転職が怖い理由と驚くほど簡単に乗り越える方法

転職が怖い理由と驚くほど簡単に乗り越える方法

転職をいますぐしたいけど、怖いくてできないと感じている人は実はかなり多いです。

やはり転職というと人生の中で結婚と同じくらい重要なもので慎重になる事も多いでしょう。

今回書く事は転職が怖いと感じる心理と乗り越える方法を書いていきます。

転職が怖い理由は?

まず転職が怖い理由でよくある理由を書いていきます。

内定が貰えるか不安

一番大きいのは内定が貰えるかどうかの不安ではないですか?

やはり転職をするとなったら一度は無職になる人が多いでしょう。

ネットではよく「働きながら転職する方がいい」と書いてありますが、実際に転職をしたいと思ったら「こんな会社サッサと辞めて解放されたい」と強く思う様になって、辞めてから転職をする人がかなり多いです。

そして無職になった時の不安はやはり大きい物があるでしょう。20代の人の多くは実家くらしですが、実家暮らしの人でも親が「はやく就職しろ」という言葉のせいで焦り、「無職なのにご飯を食べて良いのかな?」と思う様にもなっていきます。

まだ無職になった事ないけれど、無職になりたくないという気持ちが強いので、転職が怖いと思う様にもなっていくでしょう。

給料が下がる不安

「転職すると今より給料が下がるのではないか?」という不安もとても強くなっていきます。

20代の人は給料より残業が少ない事を望むことが多いですが、それでも友人と遊びたい、外出したい、旅行にいきたいなどお金がいくらあっても足りない事でしょう。

そうなってくると今より低い給料で仕事をすると遊ぶ金もなくなりますし、そもそも給料が低いと30代になったときどうしよう?と考える人も多いため、簡単には転職できない事が多いのです。

人間関係の不安

20代の人の半分以上が人間関係で仕事を辞める事が非常に多いです。

そして人間関係で辞めた場合、次の就職先で今より人間関係が酷くなったらどうしよう?と考える人が多いでしょう。

給料や残業時間は会社が詐欺求人を出していない限りは、ある程度予測はつきますが、人間関係だけはどうしても予測不能なんです。

どれだけ会社見学をしても企業説明会を受けた所で、人間関係の中身だけは絶対に分かる事はないでしょう。

その予測が出来ない暗闇のせいで転職が出来ないと思ってしまう人もいます。

仕事ができるか不安

次の就職先で仕事が上手く出来るか不安と言う人が20代の人には多いです。

20代と書きましたが、どの年代の人も新しい仕事は恐怖しか感じない様な人も沢山いるでしょう。

そもそも人間と言うのは変化に弱い生き物で、出来る事なら同じことをしたいと感じるのが人間の特徴です。

たとえばネットをみる時も自分がお気に入りのサイトを先に見る人が多いですし、Twitterが好きな人だったらスマホを触ったら真っ先に「Twitterで面白いこと呟いてないかな?」とまるで機械のように確認する人もいるくらいです。

それくらい人間は変化が嫌いな生き物なので、仕事内容が変わるのはそうとうなストレスになってしまいます。

会社の中身が不安

これは時々ありますが、内定を貰った後に「この会社ってブラック企業じゃないよね?」とか「この会社って給料が上がるのかな?」など不安な面が沢山出てきます。

必死に内定を貰うように頑張ったせいか、会社の中身まで気をつかっていなくて変な会社かもしれないという不安のせいで、転職が怖くなってしまいます。

転職が怖いを乗り越える方法は?

では次に、転職が怖いを上手く乗り越える方法を書いていきます。

誰でも精神的に疲れるものと思う

まだ転職活動を始めてない人は、分かりませんが転職活動って想像以上に精神的に疲れます。

1枚履歴書を書いただけなのに、変な疲労感が残る事は転職活動あるあるです。

よく「まだ1社しか面接に行ってないのになんでこんなに疲れるの?」と思う人がいますが、あれは誰でもある事で、俺だけというのではありません。

そもそも転職活動は

  • 内定が貰えるか不安
  • 面接が上手く出来るか不安
  • 履歴書に間違いがないか不安
  • スーツの着方があっているか不安

などとにかく不安な事しかありません。

しかし肉体的な疲労ではなく、目に見えない精神的な疲労のせいで、「なんでこんなに疲れるの?」と自分でもよく分からない事になっています。

だからもし、1社目の面接の時に「俺ってこんなに疲れやすい体だっけ?」と思ったらそれは転職活動のストレスと思ってください。

「なんで疲れるの?」と原因がわからないのと「これは転職活動で疲れている」と自分で分かるのでは心の余裕がまるで違うでしょう。

ハローワーク以外も使う

転職活動あるあるなのが「1つの施設しか使わない」ということです。

たとえばハローワークしか使っていない人はハローワーク、転職サイトしか使っていない人だったら転職サイト。かなり偏った使い方をします。

ですが、本当に転職をしたかったら利用できるものは全て利用した方が良いです。

ハローワークはブラック企業しかないと言う人もいますが、時々ハローワークにもホワイト企業が紛れ込んで来る場合もよくある事です。

転職サイトだって比較的ブラック企業が少ないですが、それでも時々変な求人が来る場合だってあります。

この様にハローワークも転職サイトもどちらも細かくチェックする事でお宝求人に出会う事もあるので、使える所は全て使って他の人と差をつけるような転職活動をしましょう。

あなたは今は転職活動をしていないかもしれませんが、転職をするようになったら使える転職の方法を利用するくらいの勢いで役に立てましょう。

内定を貰ったらネット副業をする

どうしても給料の面で下がってしまう場合はよくあります。求人も時々給料が手取り20万円と書いてあるのに手取りが15万しかなかったなど、どうどうと嘘をつくので給料面は下がってもしょうがないです。

しかし下がったとしてもまた転職する事になったら、辛い転職活動を繰り返さないといけません。

だったらネットで副業をして自分の給料を上げた方がより良いでしょう。

ネットの副業って怪しいし難しいじゃないの?と思う人もいますが、やってみると案外簡単でしかも自宅で好きな時に好きな時間、おまけに嫌な人間関係も一切なくお金を稼ぐことが出来ます。

ネット副業の種類は意外と多く

  • YouTube
  • Web漫画家
  • Webライター
  • プログラマー
  • アンケート
  • ポイントサイト
  • アフィリエイト

など色んな種類があります。特にこの中でおすすめなのが。

  • YouTube
  • Webライター
  • アフィリエイト

の3つです、YouTubeは有名なので知っているかもしれませんが、動画の再生数に応じてお金が貰える副業で、凄い人だと月収100万を軽く超える人もいます。

Webライターはネット記事を書く仕事で、「20代におすすめのバトル漫画20選」とか「男性におすすめのRPGアプリ15選」などよくネットでみかける記事などを書く仕事です。

ネットの記事もプロの人が書いてあるかと思いますが、レビューなど商品を使った感想をかく記事なんかは素人の人が書いている人が多く、知識がなくてもやる事は可能です。

最後のアフィリエイトですが、これは自分のブログに記事を書いてアクセスを集めて物を売る副業です。

原理としては広告収入なのでYouTubeと同じですが、YouTubeと違って動画の編集ソフトや知識などはいらなく、パソコン1台で記事を書く事もかのうなので手軽さで言えば一番です。

私もこうやって記事を書いていますが、これもパソコン1台買っただけで後は何も買っていません。アフィリエイトも上手くいけば月収100万円を超える人もいるので、副業として凄い金額でしょう。

この様に探すと自宅で出来て自分の好きなように出来る副業は沢山あるので、内定を貰って予想以上に給料が少ない人は副業をするのが良いでしょう。

ちなみに「もっと手軽に稼げないの?」と思った人は「クラウドワークス」と言うサイトでアンケートやアプリの試験テストの募集など簡単な事で稼げる所があるのでぜひ使ってみて下さい。

在宅ワークならクラウドワークス

転職エージェントを使う

ハローワークや転職サイトを使うのも良いですが、転職エージェントというものも使った方が良いでしょう。

転職サイトと何が違うの?と聞かれると色んなものが違いますよ。かんたんにまとめると

  • 就活のプロが選んだ求人の紹介
  • 面接の指導
  • 履歴書の修正

など内定を貰う為の方法を全て教えてくれるのが転職エージェントの凄い所です。

転職は孤独になりがちですが、プロの目が客観的にみたあなたの長所や短所、それに合わせた求人を紹介してくれるので視野が広くなります。

あなたは「食品関係の仕事しかできない」と思っていても転職エージェントの人は「あなたは真面目でコツコツとした作業が得意なので、IT業界はどうですか?」など意外なものを紹介される事もあるでしょう。

転職が怖いと思っている人はぜひプロの力を借りる事もおすすめします。ちなみに「DODA」という転職エージェントは土曜日も対応しているので、かなり使いやすいですよ。

転職ならDODAエージェントサービス

派遣社員でも良いと思う

転職が怖いと思っている人は、「絶対に正社員じゃないと嫌だ」と思いがちですがそれではいざ本当に内定を貰えないと思った時に危険です。

というのも人は焦れば焦る程視野がせまくなり、しかも緊張で能力の50%以上が落ちてしまいます。

しかもあなたは緊張に弱い性格で、ピンチになると怖くて固まってしまう性格のはずです。だから「面接で3社も落ちた、ヤバい俺はこのまま永遠と就職が出来ないのではないか?」とかなり焦る事があるでしょう。

そうなるとニュースで時々見る「100社も面接に落ちた」と言う人になってしまいます。そうならない為にも派遣社員になる事も頭の中に入れた方が良いです。

あなたは正社員にこだわっているかもしれませんが、なぜ正社員にこだわるのですか?

  • 安定?
  • 将来のため
  • 老後のため?
  • 世間の目?
  • 親の目?
  • 皆がそうだから?

恐らく転職が怖いと言う人は「正社員になる事が普通だから正社員になる」と言う理由だと思っています。

確かに日本では社会人になったら正社員になる事がまるで義務の様になっていますが、別に正社員にならなくても人間は生きてはいけます。

派遣社員の人だって普通に暮らせれていますし、30歳でフリーターの人だって死ぬことはないでしょう。

そもそも今の日本は世界的にみると発達している国です。発展途上国みたいに食料がなくて餓死する事もないですし、フリーターでも雨風しのげる家も借りれます。

極端な話をすれば、コンビニのバイトを50年間ずっとやっていても、普通に暮らす事は可能でしょう。

この様に「正社員が普通だから」という固まった考えのせいで転職が怖くなるなら一度考えを直してみましょう。

あなたが本当に正社員で働きたい理由はなんですか?

あ、誤解しないで欲しいのは別に説教している訳ではないですよ。ただ20代の人はあまりにも「正社員じゃないとダメ!!」と強く思い込んでいるのでちょっとした提案です。

もちろん「やっぱり正社員が良い」というなら私に止める権利はないですが、転職したいのに正社員になれるか心配と怖がっている人は派遣社員でもどうですか?と言う話です。

働きながら転職活動をする

転職が怖いというならやはり「働きながら転職活動」をした方が安全といえば安全です。

ですが、先ほども言ったように「こんな会社早く辞めたい」と思ってしまうと働きながら転職活動する余裕もなくて、すぐに辞めてしまう場合もあります。

ちなみに私は辞めてから転職活動した方がスッキリしておすすめしますが、転職が怖いと言う人なら一度会社をずる休みしてちょっとだけ転職活動をしてみる事をおすすめします。

ハローワークは土日が休みなのであなたが会社を休みの時に転職活動が出来ません。それに転職サイトの求人は出ていますが、土日は会社が休みで電話対応が出来ないという会社も沢山あります。

なので、働きながら転職活動を体験する為、会社を仮病を使って休んでハローワークでも転職エージェントでも良いから一度いってみることをおすすめします。

そうすると自分が働きながらの方が良いのか?辞めてからの方が良いのかすぐにわかるでしょう。

人間関係は変わらない、または良い感じになる

人間関係が前より酷くなるのでは?と思う人がいますが、ほとんどはそんな事もなく大抵は前と同じくらい酷いか前よりはましくらいに上がる事が多いです。

よく「前の職場の人間関係の方がよかった」と思う人がいますが、それは前の職場の仕事の方が慣れていて居心地が良いと感じるだけです。

隣の芝生は青く見えるという言葉があるように、友人の職場や違う部署の人がうらやましくなるという心理現象がありますが、それと全く同じです。

職場に慣れていないせいで、「前の方がよかったかな?」と思う様になるので人間関係が酷くなった感じてしまいます。

ですが実際はそこまでたいして変わっていません。

なので、これも考え方次第です。

最初の3か月は誰でもできない

仕事が出来なくて不安とありますが、最初の3か月間は誰でも仕事はできないに決まっています。

たとえば前の仕事が食品関係の仕事について、次も食品関係の仕事にいったとしても職場によってやり方なんて全く違います。

そもそも食品業界といっても、塩や砂糖など調味料だけを扱う所もありますし、鶏肉、豚肉、牛肉など大量生産用の肉しか作っていない所もあります。

塩とお肉では仕事のやり方が違うのは当然なので、当たり前ですが仕事が出来るはずがありません。

それに多くの人は、その職場でしか使えない能力しか持っていない場合もよくある事です。

なので仕事が出来なくて不安と思うのではなくて、「仕事は出来なくて当たり前」と思った方が心に余裕がもてるでしょう。

まあ怒られるのが怖いのは分かりますが、やはりどんな人でも最初は仕事が出来ないのであまり言いたくないですが、我慢も必要です。

ヤバいと感じたら逃げても良い

入社してすぐに「この会社はヤバいぞ!」と人間の直感で思う事があります。そういう場合は逃げても全く問題はありません。

と言うのも人間の直感と言うのは意外と当たりやすく、「あれ?」と違和感を感じたらたいてい悪い事が起きてしまいます。

なので入った時に「あれ?もしかしてこの会社ってそうとうヤバい?」と感じたら逃げてしまいましょう。

どちらにしても長くその会社に勤めても結局辞めるのは同じです。しかもそういう場合は1年未満で辞める事が多いので、結局職歴に傷がつくのは変わらないでしょう。

おまけの説明

次からは補足の説明で、聞いたら方が良いお得情報を書いていきます。

何でも良いから正社員は危険

時々あまりにも面接の落ちて「なんでも良いから正社員になりたい」と焦りまくる人がいます。

確かに長い時間仕事がみつからないと「何でも良いよ!就職したいよ!」となるのはしょうがないです。

しかしそういう時こそ落ちついて就職活動をした方が良いです。

何でも良いよ、というと明らかにブラック企業臭がする所で内定を貰っても、長くは続きません。

長く続かないどころか

  • パワハラ
  • サービス残業
  • 重労働

などブラック体制のせいでうつ病になる事だって十分ありえます。

うつ病になったせいで自殺する人だっているので、「何でもいい」と考えているとあなたの人生が狂ってしまう事があります。

なので焦る気持ちも分かりますが、何でも良いから正社員と言う考えは捨てた方が良いでしょう。

正社員にこだわらないで

なんどでも言いますが、必ず正社員じゃないといけない事なんてありません。

恐らくあなたは「正社員が普通だから正社員になる」というのが本音でしょう。「いや、将来のために」とか「給料が安定しない」とか理由は沢山ありますが、結局は世間の目があるから普通の正社員になりたいというのが多くの人の本音になります。

確かに正社員は良い所が沢山ありますよ。給料が高い、ボーナスが出るかもしれない、退職金が出るかもしれない、社会的に信用があり、友人達にも堂々と話せる。

正社員である事は確かに大切かもしれませんが、転職が怖くて動けないと言う人は他にも道は沢山あるよ。ということだけ覚えて下さい。

別に正社員になれなくても死ぬわけではないですし、警察に捕まると言う訳でもありません。

転職活動は意外と動けるもの

転職活動は怖いと言ってますが、やってみると案外動けるものですよ。

「転職しないとお金がなくてヤバい」と危機感でやる人もいますし、「調べて見ると面白い仕事が沢山あるな」と就職に対して前向きになる人だって沢山います。

転職は怖いとか、しない方がいいと言ってる人も多いですが、それはしょせんネットの一部の人の感想でしかありません。

そうなるとこの記事も私の個人の考えを書いている記事なので、同じ事かもしれません。ですが1歩だけ動いてみると、「あれ?なんで転職を怖がっていたんだろう?」と思う時がきます。

だからといって「転職を今すぐしないと後悔するぞ!!!」なんて焦らせる事はいいません。

ですが、転職は怖くはないということだけは伝えておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする