真面目な人に向いている優しい仕事と向いていない仕事

真面目な人に向いている優しい仕事と向いていない仕事

真面目で優しいと言う人は、日本ではかなりいます。それこそ「真面目で大人しい人」なんていわれ慣れたことばでしょう。

ではそんな真面目で優しいと言われている人はなんの仕事に向いているのか?

今回は向いている仕事、向いていない仕事について書いていきます。

向いている仕事は?

まず最初に向いている仕事は何か?を書きます。

事務職

真面目でコツコツ出来る仕事と言ったら事務職でしょう。

パソコンでお金の計算をしたり、Excelを使ってデーターをまとめたりと主にパソコンを使う仕事になります。

多少のパソコンスキルが必要になりますが、一度覚えてしまったら後は同じ作業の繰り返しになるので、非常に楽が出来るでしょう。

しかも事務職は定時で帰れるところが多く、他の部署が仕事をしているなか、堂々と定時で帰れるので仕事の自由は物凄くきくでしょう。

農家

野菜を育てて売ったり、牛を育てて牛乳を収穫して収益を貰うのが、農家です。

農家の仕事は1人でやる事が多く、野菜に水を上げたり、虫がいないかをチェックする。土が良い状態になっているかの仕事もあるため、1人で作業に没頭できる真面目な人に向いているでしょう。

また、農家の場合は

どうしたら沢山の野菜が収穫できるか?

どうしたらもっと品質が上がるか?

どうしたら捨てる野菜を減らせるか?

などを常に考える必要があり、研究熱心な人に向いている仕事でしょう。

介護職

介護職は基本的に高齢者の人に対してのサービスを行う仕事です。

高齢者の人に優しく接したり、楽しませるためのレクリエーションなどを企画する事もあるので、優しくて真面目な人だと長く務まるでしょう。

商品開発

商品開発とは文字通り、売れる商品を開発する仕事です。

商品開発は市場のトレンドを知っておかないといけません。たとえばお菓子を販売する会社の場合。

今売れているお菓子は何か?

10代に人気のお菓子は何か?

どうすれば10代に人気の出るお菓子を作れるか?

などを考えないといけません。今回は10代で例えましたが、20代でも30代でもやる事は同じです。

商品開発は真面目に情報収集する能力が何より必要なので、コツコツとやれる性格の人なら出来るでしょう。

工場

真面目で優しい人は工場の仕事もかなり向いています。

そもそも今回検索してきた人は、あまり変化のある事をしたくないと思っています。

ようは同じ事をしていたいと思っているので、それだったら工場の仕事で同じ製品を作る仕事が向いているでしょう。

最初は周りの人にスピードにまるでついていけませんが、慣れていくと自分の作業スピードが上がりちゃんとついていけるようになります。

清掃業

真面目で優しい人は清掃業なんてどうですか?

清掃業は基本的に1人でやる事が多く、一度教えて貰ったら後は自分だけでやる事も多く人と関わりたくないと言う人におススメが出来るでしょう。

清掃業のスーパーなどのショッピングモールの掃除をするのが思い浮かびますが、そういった清掃業は女性のパートさんがやる事が多く男性向けの求人はあまりないです。

しかしビルの窓掃除などの仕事は男性が多いため、探してみれば求人もある事でしょう。

向いていない仕事は?

では逆に向いていない仕事は何かを書いていきます。

営業職

まず一番やめた方がいいのが、営業職になります。

まじめで優しいと言われる人は、人と会話する事が苦手なはずです。

営業職は人と会話をして商品を売る事が主な内容で、これを見ている人は相性がよくないと言えるでしょう。

一応メルマガなどを配信して営業するという方法もありますが、それもまた違う技術がいるので難しいと言えるでしょう。

接客業

飲食店などの接客業も真面目で優しい人は辞めた方が良いでしょう。

優しい性格だと接客業に向いてそうですが、優しすぎるのが問題でお客さんにクレームを言われたらまるで自分の事の様に落ち込んでしまうことがあります。

毎回クレームを言われるたびに落ち込んでいたら精神が病んでしまうので、受け流すスキルが必要になります。

そして人を相手にする仕事は、常にトラブルがあります。真面目で優しい人はとっさの判断が苦手で常にトラブルがある接客業にはあまり向かないといえるでしょう。

真面目は万能型

色々書きましたが、真面目な人は心の底から苦手じゃないかぎり意外と仕事は出来るものです。

それこそ最初は、1日3回は怒られる事はあるでしょうけどそれを乗り越えた場合は、普通に仕事が出来るようになるでしょう。

真面目に人の言う事を聞いて、それを実践すれば大半の仕事は割と出来ます。

働きやすさで選ぶのが一番良い

結局何を基準にしたらいいのか?それは働きやすさで選ぶ方が良いでしょう。

よく「自分の好きな事を仕事にしよう」と言いますが自分の好きな事と言ってもよく分からないでしょう。

アプリをやるのが好きと言っても、アプリを開発するのは苦手なはずです。YouTubeを観るのが好きだからと言っても動画を投稿するのは苦手なはずです。

この様に好きを仕事にと言ってもぶっちゃけよく分かりません。

なので、自分が働きやすい環境にいるのが一番良いでしょう。

たとえば残業をしたくないと思ったら、残業なしの所を求人で探せば良いです。給料が高い所が良いと言ったら、求人で給料の高い所を探しましょう。

ちなみにリクルートエージェントというサービスを使えば、転職のプロが1体1であなたの転職を全力で支援してくれるので、興味のある人はぜひ使って欲しいです。

↓↓↓

リクルートエージェントで真面目に向いてる仕事を探す人はこちらから

「いや…そもそも転職エージェントってなんだよ」と思った人は下の記事におすすめの転職エージェントをまとめた記事を書いたので、そちらの方をぜひ見て下さい。

  • 真面目な性格に合う仕事をしたい
  • 真面目以外の長所が分からない
  • 真面目が役に立つ仕事を探したい
  • 楽に転職したい

そんな人にはおすすめですよ。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする