会社を辞めたい

仕事とプライベートの両方を充実させる7つの方法

 

最近流行りの働き方と言えばワークライフバランス。つまり仕事とプライベートを両方充実させると言う事です。

 

最近の日本ではあまりにも残業のやりすぎで過労死などの問題が多くなっているため、仕事とプライべートの両立を訴える声が多くなっています。

 

私も残業が大嫌いなので、その意見には非常に賛成できます。

 

そこで今回は仕事とプライベートの両方を充実させる方法について書いていきましょう。

 

残業が少ない場所に転職する

 

いきなり転職をしろなんて言われても難しいですが、とりあえず話だけ聞いて下さい。

 

まず仕事を充実させる方法は簡単です。それは好きな事を仕事にするか今やってる仕事を好きになれば良いだけです。

 

たとえば資格を取って自分がやりたい仕事をやったり、今ではネットがあるので自分の好きな事をブログで発信してそれで広告収入を貰えば好きな事を仕事にしていると同じ事でしょう。

 

ですが、プライベートを充実させるにはとにかく仕事を減らさないといけません。

 

それこそ残業を全くしないで毎日定時で帰る事が出来ないと、プライベートを充実させることはできないでしょう。

 

なのでまずは仕事が多い人は仕事を減らすことから始めないといけません。もちろん最初に言ったようにいきなり転職をしろなんて難しいのであくまで参考程度にして下さい。

 

平社員のままでいる

 

会社というのは、昇進すればするほど仕事がドンドン増えていきます。

 

しかも責任も重くなり、下手をすれば休日もお客様や会社の社長に接待をしないといけない事もあるでしょう。

 

もちろん上司だけではなく部下の面倒もみないといけないため、昇進すればするほど仕事はドンドン増えていきます。

 

だったら平社員のままでいると言う手もあります。

 

平社員だったら給料は少なくなりますが、責任も軽いですし仕事の量もそこまで多くはありません。

 

昇進を断り続けたら出世の道から完全に外れますが、プライベートを充実させたいと思うならあまり昇進すると言う事を考えてはいけません。

 

ちなみに最近は管理職になっても全くメリットがない事が多く

 

給与の格差が減ったというのはありますよね。特に、管理職に残業代がつきにくくなってからはこの傾向が顕著です。そのため、せっかく出世したのに給料が下がるという人まで出てきてしまっています。階級制度とまで言われた差がなくなってきましたね。

引用元:履歴書DO

 

この様に管理職になったのに給料が下がってしまう場合や

 

株式会社クロス・マーケティングによる20歳~39歳の男女を対象とした「若手社員の出世・昇進意識に関する調査」によると、出世したくない20~30代はなんと約6割もいる事が分かりました。

全体としては、

出世したくないと思っている(15.8%)
出世にはあまりこだわっていない(43.4%)
できれば出世したいと思っている(28.8%)
絶対に出世したいと思っている(12.0%)

となっています。

若者の中で出世したいと思っている人は約4割しかいないのです。しかも内訳を見てみると、出世したいと思っているのはほとんど20代が多いのです。30代になるにしたがって、出世に対する願望がだんだん薄れていくようなのです。

引用元:キャリアパーク

 

今の20代の人の6割はなんと出世なんてしたくないと思っています。

 

しかも30代以降になると更に下がるという事も書いてあるため、今の時代の流れなのか出世したくない人も確実に増えています。

 

なので平社員のままでいるというのも割と現実的は話になっています。

 

フリーランスになる

 

仕事とプライベートを両方充実させるなら、多少の運も必要です。

 

たとえば、会社によっては課長だろうと部長だろうと定時で帰れる会社もありますし、むしろ昇進したら仕事が楽になると言う事も珍しくはないでしょう。

 

しかしその逆もあり、先ほど紹介したように昇進したらドンドン忙しくなってしまう会社も存在します。

 

この様に会社にいると、職種や会社、仕事内容などに左右されてどうしても両方充実させることが不可能な事もあるでしょう。

 

そんな時はフリーランスになる事をおすすめします。

 

フリーランスは仕事時間も仕事内容も仕事の進め方も全て自由です。

 

たとえば、週に7日間ずっと働く事も出来ますし、週に3日だけ働いて後はずっと休むという事も出来るでしょう。

 

もちろんフリーランスは、仕事を安定して貰えるまでが非常に大変ですが、上手くいけば週に1日だけ働いて後は遊ぶという極端な事も出来るでしょう。

 

なので、仕事の時間を自分の自由にコントロールしたいなら、フリーランスがおすすめになります。

 

ちなみに、フリーランスになる練習としてクラウドワークスという、ネットで仕事が出来るサービスがあります。

 

こちらのサイトは無料で使えるので、失敗してもリスクがありません。なので休日にちょっとフリーランス気分を味わって自分に合うかどうか?を試してみるのも良いでしょう。

 

派遣社員になる

 

派遣社員というのは、正社員と違って定時で帰れるところが多いです。

 

正社員と違って、会社ではなく派遣会社が主導権を握っているため、定時で仕事を終えると契約したら会社は残業をさせることが出来ません。

 

実際私の会社でも何人も派遣社員がいますが、の人たちは定時で帰っています。ちなみに正社員は夜の9時以上まで毎日残業です。

 

この様にあえて派遣社員になって、仕事のプライベートを充実させるという方法もあります。

 

なので1つの方法として使ってみるのが良いでしょう。

 

フリーター+副業をやる

 

ちょっと特殊な方法ですが、フリーター+ネット副業というやり方もあります。

 

たとえば週に4日だけバイトで働き、後の時間はネット副業で稼ぐ。それで生活費を作る事も出来るでしょう。

 

ネット副業だったら、上手くいけば30万、40万円稼ぐことも可能ですしそれから独立する事も出来るでしょう。

 

なぜこんな変な方法で働くのか?それはリスクを抑えるためです。

 

先ほどフリーランスで働くという方法を紹介しましたが、フリーランスは時間の融通が利く代わりに仕事がなくなると給料が貰えないというリスクがあります。

 

会社員だったら自分の仕事がなくても、時給なので会社にいるだけでお金が確実に貰えます。ですがフリーランスなら仕事がないなら0円という事が普通にあります。

 

その0円になるリスクを抑えるためにバイトをしながらネット副業をするという手段を紹介しています。

 

仮にネット副業の仕事がなくなってもバイトの日数を増やせばとりあえずお金がなくなる事はありません。

 

リスクが怖いならそう言った働き方もありですよ。

 

 

オンとオフを素早く切り替える

 

メンタル面の話になりますが、プライベートが充実してない人はオンとオフの切り替えが非常に下手です。

 

たとえば休日になっても「月曜日になったらあの仕事やる」とか「上司からメールがきてないか?」とスマホを常にチェックする事が多いです。

 

この様に休日になっても仕事の事しか考えていないため、プライベートが全く充実してない状態になるでしょう。

 

そうならないためにもオンとオフをしっかりと切り替えることが大事です。

 

たとえば仕事が終わったらすぐに大好きな趣味をやってみるとか、金曜日になったら友人と遊ぶ約束をしてみるなどすぐに休日モードに切り替えることが大事になります。

 

定期的な運動をする

 

運動って何か関係あるの?と思った人もいますが、運動をして体力を作る事が重要です。

 

たとえば体力がないと、仕事が終わったあとすぐに寝る人が多いです。

 

しかもせっかくの休日になっても、仕事の疲れからかずっと家で寝て過ごすという人が体力のない人の証拠です。

 

寝るというのも立派な趣味ですが、休日になって外出したり自分の好きな趣味をやりたいなら体力を作る事は必須になるでしょう。

 

とはいってもいきなりランニングをしても続かないので、まずは軽いストレッチから始めてみると良いですよ。

 

沢山の趣味をもつ

 

プライベートを充実させるには趣味がないと充実する事は不可能でしょう。

 

結局プライベートというのは自分の好きな趣味をする事が一番大事なため、沢山の趣味があると毎日の休日が楽しみになるでしょう。

 

沢山の趣味を持つというのは飽きるのを防ぐためです。いくら大好きな趣味と言ってもいずれか飽きてしまったり、気分によってやりたくないと思う時があるでしょう。

 

そんな事をなくすために沢山の趣味を持っておくと休日が充実して、仕事のやる気が戻ってきますよ。

個人ブログの人でもこんな風に書いている人もいますし

趣味って大事だな~と思います。生きていく張りが出ると言うか、明日も生きようと思えるというかww その事を考えている時はいやな事を忘れられます。

引用元:趣味の重要性

 

日本で人気の司会者所ジョージさんもこんな名言を残しています。

 

お金がないから遊べないんじゃなくて遊ぼうとしないから遊べないんだ

 

この名言は短いけど、遊べない人に対してズバット言っている印象があります。

 

最近10代の子とか自殺したりするでしょ?
そういうのはね、勿体無い。人生はそん時だけじゃないんだよ。
ほんとに。50まではね、面白くないよ。
人生は。50から相当面白いよ。
10代で悩んでる方たくさんいるでしょ?
20代でも悩んでる方。30でもまだ悩んでるよ。50なってみろよ

人生は若い時が一番面白いという人が多い中で、50からが面白いと逆の事を言っている名言もあります。

 

沢山の趣味人は50歳になっても人生を十分に楽しむ事が出来ると所ジョージさんの名言をみるとよく分かります。

まとめ

 

仕事とプライベートを充実させるにはまずは行動をしないといけません。

 

もっとプライベートの時間が欲しいという人はまず自分が出来る事を少しずつ始めてみましょう。

 

たとえば残業が多いなら、仕事を減らす工夫をしてみるとか思い切って転職をしてみるのも良いでしょう。

 

転職をするのだってリクナビNEXTなどの転職サイトに登録するだけだったら無料で出来ます。

 

リクナビの公式ページはこちら!

 

もし転職が出来ない状況なら、1時間でも空いてる時間があれば趣味の時間に使ってみるのが良いです。

 

ほんのちょっとでも自分の好きな事に時間を使えるだけでも、かなり有意義な時間になりますよ。