会社を辞めたい

会社を辞めたい5つの原因と明日から出来る簡単な対策

 

今の会社が嫌すぎて辞めたいと思う人は沢山います。

 

  • 人間関係
  • 残業
  • 仕事内容

 

色んな理由がありますが、会社を辞めたいと思った時は結局どうすれば良いのか?今回は「会社を辞めたい」と思った人に向けて記事を書いていきます。

 

結論は辞めても良い

 

いきなり結論を言いますが、辞めたいと思った時はやめた方があなたのためになるでしょう。

 

なぜ辞めても良いのか?それは頑張りすぎるとうつ病になってしまうからです。日本ではうつ病の患者が年々増えていて、豊かな国なのに心が豊かにならないという不思議な状態になっています。

 

そもそも日本人は真面目な人が多すぎて、限界まで頑張ってしまう事が非常に多いです。そのせいでうつ病になり、下手をすると自殺をする可能性だって高いです。

 

たとえばですけど、あなたの家族が仕事の頑張りすぎて自殺した場合どう思いますか?涙が出るくらい悲しいのではないでしょうか?

 

そして家族が死にたくなる程仕事を頑張っていたら「仕事を辞めて」と声をかけるのではないでしょうか?

 

日本では自殺する人が沢山いますが、それが家族や友人だった場合、心の傷は想像以上に深いです。

 

なので結論を言いますが、限界まで頑張る必要はありません。辞めたかったら辞めても良いです。今は死にたくなるくらいまで疲れていないかもしれませんが、時間が経つと確実にあなたはうつ病になるでしょう。

 

なのでそうなる前に辞めて下さい。

 

辞めたくなる原因と対策

 

次は仕事を辞めたくなるよくある原因と対策を書いていきましょう。

 

人間関係で辞めたい

 

恐らくこのページを見ている人は、人間関係で辞めたいと思っている人が80%以上だと思っています。

 

結局なんで会社を辞めるの?と言われたら上司が嫌だったという人がほとんどで、仕事内容などは不満を持ってない事が多いです。

 

人間関係というのは本当に重要なことで、たとえば給料が30万円貰える仕事でも人間関係が悪かったらそれだけで辞める人は沢山います。

 

逆に給料が15万円、サービス残業ありという明らかにブラックな会社の場合でも人間関係がよく、会社の皆が優しい人達だったら人は中々辞めません。

 

よく「なんでそんな会社で働くの?」と聞かれて「いやー人間関係だけは良くて辞められない」と言う人が実はかなりいます。

 

それだけ人間関係というのは重要で、そこが駄目なら人は簡単に辞めてしまう原因になってしまいます。

 

対策は?

 

人間関係で辞めたい時の対策は素直に辞めてしまいましょう。人間関係が一番辞める原因の1つですが、一番どうすることも出来ないのも人間関係です。

 

恐らくあなたが嫌いな上司は30代後半の人が多いでしょう。ですが人間は25歳くらいになると性格がほとんど固定されてしまい、性格を変える事は難しくなっていきます。

 

それこそ、離婚など精神的に大きなショックがあることじゃないと人間の性格はまず変える事は不可能と思って良いでしょう。なのであなたが嫌いな上司は性格はまず変わらないと思った方が良いでしょう。

 

仮に性格が変わるとしても4年、5年と長く待たないとまずそのままの性格のままになります。

 

なので人間関係が合わないと思った時は辞める事を考えることをおすすめします。

 

ですが、辞めたくはないと思った時は部署移動してその人から離れるか、出来るだけ関わらない様にする。たとえば仕事の報告をまとめてする、仕事以外の事では絶対に話さない。など徹底的にかかわらない方が良いでしょう。

 

よく「転職しても人間関係は変わらない」と言う人がいますがそれは嘘です。転職したら人間関係は悪い風にも良い風にも変わる事がありますので、全く変わらないということはまずないでしょう。

 

給料で辞めたい

 

給料が低くて会社を辞めたいと思う人もかなりいます。実際残業をやっても全く給料になっていないと言う人も多く、1人暮らしをしている人は給料が全く足りていない事がよくあります。

 

よく「給料で辞めない方が良い」と言われますが、こちらにはこちらの事情があるので辞めないと食べていけなくなるでしょう。

 

給料の場合は色んな対策がありますが、そのすべての対策が駄目ならすぐに辞めても問題はありません。

 

対策1:節約する

 

まずあなたが無駄遣いをしているというなら、まずはその無駄遣いをやめた方がいいでしょう。

 

たとえば会社帰りにコンビニいって焼き鳥やチキンなどを買ってる場合が注意が必要です。たとえば金曜日の仕事終わりにコンビニで500円の出費をしているとしましょう。

 

週に4回金曜日があるとして月に2000円かかっています。1人暮らしで2000円の消費というのはかなり大きく、しかも毎週500円じゃない可能性もあります。1000円使っている場合もありますし、1500円も無駄使いをしているかもしれません。

 

なので買い物をする時にレシートを絶対に貰って家計簿をつける様にしましょう。

 

一度お金の管理をしてみると分かりますが、自分がどれだけ無駄使いをしているかよく分かります。

 

対策2:副業をする

 

お金が根本的に足りないと節約しても全く意味がありません。たとえば月に3万円もお金が足りないとなったら、どれだけ節約しても無理な話になるでしょう。

 

だったら休日を使って副業をした方が良いでしょう。

 

 

特に土日休みの場合はイベントのスタッフや交通整理などのバイトは沢山ありますし、探して見ると色んな短期バイトも沢山ありますよ。

 

ちなみにショットワークスというサイトだと短期バイト中心に探せるので興味がある人は覗いてい見て下さい。

 

無料登録ですぐに短期バイトが探せます!

↓↓↓↓↓



 

対策4:残業代が出ているか確かめる

 

まず、あなたの会社は残業代が出ているのかが分かりませんね。残業代と言うのは払わないと違法なので訴える事も十分に出来るので、実は言えば労働者が有利です。

 

とは言っても、最初から残業代を出さない経営者は何をいっても無駄で酷い場合は「そんなに嫌ならやめろ」と「残業代を出して」と言っただけなのになぜかこちらが怒られる事にもなります。

 

もし残業代が出てない会社ならサッサと辞めてしまうのが一番良いでしょう。

 

普通の会社は残業代は絶対に出ます。出ない会社というのは経営が上手くいってないので、遅かれ早かれその会社は潰れる確率が高いでしょう。

 

なので、お金が足りないならすぐに違う会社に転職しましょう。

 

 

仕事内容で辞めたい

 

次によくあるのが仕事内容が不満で辞めたいという事です。

 

求人内容とは思っていた仕事と違ったとか、営業に希望したのに事務職に回されたとか、1年経ってもコピーと簡単な事務処理しかしてないなど仕事内容自体に不満がある事は多いです。

 

よく「我慢すればやりたい仕事がくるから」と言いますが、そもそも求人と全く違う部署に回される時点で不満は溜まるでしょう。

 

「喋るのが苦手だから事務職を希望したのに、なんで営業になったの?」と普通だったら不満も溜まります。

 

それに1年我慢すればやりたい仕事が出来ると言っても1年も待ちたくない事も多いでしょう。

 

1年と聞くと短いですが、日数にすると365日。365日も仕事内容に不満があったらそれは辞めたくもなるでしょう。

 

対策は?

 

まず対策として一番現実にてきな方法があり、それが「過度な期待をしないこと」になります。仕事の経験が浅い20代の人だとどうしても仕事の良い所しか見ない所があります。

 

たとえばアナウンサーの仕事はどの世代になっても人気が高い仕事になります。しかしアナウンサーに憧れる人はニュースの報道をしている所しか見てない場合が多いです。

 

ですが、実際は報道するよりも地味な仕事は沢山あります。アナウンサーでも事務仕事をする所もありますし、電話対応をするアナウンサーもいます。それにニュースの報道の前に2時間、3時間くらいの長時間の打ち合わせをしてようやく1時間の報道が出来るようになるのです。

 

この様に過度な期待をするといざ仕事をやったときのギャップが凄まじく仕事を辞めたくなる事も多いです。

 

なので、まず仕事の期待値を限界まで落として仕事に全く期待をしない。そうすると理想と現実のギャップに苦しむことなく仕事を続ける事が出来るでしょう。

 

残業で辞めたい

 

日本人ならではの考えで、残業があまりにも多いので辞めてしまいたいという意見も沢山あります。

 

日本ではいまだに大量生産をして安く売ると言う方法が流行っていて、働けば働くほど給料が下がって、忙しくなるというわけがわからない事態になっています。

 

毎日、朝の9時から夜の11時まで仕事をすれば誰だって辞めたくもなるでしょう。しかもそれが20代というまだ仕事に慣れていない人だったらなおさらきつくなるのは当たり前です。

 

対策は?

 

もし残業がキツイと感じたらすぐに辞めてしまうのが良いでしょう。というのも残業をやりすぎると精神が破壊されて、そのまま仕事が出来なくなる可能性が高いです。

 

日本でよくある自殺ですが、あれは人間関係と残業の多さで疲れてそのまま亡くなってしまうというのが日本ではよくあることでしょう。

 

だから残業の多さで疲れてしまっているならもう早めに辞めてしまうのが一番良いです。そもそも今の日本は発達していてそんなに必死に残業をしなくても暮らしてはいけます。

 

極端な話をするとコンビニで朝の9時から夕方の5時までを週5日で働けばどこでも暮らしていけます。

 

なのに夜の11時まで働くのは流石に仕事のやりすぎでしょう。

 

ちなみに「残業代で稼がないと」とか「今のうちにお金を貯めないと老後の心配が」と言う人はあまり意味がないです。

 

まず残業代で稼がないとと言うくらいお金がない人は、一度使っているお金を見直した方が良いでしょう。

 

1人暮らしの人だったらかなり無駄なお金があるので見直せば使えるお金がドンドン増えていきます。

 

  • 携帯の通信費
  • アプリの課金
  • 外食代
  • 飲み会代

 

など20代の人なら直せるところはドンドンあるはずでしょう。

 

そして老後のお金を心配する人もあまり意味がないといえます。確かに今は下流老人といって老後になってお金が全然ないと言う人がいますが、いまからお金を貯めた所であまり違いはないでしょう。

 

それこそ3000万円とか貯金できる人ならまだ良いですが、いまの時代そこまで良い給料が貰えるわけでないので、そこまでお金を貯める事は本気でやらないといけません。

 

中途半端に貯金の意識があって中途半端に残業をするならいっそ残業を減らして、資格をとるなりして給料が高い所で働くのが一番良いです。

 

なんとなくで辞めたい

 

意外と多いのがなんとなくつまらないから仕事を辞めたいという事です。

 

なんとなくで仕事を辞めると言うと「甘えるな!!!」と怒られてしまいそうですが、20代の人にはかなりあるあるな事です。

 

ちなみに原因としては「働く目的がないから」というのがあります。たとえば実家暮らしをしている人だったらぶっちゃけ働かなくても生きてはいけます。

 

黙っていればご飯は親が作ってくれるので、そもそも稼ぐ意味がないでしょう。そして1人暮らしの人も仕事を辞めたら最悪実家に帰れば良いので、仕事をしなくてもそこまでの危機感はありません。

 

それに20代は自分がやりたい事や、やりたい仕事が全く分からない人が多いです。そもそも20代の人は就職する時になんとなくで正社員に入っている人が多いため、それが自分がやりたいことなのか?と聞かれたらイイエと答えるでしょう。

 

なんとなくでやらされている仕事ほどつまらなくて、辞めたくなる事はありません。なのでなんとなくで辞めたいというのも立派な辞めたい理由になります。

 

対策は?

 

なんとなくで辞めたい場合もそのまま辞めるのもありですね。というのも少し荒業ですが何となくで辞めたい場合は、自分に合っている仕事になるまで転職するか「このままだとやばい」という危機感をもつまで、我慢するしかありません。

 

自分にあっている仕事のいわゆる天職というのもがありますが、それを見つけるには運も必要になる場合が多いです。

 

たとえば本当は営業なんてやりたくなかったけど、いざやると意外と才能がある事に気づき、営業職が天職になる人もいます。

 

また介護職をやってみたけど、職場の先輩たちが優しくてその職場と介護職を一緒に好きになったという人だって存在します。

 

また人と会話するのが大嫌いでFXでお金を稼いでいる人も世の中にはいるのです。

 

この様に何がきっかけでその仕事が好きになるかは全く分かりません。なので転職をして好きな仕事に出会うことを祈るのもまた1つの方法でしょう。

 

次に「このままじゃやばい」と言う危機感を持てばいいという理由ですが、そもそも20代の時なんて立派な人はほとんどいません。

 

みんな高校か大学で就職するので、学生気分が抜けていない人も多いでしょう。しかも先ほど言ったように自分がしたい仕事なんて分からないから「なんか仕事を辞めたいな」と思うのは当然の結果です。

 

ですが、きっかけがあると人間は簡単に変わります。たとえば28歳になって転職回数が5回もある人は「このままだと転職が出来なくなる」と危機感を覚えて次の職場では必死になって頑張るでしょう。

 

まとめると人間は動かないと何も分からないし、危機感があると自分でも思ってもみなかったことにチャレンジできる事はよくあることです。

 

仕事を辞める前と後でも使える準備

 

では次は仕事を辞めたあとでも辞める前でもどんな状況でも出来る転職の準備を書いていきます。

 

セミナーに行く

 

まず、簡単に変わる方法として一番手軽なのがセミナーにいくことです。

 

セミナーと聞くと怪しい宗教のようなものを思うかもしれませんが、実際はそんな事もなく仕事術のセミナーやお金の知識が学べるセミナーなど、色んな種類があります。

 

セミナーに行く事のいい点は「自分が狭い世界で生きてきた」ということがよくわかるきっかけになります。

 

というのもセミナーにいくと色んな種類の人がいます。たとえば40歳になって老後が心配だからお金のセミナーに行く人や、人と関わるのが大嫌いで投資をすれば1人で稼げるんじゃないか?と思って株式投資のセミナーにいく学生の人。

 

子供を全員良い大学に入れてあげたいと思って、副業を学びにくる主婦の人など色んな人がいるのが特徴です。

 

セミナーではそんな人たちと交流を深めるのはもちろん、社会で成功している起業家の人と直接会話が出来ます。そして1回セミナーにいくだけで「俺ってなんであの会社で頑張っているんだろう?嫌だったら辞めればよかった」と考え方が全く変わる事がよくあります。

 

もし辞めたいと思ったら就職のセミナーや仕事のセミナーなども沢山あるので、言ってみると良いでしょう。

 

自己啓発本を読む

 

次にセミナーにいく元気もない人は自己啓発本を読んでみるのが良いでしょう。

 

自己啓発本ときくと胡散臭いと言うイメージがありますが、これも考え方を変えるきっかけになります。

 

自己啓発本も実際に起業をして成功者になった人が書いた本もあるので、どうやって成功したのか?どうすればお金持ちになれるか?などのヒントが沢山書いてあります。

 

ただ注意したいのが自己啓発本を読んだら実際に行動しないといけません。よくあるのが自己啓発本を読んで「あー面白かった」といって何もしない事です。

 

自己啓発本は不思議な魔力を持っていて、読んだ後に「俺は何でもできる人間だ」という錯覚がおきる魔力を持っています。

 

実際行動すれば変わる事は確かですが、自己啓発本を読んだ後に行動しない人が沢山いるので、「自己啓発本は効果がない」と評判が悪くなってしまいます。

 

ですが、自分の考えを変えるにはセミナーにいくより手軽に出来るので、ブックオフか新品の本を売っている所でぜひ買ってみるのがおすすめです。

 

資格をとる

 

ちなみに、何か自分だけが出来る仕事をしたいと思っている人は資格をとるのが良いでしょう。

 

資格をとる事の一番の強みは、どこでも働ける様になる事と専門的知識がいる仕事が多いため自然と給料が高くなるのが良い点です。

 

よく転職先はどうしよう?と悩む事が多いですが、資格を持っていればそんな悩みも必要なく、どこでもすぐに働けることも可能でしょう。

 

それに年数を重ねてベテランになれば上司が嫌いという人間関係の悩みも少なくなっていきます。

 

自分が偉い立場になれば上司の人間関係に悩む必要もないですからね。

 

ちなみに仕事に役立つ資格は「たのまな」というサイトを使えば

 

ビジネス資格

保育

介護

パソコン

 

などの仕事に役立つ資格が沢山あります。「出かける元気もない」と言う人は一度サイトを除いて何かとりたい資格があれば購入してみるのも手でしょう。

 

たのまな公式サイトはこちら

↓↓↓↓↓↓

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」

 

 

転職サイトに登録しておこう

 

あなたはハローワークだけしか転職方法を知らないかもしれませんが、いまの時代はネットを使った転職方法が主流になっています。

 

たとえば「リクナビNEXT」というサイトがありますが、これはネットだけで公開している求人が沢山あります。

 

しかもネット求人はあくまでビジネスという立場で求人を掲載してあるのでブラック企業があることはハローワークより少ないでしょう。

 

転職する前に登録して、求人だけ見ると言う方法も使えますよ。

 

リクナビNEXT

 

グッドポイント診断をしてみよう

 

「自分のやりたい仕事が分からない」と言う人が多いですが、そんな人はグットポイント診断を使ってみる事をおすすめします。

 

グッドポイント診断というのは簡単にいうと質問に答えて「自分がどんな仕事が適正か?」というのを診断するものです。

 

そういうネットの診断はあまり信用できないと言う人もいますが、参考程度で良いです。20代の時はどんな仕事が向いているかなんかはまだ分かるはずもないので、こんな仕事が自分にはあっているかもしれないのか?

 

と思ってくれるだけで良いんです。ちなみにグッドポイント診断「リクナビNEXT」で会員登録をすると出来るので、参考程度にやってみて下さい。

 

グッドポイント診断はこちらからどうぞ!

↓↓↓↓↓↓

 

グッドポイント

 

転職エージェントを使ってみよう

 

次は転職サイトではなく転職エージェントというものを使ってみましょう。

 

転職サイトとエージェントの違いは簡単に言うとサポートがあるかないかの差です。

 

転職サイトでは求人を載せるだけですが、転職エージェントでは就活のプロが内定を貰えるまでしっかりとサポートしてくれるのが特徴的です。サポートしてくれる内容は。

 

  • 求人の紹介
  • 面接のチェック
  • 履歴書のチェック
  • 職務経歴書のチェック

 

などが主なサポートの内容です。よく「10社受けても面接が通らない」と言う人は自己流でやるのが原因です。

 

自己流で何となくやって、自己流で履歴書を書いていたらあなたがどれだけ魅力ある人でも人事は採用してくれません。

 

なので客観的な視点のある人に見て貰った方が、あなたの内定が貰える確率がグーンとアップするでしょう。

 

  • 転職できるか不安
  • 面接のやり方を忘れた
  • 履歴書ってこれで良いの?

 

と言う悩みがある人はぜひ転職エージェントを使ってみて下さい。ちなみに「DODA」というサイトは平日と土曜日もやっているので忙しい人には向いているサイトですよ。

 

就活のプロに相談したい人は下のリンクからどうぞ!

↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

 

余裕がある人は貯金をしておこう

 

仕事を辞めたいにもランクがあり。

 

  • 今すぐ仕事辞めたい
  • 1か月後に仕事を辞めたい
  • なんとなく仕事を辞めたい
  • いつかは仕事を辞めたい

というくらい辞めたい人に差があります。今すぐ辞めたいと言う人は我慢すると精神的に良くないので、貯金はなしで辞めても良いですが。

 

何となくで辞めたいと思っている人は貯金をしてからやめた方が良いでしょう。

 

転職の時に後悔することって「仕事を辞めなきゃよかった」と言う後悔より「貯金すれば良かった」と言う後悔です。

 

実は転職するには意外と時間がかかります。たとえば2か月後には絶対に転職すると思っていても中々仕事が決まらずに3か月もあっという間に過ぎる事は転職あるあるの1つです。

 

もちろん今すぐ辞めたいよ!!と言う人はそのまま転職しても良いですが、余裕のある人は貯金をしましょう。そして貯金をする事で心に余裕が生まれてホワイト企業に行ける確率がグーンと上がっていくでしょう。

 

 

うつ病になる前に対策を

 

辞めたいと言う人は「辞めてはいけない」とも思っていてつい頑張ってしまう癖があります。

 

  • 3年働く
  • あと1年頑張る
  • 親の目があるから辞められない

 

などつい頑張ってしまう事がありますが、余裕のある人はまだ良いです。しかし全く余裕がなく毎日「しにたい」と思ってるくらい精神的に疲れているなら無理しないで辞めましょう。

 

あまりにも精神的に無理をすると一瞬でうつ病になる可能性だってあります。

 

うつ病ってかなりなめられてる病気ですが、一度発症すると治すのに苦労しますよ。うつ病は骨折やねんざみたいに2か月安静で治ると言う物ではありません。

 

人によって治る早さは様々で4か月で治る人もいれば、4年経っても治らない人もいます。うつ病が悪化して4年も働けなくなったらあなたは更に落ち込むでしょう。

 

うつ病はなってからでは遅いので、「甘え」と言われても良いので辞めてしまうのが一番良いです。

 

派遣社員でも良いと思う

 

20代の人は「働くなら正社員じゃないとダメ」と思っていますが、それは完全に間違いです。別に日本で普通の生活をしたいと考えているなら「派遣社員」でも全く問題ないですよ。

 

正社員に安定を求めると思いますが、いまの日本ではどんな職業だろうと不安定な事には変わりません。

 

  • 正社員
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • フリーター
  • フリーランス

 

どういった所で働こうとも、油断してると一瞬で無職になる時代です。だからもし安定と言う言葉だけで正社員になろうとしているなら、一度考え直してみるのも良いでしょう。

 

次に「社会人は正社員になるのが普通」と考えている人も一度その常識を疑った方が良いですね。

 

正社員になるのが普通と言いますが、それは誰が決めたことですか?別に法律でも正社員にならないと犯罪になるなんて事はないですし、別に派遣社員でも何も問題はないのでは?

 

確かに世間体と言う人もいますが、それは気にしなければ良いだけの話です。いきなり気にするなと言われても「無理だよ」と怒るかもしれませんが、どんな仕事になっても世間の目を気にしない様にするのは重要です。

 

そもそも世間の目を気にしてやりたくもない仕事をやっても、いずれかは辞めてしまうでしょう。本当はイラストレーターになりたかったのに、親が正社員になれと言うから食品会社の営業をやっているとなったら、その仕事はとてもつまらないものです。

 

結局無理矢理正社員になって辛い思いをするなら、派遣社員でも良いので自分が楽だと思える仕事に就いた方が良いでしょう。

 

副業を始めてみよう

 

20代で会社を辞めたいと言う人は、一度副業をやってみた方が良いです。副業といっても休日だけの短気バイトも出来ますし、いまはネットの副業もあるので家にいてもお金が稼げます。

 

副業をする理由は単純に「自分がどんな仕事をやったら楽しいか?」と言うのを見極める事が出来るからです。

 

やはり仕事の経験があまりないせいで、自分がやりたい事もよく分かっていません。だからこそ副業をして経験を積んで、色んな人と出会って「こんな生き方があるんだ」と見つけることが出来るので色んな仕事を体験する必要があるでしょう。

 

ちなみに短期バイトを探すなら「ショットワークス」というサイトが短気バイト専門に扱っていますし、「クラウドワークス」というサイトはネットで副業をする為のサイトなので、ネット副業ってどんなのだろう?と思った人にはおすすめできます。

 

副業を体験したい人は下のサイトで無料登録すればすぐに出来ますよ!

↓↓↓↓↓

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

仕事が全てではない

 

いきなり誰か分からない人に、こんなこと言われても心に響かないかもしれませんが、仕事が全てではありませんよ。

 

日本人はとにかく長く働く人が偉い、楽してお金を稼ぐ奴は許さないという考えがありますが、別にそんな事はありません。

 

世の中には働くのが嫌で、家賃の安い所に住み週に4日しか働かないで生活できる人もいますし、学生の時に株をやって大儲けをしている人だっています。

 

なんども言いますが、日本は豊かな国なのでその分お金の稼ぎ方なんて無限にあるでしょう。なので仕事が全てだと思わないで下さい。

 

あなたが正社員に向いていないなら別の道は沢山ありますよ。

 

人生は逃げていい

 

よく人生は我慢しろなんておじさんやおばさんに言われますが、その逆です。人生は逃げても全く問題ありません。

 

無理に戦ってあなたの精神が崩壊するくらいだったら、プライドを捨てて自分が出来る範囲の事をすれば良いだけです。

 

正社員が嫌なら派遣社員。派遣社員が嫌ならバイト、雇われて働くのが嫌ならネットで稼ぐ手段をみつける。色んなやり方で働く事は出来ますよ。

 

なので逃げて下さい。人生は逃げても何も問題はありませんよ。

 

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

なんとここまで9800文字以上もあるので、読むのに時間がかかったでしょう。それだけ長いと何が大事なのか分からないので、大事な事だけまとめます。

 

  • セミナーにいく
  • 転職エージェントを使う
  • 人生は逃げていい

 

この3つが特に大切なので覚えて下さい。

 

セミナーに行き色んな人と出会い、転職エージェントを使って効率的に転職をする。そして人生は逃げても何も問題ないこと。

 

これだけ覚えてくれれば、あなたの人生は楽しく暮らせますよ。