会社を辞めたい

すぐ転職したい人が確実にやりたい7つの方法

 

今すぐ転職したくて我慢できない!

 

そう思っている人はいませんか?

 

  • 人間関係が嫌
  • 残業が嫌
  • 仕事内容が嫌

 

と色々ありますが、今回はそんなあなたのためにすぐ辞めて転職するための方法を書いていきましょう。

 

 

ハローワークに行く

 

まず、ハローワーク。これがとりあえず出来る方法ですね。ハローワークに行くには平日に休みをとる事が多くなります。

 

と言うのもハローワークは平日にしかやっていない事が多く、祝日も営業していない所も多いです。

 

東京とか大阪などの都市は土曜日だけやっているハローワークもありますが、地方の場合だとほとんど、平日に行かなくてはいけません。

 

なのでハローワークに行くときは、有給休暇を使ってでも行くしかありません。

 

もし有給休暇が使えないという会社なら、ずる休みしてしまいましょう。

 

ずる休みは本来悪いことなんですが、有給休暇もまともに貰えない会社の方がもっと悪いです。

 

あなたはすぐに転職したいですよね?だったら多少のずるはしましょう。大丈夫ですよ、会社だって有給休暇を無言の圧力とか、会社内のきまりだとか適当な事を言って貰えません。

 

だったらこっちもずるくなる権利はあるはずですよ。

 

参照:ハローワークが役にたたなくてブラック企業が多い驚くべき理由

 

友人に紹介して貰う

 

どうしても、本当にすぐ転職したいなら友人に紹介して貰うのも良いでしょう。

 

たとえば友人の働いている場所が、年中人手が足りない様な場所だったらあなたは歓迎されるでしょう。

 

もともと働いていて、信頼がある友人の紹介となるなら、それこそ喜んで一発で内定を貰う事も出来ます。

 

しかし、注意しないといけないのが、簡単に辞めれなくなることです。やはり友人の紹介なのでそう簡単に辞めては友人の信頼が下がり、あなたの信頼も下がるので友人と仲が悪くなる事だってあるでしょう。

 

それこそ、下手をすれば連絡を貰えなくなるくらいまで仲が悪くなる事もあるので、友人の紹介で転職するなら、どんなことがあっても多少の我慢は必要になるでしょう。

 

家族に紹介して貰う

 

次も紹介ですが、今度は家族です。たとえば母親や父親の紹介で会社に入る。というのもありですね。

 

家族の場合は友人と違って人脈が広い事です。やはり友人とあなたの親では生きた年数も違うので、人脈の広さも違うでしょう。

 

家族の場合は友人より言いにくいですが、それでも紹介して貰える確率は上がります。

 

ただ、家族の場合も友人と同じで、多少の我慢はしないといけません。せっかく紹介して貰ったのに1か月で退職したら絶対に怒られますからね。

 

フリーターになる

 

あなたは、正社員で働きたいと思ってるけど、一度転職が決まるまでバイトをして生活をしてみたらどうですか?

 

恐らく、正社員のままだと転職活動が困難です。それこそ休みが貰えないこともありますし、会社には転職を内緒にしていたいと思うでしょう。

 

だからこそ、一度会社を辞めて転職活動をするのが良いですよ。しかし会社を辞めた後って意外と時間がかかります。

 

それこそ1か月で内定を貰うぞ。と気合を入れた人が内定を貰うまで6か月以上かかるなんて普通にあります。

 

それで、貯金がなくなって「どこでも良いから就職したい」と考えて明らかにおかしい、地雷求人に応募して、そのままブラック企業にと言う事もありますよ。

 

関連記事:メンタルが弱い人は辞めてから転職活動をした方が良い理由

 

 

 

そして転職で大切なのは焦らない事です。あなただって前の会社よりブラック企業になんて行きたくはありませんよね?

 

あなたは今の会社より良い会社に行きたいから、転職したいはずです。

 

なので、貯金がなくなる前に短期のバイトでも良いので、働くながら転職活動をしてみましょう。そうすると精神的にだいぶ楽ですよ。

 

派遣社員になる

 

正社員ばかりが、道ではありません。確かに正社員の安定性というのは素晴らしい点がありますが、それでも内定が貰えない焦りからブラック企業にいくのは一番怖いです。

 

なので、派遣社員になるのはどうですか?

 

派遣社員で働いたら、履歴書に空白期間が残りませんし、ブランクもないと思われるので派遣社員で働きながら、正社員の転職を探す事も出来ますよ。

 

それに、派遣社員の場合は上手くいけばそのまま正社員になれるという事もあります。

 

派遣社員は活躍すれば、その会社で正社員雇用をしてくれる所が多く、何も転職活動をしなくてもそのまま正社員なる事だって可能です。

 

派遣社員は不安定とか、何となく世間体が悪いイメージがありますが、そこまで悪いものではないですよ。

 

転職サイトに登録

 

次は個人的におすすめしたいのが、転職サイトの登録してみることです。

 

転職サイトとハローワークの違いは、求人の質ですね。

 

ハローワークはブラック企業や、年収の低い企業が多いとネットで良く言われていますが、本当にその通りです。

 

私も昔使ったことありますが、「月残業時間:90時間」と普通に書いてある求人もありましたし、仕事紹介のところに「アットホームな職場です!」と書いてあり、「他に説明する所がないんか!!」と思わず突っ込みたくなるような、求人が沢山ありました。

 

それに、ちょっと給料も低いところもありますし、昇給が1年で1000円しか増えない会社だって沢山あり、給料の面でもそこまで良いものがないというのが印象的です。

 

もちろんハローワークにもホワイト企業の求人はあります。ありますが、そう言うのってみんな直感的に「これはホワイト企業の予感がする」と思うのが人気があって内定を中々貰えません。

 

ですが、転職サイトならホワイト企業の求人も沢山ありますし、残業がないところだって給料が高い職場だって沢山あるので、正直使った方が良いですよ。

 

それに、転職サイトはネットで閲覧するものなので、スマホがあればどこでも求人情報が見つけられますよ。

 

ちなみに転職サイトは「リクナビNEXT」というサイトが、一番の大手なのでとりあえずリクナビNEXTさえ使っておけば大丈夫です。

 

無料で使えますし、無料で会員登録をしてぜひホワイト企業の求人を見つけてみて下さい。

↓↓↓↓

リクナビNEXTの登録はこちらから

 

転職エージェントに行く

 

そして、一番おすすめなのが、転職エージェントで相談する事です。

 

転職エージェントは、こういった「仕事 辞めたい」とかで検索すると絶対に出てくるものですが、簡単に説明すると面倒なことを担当者の人と一緒に相談して、楽に転職できるサービスですね。

 

たとえば転職の時は求人を1人でじっくり選んで、悩んで面接の応募をするというのが普通ですが、転職エージェントなら担当者の人と話し合って

 

  • 勤務地はどこが良いのか?
  • 年収はどれくらいが良いのか?
  • 中の仕事をコツコツやりたいのか?
  • 残業はない方が良いのか?

 

などを相談して決める事が出来ます。やはり膨大な量の求人を1人で見つめるより、転職のプロの人と一緒に相談した方が、どんな求人が良いのかがすぐ分かります。

 

それに、求人だけだと仕事内容って分かりにくいところがあります。たとえば「工場で誰でもできる簡単作業」と書かれていても「どんな仕事なの?」と悩む事はありませんか?

 

転職エージェントなら、そういった仕事内容も事前に把握していますし、担当者の人が分からなくても転職エージェントと企業が連絡をすれば、大まかな仕事内容は分かります。

 

そして、転職の時に大事なのが面接でしょう。面接はネットで調べた例文などを丸暗記して、そのまま出すことが多いですが、それだと本当に正解がどうかが分かりません。

 

ですが、転職のプロならどうすれば面接で効果的な受け答えが出来るかわかっているので、指示通りにやれば面接での内定率がかなり上がりますよ。

 

この様に、転職エージェントはあなたの転職を最初から最後まで支援してくれるので、本当にすぐ転職したい人はぜひ相談してみて下さい。

 

サービスは無料で使えますし、相談だけしたいという人も使って大丈夫です。

 

転職エージェントを使えば、「残業がない仕事をやる」ことや「年収がもっと高くなりたい」という願いが叶い「趣味を充実させる」ことも「年収が高くなる分、貯金も好きな物を買うこと」も可能になるでしょう。

 

ちなみに、転職エージェントは土日に営業している所ばかりなので、休みを利用して転職活動する事も可能になります。

 

そして、実際に転職エージェントを使っている人の体験談も紹介しておきましょう。

 

 

転職エージェントは転職活動にかんするあらゆる面をサポートしてくれるのです。実際に転職エージェントを利用して一番思ったことというのが、あくまでも転職エージェントも仕事だということは分かっているのですが、
一人で転職活動をするよりも、かなり心強い!
ということです。
私は転職エージェントに紹介していただいた企業を4社受けて、1社から無事に内定をいただけて、希望する条件に近い会社に転職することが出来たのですが、不採用だった時にも転職エージェントの方が、わざわざ企業の担当者に連絡を取ってくださり、不採用になった理由を聞いてくれたのです。
その不採用になった理由を振り返って、次回の面接に活かすことができたので、今回内定をもらうことが出来たんじゃないかとも思っています。

引用元:30代の転職ホントのトコロ 

 

この人は30代で転職エージェントを使って、見事に転職を成功させています。逆に言うと30代でも成功できるのが転職エージェントの強みと言っても良いでしょう。

 

ネットでは結構、転職エージェントって批判される事が多いです。その理由が求人をごり押しされるというのがかなり多いですが。

 

しかし、ネットの評判だけで使わないというのは非常にもったいないと言えますよ。せっかく無料で使えるので、あなたにも損はありませんし。

 

では興味のある人は、下に大手の転職エージェントとちょっと変わった転職エージェントを紹介するので、ぜひ見ていって下さい。

 

DODA

 

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

 

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

 

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

 

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

 

求人は

 

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • IT系

 

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

 

ただ、DODAは幅広いため専門的な知識を持った人の転職にはあまり向かない場合があります。

 

たとえば介護職を今までずっとやってきたから介護の仕事しかできない。という人にはあまりおススメ出来ません。

 

ただ、「転職はしたけど具体的にどんな仕事をするのかよく分かっていない」という人にはかなり向いているでしょう。

 

先ほど言ったように幅広い求人のおかげで、違う職種に挑む事も普通に出来るので。

 

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

 

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい
  • 転職をしたいけどやりたい仕事がよく分からない

という人にはお勧めが出来るでしょう。

 

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

 

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

 

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

 

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

 

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

 

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

 

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

 

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

 

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

 

ジェイエイシーリクルートメント

 

次に紹介するのは外資系、つまり海外の就職に強いジェイエイシーリクルートメントというエージェントです。

 

ジェイエイシーリクルートメントは営業、企画、人事、IT系など実は総合的な求人に強いという特徴もあります。

 

先ほどは海外の求人に強いと言いましたが、日本企業の求人も多く扱っているのが特徴的と言えるでしょう。

 

ですが、ジェイエイシーリクルートメントは20代後半からの経験がある人たち向けの求人という弱点もあります。

 

つまり20代前半の経験があまりない人たちには、そこまで求人がないという弱点もあるでしょう。

 

しかし、逆に言うと30代、40代の人たちも活躍できる求人がある珍しいエージェントです。ほかの転職エージェントでは普通20代前半~20代後半の人向けの求人が多いですが、30代からでも全然活躍できる嬉しいものでもあるでしょう。

 

  • 20代後半でもう求人はないかな?
  • 今までの自分の経験を活かしたい
  • 海外の求人に興味がある
  • 年収が高い求人が欲しい

 

という人にはジェイエイシーリクルートメントがおススメ出来ますよ。気になった人は下に公式サイトのリンクがあるので、ぜひ使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓

JACリクルートメント

ワークポート

 

次のエージェントのワークポートですが、ここの転職エージェントはとにかくIT系やゲーム関連の求人が多いです。

 

つまりネットを使ったビジネスをしている会社との繋がりが非常に強いのがワークポートの特徴ともいえます。

 

ほかのエージェントと比べて、総合的ではなくIT系の専門分野なので、IT系に興味がない人はあまり使えないのがワークポートです。

 

しかし前の仕事はIT系だったとか、ネットを使った仕事に興味があるという人ならワークポートを使った方が求人数は圧倒的に多いでしょう。

 

DODAやリクルートエージェントなどにもIT系の仕事はありますが、餅は餅屋ということわざがあるように、専門的な知識をもったエージェントならよりよいアトバイスが聞けることでしょう。

 

それにIT系は残業が多かったり、ブラックが多いと聞きますがそういった細かい所も担当者の人に聞けば評判などはすぐに分かるので、ある意味カンニングのような事が出来てしまいます。

 

  • IT系などネットを使った仕事がしたい
  • 前の仕事はIT系だった
  • 俺はもうIT系にしか興味がない
  • IT業界の裏知識を知りたい

 

という人はワークポートにいくのがおススメでしょう。ワークポートの公式サイトは下のリンクにあるので気になる人は行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

 

DYM就職

 

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

 

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

 

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

 

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

 

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

 

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

 

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

 

という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

 

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

 

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

 

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】