転職の時にスキルがないと思った時の簡単な対策

転職の時にスキルがないと思った時の簡単な対策

転職したいけど自分にはスキルがない!!といま悩んでいる人がいます。確かに転職する時は何かしらのスキルがあると有利ですが、実際はそんな事もありません。

20代後半の人でもスキルがなくても転職する方法はいくらでもあります。そこで今回はスキルがないと思っている人のためにスキルがなくても転職するコツを書いていきます。

何を言われてもムッとしない

面接官は時々意地悪な人がいます。「転職回数が多いね?」とか「なんでこの歳で仕事を辞めたのか?」とか聞いて欲しい事をドンドン聞いてきます。

時々「なんだこのおっさん!」と思う事もありますが、ここで怒ってはいけません。確かにうざいと思うかもしれませんが、ここで怒ったら面接は落ちてしまいます。

ここで、どれだけ大人の対応が出来るかが面接を通るコツです。なので「このおっさんの心は子供みたいだな」と心の中で毒を吐いて大人の対応をしていきましょう。

前向きな姿勢

どんな状態でも常に前向きな姿勢を忘れてはいけません。

結局会社も明るい人と暗い人どちらを採用するか?と聞かれたら明るい人を欲しがるものです。

なので、苦しいかもしれません、本当は暗めの性格なのにいきなり明るく振る舞うのは気持ち悪いかもしれませんが、面接が通るまででいいので前向きな性格になってみましょう。

そうすると面白いくらいあっさりと内定が貰えますよ。

前の職場の経験を生かす

スキルがない人は「前の仕事の経験を話してもダメそう」と思う事がありますが、全くそうではありません。

たとえば今回は工場勤務の仕事で面接をするけど、前回は営業の仕事をしていたとなったら、「前の営業の仕事でコミュニケーション能力が高いため、仕事を早く覚える事が出来ます」と答える事が出来るでしょう。

そして前職は工場勤務で今回は事務仕事の場合も「前の仕事はコツコツと製品を作る仕事だったので、今回の事務仕事もコツコツとやる事が出来ます」と十分アピールになります。

一度前の仕事を思い出して下さい。なんの仕事をしていましたか?その仕事で一番使った能力はなんですか?

コミュニケーション能力?コツコツとやる精神力?革新的なアイディア?など書ける事は色々あるでしょう。

スキルがなくても働きたいという熱い思いをぶつける

スキルがなくても、経験がなくてもとにかくその会社で働きたいと言う熱い思いをぶつけてみましょう。

やはりどんな中小企業でも大企業でも「ここで働きたい」という思いをぶつけられたら、どんなにスキルがない人でも採用したくなります。

結局スキルがあっても、やる仕事は違うのでいちから育てる必要もあるでしょう。だったらより長続きしそうな人を雇った方が会社としてはありがたいです。

なので、スキルがないというなら面接に行く会社のことを徹底的に調べて、面接の時にライバルと差がつくようにしてみましょう。

「え?こんなスキル役にたつの?」と思う事が役にたつスキル

恐らくスキルがないと思っている人は自分のしている「当たり前」と思っている事を長所としてみていません。

たとえばプラモデルが趣味の人は細かく、繊細な作業が得意ですが、プラモデル作りに慣れていると「細かく作業するのは当たり前」と思ってしまいます。しかし普通の人からするとプラモデルは「めんどくさそう」とか「パーツが多すぎて完成する前にやめそう」という意見が多いです。

なので、いまあなたがやっている趣味でも良いので当たり前と思っている事を客観的にみて「これって普通じゃないよな?」と言う事を探して見る事をおすすめします。

そうすると自分の強みがよく分かります。

未経験OKを探す

これは大事な事ですが、求人の時に未経験OKと書いてある所を探しましょう。

「え?それって当たり前じゃないの?」と答えるかもしれませんが、よく間違えるのが「経験者優遇」という所に応募する事です。

経験者優遇と書いてあると「未経験でも出来るだろう」と思います。確かに未経験でも内定は貰えますが、7人が面接を受け1人でも経験者がいたら一瞬でその人に内定が決まります。

なので、求人は未経験でも良いのか?をとにかく探せばスキルがないと悩んでいても、内定を確実に貰う事が出来ます。

資格はいらない

よく「仕事をするならなにか資格がいるのでは?」と思ってしまいますが、別に資格はいりません。

確かに資格があると有利かもしれませんが、その資格が会社の仕事に役にたたないなら全く評価されません。

たとえば事務職なのに「危険物取扱者甲種」というガソリンスタンドの給料が上がる資格を持っていても意味が全くありません。

人事の人が気になる資格は、その仕事に役に立つ資格か有名な資格、たとえば英検1級や漢字検定1級など「あの資格を持っているの!」と驚くような資格です。

ですが、ここでも注意が必要でたとえば税理士の資格を持っていた場合「なんでこの仕事にきたの?」と疑問に思われる場合があります。

この様に、資格を持っていても「あ、そうなの」と思われる資格と「なんでここにきたの?」と思われる資格があるので、資格を強みに生かすのは非常に難しいです。

なので、無理して資格をとる必要もないといえるでしょう。

グットポイント診断で強みを探す

リクナビNEKTという転職サイトに登録すると「グットポイント診断」という自分の強みがわかる診断があります。

まあ、ネットの診断なので信ぴょう性が怪しいと思われますが、それでも「どんな仕事が自分に向いているか?」と目印にする事が出来ます。

内容は細かい質問に答えていき、それで結果を出すと言うシンプルな仕組みです。

リクナビNEKTの登録もグットポイント診断もどちらも無料で、しかも今からすぐに出来るのでスキルがないから転職出来ないと悩んでいる人はぜひ使ってみて下さい。

グッドポイント

転職エージェントを使う

グットポイント診断は手軽に出来るから良いですが、やはり機械的な所もあるので「本当に合っているの?」と疑問に思います。

そんな人は転職エージェントというサービスを使ってみましょう。

転職エージェントは就活のプロの人があなたに最適な求人を紹介すると言うサービスです。

求人を紹介するだけではなく。

面接の指導

履歴書の訂正

あなたがどんな強みを持っているか?

なども全て教えてくれます。やはり客観性にみる事が一番大事なので、スキルがないと思っている人にとっては最適なサービスです。

ちなみに転職エージェントは「DODA」というサイトが大手で、求人も全国各地の物があるので「東京限定」と言う事は一切ありません。

無料で登録すれば今からでも使う事が出来ます。もちろん求人紹介や面接指導など全てのサービスが無料で使えます。

「スキルがない」と迷っている人はぜひ使ってみて下さい。

転職ならDODAエージェントサービス

スキルがいらない所は沢山ある

スキルがないと言いますが、スキルがなくても入れる会社は沢山あります。

それこそ「育てるから新人さんはドンドンおいで」という会社も沢山あるので、焦る必要はありません。

スキルがないと思っていますが、こうやって検索して「どうすれば良いんだ」と向上心があるだけで充分スキルはありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする