人間関係

【20代向け】職場の人間関係で悩んでいる時の対策 

 

 

 

20代男性の仕事の悩みの多くは人間関係です。

 

特に20代は周りの人間がほとんど年上で上司という立場から、言いづらい事が言えなかったり、嫌な飲み会にも出ないといけない事が非常に多いです。

 

そんな20代男性の職場の人間関係の悩みの対策を今回は書いていきましょう。

 

 

男性は能力主義の所がある

 

まず、男性のほとんどの人はとにかく能力で人の優劣を決める事が多いです。

 

営業成績、役職など自分がやってきた仕事の実績をとにかく大事にするのが男性の心理です。

 

そして能力の高い人が嫉妬されて、嫌われやすくなるのが日本の男性の悪い所になります。だからと言って能力が低すぎて役に立たないと言う人も嫌われる事が多いです。

 

例えば、仕事がバリバリできて、上司よりも成績が2倍も良い若い人は、とにかく嫉妬心が生まれます。やはり男性は自分の能力が高く無いと気に入らず、能力の高い人を嫌いと思ってしまう所があります。

 

そして、能力が低すぎて嫌われるというのは、コピーもまともにとれない、言った事が全く出来ていないというレベルの人の事です。

 

男性は仕事が出来すぎても嫌ですが、全く役にたたない人をみるとイライラする事もよくあります。

 

なので、職場の人間関係が上手くいかない原因として仕事の成績が良すぎるか、ダメすぎるのどちらかになります。

 

関連記事:人間関係で仕事を1か月で辞めるのは全く問題はないと言える理由

怒鳴る上司にどう反応をすれば良いのか?

 

まず、怒鳴る上司への対処法ですが、これは素直に相手の怒りがなくなるまで待った方が良いです。

 

怒るというのは本当に一時期的なものです。今までのイライラがバケツの水の様にたまった物を一気に出すと言うのが怒ると言う事なので、一度怒ったら静かになる事が多いです。

 

逆に怒っている時に何か余計な言葉を出したら相手はもっと怒ります。怒っている最中は脳が麻痺していて何も感じない事が多く、大声を出すことにも抵抗を感じません。そして下手をすれば人を殴り倒しても何も思わない人もいます。

 

なので絶対に反論してはいけません。仮に100%相手が間違っていたとして、それを指摘しても意味が分からない理由で怒ることだってあります。

 

「何でこんなミスをしたんだ!!!!」

「課長の指示でやったんですよ」

「そんなものしるか!!!!」

 

とこんな理不尽な事も怒っている人なら普通に言います。

 

なのでメンタルが弱い人は下手に反論する事をしないで、とにかく相手の怒りがおさまるまで待ちましょう。説教の時間が長くなるとあなたの心が壊れてきます。

 

関連記事:20代が転職を考える11個の驚くべききっかけとは?

嫌な飲み会の断り方はどうすれば良いのか?

 

次に厄介なのは行きたくもない飲み会の強制参加です。

 

飲み会は本来、仕事のストレス発散や普段は言えないような仕事の話をする場所です。しかし大半の場合は上司が飲みたいからやる飲み会の方が多いです。

 

飲み会の誘いで一番良いのは「行きたくないから断ります」と素直に言うのが一番効果的なんですが、そんなにハッキリ言えたら苦労はしませんよね?

 

だったらまず嘘をつく事からやってみませんか?

 

正直に言うのが怖いならもう嘘をつくしかありません。確かにあなたは嘘があまり得意ではありません。しかも嘘をつくと良心が傷んであまり気持ちの良いものではないでしょう。

 

だけど、ここで嘘をつかないと大切なあなたの時間が失われてきます。あなただって遊びたいですよね?

 

  • テレビ
  • アプリ
  • ゲーム
  • ネット

 

などやりたい事が多少はあるはずです。趣味がないと言う人でも飲み会に参加はしたくないはずです。

 

ちなみに言い訳としてこれだけのものがあります。

 

  • 友人と食事
  • 身内に不幸があった
  • セミナーに出るから
  • 彼女と約束があるから
  • みたい映画があるから
  • ゲームのイベントがあるから

 

などがあります。とにかくばれない様な嘘をついて飲み会をかわしていきましょう。

 

ちなみに毎回断るのは怖いと言う人は、3回に1回くらいの割合で断るとよりやりやすくなります。

 

それと嘘の予定を本当の予定にするのもおススメです。

 

例えばセミナーに行くからと言って断る場合は本当に何かのセミナーの予定を入れてしまいましょう。

 

  • 会話術
  • 仕事術
  • 文章術
  • お金のセミナー

 

など探すと色んな役に立つことがやっています。

 

それと友人と食事に行くというのも、飲み会の日に本当に友人と約束をすると罪悪感が生まれる事がないです。

 

嘘を本当にと言う方法は話が合わせやすいので非常にオススメが出来ます。

 

関連記事:メンタルが弱い人は辞めてから転職活動をした方が良い理由

嫌味を言う上司はどうすれば良いのか?

 

時々、君は仕事が遅いな、君はつまらない仕事をするなととにかく一言嫌味を言う上司というのが存在します。

 

たった一言だけですが、嫌味を言われるとイライラしたり、なんであんなこと言うんだろう?と考えてしまう事があります。

 

そんな嫌味を言う上司はとにかくスルーする事をおすすめします。

 

スルー出来ないから困っていると思う人がいますが、落ち着いて聞いてください。

 

元々嫌味を言う人はただストレスを解消させたい為に言うだけの人が多いです。

 

嫌味を言う上司もストレスは溜まっています。もしかしたらあなたより2倍以上ストレスが溜まっている事があります。

 

そんなストレスを「誰かにぶつけたい」そう思った所にあなたという大人しくて何でも言えるような人が出てきます。

 

そこで「こいつが何かしたら嫌味を言ってやろう」と無意識に思います。別に上司はあなたに絶対に嫌味を言おうとは思っていません。ただ一番ストレス発散になる人を無意識に選んでストレスを出しています。

 

あなたはストレス発散の的になっていると考えたら「馬鹿らしくなってきません?」

 

だから嫌味を言われたらスルーで良いんです。相手はストレスを発散させたいだけの人なので、いちいち考える必要がないんです。

 

嫌味をいった10秒後にはあなたにいった言葉すら忘れています。

 

 

出来るだけ関わる時間を少なくした方が良い

 

一番良いのは苦手な人と関わらない事ですが、全くかかわらないというのは仕事の都合上出来るはずがありません。

 

なのでとにかく関わる時間を少なくする事をしましょう。

 

関わる時間を少なくすると言うのは単純に「話す時間を短くすることです」

 

例えば仕事の用があって、その仕事が優先するものではないと思った時は他の仕事とまとめて提出した方が良いですね。

 

それに怒られている時も、理不尽な事でも素直にいう事を聞くなどをした方が良いでしょう。人は反論されると話が長くなりますが、素直に聞けば話は短くなります。

 

こういう風にちょっとした工夫で、会話の時間が短くなるので苦手な人と接する時は出来るだけ関わらないようにしましょう。

 

時々「自分から話した方が苦手意識はなくなる」と言う人がいますがそれは会話が上手い人しか出来ません。

 

会話が苦手で、職場の人とそこまでプライベートな話をしないという人が自分から話したら余計に関係が悪化します。

 

しかも無理に話したせいで、精神的に疲れるし、もっと上司の事が苦手になったと言う事もよくあります。

 

なので会話が苦手な人はとにかく逃げる事を意識しましょう。

 

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?