人間関係

真面目がストレスになる真実の原因と癒される対処法まとめ

 

真面目というのは意外にストレスが溜まります。

 

普通の人から見ると真面目な人はいつも穏やかでストレスが溜まっていない様にみえますが、実は内心ではストレスがいつ爆発するか分からないくらいイライラしている事が多いです。

 

そこで今回は真面目な人がストレスになる原因と対処法を書いていきます。

 

 

真面目がストレスになる原因は?

 

まず最初に真面目な人がなぜストレスが溜まるのか?を書いていきます。

 

仕事が無駄にくる

 

真面目な人はとにかく仕事が多いです。真面目な人は上司の期待にこたえたいと思って、全ての仕事を引き受けてしまう事があり、しかも自分の限界以上まで仕事をやろうとする事がよくあるでしょう。

 

しかも残業時間までに間に合わないなら、家で仕事をする事も普通にあるため常に仕事をして休む時がないなら、余計にストレスが溜まってしまいます。

 

断れない

 

真面目な人はとにかく断るのが苦手です。そもそも真面目な人は強く言えない事が多く、本当は断りたいけど断った後に「上司の機嫌が悪くならないかな?」と思って強く言うことが出来ないでしょう。

 

しかも上司の仕事だけではなくて、同僚や後輩の仕事も引き受けることがあり余計に仕事を増やしてしまいます。

 

断れない自分にもイライラするし、仕事を押し付けてくる人たちにもイライラして普通の人の2倍以上ストレスが溜まっていきます。

 

真面目と言われるのがストレス

 

そもそも真面目な人は真面目と言われるのがストレスになっています。

 

真面目な人は「真面目でつまらない人間」と言われる事が一番嫌で、それを言われるとイラッとする事が多いでしょう。

 

自分自身もつまらない人間と思ってる事があり、自覚があり更に言われる事で更にストレスが溜まっていくでしょう。

 

不真面目になりたいと思っている

 

真面目な人は自分が真面目なのを知っていて、それを直したいと思っています。

 

なので常に不真面目になりたいと思っていますが、「俺はあんなことができない」と諦めてしまう事があるでしょう。

 

たとえば上司とため口で話して仲良くなっている不真面目な人をみて、羨ましいと思う反面「あんなことできない」と思う事がよくあります。

 

そして、自分の能力の低さに絶望してストレスが溜まっていきます。

 

不真面目な人をみるとイライラする

 

ですが、今度は逆で不真面目な人をみるとストレスが溜まっていきます。

 

真面目な人はマナー違反やルール違反などが大嫌いで、ルール違反をしている人をみるとイライラしてしまいます。

 

たとえば会社に平気で遅刻する人をみると「なんで平気で遅刻が出来るの?」とイライラしますし。マニュアル通りに仕事をやらない人を見てもイライラしてしまいます。

 

不真面目な人は憧れという意識が強いですが、その逆でみててストレスが溜まっていくのもよくある事でしょう。

 

完璧主義でストレスが溜まる

 

真面目な人はとにかく完璧主義です。

 

書類でも誤字脱字を絶対にしたくないので、チェックは厳重にしますし些細なミス1つでも反省するくらい何事も完璧にこなしたい人です。

 

ですが、完璧主義になると小さなこと1つでも落ち込むことが多くなります。たとえば上司に「この書類の文字間違っている所があるよ」と小さな注意をされても酷く落ち込んでしまう事があります。

 

ミスを反省するのは良いですが、仕事をしていて誰だって小さなミスは1日に1個以上は必ず出ます。

 

そのミスがあるたびに落ち込んでしまうせいで、ストレスが溜まっていきます。

 

休んでもイライラする

 

真面目な人であるあるなのが休日の過ごし方が下手なことです。

 

真面目な人はとくに熱中している趣味がなく、基本的に家から出ない人も多いです。

 

そのせいで休日に何をして良いか分からず、スマホでサイトをみるか2ちゃんを見るかテレビをみるくらいしかやっていません。

 

休日はストレスを減らせれば基本的に何をしても良いですが、真面目な人のダメな所で「俺はなんでこんなに無駄な休日を過ごしたんだろう?」と思ってしまう事があります。

 

完璧主義の性格のせいで、休日の過ごし方でも反省するので日曜日から土曜日までの1週間ずっとストレスが溜まっている状態になるでしょう。

 

でも「仕事はいきたくない」と思っている所もあるのが、真面目な人の特徴です。

 

考えすぎてストレス

 

真面目な人はとにかく考える事が多いです。

 

たとえば上司の「今日はいつもより仕事が遅いな」と何気ない一言でも1時間以上は考えてしまう事があります。

 

真面目な人はとにかく「え?どういうこと?」と一度考えたら止まらないので、人に言われた一言を全て真に受けてしまう事がよくあります。

 

なので、仕事では人と喋ると常に考えて、嫌なきぶんになりストレスが溜まっていきます。

 

 

真面目がストレスになる時の対処法は?

 

では真面目な人のためのストレス解消法を書いていきます。

 

とにかく休む

 

まず、何も考えずに休んでください。「それが出来ないから苦労しているよ!!」と怒ってくるかもしれませんが、よく聞いてください。

 

真面目な人はとにかく休むことに対して罪悪感が強いです。

 

先ほどいった「俺はなんて無駄な休日を過ごしたんだ」というのもそうですが、休日は何をしても自由なわけです。

 

それこそ極端な話、12時間ずっと寝ていても問題がありません。寝る事が一番の休日ならそれでも良いんです。

 

一番いけないのは「なんでこんな無駄な休日を過ごしたんだ」という罪悪感をもつこと。

 

そうするとストレスも沢山たまって、休日のストレスをそのまま月曜日に持っていく事になりますよ。

 

別に無駄でも良いんです。極端な事を言うと

 

ゲームも

映画鑑賞も

ランニングも

ライブに行くのも

 

全て無駄になります。生きるだけだったら趣味なんてなくても良いので、休日にやっている事は別に意味なんてありません。

 

ただ、皆ストレスが溜まっているから楽しい事を見つけて次の仕事をする為の精神的な体力を回復している訳です。

 

なので、あなたもネットを観るならそれでも良いです。2ちゃんを観るならそれでも良いです。Twitterをずっとみているならそれでも良いんです。

 

好きな過ごし方をしてみましょう。

 

仕事をさぼる

 

真面目な人は仕事をさぼると言う事を全く知りません。

 

それはそうですよね?いままで無遅刻無欠勤で仕事をしていたので、サボる事なんて知らないでしょう。

 

ですが長く働くためには時々サボる事も重要になっていきます。

 

たとえば不真面目な人は定期的にずる休みをする人もいます。好きな歌手のライブが平日にあって有給休暇をとれない様な会社なら、てきとうな理由をつけて休む人は実は沢山いますよ。

 

それに仕事をしている時も、定期的にトイレにいって個室でサボったり喫煙所にいってタバコを吸うふりをしてサボる人だって沢山います。

 

あなたはまだ20代、それこそ40年以上は働かないといけないです。その中で常に全力疾走をすると疲れますよ。

 

たまにはサボってしまいましょう。別にサボっても仕事をクビになるわけではありません。

 

もちろん、「休んだら迷惑がかかる」くらい忙しなら無理にサボれとは言いませんが、頭のすみに「サボっても良い」という言葉だけは残してください。

 

サボる事を忘れたら

 

転職という文字が頭の中に消える

逃げたら仕事がないと思い込む

インフルエンザになっても会社に行こうとする

 

など、精神がおかしくなって普通ではありえない行動をします。

 

サボる事は悪い事と言われがちですが、サボらないと仕事は長続きしない事を覚えておきましょう。

 

他人に任せる

 

真面目な人がストレスを抱える原因は、「仕事を1人で抱え込んでしまう」ことが多くあります。

 

確かに自分がやっている仕事は他人に任せたくないと思いますが、人に頼らないといつまで経っても仕事が終わりません。

 

それどころか毎日限界まで残業をして仕事を家に持って帰る人もいるので、全ての時間でストレスが溜まります。

 

確かに人と喋るのは苦手と言うのは分かりますが、人に頼る事を覚えると仕事がグンっと楽になるでしょう。

 

1か月に1回で良いです。人に仕事を任せてみる事を覚える。または仕事を断ってみる練習をしてみましょう。

 

○○でないといけないをやめる

 

真面目な人は○○でないとダメという自分ルールが多いです。

 

たとえば「社会人は正社員以外ありえない」という考えがあると転職をする時に正社員の道しかなくなるでしょう。

 

しかし世の中をみていると正社員以外で働いている人は山ほどあります。

 

派遣社員

契約社員

フリーター

フリーランス

投資家

起業家

YouTube

 

みてください、正社員以外の働き方はこんなにもあります。

 

YouTubeで稼ぐなんて今のネットが発達したからこそできる仕事ですよ。

 

こんなにも働き方があるのに、「正社員以外ありえない」と言っているのは非常に勿体ないと言えるでしょう。

 

この様に自分の常識を外すことで広がる道は沢山あります。

 

もちろんこれは仕事の方法でも同じことが言えて、マニュアル通りではなく自分流の方法を使う事で仕事の効率がよくなります。

 

それに○○でないといけないというルールが多すぎるとストレスが溜まるのも事実でしょう。

 

なので少しずつでいいので、自分の中にあるルールを消して行く事がストレスを無くす方法になります。

 

散歩をする

 

家の中でいるのも良いですが、家の中でゴロゴロしているのが罪悪感になるなら散歩をしましょう。

 

散歩は良いですよ。外の空気を吸うから体調も良くなりますし、外に出ているので「無駄な休日を過ごしてしまった」と言う罪悪感もありません。

 

それに、運動にもなるので健康にも良いです。

 

散歩はランニングと違い服やシューズなどを揃える必要もなく、いまある私服で出来るのでかなり手軽な運動になるでしょう。

 

もし家の中にいて罪悪感があるなら、自分の周りの景色をゆっくりと楽しみながら散歩をしてみましょう。

 

読書をする

 

真面目な人は自分の性格が嫌と言う人がいるので、休日に自己啓発本などを読んで自分の性格を変える努力をしてみましょう。

 

自己啓発本と聞くと怪しいとか胡散臭いなど評判がよくないですが、自分を変えるきっかけにするなら自己啓発本がおすすめです。

 

読んでもすぐ変わる事は無いですが、「こんな考え方もあるんだ」という風に自分の常識を変える事が出来ますので、真面目な性格でストレスが溜まるならまずは真面目を少しでもいいので変える努力をしてみましょう。

 

セミナーにいく

 

真面目でストレスが溜まるなら、セミナーに行って会社以外の知り合いを作ってみてはどうですか?

 

セミナーはお金の知識を知るセミナー、お金を稼げるようにするセミナー、対人関係の悩みをなくすセミナーなど種類が沢山あります。

 

セミナーにいく理由も読書と同じように「自分の考え方を変える」ために行きます。

 

やはり真面目な人は自分ルールを沢山持っていて「○○じゃなきゃダメ」と思い込んでいる事が多いです。

 

ですが、セミナーにいくと沢山の人たちと出会う事が出来ます。

 

専業主婦

大学生

定年になったおじさん

フリーターの青年

 

など自分と全く違った人たちがいるので、その人たちと話す事で自分の固まった考えを簡単に変える事も出来るでしょう。

 

それに外出するだけでストレス発散にもなるので、結果的に仕事のやる気も戻っていきます。

 

マッサージ店にいく

 

ストレスを発散する最高の方法は癒しがあることです。

 

たとえば最近独身の1人暮らしの人が犬や猫を飼う事が多くなっています。

 

テレビでも時々やっていますが、最近はペットブームで犬や猫以外にも亀、インコ、ウサギなど1人暮らしでも飼いやすい動物を育てる事が最近の流行りです。

 

ですが、ペットを飼えというのではありません。ようは癒されればなんでもいいわけです。そこでマッサージ店に行く事をおすすめします。

 

マッサージ店は疲れた体を癒すための最高の場所です。

 

日ごろから歩きっぱなしで足も疲れているでしょうし、パソコン作業をしていると肩もこっていきます。

 

それにスマホを弄りすぎて首が痛くなる人もいるので、そんな人たちはマッサージ店にいくと癒される事が出来るでしょう。

 

マッサージ店は平均で3000円~4000円と安くはないですが、仕事の疲れを癒し「明日も頑張ろう」という意識が生まれるでしょう。

 

まとめ

 

ストレス解消をする為に大事なことは「無駄な休日になった」と思う事をやめることです。

 

前にも言いましたが、休日のストレスが発散出来ないのは休日の過ごし方に罪悪感があることです。

 

なので休日は12時間寝るというのも全然良いですよ。

 

休日はずっとスマホを触っていても良いですよ。

 

休日はずっとアニメを観ても良いですよ。

 

それでも休日の過ごし方に罪悪感があるなら、セミナーにいくなりマッサージ店にいくなり外に出ましょう。

 

そうすると多少罪悪感はなくなっていくでしょう。