面接

【心配性の人におすすめ】面接時間は何分前がベストなのか?

 

面接時間に早く着きすぎた場合と言うのはよくあります。

 

やはり遅刻が一番怖く、余裕を持って行動して、いくらなんでも迷惑がかかるだろうと思っている時間帯に面接会場についてしまった。

 

ですが、実際は何分前に面接会場に着くのが良いのか?今回は面接の時間帯について書いていきます。

 

 

5分前には会場にいましょう

 

何分前が一番ベストな時間か?それは5分前に面接会場に着くのが一番良い時間です。

 

やはり社会人は5分前行動をするようにと良く言われるので、余裕を持っても5分前に着くのが一番迷惑がかかりません。

 

面接官も自分の仕事がある中で面接をしてくれているので、あまりに早く着きすぎると仕事のスケジュールが崩れてしまい、悪い印象しか与える事が出来ません。

 

しかし、時間ピッタリにいったとしても悪い印象が強いです。時間ピッタリにくると時間にルーズな人と思われる事が多いです。

 

先ほども言ったように社会人は5分前行動が当たり前と日本の常識として知られているので時間ピッタリに着くのはオススメが出来ません。

 

 

不安な人は10分前でも全然問題ありません

 

だけど、「5分前は遅刻しそうだからもっと早く来てはダメ?」と言う人がいます。

 

それについては10分前までなら全く問題はありません。

 

基本的に5分前にするのが良いですが、10分前までは特に悪い印象を与える事がないので、どうしても不安と言う人は10分前に集合するのが一番良いでしょう。

 

ちなみに20分前は流石に早すぎます。15分前でもギリギリ大丈夫ですが、出来る事なら10分前までにした方が内定を貰いやすくなりますよ。

 

 

電車を使う場合は30分前に着くように心がけましょう

 

しかし、面接会場に電車を使って行くと言う人は30分前に会場の近くに来れる様にしておきましょう。

 

やはり電車では何が起こるか分かりません。

 

例えば雪や大雨で電車が止まる事なんて普通にありますし、晴れていても突然電車に飛び込む人がいる可能性も高いです。

 

なので、電車と言うのはいつ止まってもおかしくはない乗り物なんです。

 

だから何が起きても対処が出来る様に30分前に会社近くの駅に降りれる様にした方が良いです。

 

電車で遅れた場合は連絡をすれば問題がないですが、面接官も少しだけポイントが下がります。

 

やはりどんな理由でも遅れてくるというのは相手の仕事の予定を崩すことになるので、印象はよくありません。

 

「そんな事言っても電車のせいだし…」と思いますが、しょうがないです。遅刻をしない人とどんな理由があっても遅刻をした人ではしない人の方が面接官の印象はどうしても良くなりますから。

 

 

絶対に遅刻はダメです

 

もう1度言いますが、遅刻は絶対にしてはいけません。

 

先ほども言いましたが、どんな理由で遅刻をしても面接官の印象が悪くてそれだけでポイントが下がってしまう理不尽な事があります。

 

なので電車に乗る時も30分前に会社に着く勢いで予定を立てて、自転車や車で行く人も当日は何もないだろうと思うわずにとにかく早めに会社に行くようにして下さい。

 

20分以上前についた場合は?

 

そして20分前以上に着いた人は近くの喫茶店やコンビ二などで時間を潰した方が良いですね。

 

 

会社の近くで待機しても通行の邪魔になるだけですし、もしかしたら会社の人に見られているかもしれません。

 

 

 

なので会社の人からみられないように近くのお店で身を隠して、時間がくるまで待機しましょう。