派遣のスキル不足で辞めるべきでない理由

派遣のスキル不足で辞めるべきでない理由

派遣先の会社で、あまりにも自分が出来なくて「申し訳ない」と感じている人がいます。

それは仕事が初めてだったり、未経験OKと書いてある会社なのに上司が「こんな事も出来ないのか?」と焦られてくるのが問題になっています。

仕事が遅くミスばかりで正直「会社を辞めたい」と思っていると思いますが、一度待ってください。

確かに辛いかもしれませんが、辞めるにはまだ早いです。

辞めるべきではない理由

派遣社員は辞めると派遣会社の信用問題になってきます。

たとえば会社を1か月でやめたひとに対して「この人に次の仕事を紹介しても良いのか?」と派遣会社の人も慎重に求人を探すようになります。

確かに、変な仕事を紹介した派遣会社も悪いですが、あまり早く辞めると次の仕事が紹介されにくいとだけ覚えときましょう。

次に、焦らせてくる会社も悪いです。なぜなら派遣社員に求められているのが「即戦力」となる人材だからです。

会社の方も未経験の仕事をやらせていきなり出来るはずがないのに、派遣社員には「派遣だから何でもできるだろ」と訳がわからない考えをしているものです。

なので、そういった考えを持つ会社は逆に利用するくらいで丁度いいです。

むしろ、辞めるギリギリまで利用するくらいの気持ちでいましょう。

派遣社員は雑に扱われやすい

多くの会社であるあるなのが、派遣社員は雑に扱われやすい特徴があります。

やはりずっといる確率がある正社員より、派遣社員は3か月ごとに契約更新があるので「こいつはすぐ辞める」と無意識で思われています。

優秀な人でもそうでない人でも、簡単に辞められるという意識があるせいで、雑に扱われやすい事があります。

なので、会社も即戦力を求めますし、「なんでこの仕事ができないの?」と嫌味を言われる事があります。

もちろん派遣社員を大事にする会社も沢山ありますが、人の出入りが激しい所では派遣社員どころか正社員も使い捨てのようにするので、あなたは気にする必要がありません。

むしろ使い捨てにされるくらいなら「この会社でギリギリまでいて、事務仕事の経験を増やして次の仕事でいかしてやろう」と図々しく思うくらいがちょうどいいです。

事務仕事なら3か月もすれば形にはなる

確かに、未経験の事務仕事などは本当に苦戦します。慣れればどうってことはない作業が多いですが、未経験からすると何もかもが覚える事だらけで上手くいくはずがありません。

ですがどんな仕事でも3か月もすればそれっぽく形にはなります。

事務仕事ならExcelの使い方はなんとなくは分かってきますし、工場で機械操作をする場合もとりあえず動かせるようにはなります。

3か月以上たっているけど、いまだに慣れないよと言う人は最初の頃と比べてみて下さい。会社に入ったばかりの頃よりは全然動けるようにはなっていませんか?

あなたは自己評価が低い所があるので、最初の頃と比べても「やっぱり変わっていないよ」ともいうかもしれませんが、実際は全然仕事が出来る様になっています。

確かに思った以上に仕事が出来なくて焦るかもしれませんが、ゆっくりで良いです。そして会社も即戦力を求めているけど、それは気にしてはいけません。

先ほども言いましたが、派遣でも正社員でも未経験で即戦力を求める会社もおかしいですから。

会社が即戦力を求める理由

ではなぜ会社は即戦力を求めるのでしょうか?それは簡単です。会社もお金がなくて余裕がないという理由だからです。

最近は不況で大企業も中小企業も零細企業も全ての会社でお金がありません。給料がアップしたとは聞きますが、それは消費税が上がった分だけ給料を上げているだけなので、実際には全く給料は上がっていません。

お金がない企業の特徴は人材を育てる余裕が全くないということです。

普通お金がない=仕事がないと思いがちですが実はその逆なんです。

お金がない=安く大量に仕事を貰っている。というのが正しい考えです。

たとえば製品を100個作ると1万円の利益があるとしましょう。儲かっている頃は1万円の利益が出ていましたが、不況のせいで製品を一番多く買ってくれる会社が「この製品の値段を半分にしてくれ」と頼まれます。

そうすると100個作っても5000円の利益しか出ません。

つまり今までのやり方で製品を作ったら全ての利益が半分になって、会社は赤字になります。ではどうすれば良いのか?それは単純に製品を作る数を増やせば良いのです。

いままで100個売って黒字だったのが赤字になる。じゃあ違うお客さんを探して大量に買って貰おうとする。

その製品で黒字にするには200個売らないといけないので、単純に利益は上がらないけど仕事量だけは増えると言う事。

つまり忙しそうにしている会社は、儲かっているのではなく沢山売らないと黒字にならないから忙しくなっているのです。

そして仕事が忙しいと新人に仕事を教えてくれる人がいません。みんな自分の仕事に必死なので誰も教えてはくれません。

そして会社が出した結論が「そうだ即戦力の子を求めれば良いんだ」と考えて求人に即戦力を求める事があります。そして即戦力を求めるとは書いていなくても、会社の雰囲気が「忙しいから自分で仕事を覚えてはやく戦力になれ」という圧力があります。

ですが即戦力を求めているわりには、給料が低かったり残業代が出なかったりと酷い環境の職場しかないので、優秀な人材が集まらないということもあるでしょう。

これが会社が即戦力を求める理由の1つです。もちろん給料もよく、残業もない所で即戦力を求めている会社もありますが、そういった会社は人気が高く中々出会えないでしょう。

あまりにも人間関係が酷いなら派遣会社に相談

上司が「お前は役に立たない」とか「これだから派遣社員はダメだな」など嫌味や暴言などを言ってくる所なら今すぐに辞めた方が良いです。

先ほどは3か月は待てと言いましたが、それは仕事が出来ない場合のみ。人間関係が悪かったら精神的ストレスが酷くうつ病になる確率もあるので、そんな会社は今すぐに辞めてしまいましょう。

「派遣先の人に悪い」と思いますが、派遣会社は探せば沢山ありますし、外に出て看板広告をみれば結構派遣会社の広告があるので、実は職場は沢山あります。

もちろん一度派遣会社に相談した方が良いですが、「あの上司と一緒に仕事をすると吐き気がする」レベルまでになったら即辞める。

そして次の職場を探す方があなたの将来の為に良いですよ。

仕事をはやく覚える為には?

そんな事言っても仕事は辞めたくない、もう少し頑張りたいと言う人もいるのでここからは簡単に出来る仕事を早く覚えるコツを紹介していきます。

メモをとる

まず一番簡単なのがメモをとることです。仕事でメモをとる暇がないという理由で、メモを全くしない人がいますが、それでは仕事を早く覚えられません。

確かに忙しいなかでメモをとるのは難しく感じるかもしれませんが、メモ帳をポケットの中に入れて仕事のやり方を教えて貰ったらすぐにメモをとる。

それくらいをしないと仕事は早く覚えられません。

それにメモをとると仕事のやり方を忘れた時にいちいち上司に聞かなくても良いです。あなたは上司に質問するのが気まずいと思っているはずです。

なら余計にメモをとった方が良いです。

少し早く会社にいく

仕事を早く覚える為には、普通に出社するだけでは覚えが遅くなります。ではどうすればいいのか?それがいつもより1時間早く会社に行く事です。

早めに会社にいって、自分のパソコンを開いて作業してみるとか、昨日の仕事のやり方を復習してみるなど、就業時間じゃないと出来ない事は山ほどあります。

それに仕事が始まっていないので、焦る事もありません。そして朝早く行っても課長や部長など立場が上の人ならいる場合もあります。

なので、聞きやすい人が会社にいるなら積極的に仕事の事を聞いて見ましょう。

これも喋りづらいかもしれません。しかし仕事中に聞くより落ち着いて答えてくれますよ。

本を買って休日に勉強する

今はネットがあるので、Excelなどの事務処理のコツは全て書いてある事でしょう。

確かにネットの情報だけでも仕事の上達はしますが、それでは頭に入りません。

あなたはネットの情報をどれくらい覚えていますか?恐らくあなたが覚えているのは「新作アプリの情報」や「芸能界の一番大きく取り上げられているニュース」「スポーツで○○選手が金メダルをとった」などの情報だけはないですか?

たとえばニュースをみた後の関連記事で書いてある「お金持ちになる為の生活習慣」という生活に役にたつニュースはほとんど覚えていないのではないですか?

ネットニュースは無料でみれるせいで、価値がなくなってしまいます。

しかし本の料金の1000円を払う事で、「元を取り返さないと」と思って必死に勉強するのが人の心です。

なので本で「仕事が早くなる技」や「パソコン仕事術」などを買って学んでみましょう。

恐らく予想以上に頭に入ってあなたの仕事に役に立ちます

常識を疑う

あなたがやっている何時もの仕事にも改善点はいくつかあるはずです。

確かに「この作業はこうやってやって」と上司に言われたかもしれませんが、その作業方法は自分には合っていない確率があります。

人は10人もいると10通りの仕事のやり方があり、絶対に同じ方法で仕事をしていません。

たとえばパソコン作業をする時はキーボードのショートカットキーを使ってやる人。使いやすいマウスを使って快適に作業をする人など本当に細かい所ですが、色んなやり方があります。

なので、あなたも教えられたやり方以外にも色んな方法を試して「このやり方は自分には合っている」と思う様にして下さい。

マニュアルは参考程度に

マニュアルは初心者の間は役にたちますが、いつまでもマニュアル通りにやったら仕事は早くなりませんし、覚えが悪くなります。

マニュアルは確かに会社で作られていますが、そのマニュアルは10年以上前のものかもしれません。

基本的に人間は面倒くさがりで、必要のない事はほとんどしません。そして会社の人のとってマニュアルは3か月もあれば必要のなくなるものなので、誰も改善しようとは全く思いません。

なので、マニュアルに頼るのはやめた方が良いです。マニュアルに頼るなら「こうすれば仕事が早くなるかな?」とか「仕事を効率的に終わらせるにはどんな本を読めば良いかな?」など自分の頭で考えた方法が一番早くなります。

「仕事の効率的なやり方なんて思い浮かばないよ」と言う人もとりあえず考えてみて下さい。

確かに最初は何も思い浮かびません。それこそ1時間考えても何も出てこないのが普通でしょう。

ですが、考える事が多ければある時パッとひらめきます。「そうだこの仕事はやり方を変えて、こうすればうまくいく」などある時天才的な方法を思いつきます。

ゆっくり休む

仕事を早く覚えるためにはゆっくりとした休息が必要です。

確かに勉強する事も大事ですが、無理をすると長続きしません。

なので、休日は思いっきり休んでしまいましょう。特に土曜日は最高の日です。明日はまだ日曜日があるので、多少無茶をしても問題ないので、出かける事も可能です。

勉強する時は習慣を大事にする

最後に、先ほど勉強するのが大事と伝えましたが、勉強する時は一気にやるのではなく、少しずつやって習慣化をした方が絶対にいいです。

たとえば「俺はExcelの作業をもっとうまくなるぞ」と思って本を買い、その日に3時間も勉強したとします。

しかし2日後はちょっと疲れているせいで、1時間しかできない。3日後は全くやらない。そしてそこから全く勉強をしていないという事がよくあります。

なので、1日1ページだけで良いです。1時間も30分もいりません。たった1ページ。怒られて気分が最悪だからメンドクサイと言う人は、教科書をざっと見るだけでも良いです。

結局最後は続けた人が勝つんです。なので「遅すぎない?」と思っても続けていれば確実に勉強は成果が出ます。

なので、ゆっくりでいいので続けてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする