職場の人間関係がくだらないと思った時の対策

職場の人間関係がくだらないと思った時の対策

いま、このサイトを見ているあなたは少なくとも「なんで職場の人ってこんなにレベルが低いの?」「なんで社会人の人間関係ってこんなにやりづらいの?」などとにかく職場の人間関係のくだらなさについて怒っていると思います。

確かに職場の人間関係はある意味学校より酷く、みにくく、くだらないものです。

そこで今回は職場の人間関係がくだらないと思った時の対処法を書いていきます。

人の悪口を言う人がくだらない

恐らく、あなたが一番思っているのはこれじゃないですか?とにかく人の悪口を言う事。

たとえば、昼休みになると4~5人くらいで集まって、他の人の悪口や噂話をペラペラしゃべっている人、絶対に職場にいますよね?

確かに、悪口をいっても何も変わらないし、悪口がきらいなあなたにとっては聞いてても何も得がない事です。

だけど、昼休みになると他の人が声をかけてあなたも話に巻き込んでくるので、聞きたくもない悪口をしてくる。これはもう辛いとしか言いようがありません。

まず、悪口を言う心理は2つの意味があります。

まず1つ目が相手を蹴落としたいと思う心理です。職場は皆で協力して成果を上げる。そんな場所の様に思えますが、実際は全く違います。

実際の職場は競争社会で特に男性は、人と比べる事が大好きな生き物なので常に自分がトップになっていないと気が済みません。

だから相手の悪口を言って、ライバルの評価を下げて自分の評価を上げようと言う考えから、人の陰口を言う人がいます。

こうやって書くとあなたは「いや、相手の陰口を言ったら自分の評価が下がるじゃん」と思うかもしれませんが、陰口を言っている本人はそんな事全く思っていません。

むしろ、陰口を言う事で自分が正しい情報を伝えているという優越感を味わってるので、あなたが嫌いな陰口グループはいま、最高に楽しんでいます。

もう1つの心理は「自分が話の中心になりたいから」と言う事です。

人間は誰しも承認欲求という、他人から認められたい、褒められたいという欲求を持っています。

たとえばSNSで写真をあげていいねが沢山欲しい人は、その典型的な例です。知らない人でも良いから褒められたい、凄いって言われたいから、SNSで盛り上がりそうな写真を撮る人が沢山いるわけです。

そして、陰口を言うのは単純に「俺はあなたたちの知らない情報を持ってる」そして「その情報を言う俺って凄くない?」と思われたいだけなんです。

じゃあ「なぜ陰口なの?最近自分にあった面白い出来事の方が良いんじゃない?」とおもうかもしれませんが、人は意外と他人の私生活に興味がない事が多いです。

遊びに行った、美味しいものを食べたでは意外とインパクトが弱く、承認欲求を満足させる事が出来ません。

しかし、他人の噂というのは誰もが興味が出てくる事です。芸能人の熱愛話が何年経っても盛り上げるように、職場の噂話というのは誰もが興味ある鉄板ネタだからです。

それこそ、課長が退職するかもしれない。と言う噂が出て来たらあなたも興味があるでしょう?

なので職場の噂話や陰口は、その職場にいたら誰もが興味の出る鉄板の話なので、本当ではなくても陰口を言って、話を盛り上げようとする人がいるわけです。

ちなみに陰口を言う人を避けたいと思っている人は、まずてきとうに相槌をうって聞き流すか。会話能力に自信のある人なら「それより、○○の仕事の事で分からない事があるんですが」といい、話をそらすことをした方が良いです。

自分がてきとうになろう

あなたは非常に真面目な人間です。もしかすると職場の中で一番真面目と言う可能性も出てきます。

真面目なのは仕事で信頼されやすいので非常に良い事ですが、やはり真面目過ぎると疲れが出てきてしまいます。

そして、真面目な人は他人にも自分にも厳しい事がよくあります。

なんであの人は仕事がてきとうなんだ。なんであの人は片づけが出来ないんだ。と自分が出来ている事を相手にも同じことを要求しようとしています。

だから、なんで陰口なんてくだらないことをしているんだ。と怒ってしまいます。

陰口をしている人にたいしてイライラしたら、こちらが疲れてしまうので必要な事は○○で良い、と思う事です。

片づけが出来なくて良い、陰口を言っても良い。こんな風に○○は良いと思う事で自然と陰口に対してイライラしなくなります。

もともと、陰口を言う人に「陰口は止めた方が良いですよ」といっても無視をされるか、喧嘩になるだけ。

だったら自分が変わる事が一番手っ取り早いです。

相手に期待してはダメ

陰口を言う人に基本何をいっても直る事はありません。

先ほども言いましたが、「陰口はやめた方が良いですよ」と言っても結局口論になるだけなので、言わない方があなたの為です。

そして、陰口を言う人は出来るだけ無視をして、関わらないようにする方が良いです。

陰口を言う人は死ぬまで一生陰口を言う癖は直りませんし、あなたも相手をするだけ無駄です。

確かに昼休みに強制的に話してきて回避が不可能かもしれませんが、相手に何も期待をしないでてきとうに相槌をうって頭の中では「今日の晩御飯は何かな?」と全く違う事を考えておきましょう。

受け流す技が大事

結局のところ職場の人間関係がくだらないと思う人は真面目に考える事が多いです。

真面目に考える事は確かに素晴らしい事ですが、あなたは全ての出来事を真正面から受け止めすぎです。

仕事を長続きするコツは手を抜くこと。どうでも良い言葉は受け流す事。そうするとあなたの心も楽になりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする