仕事の豆知識

真面目な人に向いている仕事とグットポイント診断の重要性

 

真面目が長所なのは分かっているけど、結局どんな仕事が自分に合っているの?

 

そんな人のために今回は真面目に向いている仕事を紹介していきます。

 

 

図書館の司書

 

図書館の司書は主に中の仕事が多く、本の整理や仕入れ更に小学生の子がよく来るため真面目で子供の相手が好きな人なら向いている仕事でしょう。

 

司書は資格がいる事が多く、ちゃんと勉強しないといけない仕事ですが資格がいる仕事だからこそ一度資格をとれたら職に困る事はあまりありません。

 

 

公務員

 

真面目な人がなれる仕事の代表とも言える仕事です。

 

しかも給料が多く、マニュアル通りに仕事をやれば良いという事もあり毎年大人気の仕事とも言えるでしょう。

 

ただ公務員試験があるためなるには難しい仕事になるともいえるでしょう。

 

プログラマー

 

 

真面目な人が意外となれる仕事がプログラマーです。

 

プログラマーはゲームなどのコードを入力するのが仕事ですが、1文字でも間違えるとエラーが起きるのがプログラムの難しい所です。

 

その為念入りにプログラムをチェックできる真面目な人しか出来ません。

 

最近はスマホアプリの市場が盛り上がっていて、アプリのプログラムの仕事が沢山あるため仕事の需要がグングン伸びています。

 

 

 

工場の生産管理

 

工場では物を作るイメージしかないと思いますが、そんな事もありません。

 

生産管理と言う仕事は工場の機械の点検、生産数が落ちていないか?鉄などの材料はちゃんとあるのか?などをチェックするのが工場管理です。

 

もし機械に異常があれば直しますし、生産数が落ちているなら人員補給、作業効率アップのための工夫をします。

 

生産管理は聞いていると楽そうな仕事と思いますが、機械が直せないと物が作れませんし生産数が落ちているなら間にある様に工夫しないといけません。そして材料の入荷を少なくして生産出来なくなったら大問題になるので、真面目な人じゃないと酷い事になるでしょう。

 

 

食品製造ライン

 

食品工場は真面目じゃないといろんな問題が起こります。例えば最近は食品に異常があるとニュースになるくらい問題になる事が多く、下手な仕事が全く出来ません。

 

もし髪の毛が混入しているとなったら大手の会社なら回収騒ぎになるレベルでしょう。

 

その為真面目な人がやらないと、難しい仕事になっていきました。

 

とにかく異常がないかを確認しながら、食品の製造をしないといけないので真面目な人に向いています。

 

 

車の整備士

 

最近は車離れが進んでいるようですが、日本でもまだまだ需要がありますし、最近では海外に販売している日本企業も多くあります。

 

そして車というのは言い方を悪くしたら、重い機械の塊です。そんなものがもし整備不良で運転していたら人の命は簡単になくなってしまいます。

 

なので整備士は真面目じゃない人には不向きな仕事になるでしょう。

 

確実に異常がないかを確認する仕事で、もし異常があったら直す。単純なようですがチェックミスがあったら運転手が悲惨な事になるので真面目な人向けの仕事と言って良いでしょう。

 

 

機械部品の製造

 

機械部品。つまりエアコンの部品や車の部品などの製造は真面目じゃないと難しいです。

 

機械部品は1㎝でも大きかったり、小さかったりしたら不良品になる大変細かい作業が必要な仕事です。

 

もしミスがあるとその部品が使えなくなり、車を作る工程でお客様に大迷惑がかかるでしょう。

 

1㎝のミスをしない確実な正確さとマメさは真面目な人向きの仕事といって良いでしょう。

 

 

清掃員

 

清掃員の仕事は1人でコツコツとやる事が多いため、1人で真面目に仕事が出来る人向けの仕事と言って良いでしょう。

 

デパートの中やマンションの掃除、病院の掃除など色んなとこで清掃員の仕事がありますが、どれもコツコツとやる事には変わりありません。

 

ただ清掃員は50代以上の女性向けの仕事なため、バイトやパート扱いになる事がほとんどなので正社員としては難しいでしょう。

 

 

特殊清掃員

 

特殊清掃員とは孤独死してなくなった人の掃除をしたり、血まみれになってなくなった人の掃除をする。

 

よく事故物件というのがありますが、事故物件の中ををみてみると綺麗で「誰が掃除してるの?」と思いますが、そういった掃除は全て特殊清掃員がやっています。

 

特殊清掃員は家の臭いを消したり、血痕などを全て掃除しないといけないため大雑把な人より真面目でコツコツやる人の方が向いています。

 

ですが、特殊清掃員は人の死体を扱う為「この世の物とは思えない臭い」がしたり。

 

トイレでなくなった人の場合、便や血痕、うじ虫など「気持ち悪い」と思えるものが全て揃った空間を掃除しないといけないので、よほどの覚悟がないと出来ない仕事でしょう。

 

ただ、そういった特殊な環境のせいで介護や運送業、接客業など人気がないと言われている職種よりも更に人気がなく、ライバルが少ない職種とも言えるでしょう。

 

つまりやる気と根性さえあれば、会話が苦手な人でも良いですしむしろ1人で黙々と掃除が出来る人なら向いています。この世の物とは思えない臭いと戦うはめになりますが。

 

グッドポイント診断をしてみよう

 

もし真面目な俺ってなにが向いているの?と思った場合グッドポイント診断をしてみましょう。

 

グッドポイント診断とは大手の転職サイトリクナビNEXTがやっている無料のサービスで、細かい質問をして自分の性格と適性が分かるサービスです。

 

「適職診断はなんか信じられない」と思いますが、グッドポイント診断はかなり細かい所まで測定できるので参考にはなります。

 

もちろんグッドポイント診断を鵜呑みにしない方が良いですが、それでも「あっこんな仕事があったんだな」と視野が広がる事は間違いないです。

 

無料会員登録で今すぐ初めてみましょう!

↓↓↓↓↓↓↓

グッドポイント