会社を辞めたい

仕事を辞めたい本当の原因と明日からすぐ出来る対策

 

いまこのページを見ている人はとにかく仕事を辞めたい!だけど

 

  • 世間体が
  • 親が
  • 友人が
  • 他に仕事がない
  • 転職は難しそう

 

など色んな理由で辞められないと思っています。そこで今回は仕事を本当に辞めたい原因と対策、そして20代の社会人で大切なマインドを書いていきます。

 

残業が辛い

 

まず、辞めたい仕事で多いのが残業が辛いという事です。

 

やはり、いまの時代は残業がないのが徐々に普通になっているので、残業が辛いと言う人がかなり増えています。

 

ですが、残業が辛くても辞められない原因としては、テレビで観るほど残業が多くはないからというのが原因です。

 

たとえば残業が辛いといえるのは終電ギリギリまで残業するとか、深夜1時になって仕事が終わり会社に寝泊まりする人など、そういうタイプの人が残業が辛くてしにそうと思っています。

 

しかし現実はそこまで多い所は珍しかったりします。残業が夜の9時までとか夜の8時までとか実はそういった中途半端に多い人が残業に苦しんでいます。

 

自分では残業が多いと感じているけど、本当にヤバい所は深夜までやる。だからこれくらい普通と思って仕事を辞められなくなります。

 

対策は?

 

この対策は簡単に言うと仕事を辞めろというのが一番良いですが、辞められないからネットで検索をしていますよね?

 

だったらほんのちょっとずつサボるのが良いでしょう。たとえば月に1回だけ「すいません歯医者があるのでやすみます」と言ったり「すいません家族で出かける用事があるので」と病院と家族を使うのが一番納得されるでしょう。

 

残業が辛い。だけど帰りたいとも言えないし、部署移動も転職もしたくない。と言う人なら少しだけサボるのが一番良いでしょう。

 

「用事があると言って怒られない?」と思いますが、ぶっちゃけ怒られます。

 

怒られますけど、上司は「定時で帰るやつは社会人としてありえない」とまで思っている場合があるので、そんな人はほっときましょう。

 

長年社畜生活をしたせいで常識が歪んでしまったため、定時で帰ると怒られる事もあるでしょう。

 

ですが、気にしてはいけません。あなたが帰りたいなら帰りましょう。ですが、やはり定時で帰るのは怖いので先ほど言ったように月に1回だけ休む。それが慣れて来たら月に2回、3回と増やしていくのが良いでしょう。

 

ちなみに、定時で帰るポイントは月曜日か金曜日(明日が休みの日)に言うと良いでしょう。

 

月曜日の場合は休み明けなので上司もあまりストレスが溜まっていません。金曜日の場合は明日が休みなので上司も機嫌がよく、まだキツイ言葉をいわれる事が少ないからです。

 

人間関係が辛い

 

どの年代、どの性別の人に聞いても絶対に仕事を辞める原因となるのが人間関係です。

 

20代の場合はとにかく嫌な上司がいると言う事が多いです。

 

  • 怒鳴る上司
  • 嫌味を言う上司
  • 威圧的な上司
  • 仕事をしない上司

 

など苦手なタイプの上司と仕事をすると会社を辞めたくなるでしょう。

 

上司じゃなくても、長年勤めていて正社員より権力のあるパートのおばさんや仕事の成果を横取りする同僚なども嫌になる原因になります。

 

対策は?

 

人間関係の場合はまず、一番いい方法が気にしないこと。「人間関係は気にしない方が良い」とよく言われますが、あれは本当の事です。結局自分が気にしているせいで人間関係が嫌になる事が多いので、一番いい方法が気にしないこと。

 

ですが、気にしないといっても無理だよ!と答える人も多いため次は一番簡単そうにみえて一番難しい方法になります。

 

次の方法は自分から歩み寄ってみる事が良いです。

 

人と会話するのが苦手なあなたは「苦手な上司に話しかけるなんて無理」と思うかもしれませんが、これもかなり有効な方法です。

 

というのもあなたも上司の事を勘違いしているだけかもしれません。いつも怒っているようにみえるのはもともと目つきが悪いからだとか。

 

誰に対しても怒鳴っているとか、妻と子供の仲が悪くストレスが溜まっているだけだとか実は隠れた理由があります。

 

とは言っても、結局苦手な人には1歩も近づきたくないというのが本音なので、自分から話しかけにいくのは最終手段。つまり本当に限界で会社を本気で辞めたいと思った時に使った方が良いです。無理に近づいてもあなたのメンタルが壊れるだけですからね。

 

仕事が合わない

 

もともと内気な性格なのに営業の仕事をしているとか、話すのが嫌いなのに接客の仕事をしているとか根本的に性格が合わなくて仕事を辞めたくなる場合があります。

 

ですが、これも日本人の性格のせいで「もっと頑張ればまともに仕事が出来る様になるのでは?」とおもい無理やり頑張ってしまう事も多いです。

 

しかも「じゃあなんでこの仕事に応募したの?」と聞かれたら「就職活動の時になんとなくで受けてみた」と答える人も多いため、確かにそれは合わなくなる事もあるでしょう。

 

対策は?

 

仕事が合わないと感じたらそれはもうスパッと辞めるべきです。

 

先ほどまでの残業や人間関係は転職したくないとあなたが思っていたので、言いませんでしたが仕事が合わないのはもう辞めるしかありません。

 

よく「続ければ仕事が出来る様になるから」と言われますが、人間は本当にダメなことはトコトンダメです。

 

どうあがいても接客業が駄目な人もいますし、事務仕事がいつまで経っても上手くいかないと言う人もいるでしょう。

 

それに合わない仕事をしていても、結果的に辞める事になります。「営業の仕事を5年やってるけど、この仕事クソつまんないな」と心の中で思っていたらいずれかは辞めてしまいます。

 

結局合わない仕事を頑張っても多少仕事は出来ますが、続けれるかどうかは全くの別です。

 

なのであなたも合わないと思ったらスパッと辞めても良いのです。恐らく今のまま頑張っても2年ももてば凄い方でしょう。

 

仕事が暇

 

日本では残業が多いの普通で、仕事が暇と言う事は聞きませんが、実は仕事が暇というところは沢山あります。

 

事務仕事が午前中に終わったとか、暇すぎて午後からは会社の掃除をしている。暇すぎてずっとYouTubeを隠れてみているなんて事も沢山あります。

 

忙しいイメージがある日本ですが、実は忙しい職種は一部の所だけで実は暇な所もおおいのが事実です。

 

対策は?

 

この場合は、仕事を遅くやるとか喋りながら仕事をやるなど、仕事を遅くする方法がありますが、それでは限界があります。

 

ですが、仕事が暇だと「俺はこのまま一生この仕事をやっていいのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。

 

だったら隠れて副業をして、ちょっと稼げたら次の仕事を探すというのはどうでしょう?

 

仕事が暇な人で一番恐れているのが「このままじゃ何も成長できない」と思う事です。30代、40代になっても出来るのはExcelくらいというなら、確かに怖くもなります。

 

だったらネットで副業をして自分のスキルを高めてみるのが良いですよ。

 

ちなみに副業をするのは「クラウドワークス」というのが大手のサイトで簡単なアンケートでもお金が貰えますし、Excel作業などでもお金が貰えます。

 

無料で会員登録をすれば、手軽に副業が出来るサービスなので「副業ってどんな感じだろう?」と疑問に思った人はぜひ使ってみて下さい。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

休日がない

 

休みはいつも日曜日だけ、他の平日は残業もあるし土曜日出勤で休日が全くなくて辞めたくなる人は沢山います。

 

日曜日に休んで、次からまた出勤。それを繰り返すと確かにお金は沢山貰えます。

 

しかし日曜日しか休みがないと疲れて「出かけたくないから家でゴロゴロしよ」となって結局出かけません。

 

そしてお金を使う所が最低限の生活費しかなくなるので、これでは何の為に働いているのか分からなくなります。

 

対策は?

 

これは一番いい方法がずる休みをする事ですね。

 

たとえば土曜日の仕事に「ちょっと風邪ひきました」と短めに伝えるか、それとも月曜日に「すいません、ちょっと熱が出ました」なんていうのも良いですね。どちらも結果的に連休がとれる形になるので、長く休むことが出来ます。

 

「会社に迷惑がかからない?」大丈夫です。言い方が悪くなりますが会社は「あなた一人が休んでも何も問題ありません」あ!勘違いしないで欲しいのは「あなたが役にたたない」と言う事ではありません。

 

会社も大人数から出来ている組織なので、誰かが休むとその分誰かが頑張ります。たとえば違う部署から1人連れてくるなどもあります。

 

それに同じ部署の人でも普段サボっている人が絶対にいます。信じられないかもしれませんが、「どうせ仕事が終わらないからてきとうにやろ」と考えている人は部署内で2人以上は確実にいるでしょう。

 

なのであなたが休んだぶんは普段働かない人が頑張って終わらせてくれます。

 

ちなみにずる休みをするコツは「とにかく要件を短めに伝える」ことです。あなたは嘘が苦手なはずで、嘘が苦手な人は「理由をとにかく長く伝える」特徴があります。

 

これは、短いと嘘がばれないかな?と言う心配のせいでおこることです。なのでずる休みをする時は「ちょっと風邪をひいたので休みます」とだけ伝える、それで熱は?と聞かれたら「38.4です」とちょっとリアルな熱をいえばいいでしょう。

 

あなたはまだ20代、人生はまだ長いのでちょっとくらいずる休みしても問題ないですよ。

 

 

給料が少ない

 

仕事をするとどうしても給料が気になってしょうがないです。

 

求人では手取り18万円と書いていたけど、それは残業をやりまくってやっと手に入る金額で、普通に詐欺求人が沢山あります。

 

よく「若い時は給料なんて気にしたらダメ」と言われますが、そんなもの気になるに決まっています。

 

残業を毎日夜の9時までやって給料が手取り15万円とかだったら「ふざけんな!!」となるのは当たり前です。

 

対策は?

 

これは、転職しようとまた言いますが、転職以外の方法だとまずやることは「時給を計算する事です」

 

いまのあなたの給料は本当にちゃんと払われているのか?そこがとにかく気になる所でしょう。

 

時給を計算して残業代が明らかに払われていなかったら、社長などに「この会社って残業代は出ないんですか?」と聞きましょう。そして「うちは昔から残業代はないよ」とか「若いあいだはサービス残業が当たり前だよ」なんて明らかに常識外れの事を言われたらそく会社を辞めましょう。

 

社長に文句をいったり、会社を訴えたりなどの方法もありますが、元々残業代くらいを支払う事が出来ない会社に長くいたらあなたの人生がもったいないです。

 

それに訴えたり、社長と喧嘩をするくらいならスパッと辞めて、さっさと次の会社に行った方が余計に疲れなくて済みますよ。

 

どうしても会社を辞めたくないと言う場合は、先ほどチラッと言いましたが副業をしましょう。

 

あなたにもどうしても辞められない理由があるはずです。仕事が大好きとか1年未満で自分の職歴に傷がつくとかそういったものが沢山あるでしょう。

 

ならやはり副業をするしかありません。副業といっても休日にバイトをするなどしてはいけません。もともと激務なのに更に仕事を増やすと確実にあなたの体は壊れていきます。

 

なので、ネット副業をするのがおすすめです。ネット副業なら「自分がやりたい時にやる分だけ」作業をする事が出来るのが魅力でしょう。

 

ネット副業をする時は「クラウドワークス」というサイトが一番大手のサイトで、スマホでも無料で出来ますし、簡単な作業で気軽に稼ぐことが出来るので「給料が明らかに足りない」と言う人はおすすめです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

働きたくない

 

これも20代どころか全ての年代の人が思っていた事でしょう。

 

働く気もないし、そもそもなんで働くのかが分からない、やりたい仕事がないといった事が多いです。

 

今の日本は非常に恵まれています。食べ物は100円で買えるし、お金がないなら生活保護を申請すれば暮らしてはいける。正直プライドさえ捨てれば何もしないで生きていけます。

 

なので余計に働くのが分からなくなってくるでしょう。それはそうです、だって働かなくても生きていけるので。

 

対策は?

 

働きたいない場合の対策は、とにかく今の段階で思いっきり甘えるのが良いでしょう。

 

20代の人は実家暮らしの人が多いため、最悪親に養ってもらえます。1人暮らしの人でも実家に帰れば働かなくても暮らしていけるでしょう。

 

とりあえず働きたくないなら、働きたくなるまで思いっきり人生をさぼる事が良いです。

 

よく「とにかくがむしゃらに働けばやる気は出る」と体育会系の言葉がよく出ますが、そんな事でやる気が出たら苦労はしません。

 

大丈夫です、人間は本当にヤバくなると動くものです。たとえば実家暮らしでのんびり過ごしていても親に「早く働きなさい」と言われたり、最悪の場合「あと3か月で仕事を探さなかったら家から追い出す」とまで言われることがあります。

 

流石に家から追い出されると言われたら危機感がでて、バイトくらいなら働く気になります。

 

なので、甘えられる間にとことん甘えましょう。そして動かないとヤバいという状態になる事があるので、その時をじっくり待ちましょう。

 

 

働く意味がわからない

 

これも「働きたくない」と同じようなことですが、今回はそもそも働く意味すら分からなくなっています。

 

なんで働くのか?なんで嫌な人と関わってまでお金がいるのか?そもそもお金は苦労して手に入れるものなのか?

 

など色んな理由があります。

 

対策は?

 

働く意味が分からないという、心の奥底では「楽にお金を手に入れたい」という感情や「いやな上司と一緒にいるのが嫌だ」という思いがあります。

 

こういった場合は、とりあえず正社員じゃなくて良いので、派遣社員やバイトなどでプレッシャーが比較的軽い仕事をするのが良いでしょう。

 

もちろん派遣でもバイトでも仕事場によっては正社員並みに働かないといけない所もありますが、そういった場合は気軽に辞める事が出来ます。

 

ぶっちゃけ20代は一番働く意味が分からなくなります。30代、40代で結婚して子供も生まれている人なら「俺が家族を絶対に養う」と言う感情が生まれてどんな仕事で長く続ける事が出来ます。

 

しかし20代で独身、実家暮らしとなると本当にお金を稼いでいる意味が全く分からなくなるのは当然でしょう。

 

なので、いまはトコトン甘えましょう。将来の為とかいうけど、いまをしっかりと生きられないなら将来の事を考えても全く意味がありません。

 

生きている意味が分からない

 

働く意味ではなく、生きている意味さえ分からなくなる人もいます。

 

なんで働く?

なぜ生きる?

長生きしたくない

 

といった事を思いますが、色んな事を考えて「生きたくない」とか「しにたい」と思う様になります。

 

20代の自殺率が異常に高いのは、そう言った事を考えるのが原因と言えるでしょう。

 

対策は?

 

これは2つの方法があります。1つは「お金を全て使ってでもハマれる趣味をもつこと」。よくアイドルの追っかけやアニメのイベントではしゃぎまくる人がいますが、お金を全て使ってでもハマれるとはああいった人たちの事です。

 

アイドルの追っかけは1人のアイドルの為に給料を全てつぎ込むと言う人もいますし、アニメも好きなキャラの為にグッズを買いまくると言う人もたくさんいます。

 

あれくらい楽しめる趣味があると人生はまるで違うでしょう。なぜなら仕事をしても「今週のあの子のライブが楽しみ」と思ったり「今週のアニメのイベントが楽しみすぎる」と楽しみがあるお陰で心に余裕が生まれます。

 

ちなみに私の友人でアイドルの追っかけをしている人がいますが、その友人が言うには「俺はアイドルの追っかけをしてなかったら今頃自殺していた」という事を時々いってます。

 

私も友人がアイドルの追っかけをしてなかったら、大切な友人を失う所でしたよ。

 

もう1つは小さな目標をたてることです。

 

生きる意味が分からないと考える人は、目的がないため迷っています。たとえば仕事をしても特に目標がないため「あと40年以上こんなつまらない事をするのか」とか「あと40年以上こんなつらい仕事をするのか」とか目標がないため、どうしても辛くなってしまいます。

 

なので、なんでも良いです。「貯金を200万貯めて会社を辞める」とか「今月の給料でiPadを買ってやろう」とか「今週の休みは東京にいって話題のスイーツ店にいくぞ」など本当にくだらないと思う事で良いです。

 

人間は目標や目的がないと、どうしても迷ってしまう生き物なんです。なので生きて意味を探せないくらい小さい目的を何個も持つことが大事でしょう。

 

ちょっと休憩しましょうか?

 

ちょっとここまで長かったですね。それもそのはずなんとここまで6700文字以上も書いてあるんです。

 

あなたの指も、画面を動かしすぎて疲れた事でしょう。

 

なので、少し深呼吸をしましょう。吸ってー…吐いて…すってー…吐いて…

 

では次に行きましょう。

 

変な宗教がある

 

これはかなり少数派ですが、変な宗教や宗教みたいなものにハマって、仕事を辞めたくなる原因になります。

 

たとえば朝の朝礼の時に謎の挨拶をするとか、入社した時に聖書を渡されたとか本物の宗教をやっている会社もありますし。

 

日本や海外の有名な経営者が好きで、その経営者の真似をする。何をするにもその経営者と同じことをしたり、経営者の本が休憩所に沢山置いてあったりなど、軽めの宗教の勢いを感じる所もあります。

 

対策は?

 

これは、あなたがハマらないようにするしかないです。

 

たとえば会社の宗教が「気持ち悪い」と感じたら絶対にその感覚を大事にしてください。

 

とはいっても、会社員の90%以上が同じ宗教にハマっていると、断りづらいと言う点もあります。あなたは優しい性格で他人の頼みを断れない性格のはずなので、会社員が「この宗教はいいぞ」と言われたら、そのまま入ってしまう事があります。

 

なので、どうしても入りたくない場合は何も言わずにすぐ辞めるのが一番良いです。ちなみに宗教にハマっている人の前で宗教を否定することを絶対にしてはいけません。

 

その人たちにとって宗教とは生きがいであり、人生そのものですので否定するとブチ切れたり、下手をすると殴りかかってくる場合もあります。

 

なので、これはすぐ逃げる。部署移動も何も考えずにすぐ辞める事だけを意識しないといけません。

 

大丈夫です。その会社を辞めたら宗教も何もない会社にいけます。ほとんどの会社は宗教をやっている人の方が少ないですから。

 

飲み会がいやだ

 

会社の飲み会が嫌な20代の人はかなり多いです。そもそも昔と今では価値観が全く違い、昔の人は飲み会で部下の本音を引き出すという方法を使いましたが、いまの時代は「仕事は仕事、プライベートはプライベート」で分ける人が多いので、飲み会をやる意味がよく分からないと言う人も沢山います。

 

しかも一番嫌なのは飲み会の幹事をする事です。参加人数を聞いてお店の予約をして、日程の話をする。しかも飲み会に参加したくないので、やる気も起きません。

 

対策は?

 

飲み会が嫌で、仕事を辞めたくなるのは少し勿体ないですね。飲み会は新人の歓迎会と忘年会、新年会と多くても3回くらいしかないので、たった3回の為に辞めるのはあまりおススメは出来ません。

 

どうしても嫌だというなら、飲み会をずる休みしてサボるとか、幹事を別の人に押し付けるなどをした方が良いでしょう。

 

社会人として生き残るためのマインド

 

次に20代の人が知ってほしい、仕事の心構えなどを話していきます。

 

限界まで頑張らない

 

20代の人こそ頑張らない、それこそが仕事を辞めないコツです。

 

恐らく20代の人は「若者だから頑張れよ」と言われ育ってきたのでしょう。

 

確かに20代は心も体もフレッシュで、どの年代の人よりも色んな事が出来るチャンスがあります。

 

とはいっても、それは日本が求めている「普通のサラリーマン」になる為の方法でしかありません。

 

たとえば20代で頑張って30代で課長になって、40代で部長になる。そういう未来を求めているなら今のうちに頑張った方が良いでしょう。

 

ですが、あなたは別に会社内で課長になることも部長になることも興味がないはずです。

 

ただ、平和的に毎日普通に暮らせれればそれでいいはずです。

 

平和的に暮らせれればそれいいので、仕事で限界まで働く事はありません。

 

3年働けなんて古いです。若者は頑張れというのも聞かなくて良いです。

 

あなたが辛いならそこで辞めても良いんです。限界まで頑張るとうつ病になって下手をすると自殺をします。

 

よくニュースで過労死や過労自殺する人が沢山報道してますよね?あの人たちは真面目に頑張って限界まで働いた結果しぬと言う道を選んだのです。

 

仕事でしぬ必要なんてありません。だから真面目に頑張らないで、限界も超えないで下さい。

 

仕事はあるのが普通

 

よく「仕事はあるだけありがたいよ」と言う人がいますが、それは発展途上国でしか通用しません。

 

今の日本は非常に発達している国なので、仕事はあるのが普通です。ロボットに仕事をとられる?外国人が仕事を奪う?いいえ仕事は探せばあります。

 

もう1度言いますが探せば仕事はあります。地方に住んでいる人でも都市部にいけば求人は沢山出ています。

 

日本は恵まれた国で、食べ物はあるのが当たり前、水はあるのが当たり前、仕事はあるのが当たり前と全ての物が揃っています。

 

だから辞めたからと言って、仕事がないと思わないで下さい。それにあなたは「正社員」にこだわりすぎです。

 

別に派遣社員でもバイトでも良いですよ。だって正社員で頑張りすぎてあなたの体が壊れて働けなくなった方が心配です。

 

年金など将来の事を本当に心配するなら「仕事はあるのが当たり前」と思って派遣社員でもバイトでも良いので、長く働いた方が絶対に将来の為になります。

 

やりたい事がないのが普通

 

「やりたい事を仕事にしろ」仕事の悩みを相談するとこんな事を言われます。

 

ですが「そんな事言われてもやりたい仕事なんてない」と思う人がいるでしょう。普通20代でやりたいことが見つかる事の方が珍しいです。

 

20代は働いた経験がまだまだ少ないです。たとえば18歳で高校を卒業して25歳まで同じ会社で働いたとしてもまだ7年です。

 

たった7年、なんと10年も働いた経験がありません。大学を卒業して働いてもたった3年しか仕事の経験がありません。

 

しかも日本の教育は「普通の長く働くサラリーマン」を教育させる為に出来ています。

 

言葉では「個性を重視する」とか言っておきながら結局中身は「会社の言う事を素直にきく普通の人材が欲しい」という会社が沢山あります。

 

「やりたい事を仕事にしろ」と言っておきながら「普通のサラリーマンになれ」と言われたらそれはやりたい仕事なんてみつかりません。

 

なので、大丈夫です。20代のときなんてやりたい事が見つかるはずがありません。

 

むしろ30代、40代、50代のひとでもやりたい事が見つからない人がいますよ。

 

そしてやりたい仕事よりも、「自分がどうやったら働きやすいか?」を考えた方が良いです。

 

  • 定時で帰れる職場?
  • 人間関係が良い所?
  • 暇な職場?
  • 給料が多いところ?

 

など考えられる事は沢山ありますが、やりたい事よりも労働環境の方を考えた方が仕事探しは簡単に出来ます。

 

甘えではない

 

20代で仕事を辞めようとすると「甘えだ」なんていわれますが、甘えなんかではありません。

 

そもそも甘えという上の世代、30代、40代の人たちも同じ道を歩いています。

 

口には出しませんが、いまの40代の人も20代の時は「仕事なんてだるい、辞めたい」と思っていました。今の若者を批判する事が多いですが、年齢が上の人も今のあなたと同じことを考えている時がありました。

 

ですが、人間は綺麗な過去しか記憶に残さない都合が良い頭をしていて、「あの頃の自分は良かった」というのは辛い過去を消して、綺麗な過去しか残っていないので、上司が「俺は20代の頃は頑張った」という言葉が出てくるんです。

 

なので、あなたの場合も甘えではありません。20代なら仕方のない事なんです。

 

だから「俺は甘えているのか…頑張ろう」ではなくて「俺は今は甘える時期」と思った方が心に余裕がもてます。

 

吐き気があるならアウト

 

あなたの今は体調はどうですか?もしかして朝起きると吐き気があるのではないですか?

 

朝に吐き気があるなら、それは会社を辞めた方が良いというサインです。

 

朝起きて吐き気がして、会社で仕事をすると治る、それは軽いうつ病のサインです。

 

先ほどからうつ病をとにかく警告していますが、本当に危険なので仕方がないです。

 

あなたは今は大丈夫かもしれませんが、このまま会社を続けると確実に体が壊れます。

 

吐き気がするから、食べた物を吐くに変わり、休日は動けなくなり下手をすると「このまま自殺しようか」なんて考えて本当にやってしまいます。

 

吐き気があると完全にアウトな証拠なので、近いあいだに辞める事を考えた方が絶対にいいです。

 

人間は本当にヤバくなるなら動く

 

ちなみに「俺はこのまま辞めて将来は大丈夫か?」と考えた人もいますが、死ななければ何も問題はありません。

 

というのも人間は本当にヤバくなったら、本能で危険を感じて動く生き物です。

 

たとえば実家暮らしなら「あと3か月以内に仕事をしないと追い出すよ」なんて言われたら何がなんでも就職しようという気になります。

 

もし1人暮らしだとしても「このままじゃあ生活が出来ない」と思ってバイトでも何でも出来てしまいます。

 

あなたは実感がわかないと思ったかもしれません。ですが本当に危険になったら人間は動きます。

 

働きすぎて倒れたなら、その会社を辞めるでしょう。

無職の場合はお金が無くなったらバイトをするでしょう

 

自殺する人も本当に身の危険を感じて「この世にいると危険」と感じたからやってしまいます。

 

大丈夫です。あなたはちゃんと動けれます。

 

何となく辞めたいは90%の社会人が思う事

 

人間関係も良いし、定時で帰れるけど何となく仕事を辞めたいと思う人がいます。

 

贅沢な悩みと思うかもしれませんが、これもあるあるです。

 

人間はどうしても飽きる生き物です。どんなに充実してても好きな仕事をしても飽きる時は必ず来ます。

 

なので、あなたも何となく辞めたいと感じるのは単純に飽きてしまったせいだからです。

 

正社員じゃなくてもいい

 

先ほどから何度も言ってますが、正社員で無理をして働かなくても良いですよ。

 

日本は働く=正社員じゃないとダメという謎の考えがありますが、別に無理をして正社員にならなくても良いです。

 

将来がと言う人は「将来に安定はない」と思ってください。たとえば大企業に入って「俺の人生勝ち組」と思っていても、10年後にその大企業が大赤字になり100名以上をリストラしないといけなくなったらどうですか?

 

あれだけ「俺の人生勝ち組」といっていたのに赤字になったせいで、無職になる事だって普通にありえます。

 

それくらい今の日本は不安定なので、派遣でも正社員でも変わりはないでしょう。

 

年金がと言う人も、いくら正社員で手取り30万円を貰ったとしても、貯金がなければ何も変わりません。手取り30万円だから家賃が15万円の所に住んで、美味しい物を好き放題食べて、毎月残るのが1万円しかないとなったら、結局将来は危ないです。

 

 

転職する事は普通のこと

 

転職するのは今の日本では当たり前です。

 

転職するのは恥ずかしい事と思っている人が多いですが、時代は変わっています。終身雇用なんて今は古すぎて使い物になりませんし、3年働けなんて今の時代には合っていません。

 

日本では伝統や文化が守られる所があるので、時代が変わっても古い習慣を残して「それが一番良い方法」と勘違いする事があります。

 

なので、転職はダメなんて考えはもう一昔前のやりかたです。あなたも「時代は変わった」と思う様にして下さい。いつまでも古臭い考えではあなたの本当にやりたい事を見失います。

 

もし転職したいと考えるならとりあえず「リクナビNEKT」というネットの転職サイトに登録した方が良いでしょう。ネットの転職サイトに登録する理由は単純に「ハローワークよりホワイト企業が多いから」です。

 

リクナビNEXT

そして、面接が不安と言う人は「DODA」というサイトを使えば就活を教えるプロの人が、履歴書の指導、面接の指導などをしてくれますし、あなたの能力をみて「こんな仕事があなたと合っていますよ」と教えてくれます。

 

転職ならDODAエージェントサービス

どちらも無料で会員登録をすれば今すぐに使えるので、少しでも「仕事辞めたい」と思ったら登録だけしてみるのも良いでしょう。

 

 

 

とにかく今を生きよう

 

20代の人はとにかく将来を心配しています。

 

年金がない

転職できない

仕事がない

 

など、不安なことだらけです。

 

だから仕事が辞められなかったり、誰にも相談できなくてネットで調べてしまいます。

 

ですが、将来の事を心配しても仕方ないです。

 

先ほども言いましたが、いまの日本は不安定で大企業が簡単に赤字になる状態になっています。

 

だから5年先の事なんて分からないですし、本当に正社員で安定してるか分かりません。

 

なので今あなたがするべき事を考えてみましょう。いますぐに実行しなくて良いです。

 

とりあえず考えれる事を出してみましょう。

 

転職したい?

正社員は嫌だ?

働きたくない?

遊びたい?

 

それを紙に書いて、1か月に1個だけ実行してみる事をおすすめします。

 

大切なのは今を生きる事です、将来は確かには不安になりますが、いま考えても結論は出ません。

 

あなたの答えは?

 

色んな事を書きましたが、あなたの答えはもう出ているのでは?

 

本当に限界ならこの記事を見た後に、退職しようと考えますし。「あと3か月は頑張ろう」と改めて働く気が出てくるはずです。

 

どんな答えを出しても私は責めるつもりはありません。

 

ただこの記事を読んで、何か行動してくれたならそれが一番嬉しいです。