人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

人間関係で仕事を辞めたいと言う人は沢山います。この記事をみた人も人間関係で仕事を退職したいと思ってる人たちでしょう。

人がなぜ仕事を辞めるか?というアンケートがよく就職サイトで出てくる事がありますが、その理由の1位が毎回人間関係の悩みと言う事が分かっています。

だから人間関係で辞める事は普通なんです。普通なんですけど、人間関係で辞めてしまう場合は注意する事もいくつかあります。

今回は人間関係で仕事を辞めてやる!と思った人はぜひ注意を読んで本当に転職するべきかどうか?をみてください。

辞める前に出来る事はないか?

仕事を辞める前に、出来るだけの対策はしましたか?対策もしたくない、いますぐやめたいと言う人なら別ですが、まだ転職するかどうかに迷っている人はぜひ注意して読んでください。

部署移動をする

まず人間関係が嫌な時の王道な方法です。会社を辞めるまでもなく仕事の内容だけを変える部署移動なら、簡単に人間関係も変わる事でしょう。

とはいっても、あなたは部署移動を上司に言う勇気がありませんよね?

もし部署移動をお願いして、人間関係が悪化したらどうしよう?と部署移動にたいして怖い印象を持っているかと思います。

確かに怖いですよね。部署移動した所で人間関係が良くなる保障もないですし、元の部署の人から裏切り者とおもわれるかもしれません。

なので、無理に部署移動しろとは言いません。しかし転職と部署移動あなたの場合はどちらの方がまだましか?と考えて行動した方が良いです。

出来るだけ距離をおく

あなたは真面目な性格なので、嫌いな上司とも仕事だから話さないといけないと思っていませんか?

確かに仕事に私情を入れるなとはよく聞きますが、仕事が長続きする人のほとんどは自分の好き嫌いで仕事をしていますよ。

たとえば課長や部長クラスになると、気に入らないからと言って、仕事が出来る人の評価をわざと下げる様な妨害工作も普通にあります。

そして部長と喋りたくないと言う理由で、簡単な仕事の報告も自分でやらずに、部下に全てやらせるという人もいます。

私情をはさむなと良く言いますが、実は仕事というのは自分の好き嫌いで全てやることが多いんです。

特に課長、係長、部長と役職がある人だと完全に好き嫌いで仕事をする人ばかりです。

なので、あなたも苦手な人がいたら素直になって、出来るだけ近づかない。近づかないのが無理なら仕事の報告はまとめてする、簡潔に仕事の話をするなどとにかく話す時間を短くすると良いですよ。

話し合ってみる

ですが、その逆で話し合ってみるというのも一つの手です。

人間と言うのは一度苦手意識が生まれると中々直らないものです。例えば一度きつく叱られた上司の事をあなたは苦手になりますよね?

それと同じで、一回でも苦手になった人は、誤解したまま嫌いになっている場合があります。

だから、一度苦手な人に思いっきり近づいてみるのも良いでしょう。しかしこれは最終手段として使うのが良いです。

あなたもわざわざ苦手な上司に近づきたくはないでしょう。話すだけでも憂鬱になるのにじっくりと話し合うなんて難しい話です。

だから「もうこんな会社絶対に辞める!」と思った時、当たって砕けるくらいの勢いでその人と仲良くなる勢いで話してみましょう。

その時に怒られたらそのまま辞める。意外と良い人だったら仕事を続ける。どうせ最後だからと言う理由でやるとかなり大胆な事が出来ますよ。

反抗してみる

もし、あなたの限界がきたら、嫌いな人に反抗してみましょう。

本来は、何を言われても「ハイ」としかいう事が出来ない立場ですが、本気で怒る、叫ぶなどとにかく相手側が驚くような事をすると変わる事があります。

というのも、嫌味を言う人やすぐ怒るひとと言うのは、実はメンタルが弱い人が多いです。メンタルが弱いけど、それを隠すために。もっと簡単に言うと舐められない様にするために、怒鳴ったりする事があります。

なのであなたが思ってもみない事をされたら、上司もかなりビビる事でしょう。それだけで上司があなたに対して優しくなることだってありえます。

ただ、これも限界が来た時にしかやってはいけません。やはり怒ると会社内で気まずくなる事もありえますし、上司と大ゲンカする可能性だってあります。

なので、この方法を試す時は「もう転職しても良いや」と思うくらい疲れている時にやってください。

どうしても退職したい時は?

もし、あなたがこの記事を読んでいる時点で、「もう限界、こんな会社すぐに辞めたい」と思った時の注意を書いていきます。

退職理由はそのまま伝えて良い

まず、退職理由で人間関係で辞めるというのは普通に言っても良いです。この理由は簡単です。どうせ辞めるので会社の人間と仲が悪くなっても問題はないからです。

よく「立つ鳥跡を濁さず」という、辞める時は円満退職にしようとネットや本で書いてありますが、結局仕事を辞めると会社の人とは2度と連絡をとる事はないでしょう。

それこそプライベートでも付き合いがある人なら別ですが、それ以外の場合は本当に連絡がこないです。

それこそ人生で2度と会わないと言う事もよくある事です。だから辞める時も「○○さんが嫌いだから」と言う理由で辞めてしまいましょう。

会社を辞める時は1か月後になる事が多いですが、退職理由をいって気まずくなるなら有給休暇なり、ずる休みをするなどして時間を稼ぎましょう。

大丈夫です。どうせ辞めるのであなたには関係ありません。

次の転職の時は人間関係で辞めた事は言わない方が良い

だけど、次の転職の時には人間関係で辞めた事は言わない方が良いでしょう。

言わない理由としては、面接する方も人間関係で辞めた人を良く思わない事が多いからです。

面接側も人間関係で辞めたと言われたら、「この人はうちの会社でも人間関係で辞めるんじゃないか?」と思われる事が多いため、言ってもあなたのマイナスポイントにしかなりません。

だから人間関係で辞めたと言う事は、いわない方があなたの為になります。

人間関係で辞めるのは恥ずかしくない

人間関係で仕事を辞めるのは恥ずかしい事ではありません。

日本では人間関係で仕事を辞める人が一番多いので、あなたは普通の事をしています。

なので、あの上司が嫌だから会社を辞めたいと思ったら、思い切って退職をするのも全然ありですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする