仕事のマインド

20代で仕事を辞めたいと思った時に一生使える心の考え方

 

新卒で会社に入り、1年以内で「もう辞めたい」と思ってしまう。

 

だけど、会社は3年働けと言われているので、辞められない。

 

ですが、仕事をしていると憂鬱になるし、吐き気もする。

 

そう言った人は今すぐに会社を辞めた方が良いです。このサイトでは耐えるなとは言いません。

 

とにかく逃げてと言います。今回20代男性のあなたに仕事について大切な事を書いていきます。

 

やりたい事が分からないのは普通

 

まず、あなたは新卒で入ったは良いけど「やりたい仕事じゃない」と思ったり「そもそもやりたい仕事が分からない」と思っていますね?

 

世の中は「やりたい事を仕事にしろ」なんていうけど実際はやりたい事なんて分かるはずがありません。

 

あの言葉って無責任ですよね?やりたい事を探せ、「いやだからやりたい事が分からないんだよ」「色んな仕事をしろ」「転職をするなって言ったのはあんたらじゃん」とかなり矛盾した事を言っています。

 

20代はまだまだ仕事の経験がありません。それこそ新卒の1年目なんて何も分からない社会人なので、やりたい仕事が見つかったら奇跡と言って良いでしょう。

 

それこそ40歳になってやりたい仕事がみつからない人だっています。そう言う人の多くは結婚している人が多いため「家族を養うために働いている」と答える人が多いですが、20代はまだ実家暮らし、独身と守る物も失い物もありません。

 

伝えたいのは、「やりたい仕事を無理に探さなくても良いです」大丈夫です。25歳くらいになればやりたい仕事はみつかります。

 

ちなみに私の経験から言うと、やりたい仕事というより「どんな条件の仕事なら良いか?」というのが分かってきます。

 

たとえば残業が少ない方が良いとか、給料が多い方が良い、人間関係が穏やかな所が良い、暇な職場が良いなど仕事をしていると自分がどんな風に働きたいのかが見えてきます。

 

そう、やりたい事は職種ではなく労働条件の方がみつかりやすいです。

 

ちなみに私は給料が少なくても良いので残業がない所で働きたいです。職種はなんでもいいという考えです。

 

限界までは頑張るな

 

会社の上司やネットでは「限界まで頑張れ」とよく言いますが、その逆です。限界まで頑張らないで下さい。

 

日本の限界まで頑張れというのは、心身ともに疲れて脳梗塞など病気になったり、「しにたい」とつぶやいてうつ病になる所まで頑張れと言う事です。

 

実際病気になってからだと全てが遅いです。たとえば脳梗塞ですが、あれは50代以上の人がなるイメージですが、ストレスがあまりにも溜まると20代の人でも簡単になる事があります。

 

ちなみに脳梗塞になると、軽くて右手が全く動かなくなったり、下手をするとそのまま死にます。

 

しかも右手が一度動かなくなると、1年、2年はリハビリ生活。下手をすると一生右手が動かなくなることだってありえます。

 

いま「病気になっても良いや」と思ったかもしれませんが、入院中はとにかく暇ですよ。

 

テレビをみるのもお金がいりますし、毎日寝ているので暇でしょうがないです。ネットは病院内にネットを使っても良いスペースがあるのでそこで使えますが、やる事がなく1時間で飽きてしまいます。

 

私は昔、盲腸で1週間入院した事があるので、これは実体験ですが入院すると確かに1日目は「会社を休めて嬉しい」と思います。ですが2日目になると「飽きてきた」と思い3日目は「健康の体って素晴らしいな」と悟ります。

 

なので、甘えと言われてもこの先社会人としてやっていけないと言われても、体調が崩れる前に仕事を辞めて下さい。

 

限界ではなく「あなたの体が動くあいだ」になんとかしましょう。

 

仕事はあるのが普通

 

次は「仕事があるだけでありがたい」と言う人がいますが日本では「仕事があるのが普通」です。

 

仕事があるだけありがたいと言えるのは、発展途上国くらいです。日本は世界的にみると発達している国なので、仕事があるのが普通といえるでしょう。

 

なので仕事は沢山あると思ってください。日本には食べ物が腐る程あるように、水が公園にいけばタダで沢山飲めるように、あるのが普通なんです。

 

なので、辞めても仕事は普通にあるから、大丈夫と思う様にして下さい。

 

辞めたら2度と会社の人に会わない

 

「辞めたら会社の人に迷惑がかかる」と思っていますが、それは少しの間だけです。

 

多少の手続きと、場合によっては引継ぎもあるでしょうが、辞めるあなたには関係ありません。

 

確かに会社の人に辞めることを色々聞かれるのが怖いかもしれませんが、最悪の場合辞めると伝えたら会社をずる休みすれば良いだけです。

 

それに、辞めたあとは会社の人に2度と会う事はないでしょう。

 

「辞めたあとコンビニなどで会社の人に会うのでは?」と思うかもしれませんが、意外とそう言った事もなく、仮にあったとしても「就職はできたのか?」くらいで終わるでしょう。

 

「2度と会う事がない」ので最後くらいは迷惑をかけて辞めてしまうのも手でしょう。

 

辞めると伝えたらあっさりです

 

「辞める」と伝えたら怒られるのでは?と思うかもしれません。しかし会社の人は意外とあっさりしている場合が多く「なんで辞めるの?」と言われるくらいで終わりです。

 

ちなみに辞める理由で、人間関係や残業、仕事内容が合わないと伝えたらお説教タイムが始まる確率が高いです。

 

転職しても変わらない

これだから最近のわかものは

どこにいっても通じないよ

ここの会社はまだましだよ

 

など、ネットで書いてあることを本当に言われます。ですがここで辞めたいならひるんではいけません。

 

ですが、反論を言っても無駄なので、「ハイ」とか「そうですか…」などてきとうに受け流す言葉をいって、話を早く終らせましょう。

 

長い事お説教を聞くとあなたの精神にも良くないですし、「やっぱり転職を辞めよう」となったら何も変わりません。

 

 

甘えではない

 

1年以内で転職するのは甘えと言いますが、甘えではありません。

 

甘えと言う人は、転職したい人の気持ちを全く分かっていません。

 

「俺は3年耐えていまがある」なんて言いますが、個人によって耐えられる事が全く違うので、比べられてもしょうがないです。

 

残業を月100時間やっても平気な人は平気ですし、月に100時間やったらうつ病になる人だっています。

 

世の中が甘えなんていうから、日本で過労死や自殺する人が多いんです。

 

なのであなたが辞めたいと思うのは甘えではないです。これはしょうがない事なんです。

 

働き方もよくわからない、仕事の内容もよく分からない、自分が好きな事も分からない。20代は何も分からない状態なんで辞めたくなるのも仕方がありません。

 

吐き気があるならアウト

 

もし、会社に行くときや仕事をしている時など吐き気があるなら完全にアウトです。

 

吐き気があるけど、戻しはしないとか、仕事をしている最中は大丈夫とか、朝の吐き気が一番酷いという症状があるならそれは軽いうつ病のサインです。

 

人間の体は非常に正直で、あなたが「仕事が辛い、辞めたい」と思う気持ちが強い程、吐き気や頭痛などちゃんと体調に変化が出てきます。

 

それを放置すると本格的に、うつ病になり病院に行き薬を貰わないといけないレベルまで、悪化するでしょう。

 

そして下手をするとニュースでよく出ている社会人が自殺した人になる事があるでしょう。

 

意見を聞いて良い人と聞かない方が良い人

 

これは、会社を辞める時や辞めたい時に重要ですが、辞めたいと相談すると多くの場合はお説教タイムか人生相談が始まります。

 

「なんでこのくらいで辞める?」と説教をしてくる人もいますし、「大丈夫?休む?」など本気で心配してくれる人もいます。

 

そこで、意見を聞いて良い人と聞いてはいけない人の違いを書いていきます。

 

まず意見を聞いて良い人はこちらの言う事をしっかり聞いてくれる人です。

 

よくあるのが、自分の人生経験を言いたくて「とにかく自分の話をする人です」たとえば「俺が若い頃は…」と自分の過去を話したり、「今の時代はまだまし」といったり「転職しても変わらないよ」と転職を否定したりなど、とにかくこちらの意見をまるで聞こうともしない人の意見はダメです、聞いてはいけません。

 

 

ですが、まずこちらの意見を聞いて「確かにそうだよな、それは分かる」などこちらの意見を肯定してくれる人は、視野が広くいろんな経験からあなたのこれからを真剣に考えてくれます。

 

参考にする人はこちらの話を真剣に聞いてくれる人、駄目な人はいきなり「俺が若い頃は」といきなり自分の過去話をする人です。

 

ちょっと読むのを休憩しましょうか?

 

ここまで読むのに疲れませんでした?仕事が辞めたいと思うギリギリの状態では文字を読むのも疲れ果てたでしょう。

 

では一度深呼吸をして…スー…ハー…スー…ハー…。休憩は出来ましたか?

 

あと半分あるので、ゆっくりと自分のペースで読んでみて下さい。

 

人間は本当にヤバくなったら必ず動く

 

1年未満で辞めようとすると「そんなんだと将来社会人として通用しないよ」と言われます。

 

なぜか分かりませんが、20代はまだまだ人生は長く、可能性もあるのにいきなり「社会人失格」というレッテルが貼られます。

 

ですが働いて短いですし、まだ20代で人生経験が少ないので正直「社会人として通用しない」といった40代のオジサンよりかは色んな事が出来る可能性があります。

 

それに今はあなたは「1年未満だけど仕事を辞めたい」と思うかもしれませんが、人間は何かのきっかけで驚く程行動力が上がるものです。

 

セミナーにいった

本を読んだ

感動する映画をみた

 

など、色んな事をした結果偶然やる気が上がり、そこから行動するなんて事もありますし。

 

28歳辺りになって「このままじゃまずい」と思って次の転職先は絶対に辞めないと決心して、3年、4年と仕事を続ける事もできるでしょう。

 

いまあなたが、辞めたいと思うのは単純に仕事をしなくても生きられる状態にあるからです。

 

20代前半でまだまだ転職が出来る歳だからとか、実家暮らしだから最悪親にご飯を食べさせれもらうとか、色んな理由がありますが、あなたはまだ動けない状態にあります。

 

だからと言って「1人暮らしをしよう」とか「自分を限界まで追いこんでみよう」なんていう事はしないでください。

 

焦らなくても良いです。その時がくれば真面目でよく働くあなたは動けるようになります。

 

 

何となく辞めたいはあるある

 

恵まれた環境と分かってはいるけど辞めたいと言う事も意外とある事です。

 

たとえば優しい上司に囲まれているのに辞めたいとか、なんかわかんないけど働く気がないとか意外と理由は多いです。

 

これも別に甘えではありません。単純にやりたくない仕事のせいだとか、仕事が暇すぎてしょうがないという事もよくある事です。

 

仕事の能力も個人差があるように、辞めたい理由も個人差が沢山あります。

 

 

正社員じゃなくても良い

 

あなたは正社員ばかりにこだわって仕事をしていませんか?

 

派遣社員と言う選択肢もありますが、ニュースをみていると派遣切りのせいで生活が安定しないと言う人が沢山います。

 

それにフリーターと言う手もありますが、日本ではフリーターと無職はなぜかほとんど同じ扱いなのでなりたくないと言う人も多いでしょう。

 

ですが、必ず正社員しかダメと言う選択肢もありません。確かに派遣は不安定と聞きますが、本当にそうですか?ニュースでやっているのはほんの一部の人の派遣の話ですよ。

 

よく見て下さい、3人~5人くらいの派遣の人を取材しているだけです。日本に何人派遣社員で働いている人がいると思いますか?

 

それにテレビの報道は、どれだけ奇想天外な人生を歩んでいるか?を放送しないと視聴率がとれません。

 

「順風満帆な派遣人生を送っていますよー」と言うことをニュースでやったらあまりにも平和すぎて誰もみません。

 

だからテレビではいつも派遣は不安定で辛いという事しかやりません。

 

それにフリーターでも同じです。フリーターになると将来貯金がなくて危ないと言ってますが、いま定年を迎えた人たちは普通にバイトをしています。

 

何故か分かりますか?それはお金がないからです。私の働いている工場も定年をすぎた人たちが5~6人ほどいて、「なんで働いているんですか?」と聞いたら「年金だけじゃ生活できん」と答えました。

 

ちなみに、その人たちは全て正社員で働いて定年まで頑張った人たちですが、不景気のせいで退職金もほとんど貰えなかったとも言ってます。

 

なので、結局正社員で働いてもお金が足りない事は変わりません。

 

結局、最終的にはフリーターになるのなら何も変わりませんよ。

 

だからどう働こうが良いんです。正社員、派遣、フリーターどれでも良いんです。

 

責任が重くて辛いというなら、派遣社員になれば良いですし、趣味の時間がもっと欲しいならフリーターでも良いでしょう。

 

確かに世間体がと言う話もありますが、このまま正社員を無理に続けてもあなたの精神が壊れるだけです。

 

フリーターはダメでもせめて派遣社員という選択肢は入れた方が良いです。

 

転職するのも全然良いです

 

色んな事を書きましたが、何を言いたいのか?

 

それは転職は積極的にした方が良いという結論です。

 

やはり「仕事 辞めたい」と検索してるということは、恐らくそうとう限界まできているでしょう。

 

ちなみに「仕事 辞めたい」と検索している人をツールで調べると1か月で4万人ほどいるので、日本全国の人はみんな仕事を辞めたいと思っています。

 

なんどでも言いますが、日本では仕事が辛くて自殺する人が多すぎます。それこそ外国の人からみたら「なんで日本はあんなに恵まれているのに自殺する人が多いの?」と疑問が出るくらいです。

 

だからあなたは、限界が来る前に辞めてしまいましょう。頑張らなくても良いです、3年も仕事をやらなくても良いです、社会人として通用しないとも言われても良いです。

 

転職をすると将来苦労すると言われていますが、いまのこの現在を生きられないなら将来の事を考えても無駄です。

 

とにかく今を生きる事に集中しましょう。

 

ちなみに、転職する時はハローワークも良いですが「リクナビNEKT」というサイトに登録すると比較的残業が少ないホワイト企業が沢山あります。

 

そして「DODA」というサイトを使えば、面接や履歴書の指導、そして「あなたがどんな仕事なら輝けるか?」を転職のプロの人が一緒に無料で相談にのってくれます。

リクナビNEXT

 

転職ならDODAエージェントサービス

 

あなたの答えはもう出ているのでは?

 

ここまで書きましたが、あなたの本当にやりたい事はもう決まっているのでは?

 

恐らく、あなたは自分はこうしたいけど、誰かの後押しが欲しいと思ってこうやって検索してきたはずです。

 

仕事を辞めたいと検索したから、仕事を辞める後押しをしてくれるサイトを探していたはずです。

 

私はこうやって文章でしか届ける事が出来ませんが、あなたが転職したいと思っているならそれを全力で応援します。

 

年上の上司に色んな事を言われる事がありますが、それで転職を辞めてはいけません。あなたが本当に苦しいなら辞めてしまえば良いのです。