会社を辞めたい

もう限界仕事辞めたいと思った時に絶対やりたい対策まとめ

 

仕事がきつすぎてもう辞めたい。限界がきているという人はいまこのページをみているかと思います。

 

 

色んな理由があると思いますが、いきなり結論を言うと「限界なら辞めてしまおう」というのが私の意見です。

 

今回は「限界だもう仕事なんて辞めたい」と言う人のために仕事で大切な事を書いていきましょう。

 

 

人間関係が限界

 

 

人間関係が限界と感じる人は日本には沢山います。そもそもネットやテレビのアンケートで仕事を辞める理由で1位にいつもあるのが「社内の人間関係」です。

 

それほど人間関係で苦労している人が沢山いるのでしょう。

 

人間関係が限界と感じる場合は、早めに辞めないとどんどん精神的に辛くなっていきます。

 

残業がどれだけ出来る人でも、仕事内容が辛くても出来る人でも人間関係だけは耐えられない人は沢山います。

 

極端な事をいうと、毎日深夜の12時まで残業する。だけど人間関係が良いとそれだけで会社を辞めない人だって日本に多いのです。

 

それくらい人間関係は大切なものですから、悪かったら素直に甘えて辞めてしまいましょう。

 

大丈夫ですよ。転職しても人間関係が良い所にいくことは沢山あります。よく「転職しても人間関係は変わらない」と言いますがそんなことはありません。

 

当たり前ですが、会社が変われば人間関係なんて全て変わります。それこそ温厚な人がおおい職場にいくことだって普通にありえることでしょう。

 

残業が限界

 

次は残業が多すぎて限界と言う場合です。日本ではまだまだ残業が多い所が沢山あり、特に昭和に出来た会社となると昔の習慣が残っている事が多く、残業タップリという会社があります。

 

毎日深夜の12時まで残業していては、疲れもとれないでしょう。それこそ風呂に入ってご飯を食べて寝る。そんな生活が続けば「俺って何の為に生きているの?」と精神がおかしくなることもよくあります。

 

そんなに残業が多いところは、早く辞めてしまうのが良いでしょう。そもそも残業が多いと30代以降になると体がもちません。

 

30代になると自分が思っていたより体力が落ちているので、いつまでも20代の様に無茶なことが出来なくなるでしょう。

 

なので、体力の低下とともに肉体的な疲労が少ない所に転職しないと、確実に倒れます。

 

時々ニュースでやる「過労死」になる危険もあるので残業が少ない所に行くのがベストでしょう。

 

ちなみに残業がない会社なんて沢山ありますよ。何故か分かりませんが残業が多い会社にいると「日本の会社全て」が絶対に残業があると思い込む人が多く、「どこにいっても残業は絶対にある」と勝手に勘違いするでしょう。

 

しかし実際は残業をしない会社なんて山ほどあります。しかもそういった残業がない会社は効率がよく、少ない労力で沢山利益が出る方法を知っているので、給料も上がる事になるでしょう。

 

仕事内容が限界

 

仕事内容がそもそも嫌だと思っている場合もあるでしょう。

 

たとえばもともと事務職を希望していたのに、会社都合で営業になっているとかだったら嫌ですよね?

 

恐らく人と喋るのがそこまで好きじゃなく、それで事務職をやりたかったのに一番苦手であろう営業になる。これでは仕事が嫌になるのも分かります。

 

 

これもそこまで我慢する必要はないでしょう。そもそも個人によって仕事が合う合わないが必ず存在します。

 

私だって喋るのがあまり得意じゃないので営業の仕事を1年以上やっても上達する気が全くありません。

 

逆に事務職など中の仕事だったら多少のやる気が出てきます。

 

この様に個人で仕事が合う合わないが絶対にあるので、仕事内容が嫌でも我慢する必要はないでしょう。

 

ちなみにこれも日本でよく言われる事ですが、「どんな仕事も3年頑張れば好きなれる」と聞きますが3年というのは結構長いです。

 

23歳の人が3年頑張ったらなんと26歳。四捨五入して30歳になります。そこまでの長い時間をかけて嫌な仕事を好きになってもぶっちゃけしょうがないので、嫌なら嫌で部署移動するなり辞めるなりする方が良いでしょう。

 

甘えではない

 

仕事が限界辞めたいというのは甘えなのか?と疑問に思う人がいますが、別に甘えでもなんでもありません。

 

そもそも甘えと言う人は無責任にもほどがあります。たとえば辞めるのは甘えと言われて仕事を辞めずに頑張り続けてうつ病になったらどうします?

 

しかもうつ病になって自殺したら?

 

この様に頑張ったとしても病気になったり亡くなったりしたら全く意味がありません。しかも甘えと言う人に限って「辛いなら辞めれば良かったのに」と今度は真逆のことを言うでしょう。

 

この様に甘えと言う人はその人のことを全く考えていません。てきとうなことを言ってるだけなので、ネットやリアルの人間に言われる「甘え」は無視して良いです。

 

大丈夫ですよ。何故か日本では30歳を過ぎても正社員じゃないと人生が終わり。そんな風に思う人がいますが、人生なんていくらでもやり直しが出来ます。

 

そもそも人生に正解なんてありません。極端な事をいえば40歳でコンビニでバイトをしていてもその人が幸せと感じるならそれが正解です。

 

なので今は甘えましょう。トコトン甘えてみましょう。

 

仕事なんて山ほどある

 

よく「不況だから仕事あるだけありがたい」と言う人がいますが、その言葉は嘘です。

 

確かに不況と言うのは合っています。だけど仕事があるだけありがたい、つまり今は仕事がないなんて言葉に騙されてはいけません。

 

ぶっちゃけ言うと仕事なんて恐ろしい程沢山あります。たとえば工場で製品を作る製造業なんて常に人が足りなくて困っています。

 

介護職だって無資格でも良いから来てくださいと言う求人が山ほどあります。しかも給料がイイというIT系の仕事だって実は人手が足りませんよ。

 

私の自宅近くにあるコンビニなんて365日ずっと「バイト募集」の看板がありますし、調べたらバイトルという求人サイトにもずっと募集しています。

 

この様にちょっと考えれば仕事が山ほどある事に気づきます。不況と言われていますけど人手不足になっているのも日本の特徴です。

 

なので辞めても仕事は沢山あります。ただ皆似たような所ばかりに応募するから仕事がないと思っているだけです。

 

たとえば人気がある会社の特徴が

 

  • 駅から近い
  • 給料が高い
  • 残業がない
  • 未経験OK

 

という会社です。確かに残業なしなどは魅力的ですが、これも少し頭を使うと人気のなくて独占状態の求人もあります。

 

たとえば私がよく使っているのが駅から遠くて、車か原付じゃないと通えない会社です。駅から遠かったりバス停から遠いと一気に不人気の求人になることがあるので意外と使える戦法です。

 

あなたは車は持っていないし買うつもりはないけど、原付だったら別に良いんじゃないですか?原付なら10万円程度ですぐ買えますし、ガソリン代は安い駐車代はかからないと車を買うより圧倒的に安いです。

 

しかも原付を買えば車と同じようなスピードで走れるので、通勤も非常にしやすいです。

 

今までは電車とか自転車、徒歩圏内の場所ばかり探していましたが原付が1つあるだけで世界が変わりますよ。

 

 

3年働けに騙されるな

 

先ほども言いましたが、3年働けに騙されてはいけません。そもそも3年働けは昔のお金がある時の日本や職人にしか通じません。

 

昔の日本はお金があり、それこそ大企業に勤めたら人生の勝ち組は確定になりました。なぜなら誰も会社が潰れるとは思っていませんから、お金が沢山あるから40年以上は確実に大丈夫と思ってたからです。

 

だから3年頑張って仕事に慣れたら、もう安泰になる。この様にお金がある時には通じた方法です。

 

ですが今は不況のせいで日本会社にお金がありません。

 

それこそ3年後に会社が潰れているかもしれません。今は大丈夫でもたとえば最近は不正行為がばれたらすぐにネットで拡散されて悪評が一瞬で広がります。

 

ちょっと前の話ですが、日大のアメフト部の悪質プレーなんて良い例です。たった1回のプレーでしたがテレビで広がり、YouTubeで流されTwitterで大炎上。

 

たった1回のプレーで日大の全ての評価が下がりました。

 

これがもし中小企業で同じ事が起きたら間違いなくその会社は倒産するでしょう。

 

不正や商品偽造など会社でも危ない事をやっている所は沢山あるはずなので。

 

だから3年先の未来も見えない様な状態で3年間も頑張ってはいけません。むしろこの会社ヤバいかもしれない。そんな風に思ったら速攻で逃げる方が良いでしょう。

 

 

 

一番危険なのは転職を忘れること

 

そして限界だと感じているならまだ良いでしょう。なぜならまだ転職という言葉が頭の中にあるからです。

 

しかし一番危険なのは転職という言葉が頭から消える人の事です。

 

たとえば日本では仕事に疲れて自殺する人が沢山います。そう言った人たちのニュースがたまにやるけど、大半の人は「自殺するくらいなら何で会社を辞めないの?」と疑問に思う人です。

 

確かにそうです。死ぬくらい追い詰められているなら辞めれば良かったじゃん。そんな風に思います。

 

しかし自殺した本人はそもそも転職という考えが全くありません。

 

たとえばですけど、その人が「仕事を辞めたい」と言ったのに上司から「甘えるな!」と怒られたらどうでしょう?

 

20代の人たちは素直な所も多く、上司の言葉をそのまま鵜呑みにする人だって沢山います。そんな人たちが「甘えるな」とか「3年は働け」と言われて転職という道をなくしてしまう。

 

そして転職という道がなくなると誰にも相談ができない、転職が出来ない、追い詰められる。そしてどうする事も出来なくてそのまま自殺する。

 

全ての人たちが同じような状態とはいえませんが、とりあえず転職をするという発想が消えているのは確かです。

 

あなたはまだ、「辞めたい」と検索しているはずなので転職という言葉は残っているはずです。

 

頭がちゃんと逃げる事を覚えている間に逃げてしまいましょう。脅すつもりはありませんが限界になる前に逃げないと、よくてうつ病。悪くて自殺。そんな事だって普通にあり得るので。

 

 

それでも怖いなら転職エージェントに相談を

 

ですが、ここまで言っても転職は怖いと感じるでしょう。

 

それは分かります。転職なんて誰でも怖いもの。それこそ前より酷い職場に言ったらどうしよう?そんな風に考えているはずです。

 

そういう人は転職エージェントに一度相談した方が良いですよ。

 

転職エージェントは担当者と1対1で転職についての悩みを相談できる場所ですし、求人の紹介や面接の練習などもやってくれます。

 

1人でこうやってネットで検索するより詳しい人に聞いてもらった方が、確実にあなたのためになるでしょう。

 

DODAという転職エージェントがありますが、DODAなら日本の中でかなりの大手サイトで求人数も沢山あり、しかも幅広い職種があるので転職する時に道が沢山あります。

 

それにDODAは土曜日も営業しているので、仕事をしながらと言う人でもかなり使いやすいサービスになります。

 

限界と感じるなら一度相談にいきましょう。プロに相談するだけでも心がすごく楽になりますよ。

 

したのリンクから公式サイトにいけるのでぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

 

 

違う転職エージェントもみたい場合は?

 

もし違う転職エージェントも見たい場合は今から紹介していきます。なのであなたに合ってるエージェントを探していきましょう。

 

DODA

 

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

 

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

 

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

 

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

 

求人は

 

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • アプリ開発

 

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

 

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

 

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい

という人にはお勧めが出来るでしょう。

 

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

 

 

リクルートエージェント

 

 

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

 

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

 

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

 

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

 

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

 

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

 

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

 

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

 

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

 

 

DYM就職

 

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

 

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

 

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

 

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

 

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

 

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

 

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

 

という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

 

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

 

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

 

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】