツとやる事に関しては誰にも負けません。

なので、普通の人よりも細かい作業が得意だったり、クオリティの高い物をつくるのに向いているのが内向型人間です。

人付き合いが苦手

内向型人間の多くは人づきあいが苦手です。

1人でいる事を好む内向型人間にとって人と関わること事態ストレスになっている事もあるでしょう。

ですが、内向型人間はそういった人付き合いが苦手と言う本音を絶対に出さないため、嫌な飲み会や社員旅行にもしぶしぶついていく形になるでしょう。

内向型は充電器

充電器というのはちょっと変わった表現ですが、内向型人間はあまり外の刺激を好みません。

たとえば人通りの多い場所などにいくとストレスが溜まる事があります。よく「人混みが嫌い」と言う人がいますが、ああいった人が内向型人間の特徴を持っています。

そして外の刺激に触れたら次は、自分1人だけの時間が欲しくなります。とくに家の中でゆっくりと過ごすのが内向型人間の好きな事になります。

外向型人間は常に刺激を求めて外に行きますが、内向型は外にいったら家の中で過ごすといった充電期間が必要なのが特徴です。

騒がしい所が嫌い

内向型人間は先ほどもちょっと言ったように騒がしい所があまり好きではありません。

騒がしい所といっても音が大きいと言う事ではなく、人が多すぎて騒がしいのが嫌いです。

内向型人間はとにかく1人の時間を大切にしている為、人との関りをなるべき避けたくなるという事を考えます。

なので外出した時にお昼ご飯を食べる時は12時ではなく、13時30分に食べるなど空いている時間を狙う事も多いです。

内向型は信頼するのに時間がかかる

内向型人間は1人の人と仲良くなるのに時間がかかります。

内向型人間は人とのコミュニケーションをとる事が苦手な為、仕事でも積極的に仲良くなろうとは思いません。

それこそ、1人で昼飯を食べている時間を大切にするので、そこまで仲が良い人はいないでしょう。

ですが、決して「俺は一匹狼だから喋りかけるな」と言うのではなく、話しかけてくる人には普通に接します。

こう言う風に自分からは話しかけてこないで、相手から話してくると「この人は良い人かな?」と時間をかけて信頼する様になっていきます。ちなみに「この人は良い人だから仲良くしよう」と思うまで1年ほどかかる事が多いです。

内向型人間の適職は?

では内向型人間の適職について書いていきましょう。

人との関りが少ない仕事

まず定番中の定番ですが、人との関りが少ない仕事が良いですね。

全く人と関わらない仕事というのはあまりないですが、他の仕事に比べるとまだ人との関りが少ない仕事は沢山あります。

ではそれはどんな仕事なのか?を書いていきましょう。

製造ライン

まず良く言われるのが工場の製造ラインです。

工場は基本的に同じものばかり作るので、人と喋る事は他の仕事より少ないでしょう。

同じ物を作って同じことをするというのが工場なので、接客業なんかより喋る事は圧倒的に少ない事が多いです。

ただ製造ラインは基本的に早く動かないといけません。工場と言うのはとにかく大量に作って安く売るというのは経営の基本なので、作業スピードが大事な所は沢山あるでしょう。

とはいっても作業スピードに関しては慣れれば問題ないので、1か月もすれば普通に働く事が出来ます。

深夜の工場

また工場ですが、深夜帯の工場と言うのも喋る必要があまりないです。

そもそも夜は人間の寝る時間帯なので、もともと喋らない工場ですが更に喋らなくなる事も多いです。

ただ気を付けたいのは深夜で働く人は昼間に比べると変な人が多いです。

もともとお金を大量の稼ぎたいと思っている人や、お金が足りないから副業として働いていると言う人も多いため、いわゆる訳アリで働いている人が沢山います。

私の友人から聞いた話だと、もと暴走族の人も深夜の工場で働いていたそうなので、深夜の工場の人間関係はある意味ギャンブル性が高いといえるでしょう。

トラックの運転手

トラックの運転手も人との関りが少ない事で有名です。

基本的に仕事の7割はトラックの運転なので、ほとんどしゃべる事もないでしょう。

ですが、トラックの運転手は日本で不人気の職業で有名な仕事とも言えます。

その理由が残業の多さや重い荷物を運ぶのが辛いという理由です。

最近はネット通販が当たり前になって、ドンドンネット通販の需要が上がっています。そのせいもあってかトラックの運転手は365日人手不足になっているでしょう。

しかも最近は若者の車離れが進んでいき、そもそもトラックどころか車すら乗らない人が増えています。

そのせいで、1人にかかる負担がドンドン大きくなっていき自然と働く時間が伸びていきます。

しかも大手じゃない小さい運送会社の場合、働いても給料が貰えない所も増えていき、ただきつくて安いだけの仕事になって不人気職と言う不名誉な称号を持っています。

ただ人と喋る事が少ないというのは本当で、運転中は好きな曲を流して鼻歌を歌いながら仕事をする事も可能です。

清掃業

人と関わらない仕事いったら清掃員の仕事もおすすめです。

時々トイレや百貨店をみると清掃をしている人を見かけませんか?

それにビルなどで窓ふきをしているのも清掃員の仕事です。

清掃員は掃除のやり方を教えられて後は自分のペースでコツコツと仕事をこなす内向型人間に向いてる仕事でしょう。

ただ注意したいのが清掃員は女性のパートの人がやる事が多いです。

百貨店の床掃除をしている人は実はほとんど女性です。男性がやると言う事はあまりないでしょう。

ですがビルの窓掃除の仕事は逆に男性が多いため、男性で内向型人間の人は高所恐怖症さえなければ清掃員として働けるでしょう。

倉庫管理

倉庫管理の仕事は主に、出荷数の確認や材料の在庫確認。そして今日出荷する製品をトラックの運転手まで運ぶのが主な仕事です。

これも基本的に1人で出来る仕事ですが、場所によってはフォークリフトの資格がいる事もあります。

とはいってもフォークリフトはそこまで難しい資格ではなく、何回か試験を受ければ簡単に所得出来るものです。

基本的に同じ作業の繰り返しのため、慣れてしまえば後は楽に仕事が出来ます。倉庫管理の求人はよく出ているけど、仕事内容がわからない恐怖のせいか人気がそこまでない穴場求人とも言えます。

機械メンテナンス

機械メンテナンスとはエアコンの修理やコピー機の修理など、壊れた機械を直す仕事です。

この仕事も多少お客様との会話がありますが、必要最低限の挨拶が出来れば何も問題ありません。

とりあえず機械を直せれる腕があれば、会話がそこまで出来なくて問題はないでしょう。

ただ機械を扱うためそれなりの知識がないと出来ない事もあります。とはいってもそこは先輩が教えてくれるのでそこまで心配する必要はないでしょう。

事務職

事務職といったら楽な仕事としてかなり人気が高い職種です。

事務所の良い所といったら、残業が少なく冷房設備がある所でしょう。

快適な職場で毎日定時で帰れるとなったらそれは天国のような仕事になります。

もちろん会社によっては定時で帰れない所もありますが、それでも毎日快適な温度でしかも座り仕事なので30歳になっても問題なく動ける仕事といって良いでしょう。

多少のパソコンスキルも必要ですが、それも慣れれば問題なく仕事は出来ますよ。

クリエイティブな仕事

さて、人と関わること以外で内向型人間はクリエイティブな仕事が向いている事が多いです。

内向型人間の特徴として好きな事なら普通の人より集中力が何倍もあると言う特徴があります。

なので自分の好きな事で仕事を貰えたらまさに無敵と言って良いでしょう。

YouTube

まず一番やりやすいクリエイティブな仕事はYouTubeです。

YouTubeは基本的に動画をとって投稿して、再生数が多ければ多い程広告収入が入ると言う仕組みですが、YouTubeをみていると分かりますが、有名な人のほとんどが素人の人です。

別に芸能人が投稿した動画でもないですし、ゲームの実況プレイだってゲームが下手な人が多いのが特徴です。

時々楽器をプロ並みに演奏する人もいますが、再生数が多くあるのが「ルンバで演奏してみた」など変わった事をする人です。

この様にYouTubeはクリエイティブな仕事でもっとも入りやすい仕事とも言えるでしょう。

ちなみに「YouTubeはもう時代遅れじゃないの?」とか「もう稼げないんじゃないの?」と言う人がいますが、今でも全然稼ぐことは可能ですよ。

よく「俺もYouTubeをやってみたけど全然稼げないからやめとけ」と言う人がいますがああいった人たちは1年もやらないで1か月位で諦めた人たちです。

よく考えて下さい。1か月で10万円を稼ぐのって本来は凄い大変です。

普段は時給で働いているので、10万円を稼ぐことって楽勝だと思いがちですが、本来無名の人がネットで10万円を稼ぐことって難易度が相当高いでしょう。

そんなに難易度が高すぎる事をやっているのに、1か月で稼げるはずがありません。

なのでハッキリ言いますが、YouTubeは今でも稼げます。だけど1年以上勉強しながら継続すればの話です。

しっかり継続して勉強して、動画を投稿すれば1か月で10万円を稼ぐことも簡単に出来ます。しかも内向型人間は1人で作業するのが好きなので、他の人より有利に仕事が出来るでしょう。

Webライター

これも知識がなくても出来るクリエイティブな仕事です。Webライターとは簡単に言うとネットの記事を書く仕事です。

たとえば「夏休みに行きたい国内の旅行場所15選」とか「男性におすすめのやりこみが出来るRPGアプリ20選」などネットでこういった記事がある場合はWebライターの確率が高いです。

Webライターは自分の得意な事を記事に出来る強みがありますが、自分の得意な事は需要がないと思う人もいます。

そう言う人はその分野について本を読んで勉強すれば良いんです。たとえば転職の記事の場合は面接の方法や転職の実体験などの本は沢山出ています。

恋愛の記事の場合は恋愛に関する書籍が山ほど出ているでしょう。

この様に専門家じゃなくても記事を書けるのがWebライターの良い所です。かといって適当な記事を書いたら信頼がなくなりますけどね。

イラストレーター

これはちょっと知識が必要ですが、内向型にも向いている仕事です。

イラストレーターは文字通りイラストを描いてお金を貰う仕事です。

イラストレーターは会社に入って仕事をするイメージが強いですが、最近ではフリーのイラストレーターの人も沢山いて、1人で仕事をする人も沢山います。

これも絵が得意では無いと言う人もいますが、絵が得意じゃなくても依頼者に喜んでもらえる様な事をすれば意外と仕事は貰えます。

たとえば徹底的に丁寧にメールの返信をするとか、他の人より納品の時間が早いなど絵が得意じゃなくても「この人と仕事をすると楽しい」と思わせれば仕事は貰えます。

とはいっても最低限の絵の知識やデザインの知識は必要ですが、それも1年以上かけて勉強すれば自然と身につくはずです。

内向型人間に向いていない仕事

ではおまけとして内向型人間に向いていない仕事を紹介していきます。

営業職

これは圧倒的に向いていないでしょう。

営業は人に商品を紹介して買って貰う仕事です。営業の難しい所は全く知らない人に対して売り込むことがあるので、難易度が高い仕事とも言えるでしょう。

しかも内向型人間は競争する事や目標がある事を嫌います。営業は成績や営業ノルマなどがある会社が多いため、全く向いていない事が多いです。

時々内向型人間の人でも「自分の弱点を克服したいから」といって営業をやる人もいますが、無理にやりたくない仕事をやっても続かないので辞めた方が良いでしょう。

接客業

営業とはまた違った難しさがある接客業です。

接客業は飲食店や洋服店などお店の中で接客するのが特徴的です。

接客業は営業とは違い、ノルマや営業成績がないのが特徴です。しかし接客業はお客様のクレームが来ることがある為そこでストレスを感じる事が多いです。

営業の場合は自分から売り込むので、興味がない人や営業は鬱陶しいと思う人から避けられますが、接客業の場合は何がミスがあったらすぐクレームに繋がるのでそこが大きな違いと言えるでしょう。

とはいっても接客業も内向型人間の人には向いてない事は確かです。

転職エージェントを使ってみよう

内向型人間の特徴と適職を書いていきましたが、自分に合っている仕事を見つけるなら転職エージェントを使ってみましょう。

転職エージェントとは簡単に言うとあなたが内定を貰えるまで転職のサポートをしてくれるサービスです。

  • あなたに合っている求人を紹介
  • 面接の指導
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

など徹底的なサポートがあるのが特徴的です。ちなみにエージェントではあなたとキャリアカウンセラーの人と1体1で話し合うのが特徴的です。

よく転職はハローワークだけと言う人がいますが、それでは非常に勿体ないです。確かにハロワークだけでも十分転職は出来ますが、転職エージェントも使った方がより良い転職先もみつかります。

内向型人間の人は「1対1で話すのは気まずい」と思っているけど話してみると意外と何とかなるものですよ。

内向型人間の人は別に会話全てが苦手と言う訳ではありません。プライベートな話をするのが苦手なだけです。

だから仕事の話となったら意外とスラスラ言葉が出てくるでしょう。

内向型人間でも給料を多く貰いたくないですか?

内向型人間である自分のあった職場を探したくないですか?

人付き合いに苦労しなくてもいい職場にいきたくはないですか?

そう言う人はぜひ転職エージェントを使ってみて下さい。

ちなみにDODAという転職エージェントは求人数が非常に多く、全国の求人があるので職場が探しやすくておススメです。

全てのサービスを無料で使えるので下のリンクからぜひどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする