仕事をやめるぞ!そう思った時に絶対聞いて欲しい言葉とアトバイス

仕事をやめるぞ!そう思った時に絶対聞いて欲しい言葉とアトバイス

もうこんな仕事を辞めたい!

あなたはそんな風に思っていませんか?仕事をやめたいと思うのは誰もがあることですが、実際やめたいと思った時はどうすれば良いのか分からないはずです。

だからあなたも「仕事 やめる」という仕事をやめたいと思ったキーワードなどで検索してきたはずです。

そこで今回は仕事をやめたいと思った時にどうすればいいのか?を書いていきます。

人間関係でやめても何も問題ない

まず、一番多いのが人間関係の悩みです。

20代の人の大半は上司と合わないと思ってる事が多いでしょう。

  • 上司がうざい
  • 上司がキモイ
  • 上司が鬱陶しい
  • 上司が理不尽

など書いていたらきりがないですが、とにかく上司が嫌いという事は確かでしょう。

人間関係で悩んだ時はぶっちゃけ素直にやめても何も問題ありません。

そもそも人間関係というのは、どうあがいても修復が難しいです。

たとえば上司がうざいと思った時に「自分から近づいて話したら仲良くなれる」と言う事がありますが、そもそも近づきたくないのに自分から喋りにいくのなんて無理に決まっています。

しかも会話が上手くない人は「どうやって話しかければ良いの?」とそもそも会話の切り口で悩むことが多いでしょう。

そして合わない上司はトコトン合わない。そして自分から近づきたくない。そうなったらもうやめるしかないでしょう。

やめる以外の方法だと、出来るだけ近づかないとか部署移動をするなんて事もありますが、「もうあの人といるのが嫌」というくらい嫌いならすぐにやめた方が良いでしょう。

そして人間関係でやめたいと思った時によく聞くのが「転職しても人間関係は変わらない」ということですが、転職したら普通に人間関係は変わります。

当たり前ですが、転職したら悪い人間関係になる事もありますし、いい人間関係になる事もあります。

もちろん悪い方になる事もありますが、人間関係がよくなる事の方が多いです。

転職驚く程人間関係がよくなる事が多いので、迷っている人は転職をした方が良いでしょう。

残業が辛いならさっさとやめたほうがいい

人間関係の次に多いのが、残業が多くて辛いと言う事。

たとえばよく聞くのが月に100時間残業をしたということ。

確かに月に100時間も残業すれば周りの人もやめた方が良いと答えますが、一番やめにくいのが「月に30時間くらいしか残業をやっていない」と言う人です。

別にきつくないんじゃないの?と思う人もいますが、そもそも仕事が嫌いで会社にいたくないと言う人もいるので、実は残業するだけで辛いと言う人も沢山います。

月に30時間、40時間、50時間と「これって多い方なのかな?」と微妙な状態なのでやめにくいというひとは実は多かったりします。

ちなみに解決方法ですが、きついと感じるならやめたほうがいいでしょう。

残業時間というのは人によって耐えられる時間があります。たとえば月に100時間やっても「これくらい余裕」と思える人もいれば「月に30時間でもキツイ」と感じる人もいます。

この様に人によっては耐性がまるで違うので、自分がきついと感じるならサッサとやめた方があなたのためになるでしょう。

そもそも残業がない会社なんて沢山あります。日本では残業が当たり前の様に皆言いますが、日本でも残業が嫌いな人もいますし、残業をしない会社だって普通にあるでしょう。

「残業があるのは当たり前」と言う人はあなたとは価値感が違います。価値観が違う相手と話しても疲れるだけなので、やめて残業がない会社に転職して働きやすさ重視の会社に行った方が絶対にいいです。

休日が少ない?多い会社は沢山ある

次は残業がは別に耐えれるけど、休日が少なすぎるという理由です。

残業は別に1時間、2時間出来る。だけど毎週土曜日出勤があり、お盆やGW、年末年始も全く休みがなくずっと働いていて辛いという状況もよくあることでしょう。

この場合ももっと休みが欲しいなら、やめて次の会社に転職した方が良いでしょう。

休日が少ない会社にいると「社会人ってこんなものか」と諦めてしまいがちですが、求人をみてみると休みが多い会社はタップリありますよ。

お盆や年末年始が休みが基本的という場合もありますし、有給休暇だって貰える会社もあります。

これも残業が多いのと同じで、あなたは視野が狭くなっています。1歩だけ視点を変えると面白いくらい世界は変わります。

休日が多い、残業がない会社なんて当たり前ですし有給休暇を貰えるのも当たり前。

ずっと同じ会社にいると常識が変わりがちですが、世界は広くあなたの望む会社は沢山あることでしょう。

転勤が嫌だ?それもやめよう

あまりいないですが、転勤したくないからやめたいと言う人もいます。

たとえば実家暮らしの人だと、転勤をしたらそこに住むための家賃などで余計なお金を出したくないと思うでしょう。

転勤の場合はやめても良いですが、その前に会社に転勤はしたくないという意思を伝えた方が良いです。

もしかしてあなたを転勤させた理由は特にないかもしれません。「なんとなく若いから」と言う理由で転勤をさせてる可能性だってあります。

そのようにてきとうな理由なら、「転勤はしたくない」と言えば案外簡単に「そう?じゃあやめようか」となる場合もあります。

なので、まず一度上司に相談。それでも転勤するなら会社をやめるのも良いでしょう。

社風が合わない?良い会社は沢山ある

次に会社の社風が合わなくてやめたい人もいます。

たとえば、世の中には売れそうにない商品を、高齢者に無理やり買わせるという会社もあります。

高齢者の家に訪問して、商品の説明をして無理やり、強引に買わせる。それで定期的に商品を買わせて収益にする会社だってあります。

ですが、「そんな騙すような方法は嫌だ」と会社のやり方が嫌いな人もいます。

この様に社風が合わない場合は、やめた方が気持ちよく仕事が出来ます。

そもそも社風なんて、それこそ色んな会社があるので、いまの会社に無理やりいることはないでしょう。

同じ化粧品メーカーだって、無理やり買わせる押し売りスタイルと、本当にお客さんの事を考えて究極の商品を売るスタイルがあります。

この様に同じものを売っているけど、やり方も商品の中身もまるで違うなんてよくあることです。

なので、合わないならサッサとやめて理想的な会社に行った方が良いでしょう。

仕事内容が面白くない?それもやめよう

次に仕事内容が全く面白くないと感じる人です。

仕事内容が面白くないというのは、毎日簡単なコピーしかやらなかったり、毎日皿洗いなど簡単な作業しかしなかったりなど「こんな仕事したくない」と思ってしまう事です。

この様に「もっと色んな仕事がしたい」と思っているけど会社がやらせてくれない場合もやめる方が良いでしょう。

やめるのは良いんですけど、次に転職する時はもっと小さい会社か新しい会社、成長中の会社に行った方が良いです。

たとえば小さい会社の場合は、少数精鋭なので「即戦力」が期待されます。なのですぐに難しい仕事を任せて貰えますし、小さい会社なので大企業によくある「仕事のマニュアル」があまりありません。

そして新しい会社というのも同じです。新しい会社の場合はまだお客さんがいない状態なので、自分たちが考えて動かないと利益がないです。

自分たち流のやり方でお客さんを集め、商品を開発して営業をする。大企業だとまずできない刺激が沢山あります。

そして成長中の会社も2つと同じ理由ですが、成長中の会社の方が安定して給料が高い場合があります。

小さい会社だと給料がそこまで上がらない場合がありますし、新しい会社の場合も売りあげがないので、バイトをした方が給料が高い場合があります。

なので成長中の会社だと売り上げが安定してきて、給料もしっかり払われます。

よく、「仕事が楽しくなるのは3年働いてから」と言いますが、いまの時代は移り変わりが早いので3年待たなくても面白い仕事をすることはできます。

なので、つまらないと感じるなら自分が活躍出来るような場所を探すことが重要です。

キャリアアップしたい?もちろんした方が良い

よくポジティブな理由で、出てくるのがキャリアアップ、つまりいろんな経験がしたいと言う事。

これももちろんして下さい。キャリアアップしたいと思ったら今すぐ行動して次の経験を積みましょう。

何となくで辞めたい?20代ならしょうがない

意外と多いのが、何となくで辞めたい。つまり

  • 理由は特にないけど
  • 仕事が何となくつらい
  • 人間関係は良いんだけどなんかやめたい

ということです。

この理由の場合「甘えるな」とか「仕事をなめるな」とか「社会人失格」と言われそうですが別に20代ならしょうがないです。

そもそも20代で新卒の人は自分がやりたい事も分からないまま社会人になります。

しかも大半の人は正社員になりますが、正社員になる理由が

  • 皆が正社員になるから
  • 親が正社員になれと言ったから
  • 学校が正社員の方が良いと言ったから
  • 世間では正社員になるのが普通だから

など自分がやりたいと思うより、世間の目を気にして正社員になる事が多いです。

自分がやりたいではなく、世間がやれと言うからやる。それだとやる気が出ないのは当たり前です。

なので今はやめる時期と思って、仕事をやめるのも良いでしょう。

「やめ癖がつかない?」と心配する人もいますが、大丈夫です。人間は本当にピンチになったら簡単に動けます。

たとえば私の知り合いに、20歳の時に会社をやめてニートになった人がいますが、22歳の時に「夢が出来たから東京に行く。そのためにまず全力でバイトをしてお金を貯める」と言ってずっとニートだったのに急に働きだした友人がいます。

ピンチと聞くと違いますが、2年もニートをやったのに夢が出来たお陰で簡単に動く事が出来る。これが人間の底力だと感じます。

夢がなくても、たとえば29歳になってフリーターでいると「そろそろ正社員にならないとまずい」と思って真面目に転職活動をして正社員になる。そしてその会社で長く働く人もいます。

この様に、人間は目標が出来る、またはピンチになると簡単に動く事が出来ます。

よく40歳でニートと言う人がいますが、あれは「親が養ってくれるせいでニートのまま」と言う人が多いです。そしてこのままではヤバいとあまり思っていない人たちが多いでしょう。

大丈夫ですよ、根が真面目で優しい性格のあなたは「家族に迷惑をかけたくない」と思って働けるはずなので、ただ今はちょっと甘えるときですよ。

給料でやめるのはちょっと待った方が良い

給料が低すぎてやめたいと言う場合もありますが、場合によっては利用した方が良いです。

まずやめないでそのままでいる場合は、仕事がなさすぎて給料が低いと言う場合です。

時々ありますが、事務職をやる人で午前中に仕事が終わってあとはネットサーフィンをしてるという人がいます。

そういう事務職は当然ですが残業がなく、定時で帰る。しかも祝日も全て休みの場合が多く結果的に給料が少ない事があります。

そういう人は、給料が増える様に資格の勉強を隠れてやったり、ネットで副業するのが良いでしょう。

仕事が暇すぎるというのは、逆に凄いチャンスでもあります。有り余った時間で沢山勉強すれば確実にあなたの年収は上がるので、暇な時間を利用するしかないでしょう。

そしてやめるべき場合は、サービス残業など働いているわりには給料が少ないと言う事です。

仕事によっては重労働をしているけど、大した給料が貰えない場合もあります。しかも残業代もまともに出さないブラック企業もあるので、その場合はやめた方が良いでしょう。

暇だったら良いですが忙しくて給料が少ないなら最悪のパターンです。

また似たような事を言いますが、いい会社は沢山あります。もちろん給料が高くて楽な仕事というのもあるので、求人を探すのが良いでしょう。

「転職」という言葉を絶対に忘れないで欲しい

ここからはマインド面の話ですが、一番言いたい事は「転職」という言葉をこれからもずっと忘れないで欲しいです。

日本では自殺が多いのは知っていますか?ニュースで時々やりますが、中学生が自殺したとか上司のパワハラのせいで自殺したとかそう言ったニュースが時々あります。

学生の自殺も社会人の自殺も、全ては「逃げる」と言う事を知らなかったせいで死んでいます。

例えば学生の場合は不登校になっても良いですし、転校してもいいわけです。この2つをすればとりあえずいじめられる事もないですし、自殺する事はないでしょう。

そして社会人の場合は転職すればすべて解決します。残業が多くて死にたいとか上司のパワハラが嫌と言う場合も転職すれば全て解決します。

なので、あなたも逃げるとか転職という言葉を絶対に忘れないで下さい。

日本にいる限りはバイトでも良いので、働けば生きていけますから。

辛いならやめても何も問題ない

仕事が辛いと思っていますが、辛いならすぐにやめても良いんですよ。

先ほど言いましたが、社会人が自殺する原因は転職という言葉がなくなったせいです。

頑張って、頑張って、頑張ったせいで死ぬ人が日本には沢山います。

なので、辛いならやめましょう。甘えましょう。とにかくてきとうに生きましょう。

3年働け?その言葉はもう古い

よく聞くのが「3年働け」と言う言葉ですが、あんなのは無視して下さい。

3年働けというのはバブル世代の人たちが「新人をやめさせない」ようにする為の呪縛の言葉です。

確かにバブル世代の人たちには通じたかもしれませんが、いまの時代は全く通じません。

やばい会社と思ったら1か月程度でやめても問題ないでしょう。

日本は伝統や文化を大事にする国なので、3年働けという言葉もただ大事にされているだけで、いまの世代の人たちには全く効果がありません。

余裕があるなら貯金を確認しよう

さて、転職するもしないもあなたの自由ですが、もし転職する気があるなら貯金だけはした方が良いでしょう。

転職すると「貯金がなくて困った」という事が意外と多いです。

これは転職経験者だから分かりますが、みんな遊びにお金を使っていて貯金が全くありません。

そして携帯代や交通費。そして新しいスーツを買う為のお金がない場合が多いでしょう。

一応親に出してもらう人も多いですがその場合「早く転職しろ」というオーラが強いため焦ってブラック企業に行く事が多いです。

そして貯金額ですが、最低限半年分だけは用意しておくと安全です。

本当は1年分の貯金があると良いですが、早く転職したいと言う人も多いため、半年分の貯金はいるでしょう。

ですが、「もう無理、こんな会社早くやめたい」とか「会社に行こうとすると吐き気がある」など精神的に限界の場合や、明らかに体調に異常が出ている場合は貯金を気にしないではやく転職した方が良いでしょう。

転職方法は全て使おう

もし転職を考えているなら、転職する方法は全て使った方が絶対にいいです。

よくあるのが、ハローワークしか使わないとか、一部の転職サイトしか使わないという事ですが、全て使いましょう。

ハローワークしか使っていないなら転職サイトもう使う。転職サイトしか使っていないならハロワークも使う。

転職サイトはリクナビNEXTというサイトを使えば良いですし、「仕事を1年未満でやめて転職は上手くいく?」と不安に思っているなら「転職エージェント」という転職を支援してくれるサービスがあります。

詳しくは20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめに書いてあるので興味のある人はぜひ見て下さい。

ちなみにリクナビNEXTは下のリンクから公式サイトにいけるので、無料登録してぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXTの会員登録はこちらから

すぐやめたいなら「明日やめます」も使える

本当に今すぐやめたいなら、「明日やめます」と言う方法も一応使えます。

その場合は上司から怒られる事になりますが、別に明日来なかったとしても訴えられることもありませんし、転職に影響はないでしょう。

意外と多いのが、電話でやめますと言う人もいます。会社に行くのが嫌でもうやめたいと言う人が使う方法ですが、それでやめてく人も大勢いるのも事実です。

ただ作業服などがある場合は返してと言われる事もあるので、1回は会社に行くはめになるでしょう。

余裕があるなら有給休暇を全部消化

もしすぐやめるのはなく、ちゃんと会社と相談して1か月後とか2か月後などに会社をやめる場合は遠慮なくて有給休暇を使ってしまいましょう。

有給休暇を普段から使っていないと、忘れますが最後なので遠慮なく全ての有給休暇を使いスッキリして会社をやめましょう。

引継ぎがある場合は、急いで引継ぎの作業をしてサッサと有給休暇をとって転職の準備をするのが良いでしょう。

退職理由は無難なものを

よく退職理由を聞かれる事が多いですが、聞かれた場合は無難な物を答えるのが良いでしょう。

たとえば「資格をとりたい」とか「学校にいって学びたい」などは上司からの評判も良いです。

詳しくは仕事を確実に辞める6つの方法とバレない言い訳5つに書いてあるのでそちらの方も参考にしてください。

まとめ

仕事をやめたい、会社をやめたいと思ったら早めにやめるほうが無難です。

もちろん無理やり転職する事をすすめませんが、ブラック企業にいると「転職」と言う文字が頭から消えることはよくあります。

やめたいという考えがある間に、サッサとやめてホワイト企業に転職した方があなたの将来の為になるでしょう。

とりあえず先ほど言ったリクナビNEXTにとりあえず、登録だけして転職の準備をしましょう。

こう言うのは早めに準備をした方が、本当に転職をする時に焦らなくて済みますので。公式サイトは下のリンクからどうぞ。

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする