転職

働きながら転職ではなく辞めてから転職の方が良い理由

 

 

転職をする時は働きながら転職をするか辞めてから転職をするかの2択で別れると思います。

 

しかしネットの記事をみると働きながら転職をする事をかなりおすすめしています。

 

 

理由は後で説明しますが、このサイトの読者はメンタルが弱く、コミュ障の人を対象にしたサイトです。

 

このサイトの結論からいえば「辞めてから転職する」ことをおすすめします。と言う事で、今回は働きながらの転職と辞めてからの転職について書いていきます。

 

働きながらの転職の良い所

 

まずはネットの記事で多くの人がいっている働きながらの転職の良いところを書いていきます。

 

お金に余裕がある

 

まず、働きながら転職する時の最高に良い所、それはお金に余裕がある所です。

 

働きながら転職をすると忙しくなってプライベートに余裕がなくなると言う事がありますが、その分お金がずっと入ってくるので心に余裕が出来ます。

 

極端なことを言うと1年間転職活動をしても問題は無いわけです。多くの人は転職をする時の最大の恐怖はお金に余裕がなくなり追い詰められる時です。

 

人は追い詰められると「本来の自分の半分の力も出せなくなる」人がいます。いちおう排水の陣という言葉がある様に追い詰められると思い切った行動がとれる人がいます。しかし日本人の多くは追い詰められると緊張のせいで力を出せない人が多いです。

 

なのでお金に余裕があるので面接の時も緊張しないで、受け答えが出来るので本来の自分の力を100%出せる事が良いです。

 

 

転職に心の余裕がある

 

次に心の余裕が全く違います。

 

辞めてから転職をすると、当然収入はゼロになるのがよく分かります。収入が0になると心の余裕がまるでありません。収入がなくなる不安、生きていけなくなる不安、食べていけなくなる不安など、心の余裕がなくなります。

 

しかし。働きながら転職をすると、収入が途切れる事はまずないので心に余裕があります。

 

よく働きながら仕事を探した方がいいよと聞くのは90%くらい収入の問題になっています。

 

 

 

転職先が決まった後の開放感が良い

 

働きながら転職活動をして、もし転職先が決まったらその時の開放感は天にも昇る気分です。

 

嫌な会社から逃げられる安心感と、ひと段落した時の開放感転職が決まると気分はウキウキです。

 

しかも、働きながら仕事を探すという難しい事をした達成感もあり、自分がレベルアップしたような感覚になるので、非常に気持ちいです。

 

 

ニートにならなくて良い

 

辞めてから転職するのも良いですが、辞めてから転職をして長い時間働かないでいると働き気がなくなります。

 

これは性格によって違いますが、実家暮らしで働かなくても生きていける、20代前半でやりたい事がない人だと、転職活動のやる気がなくなりニートになる確率が高くなっていきます。

 

働かない期間が1年以上たつと、そのまま仕事をやらなくて何も出来なくなる確率がグーンと上がってしまいます。

 

ですが、働きながらだと空いている期間が全く無いです。なので仕事のやる気がなくなるなんて事はありません。

 

むしろ次の仕事場所に期待してやる気が上がる事があります。

 

バレないようにしないといけない

 

働きながら転職する時はばれない様にしないといけません。やはり転職するというのは上司からするといい気分ではありません。

 

仕事仲間だと思っていたのが急に辞める裏切り者扱いされる事もあるからです。

 

もちろん、転職を応援してくれる人もいますがなかには「転職しても変わらない」「転職なんて意味がない」「この会社を辞めるならどこで働いてもおなじ」と転職活動を批判してくる嫌な上司もいるのが事実です。

 

だから転職活動をしている時は、求人雑誌を会社でみない。転職サイトを会社でみないという工夫が絶対に必要です。

 

 

 

働きながら転職する時間は6か月が良い

 

ちなみに働きながら転職をする場合は6か月、つまり半年を目安にすると良いです。

 

期間を作る意味と言うのは単純に「転職活動をグダグダにするのを防ぐためです」やはり人間は緊張感がないとてきとうにやる癖があります。

 

いくら転職活動をしているとはいえ、面接に落ちても働けるという安心感のせいで本気で取り組めない場合があります。

 

最初の3か月間は転職活動にやる気が出ていますが、4か月、5か月となってくるとマンネリ化して結局転職活動をしなくなる事もあります。

 

なので6か月を時間として全力で取り組む、もし出来なかったら会社を辞める覚悟をするくらいの気持ちで行った方が良いです。

 

辞めてから転職の長所

 

次は辞めてから転職をした時の長所を書いていきます。

 

嫌な会社で働かなくても良い

 

 

辞めてからという事は「嫌な会社で働かなくて良い」と言う事です。

 

自分が嫌な会社で働くのは大変苦痛で、正直朝起きると吐き気がするレベルの人もいるかと思います。

 

転職活動をしたいのに、会社で抱えたストレスが大きすぎて、結局疲れて休んでしまうと言う事も十分ありえます。

 

その為、辞めてから転職をすると会社で働かなくてよく、転職活動に専念できるので会社のストレスはなくなります。

 

 

良さそうな会社をじっくり選べる

 

辞めてから転職をすると、良さそうな会社をゆっくりと選ぶことが出来ます。

 

会社を辞めた後に転職をするとたっぷりの時間が手に入ります。それこそ社会人生活ではあまりない夏休みの時間がやってきます。

 

その時間を有効活用すれば沢山の良い求人に出会う事が出来ます。

 

ハローワークやネット求人、家の近所を探せば求人を募集している所も沢山あります。

 

働きながらでは絶対に手に入れる事の出来ない時間という財産を有効活用すれば誰も知らないお宝求人にも出会う事が出来ます。

 

時間がたっぷりあるので面接が受け放題

 

先ほども言ったように辞めた後では時間がたっぷりあります。その時間を有効活用すれば働きながらでは出来ない、沢山の面接を受けることが出来ます。

 

働きながらでは、せいぜい1か月に1個か2個の面接を受けるのが限界でしょう。それが辞めたらその10倍以上の面接を受ける事が出来ます。

 

1日に2個以上の面接を受ける事も可能ですし、働きながらでは出来ない月曜日にも面接を受ける事が出来るので、数の多さでは圧倒的に有利です。

 

貯金は確認する

 

ただ辞めてから転職活動をする場合は、貯金が絶対に必要です。これは1人暮らしの人だけではなく実家暮らしの人でも同じことです。

 

1人暮らしの人の場合は生活費がかかっているので当たり前ですが、貯金は必要です。そして実家暮らしの人も実は貯金は必要です。

 

実家暮らしでも

 

  • 携帯代
  • 保険代
  • 交通費

 

など3つくらいしかいりませんが、その中でも携帯代と保険代が非常に重いです。

 

携帯代は20代の人は7000円以上は確実にかかるでしょう。それに保険代、仕事を辞めると国民健康保険に加入する事になりますが、それでも15000円は払わないといけません。

 

なので毎月20000円以上はかかる計算なので実家暮らしの人でもお金はかかります。

 

親に払って貰うという事も出来ますが、ニート状態になっていると親も厳しくなる人が多く、携帯代と保険代を払って貰えない場合があります。

 

なので実家暮らしの人でもお金はかかると言う事を頭に入れて下さい。

 

それと貯金額ですが、生活費の半年分は最低でも貯めた方が良いです。半年分というのは最低額で本当は1年分は生活費を蓄えておきたい所です。

 

転職活動する人は「俺は2か月で転職してやる」とやる気が出る人が多いですが、この見積もりが甘いです。

 

転職活動をすると分かりますが、2か月と言うのは一瞬で過ぎてしまいます。最初の1か月は書類の提出や履歴書を書いたりなどで忙しく中々転職活動が出来ません。

 

2か月目でやっと転職活動になれますが、前の会社より絶対にいい所にいってやると意気込んでとにかく求人で良い所を探します。

 

ここで内定を貰えればいいですが、選んだ求人が人気のある所で5人、6人と面接を受けに来る人がいて中々内定が貰えません。

 

そうしてる間に3か月、4か月と意外と早く時間が流れていきます。

 

なので転職初心者は最低でも6か月はかかると言う計算です。

 

なので貯金は出来るだけ多く集めた方が転職に成功する確率が上がっていきますね。

 

メンタルが弱い人が辞めてから転職が良い理由

 

どちらの長所も言いましたが、最終的な結論として「辞めてから転職するのが良い」とこのサイトでは言います。

 

このサイトの目的は「メンタルが弱く自分に自信がない人の転職を支援する」為に作られたサイトです。

 

確かに多くの意見では働きながら転職をするのが良いと答えています。お金に余裕がある、心に余裕がある、急がなくても良いのでブラック企業を見分ける余裕が生まれるなど良い事が多いです。

 

しかし、このサイトをみている人は「働きながら転職をすると言う器用な事は出来ません」少し失礼かもしれませんが、あなたは今心の余裕がなく、土日を使って転職活動をしたり有給休暇を使って転職活動をする余裕がないはずです。

 

土日は平日の疲れを癒すために必須ですし、有給休暇はとると怒られるから言いたくない。そんな状態ではとてもじゃないけど転職をする余裕がありません。

 

お金に余裕があるなんて言いましたが、最悪実家に帰って親の世話になったり、数少ない親友の家に転職が出来るまで居候をさせて貰ったり、最悪アルバイトをしながら転職をするという方法があります。

 

なので、お金がないことはそこまで危ない事ではありません。それでも人に頼るのが恥ずかしいと言う人はしっかりと生活費の半年分の貯金をしてから辞めるのが良いですが、いくらメンタルが弱く、人に頼みが嫌と言う人でも「命に関わる事態」になったら恥を捨てる事が出来ます。

 

いま、このサイトをみている人は今の会社が嫌すぎて転職をしたいと考えている人でしょう。だけどメンタルが弱く、現在心に余裕がないという人なら、もう会社を辞めてしまいましょう。

 

そして自分のペースで転職活動をすれば何も問題ないです。

 

 

働きながら転職はおススメ出来ないのか?

 

私が辞めてからの方が良いよ、と言っても転職というのは大きな決断なのでそれこそ私1人の意見じゃ怖いかもしれません。

 

そこで色々なサイトから、働きながら転職か?辞めたから転職か?を判定していきましょう。

 

 

転職活動は在職中にするに限ります。
無職での活動ではどうしても焦りが生じ、不採用になるたびに
受けるショックの重さが違います。
在職中の場合は生活の心配がないので、不採用になっても
「ま、次があるさ」と気持ちの入れ替えがすぐにできますが、
無職だと「まずい、やばい」という気持ちが先に動いてしまい、
成功するはずの面接も失敗する危険性がありますから、
自分としては無職の転職活動はお勧めできないです。
引用元:Yahoo知恵袋 

 

1つ目はヤフー知恵袋からの引用です。この書いた人は転職で落ちても切り替えることが出来るので、そのままの方をおすすめしています。

 

 働きながら転職はできるんですよね。

ぼくは働きながらも、休日は履歴書のまとめ書きしていましたし、仕事は転職サイトで探しましたから。

で、お話したように会社休んででも面接にいく図太いことやっていましたw

やっぱり大事なのは

行動すること

悩んでいても時間だけが過ぎていくし、時間はもう取り返せないんです。

イイ仕事があったとしても、行動が遅れて逃してしまうのは本当にもったいないから、どんどん前にススンデ頂きたいと願います。

ぜひ行動してみてください。

それじゃこの辺で。

引用元:働くキミに花束を

 

次の人は、最初から働きながら転職する方法を書いていて、本人も働きながら転職する方に賛成と個人的に思っています。

 

 

理想は在職中に転職活動をすることです。

仕事をしながらでは忙しく、転職活動ができないという理由で先に退職する方も多くいらっしゃいます。

「退職してから転職活動をしたいんですが」といったご相談を受けた場合には、決しておすすめしません、とお伝えしています。どうしてもリスクがありますので。

転職活動が長引いてしまうと、その理由を企業から問われることもあります。こういったこともあるので、転職活動はなるべく間を空けずにスムーズに進めたいところですね。

引用元:らふらく

 

最後は、ブログを書いている人が実際にキャリアアドバイザーに話を聞いたときに、記事を引用しました。

 

結構色んなサイトを見てきましたが、働きながら転職をする方が圧倒的に良いようです。

 

心の問題もありますし、何より自分の履歴書の空白期間がつかないのが一番のメリットともどのサイトでも書いてありました。

 

やはり個人的な意見と、世間の意見では全く違うみたいですね。

 

とにかく心に余裕を作ろう

 

とにかく心に余裕を持つことが最優先です。

 

メンタルが弱い人は心の余裕がなくなると、自分の力の半分以下の力も出せません。

 

それこそ挨拶の時に「こにゅちはー」というようにかみかみでしかも早口で何を言っているのか分からない状態になることも十分あります。

 

そんな心の余裕がない状態で面接をしてもあまり上手くいきません。いくら中小企業の面接があまり意味がないとはいえ、あまりにも挙動不審な行動をとったら流石にばれてしまいます。

 

なのでとにかく余裕を持ちましょう。会社に行くのが疲れているのだったら辞めてから転職活動をしても遅くはないです。

 

転職サイトにだけ登録をしておこう

 

働きながらでも、辞めてからでも良いですがとにかく転職サイトにだけは登録をした方が良いでしょう。

 

転職サイトの方がハローワークよりいい条件の求人が多いため、今よりまともな会社にいくには転職サイトに登録はした方が良いですよ。

 

転職サイトはリクナビNEXTというサイトがかなりの大手なのでぜひ、転職を考えている人は使ってみて下さい。全てのサービスは無料で使えるので損はしませんよ。

↓↓↓↓

リクナビNEXTはこちらからどうぞ