仕事のマインド

上司に怒られるのが怖いを簡単に克服する方法

 

仕事をやっていると上司に怒られる事は沢山あります。しかしあなたは上司に怒られるのが苦手ですね?

 

怒られるとビクビクしてしまい、怒られた後も1日中凹む事がよくありますね?

 

今回はそんな怒られるのが苦手人の為に、怒られるのが怖いを克服する方法を書いていきます。

 

上司はなぜ怒るのか?

 

 

まず、なぜ上司が怒るかについて書いていきますが、これは2つの理由があります。1つは本当にあなたの事を育てようとして怒る。もう1つがただイライラしているから怒るの2つの理由がある事を知ってください。

 

最初の育てようとしているのは、本当に良い上司なのでメンタルが弱いあなたでも、育てようとしてくれる上司の事は手放してはいけません。これはあなたが成長するチャンスでもあります。

 

ちなみに良い上司の見分け方は単純で飴と鞭がキチンと使えているか?つまり怒るべき所は怒り、褒める所はちゃんとほめる上司が良い上司なのです。

 

ダメな上司の場合は何があっても怒る事しか出来ません。イライラして怒る仕事のミスで怒る、理不尽な理由で怒るなどやりたい放題です。

 

なので怒ってばかりいるけど、あなたの事をほめてくれる人なら、優秀な上司と言えるでしょう。

 

逆に離れた方が良い上司は先ほど言ったイライラしてるから怒る人です。

 

イライラして怒る人は常に気分で仕事をします。機嫌がいい時は多少のミスをしても怒りませんが、機嫌が悪いと思ってもみなかった事で怒られます。たとえば指摘しないと気づかない様な小さいミスでも「ここが間違ってるだろうが!!!」としかりつける事はよくあります。

 

なのでこういった上司からは何も学ぶ必要がなく、むしろ離れた方があなたの仕事の能力も上がりますし、メンタルにも優しくなります。

 

 

あなたの自己評価が低い

 

もし、あなたが常に悲観的な考えを持っているならそれを直した方が怒られるのが怖いを克服できます。

 

というのも人の心理学で「自己評価が低い人は悪く言う人を好み、自己評価が高い人は良く言う人を好む」という心理学があります。

 

つまり、自己評価が低ければ低い程、あなたの事を悪く言う人の事を信じてしまうと言う事です。

 

たとえばあなたはこんな経験がないですか?職場の人が仕事の事でほめてくれたら「こんな仕事は誰でも出来る、俺はまだまだ未熟だ」こんな感じに褒めても全く信用しない事がなかったですか?

 

逆に上司に叱られたら「やっぱり俺の能力はまだまだ低い、だから俺はダメなんだ」とこの様に悪く言う人の事を信用する、こんな事はないですか?

 

これは全て自己評価が低いせいで起こる事です。本来なら褒めてくれたら素直に喜んで良いんですが、自己評価が低い人は中々素直に受け取る事が出来ません。

 

だけど悪い評価の事は、全て信じてしまう。それが評判の良い上司でも悪い上司でも全く同じことです。

 

この様に自己評価の低い人は、仕事で常に自信がないため怒られると凹むやすい性格の人が多いです。なので自己評価を高くする。これだけで怒られても凹まない強いメンタルが出来上がるでしょう。

 

怒られ慣れる事はない

 

 

ネット検索で「怒られ慣れる方法」とか「怒られる 克服」で検索する人がいますが怒られ慣れると言う事は今のあなたの性格では難しいです。

 

というのも、怒られても凹まないようにするのは自分に自信をつける事が一番大事です。

 

メンタルが弱く、自分に自信がない人は怒られるたびに反省する人が多いです。確かに反省する事は大事ですが、1日中反省したり、最悪の場合は休みの日にも失敗した事を思い出して反省する。これでは怒られるたびにメンタルが弱くなるのは間違いないです。

 

ちなみに人間の心理学では「自信がある人ほど反省しない」という研究結果が出ています。やはり自信があると自分のやってきた仕事に間違いがないときっぱり言う事が出来ます。

 

なので、たとえ上司が間違っていると指摘して怒られても問題ないです。なぜなら自分に自信があるので上司の方が間違っていると思うからです。

 

よく「怒られて凹むのは怒られた回数が少ないからだ」と言われていますがそれは違います。自分に自信がないせいで怒られるのが怖いと思ってしまうんです。

 

だから自分に絶対の自信を持つことで、怒られる回数が少なくてもメンタルが丈夫になります。

 

強くなろうと思わない

 

メンタルが弱い人は、とにかく心を強くしようと頑張りますがそれは逆効果です。

 

メンタル無理やり強くするというのは自分の性格を変えないといけません。

 

性格を変えると言う事は自分の今までの常識を変えると言う事です。なので無理やり強くしても逆にあなたの精神が疲れるだけです。

 

なので強くなろうと思わないで下さい。強くなろうとしないで今のあなたの性格を受け止めて「この性格でも良い」と思えるようになるとメンタルは自動的に強くなります。

 

この性格でも良いと思えるのも自分の性格に自信を持つことで出来る事です。どんな事でも自信を持つことで全ては変わりますよ。

 

上司のプライベートにも問題があると思う

 

 

実は問題があるのは上司の方かもしれません。

 

先ほど少し言いましたが、イライラして気分で仕事をする人はプライベートで確実に問題を抱えています。

 

例えば家庭持ちの場合、妻と仲が悪いとか離婚裁判をしている最中などがあります。妻以外にも子供が話してくれない。喧嘩をしているなどがよくある事です。

 

そして妻と子供とも仲が悪いなら家に居場所がありません。本来自宅というのは会社の疲れを癒すためにある場所なんですが、その自宅に居場所がないならストレス発散が出来ません。

 

だからストレス発散を仕事でやっていると言う人もいます。ちなみにこう言う人に限って休日に趣味がなく、仕事と家を往復して生活しているだけの人というのも多いです。

 

その逆の人もいて、仕事でたまったストレスを家庭で発散する。つまりニュースでよくみる虐待をする父親というのもそう言う事です。仕事でストレスがたまり、妻と子供に暴言を吐いたり殴るなどの暴行をする。

 

ちなみに仕事でも家庭でも発散できない場合はお店で発散します。どういうことかと言いますと、クレーマーがその人たちです。

 

最近はモンスタークレーマーと言って、てきとうな言いがかりをつけて文句をいうクレーマーが増えていると聞きます。

 

クレーマーの中にはもちろん、商品に不備があったから取り換えをしたいと言う人もいます。しかし先ほど言ったようにストレス発散の為にクレームをつけると言う人もいます。

 

やはり人間はストレスが溜まるとどこかで発散しないといけません。

 

仕事で上司がイライラして怒るのはあなたにストレス発散をしようと考えています。理不尽かもしれないですが、そう言った事もあると考えるだけで落ち込むのが馬鹿らしくなってきますよ。

 

 

孤立をしてると狙われる

 

なぜか分からないけど、人によって怒られる人と怒られない人の2種類いますよね?

 

たとえば、あなたが怒られたミスと同じミスを違う人がやっても、見逃されるということがあります。

 

「なんでミスをしてるのにあの人は怒られないの?」と思うかもしれませんが、それはあなたが孤立している可能性があります。

 

「ストレスの整理が上手い人下手な人」と言う本に書いてありますが、孤立しているとパワハラを受けやすいと書いていある文があります。

 

職場内で孤立している人間がターゲットになりやすいことです。いじめやすい部下、誰もかばってくれないだろうと思われる社員にパワハラが向けられます。

それから上司は権力を持っていますから、一度パワハラがまかり通ると職場の了解が生まれてしまいます。

引用元:ストレスの整理が上手い人下手な人

 

流石にパワハラとまではいかなくても、怒られやすいという人とパワハラを受けやすい社員というのはほとんど同じ性質と言えるでしょう。

 

たとえば社交的な人と人とあまり喋らない人では、喋らない人の方が孤立しやすいので怒られやすさは上がります。

 

それに普段から上司と仲良くしてる人は、多少のミスでも好感度のお陰で怒られない事もよくあります。

 

つまり、怒られるのが怖いなら上司と仲良くしておけばいいです。

 

もちろん上司と仲良くするのはいきなり難しいかもしれません。

 

だったら、上司と共通の話題で喋ってみれば少しずつ仲良くなります。

 

たとえば上司が釣りが好きなら、自分では釣りをやってみて上司のそれを話してみる。

 

映画が好きなら、最新の映画をみて一緒に話してみるのが良いですよ。

 

「好きでもない趣味をやりたくもない」と思うかもしれませんが、上司と同じ趣味を持つことが一番話しやすくて、上司と仲良くなる一番の近道でもあります。

 

真正面から受け止めない

 

メンタルが弱い人は全ての事を真正面から受け止めすぎです。

 

上司がお前の仕事は遅すぎると言われたら「俺の仕事はそんなに遅いのか…はー嫌になる」と100%反省する癖はよくありません。

 

いった上司もあなたに怒った事を2時間もすれば半分も覚えていません。なので真正面から言われた事を反省するのだけはやめた方が良いです。

 

むしろ怒られても半分くらいは聞き流す事や、頭の中で今晩の夕飯の事を考えて、てきとうに流すくらいがちょうどいいです。

 

とにかく真面目に聞かない事。怒られても「あ…怒られた」くらいのてきとうな気持ちで聞くのが一番良いでしょう。

 

 

他人のせいにする

 

 

メンタルが弱い人は全てを自分のせいにしすぎです。

 

怒られた原因は全て自分のせい、上司がどれだけ理不尽な事で怒っても自分のせい。全ては自分のせいにしてはメンタルが弱ります。

 

あなたに必要のは他人のせいにする考えです。例えば上司が仕事のミスを怒ってきたら「うるさいなー忙しかったらミスくらい出るじゃん」と心の中で言い訳をしましょう。

 

この言葉を出してはいけませんよ。出したら喧嘩になるので心の中でとにかく文句を言いましょう。

 

もし上司の言ったとおりにやって仕事のミスが出る。そして上司に「なんでこんなやり方で仕事をやったんだ」と怒られたとしましょう。

 

そうしたらあなたは言葉では「すいません」と謝ります。しかし心の中では「お前がやれっていったんだろうが!!!」と心のなかで文句を言いましょう。

 

これも言ってはダメですよ喧嘩になるので。

 

この様に表面上は謝って反省している様にみせて、心の中では私の方が正しい上司が間違ってると思いましょう。そうするとイライラはしますが、自分が正しいと言う自信をつける事が出来ます。

 

 

心のなかで毒を吐く

 

先ほどやった心の中で文句を言うの強化版です。今度は心の中で毒を吐きましょう。

 

例えば「この書類にミスがあるぞ!なんでこんな仕事も出来ないんだ!」と怒られたとしましょう。そうしたら「うるさいなハゲ!!その程度のミスでグチグチうるさいんだよ!」と心の中で言いましょう。

 

これも口で出してはいけませんよ、絶対に喧嘩になるのでここは抑えめにいきます。

 

そして上司が「はーこれだから最近の若者はダメだ」と定番のセリフを吐いたら「はーこれだから最近の中年のじいさんはダメだ」と心の中で毒を吐いてしまいましょう。

 

これも言って駄目ですよ、下手をするとクビになるので(笑)

 

とこの様に全ての事を自分のせいにするのではなく、相手の責任にする事で怒られるのが怖いがなくなります。

 

その変わり怒られるたびにイライラする事がありますが、凹んでしまうよりは全然いいです。

 

なので普段は言えないような毒を心の中で吐きまくりましょう。

 

 

休日にもビクビクしてしまう場合は?

 

 

メンタルの弱い人のあるあるで、休日中にビクビクすると言う事があります。

 

これは仕事で特に心に残った嫌な経験を休日に思い出してしまう事です。

 

  • 恥ずかしい
  • 悲しい
  • 死にたい
  • 仕事したくない

 

と思い出しただけで嫌な感情がドンドン出てくるので、これは正直辛いといって良いでしょう。

 

そんな休日にビクビクする人は、とにかく熱中できる趣味を見つける事が一番です。

 

あなたに足りないのは、メンタルを強くする事でも、上司の会話を避けるテクニックでもありません。

 

休日が楽しみになるくらいの趣味を見つける事です。

 

あなたの休日は

 

  • アプリでスタミナ消費
  • 積みゲーの消化
  • 2ちゃんでニュースをみる
  • お気に入りのサイトの更新チェック
  • YouTubeで動画鑑賞

 

などじゃないですか?これでも楽しんでいるなら趣味と言えますが、別にやらなくてもそこまで問題ではないと思います。

 

熱中できる趣味というのは、休日にやらないと落ち着かない、体がムズムズすると言うくらいの熱中です。

 

もしこれだけのハマれる趣味があったら休日に嫌な事を思い出すと言う事も忘れるでしょう。

 

それどころか、会社にいくときも休日の事を考えてウキウキする事は間違いないです。会社の人間関係とは違う、気をつかわない友人関係、お互いの好きな事を話せる関係、職業、役職、性別の壁もおかまいなしの関係。

 

趣味が合う人と休日にあうだけで精神状態は非常に安定します。

 

まとめると心が癒される事を休日にすると、怒られるのが怖いと感じる事はなくなります。

 

 

どうしても合わない上司はいる

 

ちなみに、どうしても職場に合わない上司というのは出てきてしまいます。

 

そういった合わない上司とは、出来るだけ近づかない方が良いでしょう。メンタルが弱い人がやってしまうのが、慣れるために無理やり近づいてしまう事です。

 

無理やりにでも近づいても、会話能力が高く無いと余計に関係が悪くなる場合があります。

 

なので合わない上司とは仕事以外で出来るだけ近づかない。そして仲良くなる事は不可能と考えて諦める事も大切です。

 

 

大切なのはあなたのメンタルがビクビクしない場所を探す事

 

 

そして一番大切なのは、あなたのメンタルが落ち着けるような環境に行く事です。

 

結局のところ、仕事は長く続けられたらそれだけで安定します。たとえ大企業にいっても公務員になっても辞めてしまったら、仕事は一からやり直しになります。

 

40歳まで大企業で働いて、会社を辞めたら転職に苦労します。今の時代は高齢化社会のお陰で30代までは若手に見られますが、40代になるとやはり年齢が高い人に感じるでしょう。

 

だからどれだけ実績をもった40代でも20代の若さには結局叶いません。会社側も採用するなら20代の若手の方を優先して採用するでしょう。

 

なので、結局自分が一番働きやすい環境にいくのが一番良いです。どれだけ小さい会社でも自分が楽と思える場所ならそれがベストな職場です。

 

人間関係が良い所に行けば、あなたが「上司が怖い」と思う事もなくなるのでやはり人間関係で会社を決めるのが一番良い選択です。

 

もし、あまりにも辛い場合は転職を考えてみても良いですよ。

 

辛い事を我慢するのももちろん大事ですが、頑張りすぎてうつ病になったらそれこそ大変な思いをします。

 

たとえば転職エージェントというサービスは、あなたの転職を無料で支援してくれるサービスで、土日にも営業してるので相談だけでもいってみる価値はあります。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

 

それに、リクナビNEXTというネットの求人サイトがあるんですが、ネットなので会員登録をすれば今すぐ使えて、沢山の求人を探すことが出来ます。

 

今より待遇が良い職場は探して見ると沢山ありますよ。

↓↓↓

リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

 

関連記事:製造業をやりたい人が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント!