転職をするときにあると嬉しい必要なスキルとは?

転職をするときにあると嬉しい必要なスキルとは?

転職する時になにかスキルがないと転職に不利じゃないか?そう思ってる人が多いです。

そこで今回は転職の時に必要なスキルを仕事別に分けていきたいと思います。

事務職の場合

まず人気が高く、転職するなら事務職になりたい人も多いため。事務職に必要な能力を書いていきます。

Excel、wordなどのパソコンスキル

まず、事務職で必須なのはExcelやWordなど書類整理などで使うソフトのスキルが必要です。

どれくらいの能力がいるの?と思いますが、基本的な操作が出来る程度のスキルで充分でしょう。

一般の事務職は大企業でない限り、そこまで複雑な操作などは必要なく初歩的な事が出来れば十分通じます。

ちなみにExcelやWordの練習はどうやってすれば良いの?と思った人は無料で初歩的な操作が学べるソフトがあるので、パソコンからぜひダウンロードして下さい。

それさえ練習すれば「ExcelやWordは使える?」と言われて「はい初歩的な操作は全て使えます」と面接でどうどうと使う事が出来るでしょう。

Excelの練習はこちら

wordの練習はこちら

電話対応の能力

次に電話対応の能力です。事務職はパソコンの作業ばかりと思っている人がいますが、実際の所電話での対応をする所も多く、焦らない事が重要です。

時々電話をするのが怖い電話恐怖症の人がいますが、事務職で電話が怖いとなったら仕事が出来ません。

ですが、電話対応もちゃんとした敬語を学ぶ必要はありません。最低限の必要な事は上司から教わるので、電話の対応が不安と言う人も心配しなくて良いでしょう。

ちなみにどうしても不安と言う人は下のページに電話対応のマニュアルがあるので、もし事務職で内定を貰えたら参考にするのをおすすめします。

電話対応のマニュアルはこちら

メールの返信などの基本的な文章力

事務職でも相手へのメールや仕事の報告のメールなど、文章を書く事が必要な場合があります。

文章力に関しては相手に失礼のない程度の文章を書くスキルがありますが、これもマニュアルを渡されるか、上司の人が教えてくれるでしょう。

仮に教えてくれなくても、です、まず口調でメールの文章を書けば何も問題はありません。

いちおうビジネス文章という、仕事専用の文章の書き方がありますが、これも大企業で無いかぎりそこまで必要と言えないでしょう。

営業の場合

次にお客さんを新規開拓する営業職で必要な能力を紹介します。

コミュニケーション能力

まず営業で必須なのがコミュニケーション能力ですね。

相手の顔色をみて、その時その時で対応をしていく心理学の能力もいりますし、あいてを不快にしない会話能力も営業には必要です。

しかし、営業の不思議な所はコミュニケーション能力が高ければいいのではありません。

人間は感情で動く生き物と営業の達人やネット通販で物を売る人がよく言っています。

簡単にいうと、最新型の性能の良いスマホと古いタイプで性能があまり高くないスマホがあったとしましょう。

普通の人だったら最新型のスマホの方が売れ筋が良いと思いますが、古いタイプのスマホでも売り方によっては最新型のスマホよりも売る事は可能です。

たとえば、古いタイプのスマホは性能が高くないぶん、操作も単純で機械に弱い人に非常に使いやすいスマホです。

なので、「機械操作が苦手なあなたにはこちらのスマホがおすすめ」と言われたら性能の低いスマホを買う人が多くなると言う訳です。

この様にコミュニケーション能力が高くなくても、売り方を知っていれば会話が苦手な人でも営業の仕事をする事は可能です。

何を言われても凹まない精神力

営業の仕事はとにかく凹む事が多いです。

最初の間は物が売れず、上司も怒られ、時々セールスマンが嫌いな人から罵倒されたりなどかなり厳しい所もあります。

とにかく人との関りが多い仕事なので、メンタルが強くないと営業の仕事は中々出来ません。

ノルマを絶対に達成してやるという気合

営業の場合必ずと言って良い程ノルマがあります。今月は車を10台売れという様に、会社から決められたノルマを達成しないと評価がされません。

なので、どんな事があっても絶対にノルマを達成するという気合もときには大事です。

とはいっても、怒られても気にしないと言う人は、ノルマを全く無視してのびのびと働いている事もありますけどね。

工場勤務の場合

次にずっと同じ仕事が出来る事や、人と喋る事が少ないという理由でメンタルが弱い人から人気の工場に必要なスキルを紹介していきます。

同じ事を続けられる精神力

ずっと同じことを続けると言うのは思っていた以上に暇です。

たとえば自動車部品の工場なら、8時間ずっと同じ作業の繰り返しというのもあります。

もちろん工場によっては、色んな部品を作るため同じ作業はしない所もありますが、基本的に同じ作業の繰り返しと覚えた方が良いでしょう。

重い物を運ぶ筋力

工場勤務は重い物を運ぶ事が多いです。

とはいっても筋肉ムキムキな人がやっと運べるレベルではなく、成人男性ならほとんどの人がもてる程度の重さです。

ですが重い物を変な風に運ぶ、たとえば腰に負担がかかりやすい体制で運ぶとぎっくり腰になる事があります。

「ぎっくり腰って40代以上の人がなるやつじゃないの?」と思いますが、ぎっくり腰は腰に負担がかかると10代でも20代もなる人はなります。

なので、重い物を運ぶ能力より腰に負担がかからない運び方を学ぶスキルが必要です。

臭いを我慢できる能力

工場というのは臭い所が多いです。たとえば自動車部品の工場でも油臭い所が多いですし、食品工場なんかは生臭い所も非常に多いです。

臭いは慣れれば段々と鼻が慣れて、何も感じないですが慣れるまでに「俺はこの臭いはダメだ気持ち悪くなる」と思ってしまうと辞めないといけなくなります。

あると全ての仕事に通じるスキル

次は全ての職種で絶対に通用するスキルです。他のスキルは仕事が変わると使えなくなりますが、ここから紹介するスキルはいくつになっても使えるので、ぜひ覚えた方が良いでしょう。

ホウレンソウをしっかり出来るスキル

ホウレンソウとは、報告、連絡、相談。まとめると上司や他の社員とちゃんと連携がとれるスキルの事です。

ホウレンソウは社会人の基本と教えられますが、これが意外と出来ない人が多いです。

たとえば報告することもない小さなミスを報告しなかった。だけど後になって小さいミスが致命的なミスに繋がって会社にとって大きな被害を受ける事。

上司が苦手で仕事のミスを連絡をするのが嫌で、内緒にしてたら後になって大事故に繋がってしまった。

上司に相談すれば、未然にミスが防げたのに、相談しないで仕事をやったせいで大きなミスに繋がった。

など、ホウレンソウをしなかったせいで仕事で大きなミスに繋がる事はよくあります。

確かに会話が苦手で上司と話すのが嫌だ。上司が苦手だから仕事の話はしたくないというのは分かります。

ですが、怖くてもホウレンソウがしっかり出来ると30歳になって仕事の能力が3倍は違ってくるでしょう。

失敗を先読みする能力

よく仕事でミスをする人がいますが、そのミスを先読み出来たらあなたのミスは確実に減ります。

たとえば仕事をする時に先輩のやったミスを先に聞いて注意すればそれだけで1つミスが減ります。

またケガをする可能性がある作業をする時、「こうやったら恐らくケガをするからやらない方が良い」と考える事が出来ればあなたがケガをしなくても済みます。

失敗を減らせれば総合的にみて仕事が早くなりますし、あなたの体が無事なまま仕事をする事が出来るでしょう。

時間管理が出来るスキル

どの仕事でも時間というのは足りない事が多いです。

時間が足りないから家に仕事を持ち帰りますし、残業があります。

時間管理というのは単純な話、自分がどれだけの早さで仕事が出来るか把握する能力です。

例えば簡単な書類整理は10分かかる、難しい書類整理は40分かかるなど正確な時間を知る事で、仕事の予定を立てやすくなります。

時間管理が下手な人だと「この仕事はだいたい10分で終わるかな」と自分で思って実際は30分以上かかったりする事がよくあります。

どんな仕事でも自分の時間管理が出来ると、残業も減りますし効率的に動く事が可能です。

整理整頓が出来るスキル

どんな仕事でも整理整頓はとても大切です。

たとえば机の上がグチャグチャで欲しい書類がない、欲しい書類を探すのに30分もかかったらそれだけで時間がもったいです。

何か欲しいものがあるたびに時間をかけて探していたら1時間、2時間と時間を無駄にする事でしょう。

なので、自分が使う道具は常に綺麗にしてどこにあるか把握する事が一番重要です。

ちなみに整理整頓するのは会社にあるものでなく、100均でファイルやペン立てを買った方が良いでしょう。

自分で使いやすい物を選んで会社で使う事で、他の社員とは違う仕事が出来る様になります。

資格はいらない

ちなみにここまで読んだ人で「何か資格はいらないの?」と思った人がいますが、基本てきにやりたい仕事がない場合は資格はいりません。

よく将来の為に英語の資格をとろうとか、筆記の資格を持った方が有利かな?と思う人がいますが、資格をとってもそこまで転職に有利になりません。

それは介護職など特殊な仕事なら資格があった方が良いですが、一般的な事務職や求人票に「○○1級の資格があると優遇」と書いていない限りは無理に資格をとっても意味がないでしょう。

もし「将来的に資格があった方が良いんじゃないの?」と思ったらあなたのやってみたい事興味がある事で選ぶことをおすすめします。

たとえば将来は英語が必須になる時代になるから、英検1級の資格を持った方が良いと考えて英語を無理やり取得するのはやめましょう。

英語に興味がないのに英語の勉強をしても長続きしませんし、仮に英語をマスターして翻訳の仕事をしてもあなたが楽しく感じないなら、その仕事も長続きしないでしょう。

なので、資格は興味がある仕事がないなら取らなくても良い。そして興味がある仕事で資格がいるなら積極的に資格の勉強をしましょう。

おまけ

ちなみに、企業側が求めるスキルと言うのがありその中でいつも上位にあるのが

コミュニケーション能力

協調性

積極性

の3つがいつも上位にあります。特にコミュニケーション能力というのは会社側が欲しいスキルである事は間違いないでしょう。

と、ここでみても無理やりコミュニケーション能力を上げる必要はありません。あなたは元々会話が苦手で1人で過ごした方が楽と思っているでしょう。

確かに企業はコミュニケーション能力が高い人を求めていますが、必ずいると言う訳ではありません。

なので、コミュニケーション能力が必要と思って、会話力が上達する本やセミナーに無理に行かない方が良いでしょう。

ちなみに、転職に必要なスキルに迷ったら「マイナビジョブ」というサービスを使う事をおすすめします。

このサービスは簡単に言うと、転職をサポートしてくれるサービスです。

たとえば面接の指導や履歴書の確認など、転職に必要な事を無料で教えてくれますし、それに20代のあなたがどんなスキルが必要か?も教えてくれます。

  • 面接指導
  • 履歴書指導
  • あなたに必要なスキルを教えてくれる
  • 無料で使える

などメリットが沢山あります。

会話が苦手なあなたは「人に相談するのはちょっと怖い」と言う気持ちがあるでしょう。

確かにそれは分かります。いきなりプロの人に相談するのは怖いでしょう。

だけどネットで転職に必要なスキルを探して、取得するよりプロの人に「このスキルがあれば役に立ちますよ」と指導して貰えれば、無駄な事をしなくて済みます。

もちろん、絶対に使った方が良い!!と無理やりすすめるつまりはありません。

ですが、このサイトを使うとあなたが本当にやりたい仕事や必要なスキルはなんなのか?というのを教えてくれます。

転職について迷った時は無料で使えるので、気が向いたら使ってみましょう。

マイナビジョブ20’sに申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする