面接で早く着きすぎた場合に絶対に安全な5つの場所

面接で早く着きすぎた場合に絶対に安全な5つの場所

いまこのサイトをみているということは、面接に早く着いてしまった人。もしくは早く着く予定だけど、何分前がベスト?と考えている人でしょう。

確かに遅刻するよりは全然問題ないですが、逆に早く着きすぎても面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。

そこで、今回は面接の時に何分前に着くのがベストなのか?そして早く着いた場合の対処法などを書いていきます。

理想は10分前

面接会場に着く理想的な時間は10分前が一番理想的です。

よく5分前が良い、10分前が良いとネットで意見が分かれますが、余裕を持つために10分前に面接会場に入るのが一番安全でしょう。

5分前でも確かに良いです。学校や社会人になっても「5分前集合をする」と良く言われているので、本来だったら5分前に着くのが理想的でしょう。

しかし、一番やってはいけないのが遅刻をする事です。面接時間に早く着く事と遅刻をする事。どちらがマイナスの印象を与えるかと言われたら、それは遅刻をする方です。

あなたも集合時間に30分も前からいる友人と、30分遅れてくる友人どちらが信頼できるか?と聞かれたら早めにくる友人の方が信頼できるでしょう?

それと同じで、まず遅刻をしない事が一番大事です。だから余裕をもって10分前に着くのが理想的な時間です。

30分前は早すぎるのでやめよう

遅刻しない様にと言いましたが、流石に早く着くのも相手の迷惑になります。それは遅刻をするよりかはマイナスの印象を与えなくてすみますが、もし面接のときにライバルが多いと最初の印象で決められる場合があります。

なので、30分前に面接会場にいくのはやめたほうが良いでしょう。

確かに気持ちは分かります。あなたも遅刻は絶対にしてはだめと思ってとにかく早めに着く事を意識しているでしょう。

だけど、ここはこらえて先ほどいったように10分前に面接会場に着く事を意識した方が良いです。

そうすると「時間をキチンと守れる人」とまずは最初の印象をバッチリ掴むことが出来ます。

5分前は逆に遅刻する原因にもなります

先ほども何回か言いましたが、5分前に面接会場にいくと遅刻する危険があります。

5分というのは意外と短く、時間潰しをするはずだったのが、いつのまにか5分以上過ぎている事もよくありますし、5分前にいこうとしたらいつのまにか集合時間1分前になっていることもよくあります。

だから、5分前というのは時間が足りなくて遅刻する原因になります。だからできるだけやらない方が良いでしょう。

早く着く分には良い

しかし、早く着くぶんには全く問題はありません。というのも早く着いたら会社から離れた場所で時間を潰せば良いだけの話です。

たとえ30分前でも1時間前で会社から離れた場所で待機して、時間がきたら面接にいく。だから心配性な人は1時間前にいって離れた場所で待機するのが一番安全な方法になります。

そうすると、電車が人身事故で遅れたりしても、全く問題なく対処する事が出来ます。

待っている場所は?

続いて早く着きすぎて、どこで待てばいいの?と言う人の為におすすめの場所を紹介していきましょう。

喫茶店

まず、定番となるのが喫茶店です。

喫茶店は探せばかなり田舎の所でも見つかる事が多く、チェーン店や個人経営などのお店が沢山あるのが特徴的です。

喫茶店の良い所は、軽い軽食を食べる事も可能ですし、コーヒーを飲んで面接前に心を落ち着かせる事も可能です。

それにコーヒー一杯を頼めば30分、1時間と待機する事も可能です。

落ち着かないときこそ、喫茶店でコーヒーを一杯頼んで一息つけるのが良いですね。

公園

公園にはベンチがあったり、トイレがあったりなど意外と待機するのは便利なものが多くあります。

公園の魅力と言えば無料で使える事、なので気軽に使えるぶん長く居続ける事も可能でしょう。

公園のトイレで大事な時に便意がない方が良いですし、しっかりと準備を整えた方が良いですね。

駅前

会社近くの駅前で待機すると言う事もおすすめです。

駅前の場合、休憩スペースがある所も存在して個室の中に椅子がある所も存在します。

それに、近くに喫茶店やコンビニ、トイレなどが多く面接前に準備をするには最高の施設と言えるでしょう。

トイレ

面接の時に意外と注意したのが、途中でトイレに行きたくなる事です。

面接は緊張する事が多く、お腹が崩れやすい人だと面接途中に便意が来る人が多いでしょう。

面接の途中にトイレに行く事は、別に悪い事ではないですが、印象はあまりよくないです。そもそもトイレに行くと会話の流れが途切れてしまうので、せっかく盛り上がってきた面接を台無しにする事も考えられます。

なので、トイレは特に注意した方が良いですね。

コンビニ

待機する場所でおそらく、一番入りやすい場所になるでしょう。

コンビニの良い所はとにかくどこにでも存在する事です。それこそ周りが田んぼだらけの所じゃない限りは、セブンイレブンくらいはあるでしょう。

コンビニは基本的にイートインスペースを使わない限り立って過ごすことになりますが、夏は冷房、冬は暖房がきいているので快適に過ごすことが出来ます。

それに本当はいけないですが、雑誌の立ち読みをする事もできるので暇つぶしには最適な場所と言えるでしょう。

最近はコンビニでもコーヒーが売られているので、買ってイートインスペースで飲んで気分を落ち着かせる事も出来ますね。

会社の近くにはいないようにしよう

先ほど少し言いましたが、会社の近くにいない方が印象は良くなります。

というのも会社の近くにいると、面接官に見られる場合があります。もし面接官に顔を覚えられて「あれ?1時間前に会社で待機してた人?」と思われたらあまり印象がよくありません。

というのも1時間前に会社に着くと「時間管理が上手く出来ない人」とみられる場合があるからです。

遅刻は勿論ダメですが、あまりに早く着きすぎても印象がプラスになる事はないです。

結局、全ての事はバランスが大事です。なので会社の人にみつかって下手にマイナス印象を与えないようにしましょう。

外でも意外とみられているので注意

そうはいっても「そこまで会社の人はみてないでしょう?」と思うかもしれませんが、意外とそうではありません。

会社の人も外回りなどで車で出かけている人がいます。その人たちが帰って来た時に会社の前で待機していると「あれ?面接しにきた人かな?」と予測される場合があります。

スーツをきて、会社の前に待機している人なんてほとんどの場合、面接をする人です。会社に用がある人なら待機しないで、そのままお客様としてどうどうと入ってくるからです。

だから外でも簡単に面接をする人の見分けはつくので、ばれることはよくあります。

だから外にいると意外と多くの人に見られている事は考えた方が良いでしょう。

まとめ

心配性な人はとにかく遅刻をしたくないでしょう。だから30分前に会社の近くまでいき、喫茶店やコンビニで時間を潰す。そしてトイレにいくのを忘れない。

そして10分前に会社に着くように時間を調節しましょう。その時にスマホや腕時計で時間の確認を忘れずに。

あなたの面接が無事に終わる様に祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする