真面目な人が比較的多い職業と向いている職業はこれだ!

真面目な人が比較的多い職業と向いている職業はこれだ!

自分の取り柄は真面目なことくらい、ではそんな人はどんな職業に就いたら良いのか悩みますよね?

しかも自分では真面目なことはそこまで長所と思っていないので、どんな仕事に向いているのか?仕事に生かせるのか?すらよく分かりません。

そんな人のために今回は真面目な人が多い職業と、真面目な人に向いている職業を紹介していきます。

真面目な人が多い職業は?

では最初は真面目な人が比較的多い職業を紹介します。

図書館の司書

まず、意外と知らない職業が図書館の司書です。

主に本の管理や整理など図書館に関する仕事をしていて、本が好きと言う人にはかなり人気ですが、本を読むのが大好きと言う人や、人と関わるのが好きと言う人にはおすすめができます。

司書は資料つくりや本の仕入れなど中の仕事が多いため、真面目でコツコツ出来る人が自然と多くなります。

また図書館はとにかく子供が沢山利用するので子供の相手をするのが好きと言う人には、かなり向いている職業です。

ホテルマン

ホテルでの接客や掃除、布団の管理や予約のチェックなどとにかくやる事が多いのがホテルマンの特徴です。

ホテルマンは徹底したマニュアル対応、指示された事がちゃんと出来るか?というのが重要なので真面目で人の指示通りに動ける人がかなり向いています。

公務員

真面目な人が一番多く集まる場所なのが、公務員です。

公務員のやる事はとにかくマニュアル通りに仕事をこなす事なので、目立った事はしてはいけないです。

逆にマニュアル通りにやれる真面目な人が沢山集まるので、公務員は真面目な人が沢山集まってくるでしょう。

生産管理

生産管理とは工場などで材料を仕入れたり、機械の故障チェックをしたり時々生産ラインに混じって仕事をする職業です。

生産管理は仕入れの量を間違えると仕事が出来なくなったり、機械の故障チェックをちゃんとやらないと、途中で機械が壊れて生産が出来なくなったりとにかく真面目でまめに仕事をやる人にかなり向いているでしょう。

薬剤師

薬剤師に限らず医者命に関わる仕事の場合は真面目じゃないと務まりません。

どれだけ正確な知識を持ってどれだけ最適な薬を患者さんに提供するのが仕事なので、責任は重大です。

プログラマー

プログラマーはゲームのコードなどを作る仕事ですが、コードというのは1つ間違えただけで動かなくなります。

たとえばゲームで街を歩く時だって、コードを間違えたら街の壁をすり抜けてしまうバグが発生するでしょう。

たった1文字間違えただけでそんな事がおこるので、真面目でコツコツやり仮にバグが発生したら「どこの文字を間違えた?」と調べる能力が必要です。

なのでプログラマーはコツコツと仕事が出来る真面目な人が多くなります。

真面目な人におすすめの職業は?

ではそんな真面目な人におすすめの職業を紹介していきます。

清掃員

清掃員はマンションやデパートの中の掃除をするのが主な仕事で、基本的にコツコツと1人でやる事が多いです。

清掃員というのはサボるとばれやすい仕事で、カビやほこりなどがあると「あいつは掃除をさぼっている」と思われやすく、真面目な人じゃないと出来ない仕事です。

ですが、清掃員のほとんどは1人作業なので、人と喋りたくないと言う人からは隠れた人気を持っている仕事です。

整備士

次に車の整備士は真面目な人におすすめができます。

車というのは人の命を乗せる機械で、整備になにかあればそのまま事故を起こすことがあります。

たとえばブレーキに異常があったのに、それを発見出来なくてそのまま事故になったら大変です。

なので真面目にやれて、なおかつ仕事で油断しない人が整備士に向いているでしょう。

ライン作業

ライン作業とは工場で製品を作る仕事です。

工場での作業はとにかく同じ事に繰り返しのため、飽きやすいと言う人にはむきません。

1日8時間以上同じ事の繰り返しでも耐えられる人が工場に向いています。

食品製造

工場と内容は似ていますが、食品製造はかなり真面目じゃないといけません。

最近は食料品の事件が多く、虫が一匹みつかったら大騒ぎになる時代です。

なので、食品製造は常に注意をして虫が入っていないか?異物混入をしていないかのチェックが必要になるでしょう。

なので、真面目にやれる人が向いている仕事です。

プログラマー

先ほど言ったプログラマーはやはり真面目な人に向いています。

真面目にコツコツとパソコンにむかって仕事が出来る人なら、かなり良いプログラマーになるでしょう。

「専門知識がない」と言う人もいますが、プログラマーの求人でも未経験OKや学歴不問の会社もあるので、興味がある人は探して働いてみると「給料を貰いながら専門知識を身につける」ことが可能になるでしょう。

ライター

ライターとは記事を書く仕事です。一番身近にあるのが芸能人のネタを書くライターですね。

芸能人の事を書くライターはなんか嫌われそうで嫌だ。と言う人もいますが、ライターといっても種類が沢山あります。

ゲームの記事を書く専門のライターや、健康食品の事を記事にするライターなどこの世に情報がある限りライターの仕事は無限にあるでしょう。

いまではネット記事だけを書くWebライターという仕事もあるので、実は身近にある職業です。

ライターが真面目な人に向いている理由は「どれだけ正確な情報を伝えられるか?」が大切だからです。

芸能人でよくあるのが嘘をネタを書く事ですが、嘘のネタを書いたら当然ですがその人の信頼度は下がります。

あまりにも嘘のネタを沢山書くとネットで有名になり「○○というライターの情報は信じるな」と悪評がすぐに広がります。

逆に正確な記事を書ければ信頼されて、何もしなくても仕事がくるようになるでしょう。

機械部品製造

機械部品、たとえば自動車の部品や掃除機やエアコンなどの家電の部品です。

機械部品というのは非常に繊細で、1ミリ間違えただけで不良品になるくらい実は細かい作業が必要になります。

なので不真面目で仕事が雑な人には出来ない仕事になります。

ですが、真面目でちゃんと製品を正確に作れる人だったら機械部品の製造はかなり向いています。

事務職

事務職はとにかく書類の整理やお金の管理など真面目な人じゃないと出来ない事が多いです。

これはとにかく会社を支えるための裏の仕事ばかりしているせいで、目立つことは全くできないでしょう。

なので人と関わるのがそこまで好きじゃないと言う人や、地味な仕事が好きという真面目な人にはかなり嬉しい仕事になります。

介護職

介護は年々需要が上がっていて、いまの時代では絶対に職に困らない仕事と言われています。

介護職は給料が安い、排便などが汚い、重労働でキツイ仕事と言われて、実は誰もやりたくない仕事になっています。

なので真面目じゃない人だと「こんなに給料が安くてきついなら辞めるわ!」となる人が多いため、真面目で責任感のある人しか介護職はできないでしょう。

グッドポイント診断をしてみよう

色々書きましたが、これは私の読んだ本と友人の聞いた話、そして私の体験談から出た診断なので、あなたに合っていない場合もあります。

ですが、確実に客観的に真面目なあなたに合っている職業を見つける方法があります。

それが「グッドポイント診断」というものです。これは転職サイトのリクナビNEXTがやっているサービスですが、転職サイトの職業診断なのでかなり細かく書かれています。

  • 真面目な俺の適職が分からない
  • そもそも職業の種類が分からない
  • 真面目って役にたつの?

と思った人はぜひ下のリンクからグッドポイント診断を無料で受けてみて下さい!

↓↓↓↓↓

リクナビNEXTのホームページはこちら

まとめ

真面目が嫌だと思っても日本で仕事をする場合は真面目な人が一番得をします。

言い方が悪いですが、日本はとにかく個性を潰すことに定評のある国で、個性を出す不真面目な人はすぐに叩かれる事が多いです、

なので、結局どの会社でも真面目な性格が一番馴染みやすい事がよくあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする