会社を辞めたい

仕事を辞めたいと毎日ストレスを抱えている人に絶対やって欲しい対策

 

仕事辞めたいと感じているほどストレスが溜まっている。

 

今の現代社会ではよくある光景です。しかしそのストレスをなんとかしないと、仕事が続けられません。

 

仕事が続けられない=お金が貰えなくて生活もできないでしょう。

 

そこで今回は仕事を辞めたいと思う程ストレスが溜まっている人向けに、仕事の考え方やストレス対策法を書いていきましょう。

 

人間関係のストレスはうつ病になる

 

 

まず一番のストレスは恐らく人間関係でしょう。なんだかんだ仕事を辞める一番の理由が人間関係なので、あなたは人間関係にストレスを感じているのでは?

 

人間関係でストレスを感じて辞めたいと思っているなら、辞める準備を進めた方が良いでしょう。

 

理由は簡単です。人間関係のストレスを溜めるとうつ病になる危険が高いからです。うつ病は世間では甘く見られがちですが、実は結構怖い病気です。

 

たとえばうつ病に1度なったら10年以上も治らない人だっていますし、うつ病になったせいで自殺する人だっています。

 

日本はうつ病を舐めていますが、仕事が10年も出来なくなったら凄く困りませんか?それに死ぬ可能性があると分かったら恐怖を感じませんか?

 

下手をすればガンより怖い病気なのがうつ病ですよ。

 

なので人間関係でストレスを感じてもう限界。そう言う場合は辞める事を考えた方が良いでしょう。

 

時々「性格の悪い上司と仕事をすると心の修行になる」なんていわれますが、そんな事は絶対にしないで下さい。性格の悪い上司と長い時間一緒にいてもあなたに害しかありません。

 

それこそ長い時間一緒にいると、本当にうつ病になりますよ。

 

残業時間のストレスは体と精神両方壊れる

 

次に日本で多いのが残業時間の長さです。日本では残業時間が長いと世界的にみても明らかですが、残業を時間を我慢すると心が壊れることもありますし、体も壊れる可能性があります。

 

つまり肉体と精神両方が壊れる危険があるので、ある意味人間関係のストレスより質が悪いストレスでしょう。

 

残業が多い。たとえば毎月80時間とか残業をしていると当然ですが、家に帰ってお風呂に入ってご飯を食べる。そしてその後疲れている、または時間がないから寝る。そんな生活をしている人が多いです。

 

そして下手をすると土曜日も出勤で日曜日しか休みがないなんて事もありえるでしょう。

 

そんな生活を送っているとストレスが解消できなくて、まず精神的にやられる。そして寝る時間はたっぷりあるけど、実は頭の中で仕事の事が離れていないですし、「明日また仕事か…嫌だな行きたくないな」と思っているので、しっかりと睡眠をとる事が出来ないでしょう。

 

この様にしっかりと休息もできない、しっかりとストレス解消が出来ないので残業が多いといずれかは壊れてしまうでしょう。

 

ちなみに残業が多いのは20代ならまだ耐えられる確率がありますが、30代以降になると脳梗塞になる可能性だってあります。

 

エッセイ本で実際に30代で脳梗塞になった人の実体験を描いた漫画がありますが、その人も残業のやりすぎで、体が動かくなったという風に描いてありました。

 

あなたは脳梗塞になってまで働きたいですか?そう聞かれたらイイエと答えるでしょう。ちなみに「もう生きる気力がないから、脳梗塞にでも何でも病気になれば良いよ」と思った人。そう言う人はそうとう疲れているので、すぐにでも会社を辞めた方が良いですよ。

 

 

仕事内容のストレスは我慢しない方が良い

 

 

次に仕事内容自体に我慢している場合が多いでしょう。やりたい仕事じゃなかったとか、人間関係が合わないとか、売り方が気に食わないとかそう言った仕事内容に不満を感じているでしょう。

 

仕事内容が合わないとか社風が合わないというのは、実は一番甘えと思われる事が多いです。

 

人間関係が辛いとか、残業が長いとか給料が安いだったらどれだけ大変かなんとなく想像が出来ますが、仕事内容が合わない、社風が合わないと言われると「どういうことなんだろう?」と感じる場面も多いです。

 

ですが仕事内容が合わないのも本人だったら大変な事態です。

 

なぜなら仕事内容が合わないということは、全く向上心を持たないで仕事をしているからです。

 

人は面白いもので向上心があるかないかだけで、仕事の成長が全く違います。

 

たとえば喋るのが好きで、営業の仕事が楽しいと感じる人。喋るのが苦手で営業の仕事は嫌と思っている人。この二人だったら当然ですが営業の仕事が楽しいと感じるほうが仕事の能力は上がります。

 

もちろん喋るのが苦手な人でも、時間が経つと営業の能力は上がりますがそれでも成長率は5倍以上は違ってきます。

 

なので、仕事内容が合わないとかつまらないと感じるなら、早めに辞めてしまっても良いでしょう。

 

よく考えて下さい。あなたはあと40年以上その仕事をやりたいですか?恐らくやりたくないと答えるでしょう。

 

なら大丈夫です。結局遅くても早くてもあなたは今の仕事のが好きではないので、辞めてしまうから。

 

給料が安いのは将来的に危ない

 

次に給料が安すぎるという問題です。

 

給料の問題も非常に困りますね。だって給料が少ないとそもそも生活ができないので、もはやストレスとかいう以前の問題です。

 

20代の頃は給料が安くても良いでしょう。です30代になると貯金を考える頃ですし結婚したら今の給料だと厳しいと思います。

 

ちなみに給料が安い時に辞める時と辞めない方が良い場合の2つあります。

 

まず辞めて良い場合は、昇給もなく残業代も出ない場合です。

 

たとえば10年働いて年収が4万円しか上がらないならその会社はもう辞めた方が良いでしょう。10年も働いてたった4万円になると将来確実にお金が足りなくなります。

 

それだったらサッサと転職をして、元々の給料が高い場所に行った方が何倍も給料が貰えますよ。

 

次に辞めない方が良い場合は、会社が暇すぎて給料が少ないということです。

 

たとえば仕事が暇で残業もない、祝日も全て休み、そこまで儲かっていないので当然ボーナスもない。

 

そんな状況の場合は確かに辞めるべきと考えますが、その場合は副業をしてみましょう。

 

副業といっても休日にバイトをする副業ではなく、ネット副業になります。

 

ネット副業だったら好きな時に好きなだけ稼げますし、慣れて自分の腕が上がると報酬がそのまま給料に出るのがネット副業の良い所です。

 

ただネット副業は時給ではなく、自分がやった分でしか給料が貰えません。

 

だから最初は時給100円なんて当たり前にありますし、正直バイトをした方が沢山貰えます。

 

しかしネット副業は基本的にパソコンの作業だけで良いものが沢山あります。パソコンの作業だけで良いということは、30代でも40代でも出来るということです。

 

今は20代なので頑張れば休日にバイトをして稼ぐことも可能でしょう。しかし30代になったら体力がガクンと落ちます。それこそあなたが想像した以上に体力が落ちていきます。

 

そうなったらバイトなんて出来るはずがありません。しかしネット副業を1度覚えてしまうと何歳になってもパソコンがあれば出来るので、将来的にはプラスになりますよ。

 

それにネット副業に慣れたら月に10万円を稼ぐことも出来る様になります。ほらネットの怪し広告で「1クリックで10万円」というものがありますが、本当に全力で頑張ればそれも出来るのがネット副業の凄い所です。

 

ちなみにどれくらい頑張れば良いのか?それは最低1年は頑張らないといけません。

 

やはり知識がないあいだは、何をやっても稼げないですしそもそも何をやって良いか分かりません。

 

ですがたった1年もやったらネット副業のコツがわかって、自分が何をしたらいいかもわかる様になっていくでしょう。

 

ちなみにクラウドワークスというサイトだと、比較的簡単な作業で報酬を貰う事が出来ます。たとえばアンケートやアプリのレビューなど本当に誰でも出来る仕事です。

 

ネット副業が初めてという人はまずはクラウドワークスから始めるのが良いでしょう。無料で会員登録が出来るのでぜひ初めて下さい。ちなみに「タスク」というカテゴリーを検索すると簡単な仕事が沢山出てきますよ。

↓↓↓↓↓↓

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

円満退職なんてしなくて良い

 

よく円満退職をしてからやめようと言いますが、そこまで円満退職にこだわる必要はないですよ。

 

そもそも円満退職って、上司にちゃんと退職をする事を納得させて、仕事の引継ぎをして1か月前か2か月前に辞める事を伝えて綺麗に辞める。

 

そして会社の人が全員納得するような辞め方をするのが円満退職です。

 

これが円満退職なので、大体の人は普通に無理な話です。そもそも退職を伝えたら上司から止められたり「仕事はそんなに甘くない!」と全くありがたくないお説教を貰ったりと円満退職以前の問題です。

 

そして、ちゃんと綺麗に辞めないと次に出会った時に気まずくなるとも言われますが、辞めたあとってほとんど会う事がないです。

 

私は前の会社を辞めた時は連絡を交換した1人のオジサン意外とは全く会っていません。1回だけコンビニで上司の人と会いましたが

「仕事はみつかったか?」

「はい無事に…」

「そうか、よかったな」

とこの程度しか会話をしませんでしたよ。

 

この様にコンビニでは運が悪いと会うかもしれませんが、仕事上では全く出会わないですよ。

 

なので会社を辞めたあとは基本的に会社の人と会わないという事を覚えて下さい。

 

そこまで辞める時に怖がらなくても良いです。普通に人間関係とか残業が辛いとか言っても良いです。

 

ちなみに私は「残業が長すぎて辛い」と辞める時に上司にいったら「社会人はこんなもの、甘えるんじゃない」と長いお説教を貰いましたが、今では残業がない所に無事に転職してますよ。

 

なので円満退職なんて別に目指さなくても良いですし、辞めたい時に辞めてしまえばイイでしょう。

 

ずる休みをしてみよう

 

 

仕事を辞めたい程疲れているならたまにはずる休みをしてみるのはどうですか?

 

ずる休みは悪い意味でしかない。そう思ってるかもしれません。しかしずる休みをする事で体力も精神力も回復する事が出来るでしょう。

 

結局仕事を辞めたいと感じるのはストレスのせいで。仕事が嫌なストレス、仕事で疲れたストレス全てはストレスが原因です。

 

なので、まずはずる休みをして会社を休んでしまいましょう。大丈夫です5回くらいまで特に何も問題なく休むことが出来ます。

 

疲れているなら休みましょう。ずる休みはしたくないと思っているかもしれません。ですが疲れているのは確かなので休むのも良いでしょう。

 

 

トイレでサボってやろう

 

ずる休みが嫌なら、せめて仕事中にサボるくらいは覚えた方が良いでしょう。

 

その方法がトイレの個室でサボってみることです。トイレの個室は素晴らしい場所です。確かに臭いし汚いこともありますが、トイレの個室なら誰も覗きにきませんしスマホを弄る事だって出来るでしょう。

 

ちなみにトイレの個室でサボる人はかなりいます。それこそ30分以上個室に入っている人もいますし、上級者だったらトイレで寝る事だって可能になります。

 

この様に実はトイレはサボるためのベストスポットと言えるでしょう。

 

ちなみにトイレでサボるのは仕事の息抜きが上手い先輩が教えてくれました(笑)

 

 

心の底から楽しめる趣味を持ってみよう

 

人間が長期的に仕事をやる方法は実は凄い単純です。

 

それは仕事を心の底から好きになるか自分が心の底から楽しめる趣味を持つ。この2つのどちらかが出来ると仕事は簡単に長続きします。

 

仕事を心の底から好きになるのは、20代では中々難しいことでしょう。理由は20代というのは仕事の事が全く分からない。それどころか自分の人生すら迷ってしまうのが20代なので自分の好きな仕事が何か探す時期だからです。

 

なので今から出来る事といったら、心の底から楽しめる趣味を持つことです。

 

趣味だったら全年齢共通してある趣味なので、あなたも出来るでしょう。

 

なぜ趣味を持つことが大切なのか?それはアイドルオタクの人やアニメオタクの人を観ればよく分かります。

 

たとえばアイドルオタクやアニメオタクは世間一般では嫌われる事が多い人たちです。

 

ですが、オタクの人たちはその分野があるお陰で仕事を頑張る事が出来るんです。

 

たとえばアイドルオタクの人たちは週末にやる地下アイドルのライブを楽しみにしたり、AKB48などの人気アイドルのライブなどを楽しみに生きている人が多いです。

 

 

私の友人がアイドルオタクなんですが、その人は心の底からアイドルを追っかけるのが大好きで、アイドルがあるから仕事をしています。

 

そしてその友人が言うには「アイドルという趣味がなかったら俺は仕事なんてやってられない」ここまで言っている友人です。

 

この様に心からハマれる趣味があったら、どんな人でも仕事を続ける事が出来ます。それは趣味を楽しみ為にお金を稼ぐ。そう言った目的があるからです。

 

この様にたった1つの趣味だけで、仕事が簡単に長続きするならこんなにお得な方法は他にありませんよ。

 

ではどうやって趣味を見つけるのか?それは気になる趣味をトコトン楽しんでみることです。恐らく趣味がないと言う人は、趣味をあまり知らない人です。

 

趣味をあまり知らないなら簡単です。趣味を探ししてしまえばイイです。たとえば「趣味 20代 男性」と調べれば沢山の趣味が出てきますよ。

 

ちなみに私は、Huluという月額の見放題サービスでひたすらアニメと映画を観ています。

 

「明日はこのアニメを観よう」「休日は時間があるから映画が良いな」と楽しみにして仕事を頑張っています。

 

たったこれだけですが、本当に効果がありますよ。

 

気になる人はHuluを使ってみて下さい。31日間は無料なので使いにくいなら簡単に解約も出来るので。

↓↓↓↓↓↓

Huluの無料お試し登録はこちらからどうぞ

疲れたら寝よう

 

もしあなたが限界まで疲れているなら、まずは寝ましょう。最初の方に仕事から帰ってご飯を食べ、風呂に入って寝るという生活を繰り返していると、精神的に疲れる。

 

 

そんな風に言いましたが、結局精神的に限界が来た時は何をしても無理です。それこそ何もする気が起きないなんて事も日常では沢山あるので、無理をするのはよくありません。

 

だけど寝て翌朝になっても、何となく気分が落ち込むとか、体が重いと感じるならそれはストレスの限界で心療内科にいくか転職を考えた方が良いですよ。

 

人の目なんて気にするな

 

転職を考える時、どうしても周りの目を気にしますよね?

 

  • 親の目
  • 上司の目
  • 友人の目
  • 近所の目

 

など色んな人の目を気にします。確かに気にするのは分かりますが、人って思った以上に他人に興味がないですよ。

 

それこそ上司なんてあなたが辞めた1週間後にはあなたのことをほとんど忘れているでしょうし、いまどうしているかな?なんてほとんど気にしません。

 

「そんなことで仕事を辞めるなんて甘い事を言うな」などと説教をした上司でさえあなたの事を忘れるでしょう。

 

なので人の目を気にして転職をしないのだけは絶対にやめてください。

 

だって他人はあなたに興味がありません。そんな興味のない人の目を気にしても人生を損するだけですよ。

 

自分の事だけを考えよう

 

 

もう1度言いますが、他人の目を気にしてはいけません。

 

そして自分の事だけを考えて生きていきましょう。

 

自分はどうしたいですか?どんな仕事をしたいですか?どんな仕事なら楽が出来ると思いますか?

 

そもそも本当にあなたは正社員で働きたいと思いますか?正社員じゃなくて派遣社員ではダメなんですか?

 

とにかく自分を大事にして下さい。血のつながった親や兄弟でも最終的には他人なんです。

 

想像して下さい。あなただって兄や姉が海外で働きたいと言ったら止めますか?最初は「危ないからやめたほうがいいよ」と言うかもしれませんが、そのうちに諦めて海外で働く事を許してしまうでしょう。

 

この様に結局兄弟といえ、他人で自分勝手です。やりたい事をやればそれで良いんです。

 

吐き気があるならアウト

 

ちなみに朝起きたら吐き気がある。そんな人は完全にアウトです。

 

というのは「仕事 朝 吐き気」と言う風に検索すると分かりますが、多くのサイトがうつ病の確率があると書いてあります。

 

私も実際に会社に行こうとすると吐き気がある時がありました。ちなみにその時の心理状態は酷く、高いビルを見る度に「あの高さから落ちたら死ねるのかな?」と思うくらい体調がおかしくなっていました。

 

私のように、朝起きて吐き気がある。だけど病院にいっても異常がないと言う人は確実にうつ病になっているでしょう。

 

うつ病ではなくてもメンタルが徐々に壊れてきているので、どっちにしても仕事から離れないとどんどん症状が酷くなります。

 

なので吐き気がある時点でもうアウトだと思って良いでしょう。

 

 

3年働けなんて無視しよう

 

 

よく3年間は辞めるなとか、3年間は我慢しろなんて話を聞きますがあんなの無視した方が良いですよ。

 

たとえば酷い人間関係の職場で3年間働いたとしても何が残りますか?恐らくメンタルが強くなると思っている人がいるでしょうけど、メンタルなんて強くなりません。それどころか毎日嫌な上司と嫌な仕事を嫌々やる。それだけで精神が疲れて仕事が嫌になってくるのが目に見えています。

 

しかも20代の貴重な時間が3年もなくなる。つまり1095日もなくなります。日数にするととても長い時間を失っているのがよく分かりませんか?

 

たとえば1095日間フリーターでいて、自分が好きな仕事の資格の勉強をしたら90%以上の確率で資格を取得出来ているでしょう。

 

3年は短いようでとても長い時間です。あなたの貴重な1095日を嫌な仕事で消費するなんて正直勿体ないですよ。

 

ちなみに1年未満で辞めると確かに、企業から「この人は大丈夫かな?」と思われますが、日本では若い人がドンドンいなくなっている。それどころか働いてくれる従業員もいなくなっています。

 

なので企業側も実は1年未満で辞めた程度では、そこまで影響がありません。

 

もちろん大企業や人気の高いホワイト企業なんかは人手が常に足りているので、優秀な人材を集められますが、中小企業では人手不足が本当に酷いので1年未満で辞めてもそこまで影響がないと言えるでしょう。

 

部署移動をお願いしてみる

 

さて、ここまでメンタル面の事を話しましたが、そろそろ仕事を辞めたいと思った時の具体的な方法を書いていきましょう。

 

まず一番安全なのが部署移動をお願いしてみることです。部署移動は転職に比べるとする人がいません。

 

それは上司に言いにくい事もありますが、もし部署移動をお願いして空気が悪くなるのを嫌がる人が多いからです。

 

しかも嫌いな会社で働くならいっそのこと転職した方が良い。そう考える人もいて部署移動をするのは人気が少ないと言えるでしょう。

 

しかし部署移動はかなり安全な方法でもあります。

 

部署移動はまず仕事を1から覚える必要がないといえます。確かに他の部署の仕事だと1から仕事を覚えないといえないと思いますが、同じ会社なので前の部署の経験を生かせる場面も多いです。

 

たとえば工場の場合は、工具の場所や製品を取り扱う時の注意など、前の部署と同じことをする場面も多く実は転職するより仕事が覚えやすいです。

 

しかも部署移動する時に、定時で帰れそうな部署を指名する事だって出来ます。同じ会社にいると「あの部署の人はいつも定時で帰っているよな」と思うことがあります。

 

同じ会社でも定時で帰る部署と、残業する部署で分かれていて羨ましいと思う事も沢山あるでしょう。

 

しかし部署移動をするとき、「○○という部署が良いです」と言えばそこに配属される可能性だってあるでしょう。

 

この様に部署移動を上手く使うと、転職するより安全に良い仕事に就ける可能性だってあるのです。

 

転職サイトを使ってみる

 

 

と部署移動の良さを語ってきましたが、実際仕事を辞めたくて仕方ありませんよね?

 

だったらまずは転職サイトに登録だけしてみましょう。

 

転職の時にハローワークを使う人が多いですが、ハローワークだけだと正直不安が多いです。

 

たとえばネットではハローワークはブラック企業ばかりと良く言われていますがそれは本当です。

 

私も転職サイトを知らないときはハローワークを使っていましたが、正直まともな企業がありませんでした。

 

たとえば求人に「月の残業90時間あります」と堂々と書いてある求人があり「絶対に行きたくない!」と思わず小声で言いましたし、「アットホームな職場です」と会社説明に書いてあって「いや、仕事内容はなんだよ」と突っ込んでしまう事もありました。

 

たまにホワイト企業っぽい所もありますが、そういう所は皆に人気があります。たとえば私がホワイト企業っぽいと思ったプラスチック製品を作る工場に応募したら、「そこの求人今月で5人目ですよ」と驚かれてしまいましたよ。

 

当然そこの面接は人気が高すぎて落ちましたが、ホワイト企業は人気がある、そしてブラック企業は皆からスルーされる。

 

あんまり良い所ではありませんでした。

 

ですが、ハローワークも使うなとは言いません。先ほど言ったようにホワイト企業っぽい所もあります。

 

だけど人気がある場合が多く中々内定を貰う事が出来ないでしょう。

 

だから転職サイトを同時に使ってみるのが一番良いんです。

 

とりあえず「リクナビNEXT」という転職サイトが一番の大手なので、転職サイトを使った事ない人におススメが出来るでしょう。

 

なぜなら求人数や職種など他の転職サイトとは比べ物にならない程沢山あるので、選択肢が沢山あるからです。

 

下に公式サイトのリンクを貼っておくので、転職する気がなくてもとりあえず求人だけ見た方が転職する時にスムーズに進みますよ。無料会員登録をすれば求人はすぐに観れるのでぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXTの登録はこちらからどうぞ

 

転職エージェントを使ってみる

 

次に個人的におすすめなのが、転職エージェントというサービスです。転職エージェントは簡単に言うとあなたの内定を全力で支援してくれるサービスです。

 

たとえばハローワークや転職サイトだと、求人を自分で選んで面接日程を決めて、自分で面接に行く。それが主流なんですが、転職エージェントだと

 

  • あなたの職歴などを参考にした求人の紹介
  • 面接の徹底練習
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

 

 

など就職活動に必要な事を全て手伝ってくれますよ。

 

転職の時に意外と困るのが面接のやり方を忘れたり、履歴書の自己PRの部分を書けなかったりと新卒の時に出来た事が出来なくなる事です。

 

しかし転職エージェントでは担当者が必ず1人いるので、面接の時の姿勢や質問の応答などを教えてくれますし、書類審査に通りやすくするためにあなたが魅力的になる履歴書を一緒に書いてくれます。

 

  • 転職が1人じゃ不安
  • 面接のやり方を忘れた
  • 履歴書ってどうやって書くんだっけ?

 

という不安な人はぜひ使った方が良いサービスと言えるでしょう。

 

ちなみにDODAという転職エージェントが初心者には使いやすいですよ。理由としてはかなりの大手サイトで求人数や職種などが幅広くあるので、異業種にも転職出来ますし、前の職種と同じような仕事を選ぶことも可能になります。

 

ちなみにDODAは土曜日も営業しているので、もし仕事が忙しいと言う人は土曜日の休日に相談してみるだけでも全然問題ないでしょう。

 

「今は転職する気がないんだけど…」という人でも求人をみるだけという方法も使えるので、ちょっとどんなサービスか体験したい。という人も使えます。

 

ただ、担当者との相性が悪いと使いにくい場合があります。たとえば自分の成績のために求人をごり押しする担当者もいますし、明らかにやる気のない担当者もいます。

 

ですが、担当者の相性が悪くても人を変えることは普通に出来るので、「この人とは相性が合わないな…」と言う場合はチェンジすることをおすすめします。

 

ちなみに訪問するには予約がいるので、早めに予約をしないと訪問が出来ませんよ。

 

DODAは下のリンクから公式サイトに行けるので、無料会員登録をしてぜひ使ってみて下さい。全てのサービスは無料で使えるので。

↓↓↓↓↓↓

DODAエージェントサービスで転職

まとめ

 

ここまでちょっと長かったですが、結局どうすれば良いのか?をまとめましょう。

 

まず仕事を辞めたい程ストレスを抱えている人は、まず休む事を考えて下さい。あなたはまだ20代なので時間はたっぷりある為、たまには休んだ方が良いでしょう。

 

そして転職をちょっとでも考えた人は、リクナビNEXTという転職サイトに無料登録をしてとりあえずどんな求人があるのかを確認した方が良いですね。

 

そしてちょっとでも体が動くなら、転職エージェントのDODAに無料登録をして土曜日に転職の事を相談したら、あなたの持っている悩みがかなり和らぐことでしょう。