正社員は絶対みて!面接で80%以上で質問されることまとめ

正社員は絶対みて!面接で80%以上で質問されることまとめ

面接の時に絶対にくるのが様々な質問です。

  • 志望動機は?
  • 退職理由は?
  • 長所は?

など色んな質問をして、人を見極めることをしてくるのは確かです。

特に20代男性の人は、面接経験が浅く、対応しきれない事も非常に多いです。

そこで今回は面接の質問で、とりあえず覚えておきたい質問集を書いていきます。

最初の質問

まず、面接の最初に来る質問です。最初の質問の特徴は大企業でも、中小企業でも同じことが多いので、最初の基本的な質問だけは練習した方が良いでしょう。

  • 志望動機は?
  • 自己紹介をお願いします
  • 自己PRをお願いします
  • 職歴を教えて下さい
  • 退職理由は?
  • 長所を教えて下さい
  • 短所を教えて下さい
  • 自宅からの通勤時間は?
  • 仕事の成功体験を教えて下さい

最初の質問で特に多いものはこんな感じ

志望動機は?

もはやこれを聞かない会社はほとんどいないでしょう。そして志望動機は?と聞かれると一番困るのも事実です。

面接の最初で最高に高い壁なので、まずは志望動機をどれだけ苦戦しないで、言えるかがポイントです。その為には企業調査、人事の本音を見抜く力、どんな人が求められているかを調べないといけません。

自己紹介をお願いします

まずは自己紹介をお願いしてくる場合です。

この自己紹介の時に注意したいのが、「自分をアピールしない事」です。よく自己紹介と自己PRを間違える人がいますが、自己紹介では。

  • 名前
  • 年齢
  • 職歴

などを答えれば十分です。採用側が求めているのは基本的な事が基本的にできるか?をみる初歩的な事です。

なので、ここではアピールをしないで下さい。他にもっとアピールできるポイントがあるので焦らずにいきましょう。

自己PRをお願いします

次は、自己紹介と間違えてしまう、自己PRです。

自己PRは自分をどれだけ魅力的にアピールするのがポイントですので、自分で考えた最高のアピールポイントを言いましょう。

ただ、自己PRの時に注意したいのが、なんでもかんでも自分の長所をアピールすれば良いとはかぎりません。

たとえば「自分の長所は我慢強い所と、コツコツ努力が出来る所、リーダーシップがあると事で…」とこんなに長所を言われたら「色々長所を言ったけど、結局この人はどんな所が強いんだろう?」と面接官もよく分からくなってしまいます。

なので、自己PRの時に重要なのはとにかく長所を一つに絞る事です。

たとえばコツコツやるのが長所というなら「私の長所はコツコツ努力出来る所です。私は昔から絵を描くのが好きで、暇があれば毎日絵を描いています。とくにアリの様に細かい絵を描くのが大好きです。御社で働くときも仕事で必要な能力をコツコツと身につけて必ず力になります。」

とこれだけで良いです。

ポイントは長所をどうやって会社の力にいかすか?

リーダーシップがあっても、年上の人には遠慮してリーダーシップが上手く出来ないとなったら意味がないですし、営業の仕事で根性があると言っても成果がなければ意味がないです。

だから、自分の長所と会社の仕事はどうすればうまく生かせるか?を考えて自己PRをした方が良いです。

退職理由は?

これも絶対に聞かれる質問です。あなたは絶対に聞いて欲しくない質問ですが、面接官は辞めた理由を教えて貰わないと怖い事があります。

たとえば前の会社で上司と殴り合いの喧嘩をして辞めたとなったら、あなたが人事ならどうしますか?絶対に雇いたくはないでしょう。

なぜならこの会社でも上司と殴り合いの喧嘩をする可能性があるからです。

ちなみに、退職理由は素直に伝えた方が良いです。ここで下手に嘘をついてばれるとポイントは下がるだけなので、正直に言った方が良いです。

たとえば人間関係で辞めた場合も素直に伝えましょう。残念ですが面接官はどんな理由でも基本的に会社を辞めた事はマイナスポイントにしかなりません。なのでここの目標は「どれだけマイナスの印象をなくせるか?」が勝負です。

そして、退職理由で絶対にやってはいけないのが「前の会社の悪口を言うこと」です。どれだけ人間関係が酷くても、給料が悪くてもパワハラを受けてもそれを感情的にいっては絶対にダメです。

どんな理由でいっても、面接官は同情はしてくれません。逆に悪口を言えばいうほど「あなたの方に問題があるじゃないか?」と心の中で思われる危険があります。

そして、面接官は時々「前の会社は辞める必要はあったの?」と質問してくる場合があります。

そんな質問をしてくると「お前は事情を知らないからそんな事が言えるんだろ!!」と頭の中で怒りが出てくる事がありますが、ここは冷静になってください。

確かに、辞める必要はあったの?と聞かれるといや、でも、じつは、と前の会社のエピソードを語りたくなります。

しかし、ここを抑えて「おっしゃる通りです、実は前の会社の上司と性格が合わなくて、私もまだまだ未熟な性格であの時の事を反省しています。ですが次はそんな事がないようにしていきます」と自分の間違いをまず認める。

そして、次に生かすように努力するとポジティブな事を言えると、マイナスの印象は減っていきます。

自宅からの通勤時間は?

この質問は意外と多くしてきます。というのもとにかく面接をうけて内定を貰おうと、どんな場所でも面接を受けに来る人がいます。

面接官も忙しいことがあり、住所をみただけではどこに住んでいるのかよく分かりません。

そして採用した時に、車で1時間以上かかる遠い場所に住んでいる人を雇ってしまう事もあります。そして採用したのは良いけれど、雇われた本人も「通勤が難しいので辞めます」と言われる事も時々起きます。

採用者も簡単に辞めて欲しくはないので、念のために聞くことがあります。ちなみに通勤時間に1時間以上かかる人だと、採用者はマイナス印象になります。

中盤の質問

次に自己紹介がひと通り終わって、あなたの性格を見極める質問。つまり面接の真ん中にくる質問がでてきます。

  • 休日の過ごし方は?
  • 趣味はなんですか?
  • 特技を教えて下さい
  • なぜこの職種を希望しましたか?
  • 失敗経験を教えて下さい
  • 最近のきになるニュースは?
  • 10年後にはどうなっていたい?
  • 尊敬する有名人はいますか?
  • 最近読んだ本はなんですか?
  • 苦手な人はどのように接していますか?
  • あなたが希望する給料額を教えて下さい

中盤の質問で特に多いもの

なぜこの職種を希望しましたか?

聞かれやすいのがなんでこの職種を、つまり営業なら営業、事務仕事なら事務仕事を希望した理由を答えないといけません。

面接官がなぜ希望した職種の理由を聞いてくるかというと、あなたが想像している仕事内容と会社のやる仕事のずれをなくすためです。

たとえば事務仕事ならパソコンで書類整理などをするだけと思う人が時々います。しかし事務仕事といっても、営業の仕事が足りないならそちらに回されるし、企画担当の人手が足りないならそちらにも回されます。

なので、会社によってその職種の仕事内容は驚く程変わってくるものです。だから希望した理由を聞いて、その後に「この会社での事務仕事は、あなたの思っているものと違いますよ」と更に質問してくる場合があります。

仕事を辞める理由でかなり多いのが「入社したら思っていた仕事と違った」という事です。

会社側も早期退職は、お金も無駄になりますし、また人を募集しないといけないなどとにかく面倒な事でしかありません。

だから事前に理由を聞いて、それでもやる気がある人だったら採用しようと言う意味なんです。

ですが、職種を希望した理由は素直に言っても問題ありません。その後に「あなたの思っていた仕事とは違いますよ。それでも大丈夫ですか?」と聞かれたら素直に「ハイ、大丈夫です」と答えるのが良いでしょう。

最近の気になるニュースはなんですか?

時事ネタは意外と定番の質問だったりします。

時事ネタを聞いてくる意味としては、柔軟な発想を持っているか?を聞きたいんです。

やはり、どんな仕事でも柔軟で常識から外れた発想をしたら仕事が上手くいきます。

事務仕事でも普通ではやらない方法で、作業を効率化させたらそれだけでも他の人と能力が違ってくるでしょう。

とはいっても、この質問はそこまで深く考えないでとりあえず一番流行っているニュースをいうのが一番安全です。

たとえば

  • スポーツニュース「世界大会など」
  • 入社する業界の最新情報
  • 経済情報

などがあります。ちなみにスポーツで世界大会と書いたのは、単純にチームの好き嫌いがないからです。

たとえば面接官の年齢は40代から上の人で男性の人が多いですが、この歳の人は野球が好きな場合があります。

それで「最近は広島が強くて人気がありますよね?」というニュースを言ったとしましょう。しかし男性は広島が嫌いだった場合は一気に気まずい雰囲気になります。

もちろん面接で私情を持ち込む人は、ダメな面接官ですが大企業でもない限り好みで決めるという事もよくあるので、気まずい雰囲気にするのはまずいです。

だから世界大会なら好き嫌いが分かれません。世界大会なら日本を応援するしかないので印象が悪くなる事はありません。

休日の過ごし方は?

意外と多いのが休日の過ごし方を聞いていくる人です。休日の過ごし方を聞く理由は特に採用に関わる部分はありません。

ただ面接官もあなたと言う人が分からないので、世間話を混ぜてどんな人かを知るために質問してきます。

休日の過ごし方は特に、嘘をつく必要はありません。意外と多いのが立派な社会人を演出したくて、「休日はランニングをしています」とか「休日はお金持ちが集まるパーティーに参加しています」とか「セミナーにいって自分を高めています」といかにもフェイスブックでありそうな休日を演出する必要はありません。

アニメを見るでも良いですし、ゲームをやっているでも良いです。アプリをやっているでも何も問題ありません。

特にアプリをやってると言うと、意外と食いつきが良い面接官もいますよ。たとえばパズドラやモンストをやっている人事も意外と多く、もしかしたら話が広がるきっかけになる可能性があります。

そして、趣味のお陰でリフレッシュ出来て、仕事にいい影響が出ます。など仕事にプラスになると言うと、面接官の印象も良いでしょう。

ただ、「アプリで月に10万円使ったことがある」など周りからするとお金の無駄遣いじゃないの?と思われる事は控えた方が良いでしょう。

終盤の質問

面接の最後にくる、質問です。この時点で採用が決まってる場合が多いです。だからと言って諦めたり、油断するのはよくありません。最後まで気を引き締めていきましょう。

  • 過去に病気をした事はありますか?
  • 転勤は出来ますか?
  • 希望部署と違う所でも働けますか?
  • 最後に質問はありますか?
  • 上司と意見が合わなかったらどうしますか?
  • 仕事とプライベートどちらを優先する?
  • 残業は多いですが大丈夫ですか?

終盤の質問で特に多いもの

最後に質問はありますか?

これも、志望動機は?と同じでかなりの確率で質問される一番困ったものです。

本当はここで何か「お?こいつは出来る」と思わせた方が良いんですが、最後に質問は?と聞かれても変な質問をしたら、ポイントは逆に下がってしまいます。

たとえば残業時間、給料、人間関係は良いのか?などを聞かれると「こいつは仕事内容でうちを選んでないな?」と思われて確実に印象は悪くなります。

給料や残業時間で選ぶのは物凄く分かります。それはやりがいがあっても給料が低かったら生活ができないので、仕方ない事でしょう。

しかしそんな本音をグッと噛みしめて、何も言わないか人事が「こいつは出来る」と思わせた方が良いです。

20代で転職をする人だと、新卒とは違い社会人経験があります。そして今の日本の会社では即戦力が求められることが多いです。

なので「すぐに会社の戦力になりたいんですけど、どれくらいの時間で1人前になりますか?」と仕事のやる気は十分にあると伝えればそれで十分でしょう。

転勤は出来ますか?

この質問をして来る時は、すぐに転勤をさせる訳ではありません。1年後、2年後になった時に転勤の可能性があり、転勤が嫌な場合は雇いたくないという人事の本音です。

結局のところ、会社にとって都合のいい存在になってほしいわけなので、転勤をする事も頭の中に入れて欲しいというのが本音です。

この質問の答えはとりあえず「ハイ出来ます」と答えるのが良いでしょう。

ここで出来ません。と答えた場合はそれだけで大きくマイナスポイントになってしまうので、ここは嘘でも出来ると答えた方が良いでしょう。

もちろん内定が決まって、本当に転勤になった場合は断ってしまえば良いんです。ここでは嘘をついても問題はありません。ただ自信がなさそうにすると、「この人は嘘をついてるな」とバレる危険があるので、どうどうと胸をはって嘘をつきましょう。

ただ、求人票に「転勤の可能性なし」と書いてあるのに、聞いてきた場合は一度質問をしましょう「御社は転勤がないと聞きましたが?」こんな風にまず聞きます。

そして「いや、本当は転勤はあるんだよ」と答えたらその会社に行くのはやめましょう。求人票に嘘を書く会社は募集しても人がこない。だから嘘を書いて人を集めてやろうと考えている会社です。

こういった会社は離職率も高く、あなたにとってプラスになる事は無いので内定を貰っても断った方が良いでしょう。

また、「来年から転勤をありにしようと考えている」と答えた場合はとりあえずハイとだけ答えましょう。

この場合は求人に嘘を書いたわけではありません。なのでこの場合はハイと答えてやる気を出す方が良いでしょう。

ただ、入社した時に転勤をお願いされて嫌な場合は素直に断るのが良いでしょう。

希望部署と違う所で働けますか?

これも、よくある話ですが質問の答えは「ハイ出来ます」が一番良いでしょう。

会社も人が足りない時は、新しく雇って育てるより、違う部署の人を貰う方が一番お金もかからないですし、会社の仕事は分かっているので勝手が良いです。

ちなみに部署移動の可能性は十分あります。あるどころか、事務職に希望したのに入社した時に営業職にいかされる事もあるので、注意が必要です。

結局は会社都合で部署も決まるのでそこはしょうがないといえるでしょう。希望した部署じゃない場合は、2つの事が出来ます。

1つはそこの部署で1年程頑張ってみる事です。違う部署に回された時に頑張ってみると面白い発見があります。たとえばあれだけ苦手だと思っていた仕事が案外楽しく感じると言う事。

喋りが苦手で営業なんてしたくないと思っていたけど、やってみたら自分の成績はかなり良くて営業が楽しくなってきた。そういう人も沢山います。

なので、違う部署にいった場合は「もしかしてこの仕事が向いているかもしれない」とチャンスと思った方が良いです。

もう1つはすぐに辞める事です。本当はやりたい仕事があったのに求人とは違う部署に回されて怒りを覚える人が沢山いるでしょう。

その場合は3か月もたたない間に辞めてしまうのも1つの手です。悪いのは会社です。会社が求人詐欺をするからあなたが辞めてしまうのです。

なのでサッサと見切りをつけて辞めるのが良いでしょう。

残業は多いですが大丈夫ですか?

これも意外と聞かれる質問ですが、人事の本音では様々なパターンがあります。

たとえば繁盛記だけ残業があるパターン。求人票には月に5時間しか残業がないと書いてありますが、10月、11月、12月だけ残業が月に50時間を超えるという事もあります。

だから他の月は確かに5時間だけど、3か月だけ残業が多いけど大丈夫?という事を聞きたい訳です。この場合はあなたが3か月の残業を耐えられるなら「ハイ出来ます!」と元気に答えた方が良いでしょう。

ちなみに、繁盛記がある場合は面接官に事前に言われるので、「繁盛期って何月頃ですか?」と素直に聞いて出来るかできないか?の判断をしましょう。

次に嘘を書かれたパターン。本当は月に100時間の残業があるけどそんな事を求人に書いたら誰も来ません。なので月に残業が1時間しかないと書いてしまう事もよくあります。

残業が多いよと聞かれたら「どのくらいの時間残業をしますか?」ときくのが良いでしょう。それで100時間はあるよと素直に言われたら「出来ません!」と答えるのが良いです。嘘を書いた会社はブラック企業が多いので、あなたは行かない方がベストでしょう。

最後に意地悪で嘘を言うパターンです。たまに面接官も「この人は冷静に対処できるのかな?」と思って嘘を仕掛けてくる事があります。そこで対応力をみて内定を決めると言う事です。

まず残業が多いと聞かれたら「どのくらいの残業がありますか?」と言います。それで「たくさんあるよ」と答えを曖昧にされたら、本当はないけどあなたの対応力をみてるよと言う事なので、とりあえず「ハイ出来ます」と答えた方が良いでしょう。

とにかく残業時間が多いと言われたら「どのくらいの残業時間がありますか?」とまずは聞く方が良いでしょう。それで予想以上に多かったら出来ますよ言い、繁盛記など一部の時にしか残業がなく、できそうだったら「ハイ出来ます」と元気よく答えた方が良いでしょう。

特殊な質問

意地悪な質問、いきなり意味が分からない質問をされる事があります。

そんな時の質問集と対策を書いていきます。

  • 字が汚いですね?
  • この会社もすぐに辞めてしまうのでは?
  • 自分を動物に例えると?
  • あなたよりも年上の人しかいないですが?

この会社もすぐに辞めてしまうのでは?

これは前の会社を1年未満で辞めた人によく聞かれる質問です。これは意地悪で聞いてるわけではなく、面接官も不安なわけです。

何回か書きましたが、会社にとってすぐに辞められるのが一番困るわけです。人が辞めてしまうと書類の手続きや人件費など、とにかく会社にとって悪い事しかおきません。

もし聞かれた場合はまず「確かに前の会社はすぐに辞めました。自分が未熟なのはわかっています。ですが心を入れ替えて頑張っていきます」

とまずは自分の能力が未熟だった事を伝えましょう。一番いけないのはムッとして、「いや私が辞めたのは前の会社のせいで…」と反抗する事です。

イラッとするのは分かります。ですがここは抑えましょう。

字が汚いですね

なぜか聞かれる事が多いのが、この質問。

面接官の多くは40代、50代などベテランの人が多いです。この世代の人はまだまだパソコンや携帯がそこまで普及していないので、全ての事は手作業でやっていました。その為、字を綺麗にするのが普通で、字が汚いのを気にする面接官もいるのは仕方ない事です。

この場合もムッとはしないで「そうなんですか?」と聞き返すくらいで丁度いいでしょう。この質問は別に内定とは関係ありません。

余裕がある面接官はこういった遊びを入れる事も時々あるので気にしない方が良いでしょう。

年上の人しかいないですが、大丈夫?

これは、古い会社によくある事です。中小企業で50年以上も歴史がある会社だと若者が入ってこない事はよくあります。

もともと若者に人気がない事もありますが、会社もお金がなくて新卒採用が出来ないという事情があります。

だから一番若くて30歳からなんて会社はよくある事です。この質問の答えは「ハイもちろんできます」と元気よく答えるのが良いでしょう。

ここで出来ませんというのは、何も良いことがありません。余裕がある人は「一番若い人で何歳の人が働いていますか?」と逆に質問するのも良いでしょう。

新聞またはネットニュースをみておこう

とりあえず、面接にいくまえに新聞、出来ないならネットニュースくらいはチェックするのが良いでしょう。

新聞を読むのが忘れたなら、無理に読まなくても良いです。というのも最近はネットのお陰で新聞を読む人が減っています。

40代、50代の人は新聞をよく読みますが、最近はお金がかからない上に、自分の好きなニュースだけをまとめてくれるネットの便利さに気づいた人もいるので、年々新聞を読む人が減っています。

なので、最悪の場合はネットニュースで一番話題になっているものを覚えておくのが良いでしょう。

とにかく冷静に対処する事を覚えよう

一番大事なのは絶対に感情的にならない事です。

意地悪な質問をされて「なんだこのおっさん!」と思ってしまうのはよく分かります。ですが冷静に対処しないと内定を貰う事が出来ません。

それに意地悪な質問をする人も、実はたいして意味があってするのではありません。

能力がたいして高くない人事は、「意地悪な質問をする俺はカッコイイ」と自分に酔ってる人も中にはいます。

もちろん、全員がそんな人じゃないですが、面接官の方が実は能力が低いと考える事は出来ます。

なのでそんな人にムッとしないで、とにかく冷静に対応するのが一番良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする