「20代必見!」職場の人間関係が悩んでる時の対策と原因

「20代必見!」職場の人間関係が悩んでる時の対策と原因

あなたは今こう言う事で悩んでいませんか?

  • 上司がいじめてくる
  • 上司が仕事を教えてくれない
  • 小さなミスで怒鳴られる
  • 職場の空気がピリピリしている

などとにかく人間関係で悩んでいる人が非常に多いです。

特に20代の人は職場の人間関係で悩んでいる人が多いです。

そこで人間関係が悪くなる原因とその対処法を教えていきます。

原因は仕事の回し方のせい

職場の人間関係が悪くなる原因は、仕事のやり方に原因がある事が多いです。

日本の会社では、誰でも出来る様な仕事を誰にも教えずに、自分だけの仕事にするという事がよくあります。

例えば、パソコンの書類整理の仕事があったとしましょう。その書類整理は教えて貰えば誰でも出来る仕事ですが、逆に教えて貰わないとややこしくて手が出せない仕事です。

その仕事は田中さんにしか出来ないとしましょう。田中さんは会社で5年以上勤めているソコソコ長い人で、会社内では信頼されています。

しかもその書類整理が出来るのは田中さんしかいないので、田中さんはある意味会社では特別な存在です。

特別な仕事が出来る人になっているので、会社ではソコソコ立場が上の存在です。

ある時入社2年目の人にその書類整理を教える様に上司から言われました。しかし田中さんは自分が出来る特別な仕事がなくなるのを恐れています。

特別な仕事が出来なくなったら「自分の存在価値が低くなってしまう」田中さんはそう考えてしまいます。

なので、その新人の子に自分の仕事が奪われない様にミスをしたら怒鳴り、小学生みたいないじめを繰り返します。

「こんな人職場にいるの?」と疑問に思いますが、実際こう言う人はかなりいます。

田中さんみたいに特別な仕事を持っているからという理由ではない事もありますが、原因は一緒です。

それは自分の仕事が奪われるのが嫌だからです。

人間は承認欲求と言って、人から認めて貰う事に快感を覚え、「私は必要とされている」と感じる事で社会の役にたっていると思いたい生き物です。

例えばSNSでいいね!を欲しがっている人がそうです。例え知らない人でも自分が撮った写真やコメントが評価されると人は非常に喜びを感じます。

だから新人の子にやたらきつく当たる人や、いじわるをする人は怖いんです。自分の立場を失う事が怖いんです。

こう言うとなんですが、意地悪をする人や理不尽な事で怒る人は仕事の能力が大したことがありません。

そう言う人は自分の立場を守るので精一杯なので、それ以上能力が上がる事は全くありません。むしろいつも同じことをしているせいで、ドンドン能力が落ちていく事が多いです。

全ての原因は人間の本質にある、自分の承認欲求を守るためにあります。

人間関係が悪くなるのはお互いの考え方のせい

人間関係が悪くなるのは、上司とあなたの考え方のせいでもあります。

例えば上司は「若者は役にたたない」と思っていたら上司は20代の人に対して厳しく当たる事が多いです。

厳しく当たって20代の子が辞めたら「ほら、だから最近の若者は使えない」と勝手に思い込んでしまう事があります。

上司の方ももう少し教え方を丁寧にするとか、小さなミスでは叱らないと言う選択肢も欲しいですが、人間は思い込んだことをその通りにしたい生き物なので態度に出てしまいます。

例えば「若者はすぐ辞める」と思い込んでいる人がいたら先ほどの様に全て態度に出ます。

20代の人が入ってきたら些細な事で怒鳴る、仕事を教えない、嫌味を言うなどとにかくすぐに辞めてしまう様な行動をとってしまいます。

この様な思い込みのせいでこの様に全ての行動に出てしまいます。だから20代の人が辞めたら「ほら、俺の思った通りすぐ辞める」と予測をしたことが正解だった為、それで自分を正当化させます。

逆に20代の人が「あの上司は理不尽な事で怒るから嫌い」と思っていてもそれも態度に出てしまいます。

嫌いと思っていると人は近づきたくないですし、その上司の考えもよく理解しようともしません。それはそうですよね、だって苦手な人には近づきたくないですし、近づいたら怒られるので。

この様に一度自分の頭の中で作った印象というのはなかなか消えません。だからお互いの事を勘違いしたまま人間関係が悪くなっていくのです。

出来るだけ関わらない

さて、では人間関係が悪くなっている時はどうすれば良いのか?

これは出来るだけ関わらない方が良いです。

こんな事を書くと「関わらないといけないから困っているんだよ!!!!」ととんでもない大きな声で怒らせそうですが、よく聞いてください。

私が言うのは少しだけでも関わる時間を少なくする事は出来ないのか?と言う事です。

例えば出来るだけ会話時間を短くする。会話時間を短くするためには相手の言う事を素直に聞いて出来るだけ反論をしない。どれだけ理不尽な事を言われてもとにかく謝ってなるべく早く説教を終わらせる。と言う事も出来ます。

それと時々仕事で仲が良い人を頼るのも良いです。苦手な人と会話をしないといけない時に、「ちょっとこの仕事頼んでいい?」と逃げてしまうのもありです。

もちろん、毎回頼ると嫌われてしまうので1週間に1回だけとか数を制限した方が良いです。

この様に少しだけ関わらない時間を沢山作る事で、総合的に苦手な人と話す回数が減っていきます。

1分会話時間を短くすると、30回の会話で総合的に30分も話さなくてもよくなります。これが60回になると1時間も苦手な人との会話時間が短くなります。

受け流す技術を身につける

職場の人間関係が悪いと思ってしまう人は受け流す技術がまだまだ未完成です。

そもそもメンタルが弱い人はとにかく真正面から全てを受け止めようとします。

「仕事が遅い」と言われたら、「俺は仕事がそんなに遅いのか」と落ち込みますし「お前は仕事ができないな!こんなんだとどこの職場でも通じない!!」と叱られたら「俺はどこにいってもダメ人間なのか」と落ち込んでしまう事があります。

この様に真正面から言葉を信じる必要はありません。全ての罵倒の言葉を受け流す様にしないと人間関係は中々直りません。

ぶっちゃけ人格否定をする上司やすぐ怒鳴る上司というのは、そこまで大した能力を持っていない人が多いです。「そんな事ないよ、だってあの人はかなり上の立場になっているんだよ」と思う人がいますが、それは全くの間違いです。

なぜなら日本の企業の多くは年齢が高くなった人が自動的に偉くなるシステムがいまだに多いです。

特に何も実績を出していないのに、10年間同じ会社に働いただけで部長になる人だって沢山います。

今の日本は自分の出した実績で評価をする成果主義になっているとよく言いますが、それは新しく出来た会社や中身がしっかりしているホワイト企業くらいで、ほとんどの会社では会社にいた時間が長いと自動的に偉くなります。

なので、あなたが苦手な人も大した能力を持っていない人が実は多いです。あなたは怒鳴る人は能力が高い人がやることと、思っていますがそうではありません。

なので、その人がなんと言おうと、あまり能力の高い人じゃないと思って受け流すようにしましょう。

周りに仲間を作る

人間関係に困っている人はとにかく周りに仲間を作った方が良いですね。

あなたに足りないのは愚痴を聞いてくれる人がいないと言う事です。

あなたはそこまで会話が得意では無く、全てを自分1人で抱え込んでしまうタイプですね?

悩み事も、仕事も全て自分だけの力で解決しようとするのは非常に良い事です。

責任感がある人なので、長く働くと信頼をされる人になります。しかし人間関係に関しては自分1人ではどうにもできません。

仕事はの能力は本を読んだり、練習をするなどをすれば確実に実績がついてきます。しかし人間関係に関してはいくら本を読んでも、コミュニケーション能力を高めてもどうする事も出来ない場合が多いです。

ならどうするか?一緒に悩んでくれる仲間を職場に作った方が良いです。悪口をいうのは良くないと聞きますが、それはただの綺麗ごとです。

理不尽な上司、気に入らない同僚、嫌いな部長など職場にいるとどうしても文句を言いたくなる人物は1人は絶対に出てきます。そもそもこのページをみていると言う事は相当人間関係で疲れていると言う事なので、否定は出来ませんよね?

だから一緒に愚痴を言える仲間を作るとストレスも解消されます。そもそもあなたが苦手な人は他の人も苦手と言う事が多いです。

あなたは滅多に人を嫌いになる事はないですから、そこまで悩んでると言う事は絶対に他の人も同じ事で悩んでいると思います。

なので、昼休みの時に喋りやすい人に「○○さんの事が苦手なんだけど」と相談してみて下さい。そうすると思った以上に話が弾む事が多いですから。

部署異動をお願いする

どれだけ対策をしても結局苦手な人がいるという事があり、根本的な解決になりません。

と言う事で、根本的な解決をする為に部署異動をお願いした方が良いでしょう。

人は一度苦手意識をもつと中々直すことが出来ません。一度好きになった人がこちらの事を怒っても嫌いにならない様に、一度嫌いになった人が優しくしてきても苦手意識は消える事が少ないです。

なので、勇気を出して部署異動をお願いした方が良いです。

確かに部署異動を言うのは怖いです。あなたはそこまで積極的に話す事は無く、むしろ大人しいので中々そういったことを言えないかもしれません。

ですが、たった一つ部署が変わればまだその会社で長く働く事が出来ますよ?

なれた職場となれた仕事をする方が良いんじゃないですか?だってあなたは変化が苦手な人で新しい事をするのに時間がかかる人です。

なので、一回でいいです。まだ喋れる人に部署異動を相談してみましょう。

最悪の場合は転職をする

どうしても耐えられない、そして部署異動も却下された。そうなってくるといよいよ転職をするしかありません。

やはりどう考えても根本的な解決をするには大きな決断をしないといけません。

転職は怖い、そう思っていますがやはり今のままだと悪化する事しかありません。

あなたが明石家さんまさんみたいに喋り上手な人なら解決する手段もあるかもしれませんが、あなたは話す事が苦手なはずです。

話すことが苦手な人が下手に人間関係を悪くしようとすると逆に悪くなる事や、自分が傷つく可能性が高いので、今のあなたには会話で何とかするのは非常に難しいでしょう。

だったら転職をするしかありません。今の職場で苦労しているならもう辞めた方が良いです。

よく聞くのは「転職をしても何も変わらなかった」とネットで聞きますがそんな事はありません!

転職をしたら全てが変わります。人間関係、残業時間、仕事内容、給料など今と全ての事が変わるので、良い事も沢山あります。

むしろ、このままズルズルと職場にいても苦しいだけではないですか?

どうしても限界がきたら転職を考えてみて下さい。ちなみに3年間は同じ会社で働けというのは信じないで下さい。あれはバブル世代の時に流行った言葉なので、今の若い世代の人たちには全く合っていません。

1年未満で辞めても転職に困りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする