人間関係

真面目をやめたいと思った時に確実に使える現実的な方法

 

真面目は嫌だとか真面目だと得をしないなんて言葉がよくありますが、確かにその通りです。

 

真面目だと損をする事も多いですし、そもそも真面目な人は真面目と言われるのが一番嫌いです。

 

そして真面目な人は悩んでいるでしょう。「なんで俺はこんなにつまらない真面目人間なんだ?」と。

 

そこで今回は真面目な人の特徴とその直し方を紹介していきます。

 

 

真面目の特徴は?

 

まず最初に真面目な人の特徴を書いて、自分がどれだけ真面目かを判断してもらいます。

 

 

仕事を休まない

 

真面目な人の特徴と言えるのが、仕事を全然休まない事です。

 

仕事を休まない事は普通じゃないの?と思いますが、実は真面目な人の休まないは普通じゃありません。

 

まずあるあるなのが、風邪をひいても絶対に休まないことです。たとえ38℃の熱が出て体が痛い、喉が痛いなんて症状が出ても真面目な人は絶対に休みません。

 

それどころかインフルエンザになっても会社に行く人もいるので、驚く事が多すぎます。

 

そして本当にヤバい人は、右手が3時間以上も痺れて、足がおぼつかない状態になっても会社で仕事をしようとします。ちなみに右手が痺れて足がおぼつかないのは脳梗塞の症状でそのまま仕事をしていると確実に死にます。

 

この様に何があっても、絶対に会社に行こうとするので休む事を知らない真面目な人と言う特徴です。

 

ちなみにインフルエンザになったら流石に会社を休みましょう。他の人にうつったら確実に迷惑がかかります(笑)

 

仕事で常に全力

 

真面目な人はとにかく仕事で全力を出します。

 

仕事中には自分の力の90%~100%力を出すのが普通で手の抜く事を知りません。

 

なので、仕事で手を抜いている人をみると許せないですし、サボっている人をみると「あいつはあれで俺と同じ給料を貰っているのか?」と心の中で常に怒っています。

 

仕事で全力なのは良い事に見えますが、実は大事な所で疲れて動けなくなるので上司の評価は動いているわりにはよくない事が多いです。

 

 

つまらない人間と言われる

 

真面目な人間あるあるで恐らく一番イラッとくるのが「君は真面目でつまらない人間だね」と言われる事です。

 

真面目な人間は基本的にユーモアがなく、何をしゃべっても真面目に回答をします。

 

たとえば「彼女はいるの?」と上司から聞かれたら「いえいません。それに今は作る気はないですし、俺はまだ20代なので結婚するには早く、お金も足りないでしょう」

 

とかなり真面目に返してしまう事があります。

 

真面目な人はこの会話で良いかと思いますが、実はこの会話で求めているのはそういった真面目な回答ではなく。

 

「彼女いるの?」

「いや、いないですね」

「欲しい?」

「今は別に考えてないです」

 

くらいの言葉のキャッチボールで良いんですが、真面目な人は正確に情報を伝えようとするせいで、テストの模範解答みたいな会話をしてしまいます。

 

そのせいでつまらない人間、ユーモアがない人間と真面目な人にとって一番して欲しくない評価をされてしまいます。

 

 

真面目は悪口と感じる

 

先ほども言いましたが、真面目な人は真面目と言われるのが大嫌いです。

 

世間では真面目というのは立派な長所と思っていますが、面と向かって真面目と言われると嬉しくはないでしょう。

 

なので、真面目は悪口と認識しています。ですが面接の時は「俺って真面目以外の長所がなくない?」と思い面接で真面目な人間です、と答える事がよくあります。

 

 

世間の評価を気にする

 

真面目な人はとにかく世間の評価を気にする人が多いです。

 

  • 親の目
  • 友人の目
  • 上司の目

 

を常に気にして、しかも中の良い友人たちの会話でも気をつかうため、会話をすると疲れてしまう事が多いです。

 

とくにマナー違反やルール違反を嫌い、電車で化粧をする人や行列の順番抜かしなどをみると人一倍イラッとする事が多いです。

 

ですが、世間の目を気にしすぎるせいで自分のやりたい事を忘れ、自分が子供の頃に好きだったものも忘れます。

 

たとえばゲームが好きだけど、大人になってゲームをしているのは恥ずかしいと思う人も実はいます。

 

「大人になったらもっと大人っぽい趣味をみつけないと」と思って大好きなゲームを封印した。だけど自分が本当に好きだったものを封印したせいで、他の趣味もあまり楽しめないということがまじめな人にはよくあります。

 

完璧主義

 

真面目な人はとにかく完璧主義です。

 

仕事でも誤字脱字を絶対にしてはいけないと思ってチェックを時間をかけてやったり、仕事で好成績をとっても「まだまだ自分は未熟だ」と常に上を目指して頑張るのも完璧主義とも言えます。

 

普通にみると完璧主義は長所に聞こえますが、実はデメリットの方が多いです。

 

たとえば仕事でどれだけ好成績を出しても「自分はまだまだ」と思ってしまうせいで、段々と「俺はなんでこんなに仕事が出来ないんだ」と落ち込んでしまう事があります。

 

完璧主義の完璧というのは実は終わりがなく、何をしても満足しません。

 

たとえば営業成績を会社で一番いい成績をとっても「この会社だから通じた事」と自分を否定したり、たとえ日本一の営業マンと言われても「日本だから通じた事」と自分を否定します。

 

このように完璧主義の完璧は絶対に終わりがないせいで、いつまでたっても自分に自信を持てなくて落ち込むのが真面目な完璧主義です。

 

 

言いたい事がいえない

 

真面目な人はとにかく喧嘩が嫌いです。上司と意見が食い違って仲が悪くなるなら最初から意見を言わない方がいいと考えているので、常に自分の意見を封印しています。

 

なので常に受け身の体制で、やりたくない仕事がきても「やります」と答える為いつも我慢をしている事になるでしょう。

 

 

休日にやる事がない

 

真面目な人は実は休日の過ごし方があまり上手くありません。

 

真面目な人は子供の頃から自分の好きな事を、世間の目を気にして我慢してたせいで大人になってから自分のやりたい事が分からなくなります。

 

なので社会人の休日に何もやる事が無くなる人が多いです。

 

ギリギリでやっているのがYouTubeを観ることと、スマホアプリを少しやることくらい。

 

だから新入社員でよく聞かれる「休日は何をしてるの?」と言う質問に「寝てます」しか答えることしか出来なくなります。

 

 

人に頼らない

 

真面目な人はとにかく人に頼りません。

 

自分で出来る事は自分でやるというのは、真面目な人の思っていることです。普通にみると立派な社会人にみえますが、実は仕事を一番抱えていて、残業する時間が一番長いのも真面目な人の特徴です。

 

断らない

仕事を他の人に任せる

 

と言う事が出来ないせいで、残業しても終わらず自宅で仕事をする事もよくある光景です。

 

冗談が通じない

 

真面目な人はとにかく冗談が通じません。

 

友人の会話でも冗談を言ったつもりが本気の回答をしてくるので、友人はいつも「冗談だよ!」といつも焦ったような口調で答える事が多いでしょう。

 

そして真面目な人が一番言われるのが嫌いな「お前は真面目だな」と言われてイラッとする事がかなり多いです。

 

ノリが悪い

 

真面目な人はとにかく出かけるのが苦手です。

 

真面目な人は仕事の事を考える事が多いため、休日に誘われると「次の仕事に響くからいきたくない」と思ってしまいます。

 

そして友人の誘いを断る事が多いので「ノリが悪い」と言われる事も沢山あります。

 

 

笑顔は得意

 

真面目な人は笑顔だけは得意な事が多いです。

 

笑顔と言っても本心からの笑顔じゃなくて、愛想笑い。つまり営業スマイルなど偽物の笑顔だけは得意な事があります。

 

昔から会話の中で困ったら笑えばなんとかなったという経験があるせいで、困ったらとりあえず笑おうという考えが強いです。

 

実際愛想笑いをすると困った時に切り抜けられる事が多いため、つい使ってしまう事が多いでしょう。

 

やめる為の方法は?

 

さて、では真面目を辞める為にはどんな事をすれば良いのか?を書いていきます。

 

仕事をさぼる

 

まず一番簡単な方法が、仕事をさぼると言う事があります。

 

真面目な人はとにかく仕事をさぼらない事が有名なので、その逆をやれば真面目が消えていくでしょう。

 

仕事をさぼる方法は主に2つあり、1つはずる休みをする事。

 

結局休まないのが一番真面目になっている証拠なので、1か月に1回くらいでいいのでずる休みをしてしまいましょう。私のおすすめが月曜日か金曜日に休んで3連休をとることですね。

 

最初はずる休みをすると罪悪感が凄いですが、5回目あたりになるとまるで作業の様にずる休みが出来るので、真面目と言うのがなくなってくるでしょう。

 

もう1つの方法が会社内でちょくちょく休憩を入れる事です。たとえばトイレにいって個室でスマホを弄るとか、ロッカールームで密かに休むなど会社内でサボっているのがバレない所は沢山あります。

 

仕事で疲れたら休んでしまいましょう。あなたはまだ20代なので時間はたっぷりあります。

 

今疲れ果てて将来働けなくなったらそれが一番困るでしょう。なので真面目をやめるにはまずは仕事でサボる事から始めてみましょう。

 

 

周りの目を気にしない

 

これが一番難しいかもしれませんが、周りの目を気にしないというのが真面目な人に一番やって欲しい事です。

 

真面目な人はあまりにも周りの目を気にして行動をしすぎています。

 

仕事も周りの目を気にする。プライベートも周りの目を気にする、ネットでも周りの目を気にして行動するとなったら精神的に疲れてしまいます。

 

なので周りの目を気にしないためにはまず、あなたのやっている休日の過ごし方を話してみましょう。

 

あなたは休日は「寝てます」と答えているかもしれませんが、本当は違いますよね?

 

ネットでニュースをみたり、アプリをやったりYouTubeをみたりなど本当は色々やっている事が沢山あるはずです。

 

なので本当の事をまず話す事から始めましょう。大丈夫です。確かにYouTubeを観てるというのは恥ずかしいかもしれませんが、意外とそうでもなく「え!俺もみてるよ!なんの動画を観ているの?」とかなり食いつかれる事の方が多いです。

 

いきなり周りの目を気にするなと言われても、確かに無理な話です。なのでこういった小さなことから始めて、周りの目を気にしないトレーニングをしていきましょう。

 

 

読書をする

 

最近は読書離れが進んで、活字を読まない人がいますが読書をする事も大事です。

 

読書で真面目を直すというのは自己啓発本を読むことが一番良いでしょう。

 

自己啓発本は怪しいとか胡散臭いなど評判が悪いですが、読んでみると印象が変わります。

 

簡単に言うと自己啓発本を読むと価値観が変わっていきます。

 

たとえば自己啓発本では「仕事なんて無理と思ったら3か月で辞めていい」なんてことが普通に書かれています。

 

本来仕事は3年は働けと言う教えが普通ですが、自己啓発本を書いている人は普通の人生を送っていない人が多く、今まで学んできた「普通」という言葉が次々に壊れていきます。

 

「仕事なんて3か月で辞めていい」と言っている人でも年収が1000万円を超えている人もいます。それに転職を10回繰り返した人で会社に勤めるのが嫌で社長になったと言う人もいるので、普通ではないヤバい人生を歩いている人が沢山います。

 

実際そんな人生を送って世間で評価されて本を出す事が多いため、読んでいて為になる話ばかりでしょう。

 

真面目な人は「こうしなきゃだめ」とか「これが世間の常識」と価値観がカチカチに固まっている事が多いため、読書をして価値観を変える必要があります。

 

 

セミナーにいく

 

次にセミナーに行ってみるのも良いでしょう。

 

セミナーにいっても勉強する事がないと言う人もいますが、今回の目的は「真面目をやめること」確かに真面目をやめるセミナーはないかもしれませんが、セミナーに行く目的も読書と同じで「価値観を変える」ことが一番大事です。

 

セミナーに行くと先ほど言ったように「3か月で会社を辞めていい」と破天荒な事を言う人たちと生で会う事が出来ます。

 

結局本を読むのと生で人に会うのでは影響力が5倍以上は違ってくるでしょう。それくらいインパクトが強いので、真面目をやめたいと思うならセミナーにいくのが良いでしょう。

 

セミナーに行くと「これを機に人生が変わった」と言う人も実は多く、1回だけのセミナーでまるで別人のように性格を変える事も可能です。

 

 

プライドを捨てる

 

難しい話ですが、真面目をやめたいならプライドを捨てる事も重要になります。

 

結局真面目な人がなんで苦しんでいるのか?と聞かれたら「プライドが高すぎる」せいだと言えるでしょう。

 

  • 人に頼らない
  • 人と喋らない
  • 周りの目を気にする

 

といった行動は全てプライドが高いせいで、起きています。

 

プライドがない人は上司に平気でため口を使いますし、下手をすれば社長と気軽に話している人も存在しています。

 

これは周りの目を気にしないから出来る行動で、プライドが低いと大胆な行動が沢山できるでしょう。

 

ではどうすればプライドをなくせるか?それは先ほど逆の行動をすれば良いだけです。

 

  • 人に頼る
  • 人と喋る
  • 失敗を恥ずかしがらない

 

とは言っても「そんなこと言われても無理だよ」と思う人がいます。そういう人はまず「人に頼る」ことだけを覚えてみましょう。

 

プライドを捨てるとは結局人に何を言われても気にしない事です。その為にはまず人と多く喋る事が必須になります。

 

ですが、いきなり人と雑談しろと言われてもそれは難しいはず。

 

なら仕事上で会話をするくらいなら出来るはずです。なので多くの仕事があったら誰でも良いです。喋りやすい人に話しかけて仕事を少しだけお願いしてみましょう。

 

 

嫌われる勇気をもつ

 

最近隠れて流行っている言葉があります。それが「嫌われる勇気」と言う言葉です。

 

この言葉は簡単に言うと自己啓発本で100万部の売り上げをだした本「嫌われる勇気」というタイトルの本から流行った言葉ですが、真面目を直すには嫌われる勇気が必要です。

 

真面目な人はとにかく人に嫌われない様に行動する事が多いです。

 

とにかく嫌われないように、とにかく争わないように他人の事を考えて行動する為、真面目な性格が生まれていきます。

 

なので少しでもいいので「自分の意見」を言えるようになると真面目が消えていくでしょう。

 

不真面目な人をよくみてると分かりますが、とにかく自分の意見を出している人が不真面目な人の特徴です。

 

ですが、これも明日から自分の意見をとにかく言えなんて事は出来ないですから、1日1個で良いです。

 

それだけで良いので何か反対意見があったら「いえ、俺の意見はこうです」と主張する様にしてみましょう。

 

少しずつ変わっていく事であなたの嫌いな真面目な部分は消えていくでしょう。

 

まとめ

 

色々書いたせいで、何が大切か分からないと思うので大事な事だけまとめていきます。

 

  • 仕事をさぼる
  • セミナーに行く
  • プライドを捨てる

の3つが特に大切なので覚えておいてください。

 

この方法は即効性の効果がありませんが、実践する事で確実にあなたの真面目がなくなっていきます。

 

途中で忘れる事もあるでしょうけど、そういった場合はまたこのサイトに遊びに来てください。この記事はずっと残っていますし、仕事で役に立つ情報も沢山置いてあるので役にたちますよ。