【職場の悩み】上司の人間関係が辛いと思った時の対処法

【職場の悩み】上司の人間関係が辛いと思った時の対処法

20代の男性は職場の人間関係で一番苦労するかと思います。

やはり20代と言う若さのせいか、職場では年上の人しかいないというのはかなり辛いですよね?

しかも上司との性格が合わないとそれこそ地獄のような生活が待っているかと思います。

そこで今回は上司との人間関係に困っている時の対処法を書いていきます。

細かいミスを指摘する人の場合

上司の中にはとにかく細かい仕事をする人がいます。

誤字脱字はもちろん、どんな時でも細かく指摘してダメ出しをする。もちろん指摘してくれる事はありがたいですが、「これってそこまで細かく注意する必要ある?」と思う事があります。

上司がとにかく細かく指摘するのは、自分の立場を守るためにやっている可能性があります。上司も今の立場を失いたくないと言う人が非常に多いです。若い時にあなたと同じように苦労して手に入れたポジションなので、上司は必死になって守ります。

守り為にはまず自分が上の立場にあるという事を周りに知られないといけません。そして自分が上の立場にいる事を知られるために一番簡単な方法は仕事のミスを指摘すると言う事です。

やはり、人間はとにかく楽をしたい生き物なので、まずは簡単な事から始める事が多いです。

だからとにかく細かい所まで指摘する。注意する。助言をするなどをしてとにかくあなたや周りの人に上司という事を分からせないといけません。

最初は細かい所までは指摘しなかったけど、仕事のミスを言えば言う程「自分が出来る上司になっている」と錯覚を起こしている場合があります。

なので細かく指摘する人はあなたの事が嫌いなわけではなく、ただ自分の立場を守るためにやっている事なんです。

もちろん、本当にあなたの事を思って指摘する場合がありますが、そう言う人の場合は飴と鞭の使い方が上手く、指摘した後に良かった点を言う事が多いです。

なのであなたは何も気にしてはいけません。むしろ自分の立場を失うのが怖いと思っている上司を応援するくらいの余裕を出しましょう。

謎の習慣を始める人の場合

謎の習慣とはラジオ体操や、トイレ掃除などとにかく今までになかった事を急に始める事です。

これは社長や部長などが積極的にやることが多いですが、正直謎の習慣を始められるのはこちらが迷惑です。

何故いきなり社訓を全員で唱え始めるのか?なぜ朝のラジオ体操を始めるのか?などの意味が全く分かりませんよね?

謎の習慣を始める原因としては、社長が自己啓発本を読んで影響された場合が高いです。

自己啓発本というのは「成功者になるための法則」や「お金持ちになるための習慣」というタイトルの本です。よく聞く胡散臭い分類に入る本になります。

こういった自己啓発本の多くは毎日の小さな習慣が大事と書かれている場合が多いです。

例えば成功した経営者はとにかく掃除を大事にして来たとか。世界的な社長の多くは朝に運動をしていた。などこういった習慣を大事にする事で経営が上手くいくと書いてある場合が多いです。

だから社長はこれを鵜呑みにして「なるほど、経営を良くするには朝の運動や掃除が大事なんだな。そうだ明日から会社の人たちにラジオ体操と、朝の掃除をやらせよう」そんな発想になります。

そして社長から意味のない朝の謎習慣が始まると言う仕組みです。

実際の所こういった習慣だけをしても全く効果がありません。というのも成功している経営者は経営方法や仕事の心構え、仕事のやり方などが全て違います。

自己啓発本に出てくる経営者はあなたの社長とはまず経営者としてのレベルが段違いに違うので、真似をしてもまず上手くいく事がありません。

しかも成功している経営者は「何で朝の運動が大事か?」「なぜ掃除が大事か?」の本質がしっかり分かっています。

しかしあなたの会社の社長は「なんで朝の運動が大事か?」という本質的な部分をまるで分っていないので、やっているだけでは成功する事がありません。

ちなみに、朝の謎の習慣を始めた場合は、とりあえず諦めて会社にしたがいます。

そして出来る事なら、社長の始めた謎の習慣の意味を探して見て下さい。謎の習慣をする事で何の得があるのか?仕事に何か関係があるのか?を調べてあなたが逆に成功者になるくらいの勢いで謎の習慣を始めてしまいましょう。

怒鳴る人の場合

メンタルが弱い人が最も恐れる人が、大声で怒鳴る人です。

そもそも軽く注意をされただけで落ち込んでしまう程メンタルが弱いのに怒鳴られる事になったらもっと落ち込んでしまいます。下手をすると1週間は同じ事で凹む人だって沢山います。

まず、すぐ怒鳴る人の心理ですがこれは、相手を制圧したいという気持ちが非常に強いです。

やはり上司という立場なのが先ほども言ったように上司らしく立ち振る舞わないといけないと言うプレッシャーを感じています。

そして上司と部下という立場を分からせる為に一番簡単なのが怒鳴る事です。誰だって怒鳴られるのは嫌いなので、一度怒鳴る相手だと分かると簡単には逆らえなくなります。それをうまく利用した人間の心理です。

だからすぐ怒鳴る上司はあなたを制圧して扱いやすくしたいと言う心が隠されています。

例えばあなたが苦手なすぐ怒鳴る上司は、「部長など立場が上の人には絶対に怒鳴りませんよね?」どれだけ社長がミスをしても、部長が仕事で失敗をしてもその人は決して怒鳴る事はないでしょう。

つまりはそう言う事です。あなたの立場が下のお陰で怒鳴られる事が多いんです。

ちなみに、怒鳴られた時の対処法は相手の怒りがおさまるまで待つのが一番良いでしょう。

やはり怒鳴られた時は相手に何を言っても無駄です。完全に自分のせいじゃないとしても反論したら訳が分からない理由で怒鳴ってくる事が多いです。

「なんでこんなミスをしたんだ!!」

「課長がこうやれって言ったんですよ」

「俺がそんな事いうわけないだろ!!!」

こんな風に100%相手が悪かったとしても、相手は怒りに任せてこちらを怒ってくるので反論してもとにかく怒ってくるので基本的に何を言っても無駄です。

なので心の中で「このクソ課長、言ってる事が全然違うじゃねーか!!!」と心の中でストレス発散をしながら「ミスをしてすいません」と謝るのが一番良いでしょう。

社会人はそんなものと言う人の場合

30代になると社会人の荒波に飲まれて何もかも悟ってしまう人が沢山出てきます。

例えば残業が多すぎる事を言ったら「社会人は皆残業がある」と言う人がいます。

この様に諦めてしまい、給料の事も人間関係も残業の事も全て「社会人だから」という理由で片付ける人がよくいます。

確かに諦める部分もあるわけですが、あなたはまだ社会人だからと言う理由で諦めてはいけません。

「残業があるのが当たり前」と言う人がいますが、全くそんな事もありません。世の中には定時で仕事をきっちり終わらせて帰れる人も沢山います。下手をすると暇すぎてネットサーフィンくらいしかやる事が無く、仕事中の70%は喋っていると言う職場もあります。

人間関係はどこの会社も悪いという人もいますが、そんな事もありません。職場を変えれば人間関係が良くて、あなたの精神が平和に過ごせる場所も沢山あります。

給料もそうです。安いといっているけど、安かったら高い職場に転職をすればいいですし、副業をすれば自分で給料を作る事も可能です。

「社会人だから」と言う人は何も工夫をしないで毎日をてきとうに過ごしているせいです。なので社会人だからと言う理由で全てを諦めてしまう人の話は一切無視をしましょう。

それこそ「いや、残業がない会社は世の中に沢山ありますよ」と心のなかで毒を吐きましょう。決して口に出してはいけません。口に出したら口論の元になりますから。

他の会社はもっと厳しいと言う人の場合

怒られた後に「他の会社はもっと厳しかったぞ」という人がいますが、これも気にしてはいけません。

そもそも他の会社はもっと厳しかったと言う人はそこまで他の会社の事を分かっていません。

転職の回数が1回や2回しかしていない人か、それこそ転職のやり方が下手で、ハローワークくらいしか使った事が無い人たちでしょう。

それに他人の感覚なんて全くあてになりません。あなたは今の会社で辛いと思ってるならそれが一番辛いです。

他の人が「この会社は楽な方」と答える事がありますが、その感覚を信じてはいけません。それは30年生きてきた人と20年生きてきた人ではストレス耐性も違って当然です。

だから今一番辛いのは当然です。他の会社はもっと厳しいと言われてもそんなのは知りません。だから「今の会社はまだ楽な方なんだな」と洗脳されないで下さい。

もっと楽な会社なんて世の中には山ほどありますから。

虐待された子供は虐待をする心理

ちなみに、会社でよく怒鳴る人や嫌味を言う人、パワハラをする人などがいますが、ああいった人の多くは昔から嫌な人ではありません。

あなたが嫌いな上司も20代の頃は、あなたと同じで大人しい人や真面目な人が多かったです。

しかし今のあなたと同じように「上司から怒鳴られ、嫌味を言われて暴力をされた」そういった過去がある人が多いです。

しかしそういった辛い過去があるのになぜ嫌な上司になってしまうのか?

これは人間の不思議な心理で「虐待をされた子供は大人になると子供に虐待をする」という人間の心理状態とよく似ています。

例えば20代の頃に「仕事は辛くてつまらないもの」と教えられ人は一生「仕事は辛くてつまらないもの」と思うようになってしまいます。

逆に「仕事は面白くて楽しい事」と20代で教えられた人は一生「仕事は面白くて楽しい事」と感じるようになります。

たとえそれが同じ仕事をしていても感じ方が全く違います。新人の頃のつまらない事務作業ですら「あー仕事って退屈だな」と思う人と「この事務作業は会社の役にたてるから楽しい」と感じる人で別れる事が多いです。

それと同じで20代の頃に怒鳴られた育った人は無意識で「新人に仕事を教える時は怒鳴らないとだめ」と勝手に思ってしまいます。

なので、どうしても辛い時は相手の頃の若い頃を想像して、「この人も若い時はこんな風に怒られていたんだな」と思う様にする。

もしくは「このままこの人の近くにいたら俺は怒鳴る上司になってしまう」と焦りを感じて部署移動するなり、転職するなどをして嫌な上司と距離を置きましょう。

距離を置かないと将来危ないです。たとえばあなたは30代になって部下を持つようになると、あなたが嫌いだった上司と同じように怒鳴る嫌な上司になってしまいます。

「いや、俺は将来部下に優しくするよ」と思ってる人はあまり実感がないかもしれません。しかし新人の頃に怒鳴られて育った人は将来同じことをする。これだけは頭の中に入れて下さい。

じゃないとあなたも部下に「あの上司はすぐ怒るから、話さないようしよう」と嫌われてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする