仕事の豆知識

ハローワークで存在した思わず殴りたくなる求人詐欺まとめ

 

 

求人詐欺というのは沢山あります。

 

 

特に無料で使えるハローワークでは求人詐欺が非常に多く、毎年「入ったらなんか違った」と言う人が後を絶たない状態になっています。

 

そこで今回はサイトの運営者とその友人たちが実際に体験したハローワークの求人詐欺を書いていきます。

 

 

給料面

 

まず、一番多いのが給料です。

 

ハローワークの給料では新入社員でも手取りが20万円もらえます。と求人で書いてあったのに実際に入ってみると手取りはわずか15万円。

 

ネットでよく聞く話では残業代込みで20万円というのがよくあります。しかし残業代が出て15万円という極悪な求人もそんざいします。

 

これ程シンプルな求人詐欺と言うのは存在しませんね。恐らく人が来ないから平気で嘘を書いたと言う事なんでしょう。

 

しかしここまでシンプルな詐欺の求人がハローワークに出ていると思うと怖くてしょうがないです。

 

 

残業なし

 

これも詐欺求人であるあるな事です。

 

やはり、今の日本では残業をなしにするだけで人気の会社になります。それ程日本の会社では残業が当たり前になっている事がよく分かります。

 

だから残業無しにするだけで、面白いくらい応募者が集まるのはよく分かるでしょう。私もその一人で残業なしと言う甘い言葉に騙されてノコノコと面接に行ってしまいました。

 

その時に面接を受けた人数はなんと6人。私の住んでいる所は田舎の方で面接でも3人集まれば多い方ですが、その2倍の人数がきたから驚きです。

 

私も思わず「え!こんなにいるの!」とライバルの多さにビックリしていました。

 

ちなみにそこの面接には落ちて、違う残業なしの会社で面接をして内定を貰いましたが、そこでは残業なしと書いておきながら、夜の9時までは普通に残業があると言うこれもシンプルな詐欺です。

 

恐らく私が落ちた会社も残業なしという嘘求人の可能性が高かったです、

 

 

残業代が微妙に出ない

 

今度は残業代が微妙に出ない求人です。求人にはしっかりと残業手当がつくと書いてありましたが、実際には残業した分の全ては出ないというやっかいな求人です。

 

というのもそこの会社では、元々の残業手当が決まっていて、月に20時間程度の残業代しかでないと言う仕組みです。

 

だから月に40時間、50時間残業をしても20時間分しか残業代が出ないと言うカラクリです。

 

ネットの話では残業代が全てでないと言う事がよくありましたが、微妙に出ないと言うのがかなり厄介です。

 

残業代がゼロと言う事でもないので、怒りにくいですし、といっても残業代が多いわけでもない。

 

これ程モヤモヤした事はないですよ。

 

週休2日

 

週休2日は絶対に休みが貰えますよと言う求人ですがこれも嘘がありました。

 

週休2日と書いてあるのに、当たり前の様に休日出勤をするという光景がよくあります。

 

課長に話を聞くと「うちでは当たり前だから」とすでに洗脳されているようでした。

 

勤務地

 

驚くと思いますが、勤務地ですら詐欺をする求人も存在します。

 

求人でよく見かける「転勤の可能性なし」と書いてある求人でも当たり前の様に転勤をお願いしてくる求人も存在します。

 

 

突然の深夜勤務

 

求人では朝だけの勤務のはずが人が足りなくなったら、朝の人を深夜勤務に移すと言うことをする会社があります。

 

本来人間は朝に活動する動物なので、慣れない人がやると体調が崩れる危険があります。

 

だから深夜勤務をやりたくない人がいる訳ですが、会社都合でやらせるのも流石詐欺求人と感心するくらいです。

 

詐欺求人の会社にいったらサッサと辞めよう

 

求人に嘘を書くような会社は当たり前ですが、まともな会社ではありません。

 

 

下手をするととんでもないブラック企業だったりする場合もあります。なので自分の都合と会わない詐欺求人に出会ったら速攻でやめてしまうのもありです。

 

正社員で入ったならそこの会社は履歴書にも書かない方が良いですよ。なぜならあなたの経歴に傷がついてしまうので。