会社を辞めたい

仕事を辞めたい辛いと思った時の簡単にできる7つの対策法

 

仕事が辛すぎて辞めたくないですか?

 

特に20代の人は、誰もが仕事を辞めたいと感じているので、こうやってネットで検索しているでしょう。

 

特に人間関係、残業、給料の問題は一番辞めたくなるときでしょう。

 

そこで今回は、20代の人が仕事を辞めたくなった時の対処法を書いていきましょう。

 

 

辛いならすぐ逃げて良い

 

 

まずいきなり言いますが、辛いなら逃げても良いです。

 

簡単に逃げて良いと言いますが、あなたは逃げたくはないでしょう。

 

それは「親の目」や「上司の目」など世間的な目があるのも理由ですし、「辞め癖がつかないか?」「ほかに就職先はあるのか?」という不安もあるでしょう。

 

しかし今辛いと感じているなら、遅かれ早かれあなたは辞めてしまうでしょう。

 

今ものすごく仕事が辛く感じている。だけど仕事が辞められない。だからどうしようもないと思ってしまいます。

 

しかし逃げても良いんです。どう思おうが逃げても良いんです。逃げないと大変な事になりますよ。

 

関連記事:人間関係で仕事を辞めたいと思う人は甘えではないので辞めても良い

逃げないとうつ病になる

 

まず仕事が辛くても逃げない場合、うつ病になる危険が非常に高いです。

 

うつ病になりやすい性格というのが、我慢する人とか責任感が強い人が特になりやすいとネットやテレビなどでやっています。

 

恐らく、仕事が辛いと感じているあなたは人一倍責任感が強く、それに我慢強いです。この2つの性格は非常に良い事ですが、あまりにも我慢をすると確実にあなたの心は壊れていくでしょう。

 

ちなみに「うつ病は甘えなんて」良く言いますが、甘えなんて思ってはいけません。ネットで甘えだなんて良く言うので、それを読んだ人は「社会人なんだから甘えてはいけない」そう思ってうつ病になっていても我慢をします。

 

そして我慢した結果、そのまま自殺する人がいて大きなニュースになる事も日本では日常茶飯事です。

 

脅すわけではないですが、辛い時はつらいと言わないと本当にうつ病になりますよ。

 

関連記事:メンタルが弱い人は禁止!やるとうつ病の可能性が上がる職種

うつ病は10年以上治らない病気

 

うつ病になると、早い人で3か月くらいで治る人もいますが、大半の人で1年以上はうつ病に苦しむ事があります。

 

3か月程度で治る人は、もともと軽症の人で早い段階で病院にいったからすぐに治った人なんです。

 

しかし大半の人は、精神的に辛くても我慢するため症状はドンドン酷くなっていくでしょう。

 

そして酷い人は10年以上もうつ病と戦う人だっていますよ。こういう人は限界まで頑張って壊れるまで働き、入院するくらいまで症状がひどくなる人が、10年以上もうつ病と戦います。

 

逆に考えて下さい。10年も普通に働けなくなるんですよ?普通大きな骨折をしても1年もすれば治る事が多いですが、うつ病の場合は10年です。

 

20歳なら30歳、30歳なら40歳までまともに働けなくなります。そう考えると大きな病気だと思いませんか?

 

関連記事:製造業にうつ病の人が多いと聞く驚きの理由は?

上司の意見を聞かないで

 

 

「仕事を辞めたいけど、上司がなんて言うか…」と思う人もいますがそんなものは関係ありません。

 

確かに辞めるとすると上司にいろいろ言われます。よくあるのが「3年も働けないのは甘え」とか「これで辞めたらほかの会社で働けない」と言われることでしょう。

 

ですが、そんなことを言う上司は無視しても良いです。普通に考えたら「俺のことを思って色々言ってくれる」と思いがちですが、それは勘違いです。

 

実際上司はそこまであなたの事を思っていません。3年働けとか我慢しろとか言う上司は、その上司の若い頃も同じことを言われてきたので、そのままあなたに返してるだけ。

 

そして、他の会社でやっていけないと言うのも勘違いです。面白い事に人間は同じ会社で長く働いていると、その会社が一番楽な会社と思う事があります。

 

たとえば残業が多い会社でも「残業が多いけど、ここは残業代を出すからいい会社」と勘違いする人もいますし、人間関係が悪い会社でも「人間関係は酷いけど仕事内容は楽」と勘違いする人もいます。

 

まあ、ようするに慣れた仕事というのはこの世の中で一番楽な仕事と思う事があるので、「こんな楽な会社を辞めたらほかの会社では働けない」と変な事を思ってしまうのです。

 

なので、何か厳しい事を言う上司は完全に勘違いをしているので、聞かなくても良いです。

 

3年働けなんて意味ないですし、他にも働ける会社は沢山あります。

 

ちなみにですが、本当にあなたの事を心配してる上司は、アトバイスをくれます。

 

たとえば私の場合は「転職は意外と時間がかかるから早く探した方が良い」とか「介護職は肉体的と精神的にきついけど、人手が足りないから誰でも雇う。だから本当に仕事がない時は介護に言った方が良い」というかなり具体的なアトバイスを貰いました。

 

 

この様に、本当に具体的なアトバイスをくれる人の話は聞いて、ただ文句を言うだけの上司の話は全て無視するくらいが良いですよ。

 

関連記事:人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

家族の意見も聞かないで

 

ちなみにですが、家族の意見も聞かない方が良いです。というのもあなたの両親とあなたでは仕事の価値観がまるで違います。

 

たとえば今の時代は、残業をしたらダメという事をよく言われていますが、あなたの両親の時代は残業すればするほど評価が上がったり、給料も今とは比べ物にならないほど沢山もらえました。

 

なのでもしあなたが「残業が多すぎて辛くてやめたい」と言うとあなたの両親は「残業はするのが当たり前だろ」なんて返してくることが多いです。

 

なので、一番身近である家族の意見は出来るだけ聞かない方が良いでしょう。仕事の価値観がまるで違うので、あなたを否定してくる場合があります。

 

「家族との仲は良い方だよ」と思うなら相談してもいいですが、仕事の価値観は確実に違うので怒られる覚悟だけはしておきましょう。

 

仕事が合わないのは良くある話

 

 

よく「仕事が合わない」と思う人がいますが、仕事が合わないなんて良くある話です。

 

そもそも20代の時の就職の決め方なんて、みんな適当です。私の場合テレビで食品工場を見学するテレビ番組が学生の時によく放送されていました。なので「工場の仕事って単純で楽そうだな」と思って、工場に就職しました。

 

それに友人の場合は、何となく何社も受けて偶然合格したのが証券会社だったので、何となく証券会社で働いています。

 

この様に20代の時、つまり新卒の時に決めた仕事なんて皆適当に決めるので、その仕事が合わないなんて当たり前にありますよ。

 

「苦手な仕事でも頑張らないと」と思う人もいますが、苦手な仕事を頑張ってもあなたの能力は大して上がりません。

 

たとえば人と関わるのが好きで、営業の仕事をしてる人と人と関わるのが嫌いで中の仕事をしたいという人が、同じ営業をやったら確実に前者の方が能力は上がります。

 

後者も能力は多少上がりますが、好きな人と比べたら4倍以上は能力に差が出るでしょう。

 

なので、嫌いな仕事をやっても大して意味がなく逆にあなたの貴重な時間を無駄にするので辞めた方がいいでしょう。

 

ちなみに、私は人と関わるのが嫌いなので営業の仕事をやったら、絶対に1年未満で辞める自信があります(笑)

 

関連記事:仕事辞めたい向いてないと思った時の15のアトバイス

人間関係は我慢しても全く意味がない

 

 

よくあるのが、人間関係が辛すぎるという話ですが、これも我慢しても意味がないでしょう。

 

そもそも人間関係というのは非常に重要です。よくあるネットのアンケートで「仕事を辞める理由は?」と聞かれたら多くの場合「人間関係の悩み」が1位を独占します。

 

しかも20代だけではなくて、30代、40代も人間関係でみんな辞めていきますよ。

 

ちなみに、私の前いた職場で30代の人がいたんですけどその人は上司と仕事のやり方で喧嘩をして、そのまま勢いで辞めていきました。

 

その人は一応結婚して、子供がいましたけど人間関係のせいで勢いで会社を辞める事になってしまっています。

 

この様に年齢関係なく人間関係のせいで、辞めることなんて普通にあるのでそこまで気にしなくていいでしょう。

 

関連記事:職場の人間関係が悪いなら辞めた方が良い

立派な人間なんて目指さないで

 

よく、立派な大人とか立派な社会人になれとか言いますが、逆に立派な大人ってなんでしょう?

 

私の職場に、仕事が面倒だから全部部下に仕事を丸投げする上司もいますが、それは立派な大人でしょうか?

 

よく仕事が面倒だからと、喫煙所で1時間も休憩する人がいますがそれは立派な社会人でしょうか?

 

この様に、立派な大人とか社会人と聞きますがみんな別に立派ではないです。それは中には本当に尊敬できる社会人もいますが、そういう人は滅多にいないでしょう。

 

何が言いたいのか?つまりあなたは別に立派な人にならなくても良いんです。別に無理して大人が勝手に決めた立派な社会人になんてならなくても良いんですよ。

 

だって大半の人が、立派でも何でもないただの社会人なので、

 

3年働いて何か自分の為になるのか?

 

 

よく3年は我慢しないとなんて聞きますが、ただ3年働くだけでは何も成長できません。

 

3年働いて本当に将来のためになるのか?を考えた方が良いでしょう。

 

たとえば美容師や料理人は、自分の腕が試される仕事です。カリスマ美容師になれば月収100万円貰える美容師もいますし、料理人だって修行を我慢して続ければ自分の店を持てるという事も出来るでしょう。

 

この様に本当に自分の能力が上がる仕事だったら、それは3年続けないといけません。

 

しかし工場などの単純作業や、ただの事務仕事をやっても大した能力は生まれません。

 

工場や事務仕事が好きという人は、そのまま続けた方が良いですが嫌々やっている人だと3年間を無駄に過ごす事になりますよ。

 

なので、3年働けという言葉はちゃんと頭の中で考えて行動した方が良いでしょう。

 

今の仕事は3年間続けたら何が残りますか?

 

関連記事:仕事を2年目で辞めたいと思った時の原因と明日からやって欲しい対策

仕事が辛い時の対処法

 

では、次に仕事がどうしても辛い時の対策を色々書いていきますよ。

 

まずは寝る

 

仕事が辛い時はとにかく寝る事が大事です。睡眠はどんな薬や治療よりも効果的で、寝れば嫌な事を忘れるという人もいるので、かなりの万能薬でしょう。

 

色々なストレス解消法があるので、後で紹介しますがまずは寝た方が良いでしょう。

 

疲れたら寝て精神的にちょっと楽になった時に気分転換をすればいいんです。

 

 

気分転換をする

 

仕事が長続きする人って、気分転換の仕方がかなりうまいです。

 

たとえば、定番ですが週末に美味しいスイーツを食べに行くとか休みの日に旅行にいくなど、何か楽しみがあると仕事も多少楽になるでしょう。

 

ちなみに私は、定額でアニメや映画が観れるHuluというサービスを使って、家の中でゴロゴロしながらアニメを観てますよ。

 

何だかんだ、ボーっと何か適当に観るのが私には合っているので、休みの日はゴロゴロ祭りです(笑)

 

あなたも、気分転換の仕方が分からないならまずは私の真似をしてみて下さい。とにかく色んな方法でストレスを解消すると、精神的に楽になりますよ。

↓↓↓

Huluのお試しはこちらからどうぞ!

 

他人のせいにしてみる

 

あなたは責任を自分のせにしすぎです。責任感が強いのは良い事ですがずっと自分のせいにしてたら精神的に疲れてしまうでしょう。

 

なので仕事で失敗したら他人のせいにする癖をつけた方が良いでしょう。

 

たとえば仕事でミスをして上司に怒られても「これはお前の指示の仕方が悪いんだろ」と心の中できれてみましょう。

 

そうすると、割と心の中がスッキリしますよ。ここであなたは「他人のせいにするのは無責任なのでは?」と思ったかもしれませんが、別にそんな事もありません。

 

先ほど言ったように、上司の指示の仕方が適当すぎてミスをしたなんて良くある話ですし、立場が上の人ほどプライドが高くなるので、ミスを絶対に認めようとはしないでしょう。

 

ですが、確かに無責任ということもあります。仕事ができる人ほど実は潔く自分のミスを認める人が多いので責任と言うのは大事です。

 

しかし今あなたに大切なのは、心を強くする事です。結局精神的に疲れてしまうせいで仕事を辞めたくなるので、少しでも精神が傷つかない方法をやるしかありません。

 

なので、次にミスをしたら他人のせいにしてみましょう。心の中で「この上司が悪い」と言うようにしましょう。そうすると格段に心が強くなりますよ。

 

トイレでサボる

 

あなたは常に、働いていてサボる事を知りません。

 

サボると聞くと悪いことかもしれませんが、仕事と言うのは時にはサボる事も重要になっていきます。

 

よく考えて下さい。仮に今の職場で定年まで働くとするとあと40年以上はずっと働いている事になりますよ。

 

40年も働かないといけないのに、ずっと元気よく働くなんて無理に決まっているでしょう。

 

たとえば1kmを走るのに、スタートと同時に本気で走ったら100mくらいでばてて走れなくなります。

 

しかしペース配分を考えると1kmは多少疲れますが、全力疾走するよりかは疲れませんよね?

 

仕事もそれと同じで、ペース配分をよく考えて走らないといけません。

 

なので、定期的にサボる。そしてサボる場所の定番は個室のトイレでサボることです。

 

この方法は意外と多くの人に使われていて、喫煙所と並んで隠れるための場所としてよく使われていますよ。

 

ちなみに私も、トイレでよくサボっています。

 

関連記事:メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

動画をみてみる

 

文章だけじゃ伝わらない事が多いので、ちょっと仕事を辞めたい時の動画を観てみませんか?

 

たとえばこの動画は正社員を2か月で辞めた人の実際の体験の動画です。

 

 

 

 

そして次の動画が、若者に仕事のやり方や選びかたなど実際に教えている、クリスさんという人の動画になります。

 

 

 

 

文章よりも人の声を聞いた方が、心に響くという人も沢山いるので、ぜひどちらでも良いので実際に聞いてみて、仕事を辞めても良いんだと言う事を体験してみて下さい。

 

まずは転職サイトの登録しよう

 

会社を辞めるにしても、まずは転職サイトの登録をした方が良いでしょう。

 

転職サイトはネットを使った、求人サイトですがこれは仕事を辞めたいと思った時に使えるサービスです。

 

「転職ならハローワークじゃダメなの?」と思う人がいますが、ハローワークってネットの噂通り本当にブラック企業が多いですし、私が実際に使って分かりましたがハローワークの求人ってすぐになくなるので、実は効率が悪かったりします。

 

たとえば採用人数が1人なのに、同じ求人に5人も応募してる所もあったのでそんなの内定が貰えるはずがありません。

 

しかしネットの転職サイトを使う企業は、お金を持っている所が多いため採用人数が多くて貰いやすいというメリットがあります。

 

それに転職サイトは1つじゃないです。たとえば介護専門の転職サイトとか、工場専門の転職サイトなど、色々なサイトがあり自分が使いやすいサイトが選べるでしょう。

 

残業がない求人も沢山ありますし、給料が高い求人も沢山あります。なのでホワイト企業に入社したいなら転職サイトの登録は必須になるでしょう。

 

 

ちなみに、転職サイトを使った事がない人はとりあえずリクナビNEXTに登録をすれば大丈夫です。

 

リクナビNEXTは業界でも大手のサイトで、会員数700万人、リクナビNEXT限定求人が85%以上、正社員転職者の実態調査で調べたところ転職者の約8割が使用。

 

などなど、信頼性なら抜群にあるサイトですよ。

 

それに無料で登録が出来ますし、リクナビNEXTを使用するのも全て完全無料で出来ます。なので一度使って使いにくいと思ったら、解約をすれば良いだけなので損はしないでしょう。

 

ちょっとでも転職を考えたらぜひ使ってみて下さい。あなたもホワイト企業に就職して精神的に楽になりますから。

↓↓↓↓

リクナビNEXTの無料登録はこちらから

 

転職の相談なら転職エージェントに相談した方が良い

 

転職サイトの魅力も話しましたが、転職エージェントというのも一緒に使った方が良いですよ。

 

転職エージェントとは、簡単に言うとあなたの転職を支援してくれるサービスです。

 

たとえば、履歴書の自己PRの部分や、面接の練習など1人だとどうしても息詰まるところが出てきます。

 

特に面接の練習なんて、新卒の時にやってから全くやらないのでやり方すら忘れているでしょう。

 

しかし転職エージェントなら、面接の練習をしてくれますし履歴書のチェックだってしてくれます。

 

それに、求人を探すときにどんな仕事が合っているか?という事も教えてくれますし、担当者の人が一緒に相談にのってくれます。

 

ちなみに転職エージェントの場合は、マイナビエージェントがおすすめになります。

 

というのも、マイナビエージェントもかなりの大手サイトなので実績と信頼感は抜群です。

 

40年以上の長い歴史と、資本金が20億円以上ある会社なので下手に小さい転職エージェントを使いよりかなり安心はできるでしょう。

 

転職をする時にサポートが欲しい人は、マイナビエージェントをぜひ活用して下さい。ちなみに利用料金は全て無料なので、こちらも損はありません。

↓↓↓

マイナビエージェントの登録はこちらから

 

また、転職エージェントについてもっと知りたいという人がいたら、したの記事におすすめの転職エージェントをまとめてみたので、ぜひ見て下さい。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

まとめ

 

仕事が辛すぎて辞めたい。そう思ったら転職を考えた方が良いでしょう。

 

やはり無理をするのも良くないですし、何より我慢して働いて体を壊しても会社は何も責任を取ってくれません。

 

結局会社もあなたが病気になっても、無責任で他人事なので会社の為に頑張って体を壊すと後悔しますよ?