仕事のマインド

真面目な人の思わず「あるある!」と言いたくなる21個の特徴

 

真面目と言われる人がいますが、結局真面目な人の性格の細かい所までは知りません。

 

今回は日本でよくいる真面目な人の特徴を書いていきます。

 

断れない

 

真面目な人はとにかく断るのが苦手です。

 

断れない理由は単純に嫌われたくないとか、仲良くしたいなどそう言った理由で断れない人が多いでしょう。

 

友人、同僚、上司など立場に関係なく断れない場合があります。

 

たとえば友人の場合は「遊びにいこうぜ」と言われる。言われると本当は家でゆっくりしたいけど断って2度と誘われなくなるのが嫌だから一緒に遊びに行きます。

 

同僚の場合も同じで、「飲みにいこう」と言われて、本当は嫌だけど職場の人と中が悪くなったら仕事がやりにくいと思い、行きたくないと思っても結局飲み会にいってしまいます。

 

上司も同僚と同じで、飲み会の誘いが断れない。または「この仕事を頼んだ」と言われても断れないのも特徴的と言えます。

 

嫌われたくないと思う

 

真面目な人は常に世間の目を気にして生きています。

 

特に嫌われたくないと思う感情が強く、自分の行動1つ1つに注意をしてなるべき自分の意見を出さないようにする努力をしています。

 

上司が「若いから彼女欲しくない?」と聞かれて本当は女性に全く興味がないけど「そうですね、欲しいです!」と完璧な嘘をつくのが特徴的でしょう。

 

この様に相手に嫌われたくないから、相手の意見にてきとうに合わせてしまうのが真面目な人の特徴ともいえます。

 

 

人に頼らない

 

真面目な人はとにかく人に頼らない事が多いでしょう。

 

真面目な人は「自分で出来る仕事は自分でやらないと」という考えがあります。確かに1人で出来る限りやると言う事も重要ですが、真面目な人はギリギリまで追い込んでしまうこともあるので、危険もあります。

 

「仕事の納期が間に合わない、じゃあ残業すればいいか」と考えて会社でギリギリまで残業する。それでも間に合わない場合は家に仕事を持ち帰ってやる。

 

とにかく人に頼らず、自分1人の力でやろうとするせいで疲れ果ててしまうのも真面目な人の特徴です。

 

 

マニュアルをとにかく大事にする

 

真面目な人はとにかくマニュアルを大事にする事が多いでしょう。マニュアルがあったらその通りにやり、マニュアル以外の想定外の事が起きたら「すいません、それは上司に聞いてください」と対応が出来ない事も多いです。

 

マニュアルを大事にするのは良いですが、マニュアルばかりに頼っていると先ほどのように想定外の対処が出来なくなるうえに、結果的に仕事が遅くなってしまいます。

 

マニュアルを全体的に覚えて来たら、今度は自分がやりやすいように仕事のやり方を変えないといけません。

 

それこそ自分専用のマニュアルを作れるくらい仕事に詳しくないと、本当に仕事が出来たという事はできないでしょう。

 

考えすぎてしまう

 

真面目な人はつい考えすぎる癖があります。

 

例えば転職を考えた時も

 

  • 内定が貰えなかったらどうしよう?
  • 貯金がなくなったらどうしよう?
  • 前より人間関係が酷かったらどうしよう?
  • 仕事が出来なかったらどうしよう?

 

など転職を考えるだけでもここまで色んな事を考えてしまいます。

 

確かに転職は重要な事で考える事も多いですが、結局行動しないと嫌な会社から出ることはできないので、行動が早い方が実は良い時もあります。

 

ちなみに転職じゃなくても小さい事でも色んな事を考えます。たとえばお昼何を食べようと悩んでいると。

 

  • 安い所?
  • 近い所?
  • 健康に良いお店?
  • 手軽に食べれる所?
  • ガッツリ食べれる所?
  • よく行くお店?
  • 新規開拓をする?

 

など色んな事をつい考えすぎてしまう事があるでしょう。

 

プレッシャーに弱い

 

真面目な人は想定外のピンチに弱く、全体的にプレッシャーに弱い事が多いです。

 

  • 人前に出ると緊張する
  • 苦手な人の前だと緊張する
  • 家電量販店で店員を呼べない

 

など色んな所でプレッシャーに弱いのが特徴的です。

 

そしてプレッシャーに弱いとお腹が痛くなる人も多く、真面目な人は胃腸の調子が悪くなる事も多いでしょう。

 

人の悪口を言わない

 

真面目な人はとにかく人の悪口を言ってはダメと思う人が多いです。

 

たとえば女性でよくある人の悪口大会。

 

  • ○○さんが嫌だ
  • ○○さんの能力は低い
  • ○○さんはアホだ

 

など女性社員の昼休みはこのように悪口大会が始まります。

 

しかし真面目な人は人の悪口を言わないどころか、人の悪口を聞くのも嫌な為、こういった会話が聞こえてくると胸がキューッと締め付けられる苦しみを味わう事になるでしょう。

 

ですが、人に合わせる性格のせいか「○○さんって性格悪くない?」と聞かれたら「そうですね」と本当は何とも思っていないけど、同意するのが真面目な人の性格です。

 

ピュアな人が多い

 

真面目な人はとにかくピュアな人が多いです。

 

大半の事はなんでも信じてしまい、「いつか詐欺にあうんじゃないのか?」と心配するくらい人を疑いません。

 

○○でないとダメというルールが強い

 

真面目な人はとにかく○○でないとダメというルールが強すぎます。

 

たとえば電車内で化粧はしたらダメと思っていると、電車内で実際に化粧をしている人をみるとイライラが止まりません。

 

  • なんてマナー違反な人なの?
  • 常識は大丈夫なの?
  • よくあんなことできるね?

 

と口では言わないですけど、とにかく常識を破っている人をみるとイライラ、不安など精神的に不安定になっていくでしょう。

 

これは仕事でも同じ事が言えて、たとえば仕事中は私語厳禁と思っていると作業をしている時に話しかけられると不安になってきます。

 

しごとの場合はイライラではなく「上司から怒られるのではないか?」という強い不安の方があります。

 

この様に常識外れの事を極端に嫌うのが真面目な人の特徴になります。

 

仕事が細かすぎる

 

真面目な人はとにかく仕事が細かすぎます。

 

たとえば、企画書を出す時もグラフを綺麗に出して、データーを集めて根拠をしっかりして企画書を書いていく。

 

ですが、企画書の本来の目的は「売れそうな商品のアイディア」などをだすことなので綺麗な企画書だけでは意味がありません。

 

ですが真面目な人は仕事をとにかく100%でやろうとするせいで、本質的な部分が抜けている事が多いでしょう。

 

真面目な人が何故か仕事が出来ない事が多いのは、この様に本質的な部分が抜けている事が多いからです。

 

上司に怒られると凹む

 

真面目な人はメンタルが弱い人が多く、上司に怒られると凹んでしまうのが特徴的です。

 

上司に怒られて凹むのだったら誰でもありそうな感じはしますが、真面目な人は1度怒らると1日中凹んだり、下手をすると3日以上は凹むことだって普通にあります。

 

真面目な人は1つのミスにとにかくこだわり、次は同じミスをしないぞと思うより「あんなミスをする俺は最悪だ」とも思う様になるでしょう。

 

 

他人に優しい

 

真面目な人はとにかく他人に優しいです。困っていたら自分より優先的に他人を助けますし。周りをよくみているので気が利く人が多いです。

 

しかし優しすぎて先ほど言ったように他人の頼みを断れない事が多く、人の仕事をドンドン引き受けてしまう癖があります。

 

とにかく自分より他人優先で動くのが優しい真面目な人の特徴といえます。

 

時間をきっちり守る

 

真面目な人はとにかく時間を守る事を大事にします。

 

仕事の時間も何回も何十回も確認して、遅刻だけはしない様にしていますし、親しい友人との約束でも15分前に来ることは普通にあります。

 

しかし裏を返すと、とにかく遅刻すると人に迷惑をかけるのが嫌で、時間をきっちり守るとも言えるでしょう。

 

その為約束の時間の30分前に到着している事もよくある事です。

 

心の中では文句だらけ

 

真面目な人は口に出さないので文句がないと思っている人が多いですが、実は心の中は他人に対して不満だらけになっています。

 

上司に仕事のやり方が嫌だったり、口が悪い人と話すのも嫌いますし、電車内で化粧をするなどマナー違反をする人を特に嫌います。

 

表面上はニコニコしていますが、実は中身はそうとうどす黒い物が溜まっているの人が多いです。

 

なので、時々いる普段は怒らない温厚な人が突然キレるというのは、普段から不満が溜まった結果爆発すると暴れる様に怒ってしまうのです。

 

手の抜き方をしらない

 

真面目な人はとにかく手の抜き方を知りません。

 

常に仕事で100%の力を出すのが特徴的で、普通にみれば良い事に思えますがそれが意外とダメな部分が多いです。

 

まず常に100%で仕事をしていると確実に疲れます。仕事はマラソンの様なもので、ペースを考えながらやるものですが、短距離走の様に朝から全力で走ると後半は疲れて動けなくなります。

 

簡単な書類整理でさえ全力でやるのでいざという時に力を出せないのが特徴的です。

 

真面目な人がうつ病になりやすいと言われていますが、原因の1つに手の抜き方をしらない事が多いでしょう。

 

手の抜き方を知っている人は、大事な仕事だけをやって後は遊んだり、ずる休みをして会社を休んだりと仕事が長続きする様に工夫をしています。

 

実は話を聞いてない

 

真面目な人は真剣に話を聞いている様にみえますが、実は話を全然聞いていない事が多いです。

 

話を聞いてないと言うより、話を理解していない事の方が多いです。

 

真面目な人は人に質問するのが苦手で、変な事を聞いて怒られるのが嫌だから質問をしません。

 

だから話が長くて「質問はあるか?」と聞かれても(分からない事があるけど、質問するのも嫌だからまあ良いか)と心のなかで思って結局仕事の内容が分からなくなってしまいます。

 

話を聞いているようで全く聞いていないのが真面目な人の特徴です。

 

風邪をひいても休まない

 

真面目な人の多いのが風邪をひいても絶対に休まないのが特徴的と言えるでしょう。

 

本来風邪をひいたら休まないといけないですが、「俺が休んだら他の人に迷惑がかかる」と思う人が沢山います。

 

とはいっても実際風邪をひいて会社にきて、その風邪が他人にうつる方が確実に迷惑でしょう。

 

風邪をひいてくる場合はある意味、ずる休みするよりたちが悪く実は迷惑な事だということを覚えた方が良いです。

 

上司の人が風邪をひいても会社にくることがありますが、あれを真似しても迷惑がかかるだけなのでやめた方が良いです。

 

インフルエンザでも休まない

 

真面目すぎる人はインフルエンザでも会社に行こうとする人がいます。

 

信じられないかもしれませんが、あまりにも真面目で会社に迷惑をかけたくないと思っている人はインフルエンザで体がボロボロになってでも働こうとする人がいるのが日本です。

 

もう1度いいますが、体調が悪かったら会社を休まないと他の人に迷惑がかかります。

 

風邪がうつっても迷惑ですし、インフルエンザになって10人以上にうつって会社が機能しなくなる方が迷惑がかかるでしょう。

 

真面目な人はとにかく仕事はしないといけない、と思っている事も多く時々凄い事をやってしまいます。

 

手が痺れても休まない

 

手が痺れると聞くと、あまり重症ではない事がありますが、とんでもないです。

 

確かに変な体制で寝たせいで片手が痺れるというのはよくありますが、1時間以上も手が痺れている場合は「脳梗塞」になっている危険があります。

 

20代で脳梗塞になるの?と思いますが、あまりにもストレスを抱え込むと20代でも脳梗塞になる事は普通にあります。

 

脳梗塞は手の痺れや足が動かない、指で物がつかめなくなるという、体に明らかな異常が発生します。

 

ですが真面目な人はとりあえず仕事だけはいこうと思って、明らかに体に異常が出ているのに会社にいこうとするので、これも危険といえるでしょう。

 

風邪もインフルエンザのときもそうですが、真面目すぎるせいでどれだけ体がボロボロになっても働いてしまうのが、日本人によくいる真面目な人の特徴です。

 

人に合わせる

 

真面目な人はとにかく人と意見が違う事を恐れています。恐れる理由は大きく言うと争いたくないからです。

 

真面目な人はとにかく喧嘩もしたくなく、人に嫌われたくないと思っている所もあるため、喧嘩するくらいなら人に合わせた方が良いとも思ってしまいます。

 

そのせいで、意見を求められても同意するだけで自分の意見を一切言わないのが特徴的とも言えるでしょう。

 

時間をかければ何とかなると思う

 

真面目な人は、仕事で人に頼らない、しかも断る事が出来ない為仕事がドンドン溜まっていきます。

 

本来なら誰かに手伝ってもらうのが一番良いですが、真面目な人は責任感が非常に高いため引き受けた仕事は全て1人でやろうとします。

 

だから間に合わない場合はとにかく時間をかければ何となると思って、残業時間を増やしていきます。

 

しかも会社内で終わらない仕事は家に帰ってやるせいで、常に仕事に追われる状態になっていくでしょう。

 

しかし時間をかけても集中力が全くもたないため、結局仕事が終わらないというのも真面目な人の特徴です。

 

真面目と言われるのが嫌

 

真面目な人は真面目と言われるのが凄い嫌いです。

 

理由は真面目=つまらない人間という認識があるからです。

 

よく言われるのが「お前は真面目な人間だなー」と会社で言われますがその言葉は実は真面目な人間にとっては一番言われたくない言葉です。

 

ですが、表面上は「真面目ってよく言われます」とニコニコしながら答えていますが内心では「いやだなー、真面目って言われるの嫌いなんだよな」と心の中で落ち込んでいます。

 

 

まとめ

 

真面目と言われても色々ありますが、今回は日本人で一番多いだろうと言う真面目な性格を書いていきました。

 

確かに仕事で真面目なのが良い事ですが、実は心の中では真面目な自分が大嫌いと思っている人も多く、良い事ばかりではないでしょう。