仕事の人間関係でストレスの原因とは?

仕事の人間関係でストレスの原因とは?

仕事のストレスの半分以上は人間関係にあると言ってもおかしくはないです。

仕事を辞める原因として毎回1位にあるのが「職場の人間関係」で仕事が嫌になる人がいます。

特に日本では周りの合わせてしまう人が多くいて、人間関係で嫌な事があっても言い出せない人が沢山います。

そこで今回は職場の人間関係の根本的なストレスの原因を書いていきます。

上司が嫌い

恐らく、このサイトを見ている人が上司の事が大嫌いでしょう。

  • すぐ怒鳴る
  • 理不尽な命令をする
  • 嫌味が多い

など、メンタルが弱い人にとっては心がズタズタになる事が多いです。

しかもメンタルが弱い人は「上司が嫌いなのは自分の考え方のせいかな?」と自分のせいにする事があるので、これでは余計にメンタルが傷ついてしまいます。

1つ言いますと上司が嫌いなのは当たり前です。やはり職場にいるとどうしても合わない上司がいるのは人間として当たり前の事なのでたいして問題はありません。

メンタルが弱い人は怒鳴る人が嫌いですし、メンタルが強い人も理不尽な事で怒鳴る上司は大嫌いな事が多いです。

ちなみに「上司は俺の事を叱って育てようとしてくれている」と考える人もいますが、これはキチンと見極める必要があります。

確かに上司の中には本気で叱ってあなたを育てようとしてくれる人もいますが、ただストレス発散の為に怒鳴っている酷い上司も中にはいます。

ちなみに育てようとしてくれる上司の人は、飴と鞭の使い方が非常に上手いです。一度叱ったら次は些細な事でも仕事の事を褒める事があるでしょう。

この様に叱るのと褒める事のバランスが良い上司は、あなたの事を育てようとしてくれています。

あなたが真面目過ぎる

職場の人間関係でイライラするのはあなたが真面目過ぎる事が原因です。

あっ!訂正をすると真面目なのは非常に良い事です。仕事で真面目だと他人から信頼される事が多く、真面目と言う長所があるお陰で役職が付く場合もよくあります。

しかし真面目な人は「白か黒か」「100か0か」で物事を考えてしまう癖があります。

例えば

  • 仕事をさぼるのは絶対に悪い事
  • 仕事中に喫煙所にいくのはありえない
  • 企画書は誤字脱字は絶対にダメ

とこの様に思う人が多いです。確かにどれもやるのは良くない事ですが、絶対にダメという事でもありません。

仕事をさぼるにしても、毎日全力で仕事をしたら疲れてしまうので手を抜く事も大切な事です。

喫煙所でサボるのも仕事で上手い事休憩をして、職場で長続きするのは大切な事です。

企画書の誤字脱字だって場合によっては問題がありません。企画書というのはそもそも会社内でしか使わない事が多く、意味が分かればそれだけでも十分企画書の役割をしてくれます。

この様に場合によっては別に問題は無い事が多いです。

仕事でサボる人をみるとイライラするし、仕事がてきとうな人をみるとイライラする。これはあなたが物事を白か黒かでみている証拠です。

なのであなたも少し真面目な部分をなくしてみましょう。そして○○でも良いと頭の中で言う様にしましょう。

仕事でサボっても良い、誤字脱字があっても良い。○○はダメという考えを少しずつ抜くと人間関係でも疲れる事がなくなりますよ。

お局様が嫌い

職場には長く働いて地位があるお局様と言う存在があります。

お局様は基本的にその地位を使って仕事を押し付けたり、嫌味を言ったり、理不尽な事を言って相手が困るのを楽しむという事があります。

そしてメンタルが弱い人もお局様は苦手な人が多いです。

お局様は基本的に厳し人が多く、しかもストレスを発散しようとかそう言った事で怒る人も多いです。

基本的にお局様はそこまで仕事が出来る人が少ないので、こういった人には出来るだけ近づかない事が重要です。

上司の言っている事が理不尽

上司の言っている事が理不尽でストレスが溜まるのはよくあります。

  • 指示の内容が違う
  • 自分のせいじゃないのに怒られた
  • 気分で対応が違う

など言っているときりがないくらい、上司の理不尽な事は沢山あります。

これも確かにストレスが溜まります。特に100%自分のせいにされると怒りがわいてきますよね?

しかし、これも反論してはダメです。口の上手い人や周りの事を気にしない人なら反論してもいい勝負が出来ますが、メンタルが弱い人は喋るのが苦手で上司の圧に負けてしまう場合があります。

あなたも「理不尽な上司にはしっかりと反論しろ」なんていわれても「そんな事出来たらとっくにやってるよ!」と怒りますよね?

だったらなおさら、反論はしない方が良いです。出来るだけ何も言わずに反省してる風に見せる事によって、理不尽な上司の怒りもはやくおさまります。

そして怒られている間は「今日の晩御飯はなにかな?」と仕事とは全く関係ない事で頭の中を埋めましょう。

2人の上司から仕事を教わっている

意外と多いのが、2人の上司から仕事を教わっていると言う事です。

2人の上司から仕事を教わっていると何がストレスなのか?それは「2人とも教え方が全く違う」ことです。

やはり仕事がマニュアル化されているとはいえ、人によっては教え方がまるで違う事もよくあります。

wordやExcelの作業でさえ個性が出るので、2人の上司から教わったら違う事が沢山出てくるでしょう。

そして一番ストレスが溜まるのが「なんで教えたとおりにやらないの!」と怒られる事です。2人の上司から仕事が教えられるため、仕事のやり方は当たり前ですが全く違います。

そして、仕事のやり方が違うと上司は指示通りに仕事をやっていないと言われる。そして怒られた後に仕事のやり方を変えると「あれ?俺はこうやって教えたはずだけど」と言う風に怒られます。

永遠と「教えたやり方じゃない」と言われ続けるのでこれでは非常にストレスが溜まります。

そういう場合はどちらか1人の上司の言う事を聞く方が良いでしょう。

どちらか仕事がやりやすい上司の言う事だけきけば、教えたやり方でやってと言われることもないですし、何より仕事に一貫性が持てるので成長も早いです。

なので、2人以上から教えて貰っている場合は誰か1人の上司に仕事を教わり、後の人は断る様にしておきましょう。

「これだから若い人は」という

30代になると「これだから最近の若者は」という言葉を出す上司が出てきます。

これはイラッとしますよね?自分が若者であった過去も忘れて、自分たちが一番良いと勘違いをするオジサンたちには非常にイラッとします。

こういう時の対処法は綺麗に受け流す事です。いきなり言いますが、「これだから最近の若者は」と言われるのは世界共通の文化とも言えます。

年齢が高くなると若者の文化を受け入れられずに、自分たちの時代が一番良かったと勘違いをする人が沢山出てきます。

例えば今の時代はスマホ依存の問題が出ていますが、少し前はガラケー依存の問題やパソコン依存の問題が沢山出ていました。

しかしおじさんたちは、自分たちの時代の問題も忘れて「最近の若者はスマホばかりみている」と言う様になります。

おじさんたちの時代も「最近の若者は携帯ばかりみている」「最近の若者はパソコンばかりみている」など同じような事を言ってきました。

だからこれは一つの文化と思って楽しんだ方が良いでしょう。

ちなみにあと10年もすればあなたも「これだから最近の若者は」という時が必ずきます。

陰口大会が酷い

陰口を昼休みの時間に沢山すると言う職場がよくあります。

あなたは陰口が嫌いですが、毎回の様に陰口大会に参加させられると言う事はないですか?

そして聞きたくもない陰口を永遠と聞かされるのは苦痛でたまりません。しかも大事なお昼休みの時間すら失っているので良い事なんて一個もないわけです。

陰口を言う人の心理として、自分が中心の的になりたいから。という事があります。

人は誰しも、認められたいとか目立ちたいと思う承認欲求というものが存在しています。

その承認欲求を満たすために一番簡単な方法が、人の陰口や噂話を流す事なんです。

例えば苦手な上司の悪口大会をすると確実に職場の中でグループが出来ます。やはり1人が苦手な上司は2人、3人、4人と苦手な人が出てくるので仲間が出来ます。

その時の「俺はあの上司のここが嫌い」とハッキリ言って同意されるとそれだけで承認欲求が生まれます。

そして嫌いな上司の事で盛り上がる事で、自分たちの仲間意識を作る事が出来て、自分も話の中心の人になれるので嬉しく感じるのです。

まとめると、ただのストレス発散です。

メンタルが弱い人は関わらないか転職をしよう

メンタルが弱い人はとにかく関わらないようにするか、転職をした方が良いでしょう。

仕事ができない事のストレスや、給料が少ない事のストレスはある程度は何とかできます。

仕事は1年もすれば慣れてきて、楽になる事が多いですし、給料が少ない場合は副業をすれば何も問題はありません。

ですが人間関係のストレスだけは、どう考えても対処法が中々ありません。

例えば、いきなり「気にしないようにしよう」と言われても「それが出来たら苦労しないよ!」とあなたは怒るでしょうし、「上司にハッキリと言いたい事を伝えよう」と言っても「だからそれが出来たらネットで検索しないよ」と思う事があります。

だから根本的な解決として、転職をするか出来るだけ関わる時間を少なくするのが良いです。

関わる時間を少なくするのは部署移動をするか、そもそも上司を変えて貰うかなどの方法がありますし、どうしても嫌いなら転職をして職場を変えるしかありません。

限界がきたら思い切って職場を変えないと人間関係が中々直る事がありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする