仕事のマインド

仕事で何回も失敗する原因と明日から立ち直る10個の方法

 

仕事で失敗して落ち込む

失敗して落ち込む

上司に叱られて落ち込む

 

仕事をしていると、誰もが失敗する事はよくあることです。

 

メンタルが強い人なら「次は失敗しない様に努力しよう」と思えますがメンタルが弱い人だと「仕事で失敗した…もう仕事やめたい」と思ってしまいます。

 

今回はそんなメンタルが弱い人のために、仕事で失敗する原因と立ち直り方法を書いていきます。

 

 

失敗する原因は?

 

まず仕事でなぜ失敗してしまうのか?その理由を書いていきます。

 

失敗していけないと思う

 

失敗してはいけない、失敗はだめ、失敗は悪い事。失敗する人の特徴はこの様に「絶対に失敗してはいけない」と強く思う事です。

 

確かに失敗してはいけないと思うのは緊張感があって大事なことでしょう。しかしあまりにも失敗を意識すると緊張して体が固くなってしまいます。

 

ですが、これはしょうがない事でしょう。たとえば命綱なしで50m以上の高い所から綱渡りをするのと、命綱なしで綱渡りをするのどちらが失敗の確率が高いと聞かれたら命綱なしの方です。

 

綱渡りをする条件は同じですが、片方は失敗したら命を落とす。もう片方は失敗しても命は助かる。

 

そんな命の危険があるという条件があるなら、緊張して体が固くなるのは当然です。

 

この様に人間はあまりにも失敗を怖がると誰もが緊張して、仕事で失敗をしてしまうのです。

 

ストレスが溜まりすぎ

 

仕事で失敗する人はとにかくストレスが溜まりすぎている場合があります。ストレスが溜まると

 

  • イライラ
  • 不安
  • 吐き気
  • 緊張
  • ボーっとする

 

など仕事で悪影響しか出ない最悪のものです。恐らくあなたは上司に対して相当な苦手意識があるのでしょう。

 

  • 怒鳴るのが怖い?
  • 上司の言い方が嫌だ?
  • 何となく相性が合わない?

 

など色んな理由がありますが、苦手な上司とずっと一緒に仕事をしているとストレスが溜まってあなたの能力はおちてしまうでしょう。

 

しかもあなたはストレス発散がそうとう苦手じゃないですか?休日は家でアプリをするかゲームをするか、ネットニュースをてきとうにあさる。

 

たまに外に出る時は漫画を買うかゲームを買うか、iTunesカードを買うくらいでしょう。

 

確かにそれも立派な休日ですが、いつも同じことをしていたら流石に飽きて、ストレス発散にはつながりません。

 

この様にストレスが溜まり、ストレスがうまく外に出せないと仕事の能力がドンドン落ちていきます。

 

上司を怖がりすぎ

 

先ほどから言ってますが、上司に苦手意識があると仕事の能力は半分くらいまで落ちます。

 

「上司で仕事の能力が変わるの?」と思う人がいますが、たとえばあなたの苦手な上司が全員風邪をひいて3日休むとしましょう。

 

そして苦手な上司がいない職場を想像して下さい。「ものすごく仕事がやりやすのではないですか?」。経験すると分かりますが苦手な上司がいない職場は快適です。

 

仕事も自分のやりやすいように出来ますし、怒る人もいないで精神的にも楽です。

 

この様に苦手な上司がいるかいないかだけであなたの能力は変わってくるので、あなたがそうとう上司の事を怖がっている事が分かります。

 

「仕事が出来ないのは俺のせい」と思っていますが、苦手な上司がいるせいと言う考えも出来るでしょう。

 

仕事で焦る

 

あなたは仕事が多かったら焦ってしまいますね?

 

「この仕事を昼の2時までにお願い」と言われたら「早くやらないと」と思って雑に仕事をやり、それがミスになってしまう。

 

確かに早めにやる事は大事ですが、結局ミスが出たらあまり意味がないでしょう。

 

メモをとらない

 

仕事でミスをする人はメモをとらない人が多いです。

 

とはいっても最近はスマホやパソコンの機能が上がって、メールやLINEで仕事の内容を伝える人が多くなり、メモが必要ないというのもあります。

 

しかし、メモは非常に重要です。じつは人間の脳は20分後に40%の事を忘れると言われています。

 

たとえば「この仕事を明日までお願い」と頼まれて20分後になったら期限を忘れ、1時間後には仕事の内容を忘れ、そして明日になる頃には完全に仕事のことが頭の中に入っていないです。

 

もちろん、多少覚えている事はあるでしょうが、「なんの仕事だっけ?」とか「誰に頼まれた仕事だっけ?」とか「そもそも期限はいつだ?」と記憶があいまいになるので、人間の記憶力は信じてはいけません。

 

そこで仕事の内容をメモすれば、前の記憶が完全に戻ります。「明日中に○○課長のこの書類整理の仕事をやる」と細かくメモをすれば、仕事の内容を忘れる事はないでしょう。

 

ちなみにメモをとるときはノートやメモ帳でも良いですが、私のおすすめは大きい付箋に書いてパソコンや自分の机など目に見える所に貼り付ける事です。

 

100均で普通の細長い付箋の4倍くらいのサイズの付箋があるので、それを使うのが見やすくておすすめです。

 

整理整頓をしない

 

仕事で失敗する人は整理整頓をあまりしません。

 

たとえば机の上がグチャグチャになってたり、自分のカバンの中もグチャグチャになる。

 

整理整頓が出来な人だと、大事な書類をなくしたり、使いたいシャーペンやボールペンがみつからないという事もあるので、仕事の効率も落ちてしまいます。

 

なので、まずは机の上の書類などを徹底的に片付けてしまいましょう。片付ける時は使いやすいファイルを買ってくる事や、ペン立てを買って自分なりに整理するなど、会社で支給されるものではなく、自腹で買う方が使いやすく愛着もわくのでおすすめです。

 

ちなみにファイルもペン立ても100均で、買うのがメンドクサイならアマゾンで買っても良いでしょう。

 

 

立ち直る方法は?

 

次に仕事で立ち直るためにはどうしたらいいのか?を書いていきます。

 

散歩をする

 

立ち直るためには気分転換が一番です。その気分転換で一番お金がかからないのが散歩をする事です。

 

近所の道を30分程度散歩するだけで、かなりのリフレッシュ効果が出てきます。

 

散歩する時はスマホで好きな音楽を流しながら、近所の自然が多い所でのんびりすると仕事で嫌な事も忘れますよ。

 

YouTubeで笑う

 

立ち直るには笑いましょう。とにかく笑いましょう。

 

落ち込んだ時には笑うと嫌な事も忘れる事が多いです。

 

そこで活躍するのがYouTubeでくだらない動画や、面白動画をみるのが良いでしょう。

 

ちなみに私は

  • ダンス 面白
  • 演奏 面白
  • 陣内智則
  • 実験動画
  • 空想科学

 

こんな感じの動画でいつも笑って嫌な事を少し忘れています。

 

 

涙腺崩壊と検索して泣く

 

「笑うなんて無理」と思う人もいるでしょう。それはそうです。本気で落ち込んでいるときに笑う事はほぼ不可能と思って良いでしょう。

 

ですが思いっきり泣く事は可能です。笑う事は気分が良い時じゃないと出来ませんが、泣く事なら気分が良い時だろうが、悪い時だろうが全然出来るでしょう。

 

ちなみに泣くときに良いのが、「涙腺崩壊(るいせんほうかい)」とYouTubeまたはグーグルで検索するのが一番良いです。

 

YouTubeで感動的なドラマやアニメ、CMなどもありますし、Googleで検索しても泣ける小説や2ちゃんで泣ける話など、沢山出てくるので思いっきり泣いてしまいましょう。

 

そして泣いた後は寝る。それで多少は立ち直ります。

 

紙に上司の悪口を書く

 

あなたに必要なのは悪口を言う事です。よく「悪口はよくない」と言いますが、人は誰もが不満に思っている事があります。

 

その不満を言わないなんて、宗教で悟りを開いた人くらいしかいませんよ。

 

どんな人でも不満はあります。そして不満を言わない事はストレスが溜まるのでこのさい一人の時に言ってしまいましょう。

 

そこで良いのが紙に書くということ。いきなり不満をいえなんて言っても、会社の人に言うのも気まずいし、友人に話したら迷惑ではないのか?と思うのでとりあえずノートを用意して上司の不満を書きましょう。

 

  • あの上司は気分で仕事をやるクソジジイ
  • あの上司は指示の出し方が下手
  • 社長はクソみたいな経営者
  • あのクソばばあの性格まじでうざい

 

などドンドン毒を吐きましょう。ここで大事なのが普段は絶対に言えない事をとにかく書いてしまう事です。

 

上の言葉は絶対に他人には言えませんよね?私だってクソババアとか言えるわけないですよ(笑)

 

ですが、書く事で少しスッキリしますよ。「なんか根暗なやり方で嫌だな」と思いますが嫌だったらやらなくても良いです。ですが一度だけ試してみませんか?

 

それで「なんか心がズキズキするからいいや」と思うなら無理に続けなくても良いですから。

 

ブログで毒を吐く

 

最近はスマホでメモをとると言う人も珍しくありません。予定表もアプリで出来るので今は本当に紙がいらない時代になっています。

 

なので、家にノートやメモ帳がない人もいます。そんな人はブログでとにかく毒を吐けば良いんです。

 

ブログは無料で使えるツールでスマホでも書けるので、いつでもどこでも悪口が書けます。

 

スマホで長文を書くとなると、少し慣れが必要ですがいつもスマホを触っている人ならすぐに慣れる事でしょう。

 

「ブログは炎上が怖い」と思いますが、ブログにはコメントが出来なくする機能もありますし、ブログを書いてもみせないようにする機能も存在します。

 

これは見せる為のブログではなく、あなたのストレス発散用の為にブログなのであなたの好きなようにすれば良いです。

 

ちなみにおススメのブログサービスは

 

はてなブログ

ライブドアブログ

 

の二つが無料で使えて高性能なブログサービスになります。

 

大手のアプリゲームをやる

 

アプリゲームは沢山ありますが、その中でもパズドラやモンストなど大手の有名なアプリをやりましょう。

 

この大手のアプリをやるのは2つ理由があり、1つは無課金でも強いキャラが出る事。

 

あまり盛り上がっていないアプリではお金がないので、課金アイテムをまず配れません。

 

なので無課金でやるとストーリーすら進めなくなる無理ゲーとなるのであまりおススメが出来ないでしょう。しかし大手の儲かっているアプリだと課金アイテムをバンバン配ってくれるので、強いキャラもイベントもやり放題です。

 

2周年記念で10連ガチャを5回もやらしてくれる太っ腹なアプリもありますよ。

 

それともう1つはアプリのイベントがある事です。儲かっているアプリはそのアプリの限定イベントがあります。

 

たとえばモンストやパズドラの場合は全国大会があったり、他には声優がいるアプリだと声優さんがくるイベントがあったり、楽しい事が盛りだくさんです。

 

あなたはイベントなんて行きたくないと思っていますが、一度自分が好きなアニメやゲームのイベントにいったら楽しくて、ハマる可能性もあります。

 

この様に大手のアプリだとお金があるのでユーザーにとって楽しい事しかないので、人気のアプリもやった方が良いです。

 

アニメをみる

 

インドア派の人はアニメをみて、気分転換をした方が良いです。

 

アニメの良い所は、定額で気軽にみえる事。ほんとうは著作権の問題でダメですが、YouTubeで気軽に観る事も出来ますし、最近は定額を払ってアニメを見放題にするサービスも沢山あります。

 

それに、手を動かさずに見ているだけでいいので、かなり楽が出来るでしょう。

 

アニメを1日1話ずつみて明日のお楽しみにして仕事を頑張る事も出来るので、実は気分転換をするには最適な方法です。

 

周りがドン引きするほどハマる趣味をもつ

 

立ち直るのに時間がかかる人は、「これがあれば生きていける」という趣味がありません。

 

趣味ってそんなに大事なの?と思いますが、いまの時代は趣味は必ず必要といっていいでしょう。

 

なぜなら今の発達した日本では、バイトさえしていれば食料に困る事はありません。月に12万円くらい稼げるようになれば、贅沢は出来ませんが死ぬまで餓死する事はないでしょう。

 

だからとにかく明日を生きれればいい、と考えている人なら趣味もなくて良いですが、そうじゃないなら話は別です。

 

恐らくあなたは「なんで働いているんだろう?」「なんで生きているんだろ?」と考えて心が辛くなっています。

 

ですが、いきなり「そんな事考えるな」とか「生きていればいい事あるよ」と言われても心に響くはずがありません。

 

なら、「なんで働くの?」という疑問を考えないようにするために、ハマれる趣味をもちましょう。

 

そうすると、「俺はこの趣味を楽しむ為に生きている」とちゃんとした目的が出来るので、立ち直るのも早くなるでしょう。

 

ちなみに私の友人の1人にアイドルの追っかけを生きがいにしている人がいます。実際その人は「アイドルがなかったら俺は自殺をしていた」というくらいアイドルにはまり込んでいます。

 

実家暮らしなので月の給料を全てアイドルに使い果たすと言う事もよく聞く話です。ですが彼が一番人生を生き生きと楽しんでいるのが私にはよく分かります。

 

寝る

 

色々書きましたが、あまりにも落ち込みすぎて、アニメもYouTubeもなにもする気がないという事があります。

 

そう言う人は無理をしないで、とにかく寝てしまうのが一番良いです。結局疲れを回復させるので一番いい方法が、どの時代でも寝る事なんです。

 

寝ると体力も回復しますし、頭の中もスッキリして立ち直る事が出来ます。

 

なので落ち込んで立ち直れない場合は、ご飯を食べて布団で寝る。お風呂は1日くらい入らなくても臭くはならないので、面倒な場合はご飯を食べてすぐ寝ましょう。

 

夜の8時くらいには寝ると、翌朝スッキリ目覚めますよ。

 

トコトン落ちこむ

 

落ち込まない様にしようと思っても、人間はどうしても落ち込みたい時もあります。

 

そんな人は何もしないでトコトン落ち込んでしまうのも良いです。

 

あまりにも落ち込みが激しいと、余計な事をして更に気分が下がる事も多いのでここは家でボーっとしてとにかく落ち込んでみましょう。

 

何もしなくて良いです。ただじっと待てばいいんです。明日になると少しスッキリしていますから。

 

頑張ろうと思わない

 

よく落ち込んだ時は「頑張らないと」と真面目な性格のせいで、気合が入ってしまいますがそれではいけません。

 

人間は誰しも頑張るのが嫌になる時だってあります。そんな時に無理やり「次はもっと頑張るぞ」と思っても逆効果になるだけです。

 

なので、頑張らない様にしましょう。どん底まで暗くなったら後は気分が上がるだけなので、ここはじっと待ちましょう。

 

絶対に頑張ろう!と思ってはいけません。

 

真面目にやらない

 

先ほどの頑張らないと似たような言葉ですが、今回は真面目にコツコツとという言葉を捨ててみましょう。

 

真面目にやると確かに仕事で評価される事が多いですが、それだと疲れてしまいます。

 

  • ちゃんとマニュアルを守り
  • ちゃんと集合時間を守り
  • 上司のいう事をきき
  • 仕事を頼まれても断らない

 

こういうった真面目な性格だと、いづれか体に限界がきてしまいます。

 

なので、たまには不真面目になりましょう。たとえばトイレの個室に入り仕事をさぼるとか、ロッカールームにいって仕事をさぼるとか、とにかく真面目な部分を捨てて頑張るのをやめてみましょう。

 

会社を辞めるべきか?

 

仕事で失敗したら「会社を辞めたい」と思う人も沢山います。

 

ですが、これは取り戻せるミスの場合は辞めない方が良いでしょう。

 

取り戻せるミスというのは、製品がお客様に出す前だったとか、出荷する寸前に間違いに気づくとかそう言ったレベルです。

 

確かに会社内でミスを発見したらこちらに負担がかかりますが、お客様の所に間違えた商品を出して自主回収となる方がもっと負担がかかります、

 

なので会社内でおきた大失敗はまだ取り返しがききます。

 

しかし、ミスが会社外、つまりお客さんにいった場合で500万円とかそういった大被害になった場合は素直に辞めても良いです。

 

恐らくそこまでの被害になったら、社長や部長などがカンカンに怒り、下手をすると「お前はもう会社にくるな」と言われてしまうでしょう。

 

これで「このミスは取り返せよ」とカッコイイ事をいうならまだ良いですが、恐らく半分以上の会社はとんでもなく怒られるので、そうなってしまったら素直に辞めてしまいましょう。

 

 

しにたくなるのは皆同じ

 

会社でミスをして「もうやだ、しにたい」と思う人がいますが、誰だってそうです。私だって会社で大きなミスをしたらしにたくなりますし、辞めたくもなります。

 

とはいってもこのサイトでは「だから我慢しよう」とか「もっと努力しよう」なんて事は言いません。

 

恐らくあなたはネットで「仕事 疲れた」「仕事 辞めたい」と検索しまくってどこのサイトでも「もっと頑張ろう」と書かれているのをみて疲れているはずです。

 

辞めたかったら辞めても良いです。辛かったら辛いと言って良いです。もっとあなたの心の声を大事にして下さい。