【メンタルが弱い人オススメ】高卒で転職を成功させる方法

【メンタルが弱い人オススメ】高卒で転職を成功させる方法

高卒で転職をしようとすると凄い苦労をする、そう思っている人はいないですか?確かに高卒で転職をしようとすると苦労をするとネットでも言われますし、職場の人にも言われたのでしょう。

しかもあなたは3年未満で辞めようとも思っているので、それこそ次の転職先も苦労するのでは?と思うことがあるでしょうそこで今回は高卒でも転職が成功する方法を紹介していきます。

手に職をつける

まずは一番簡単だけど一番難易度が高い資格などを取って手に職を付ける方法です。

やはり資格を持っているだけで職に困る事はありません。その仕事の需要がなくならない限りは絶対にご飯を食べていく事が出来ます。

例えばガソリンスタンドのバイトだって危険物取扱者甲種と言う資格があるだけで給料も違いますし、採用される確率もグーンと上がっていきます。

派遣社員でも良いとわりきる

高卒でも正社員で働く事は十分可能ですが、絶対に正社員になると思ってしまうと力が入って本来の実力が出せなくなります。

確かに就職したら正社員になった方が良いと学校の先生や親に言われて来たので、正社員になりたいという気持ちは分かります。

だけど正社員以外でも働く道は沢山ある事を知った方が良いです。

先ほどいった派遣社員でも働いている人も契約社員で働いている人も、沢山います。

会社に勤務しないでフリーで働いている人もいます。しかも世の中にはあまりにも働くのが嫌で、中学で株式投資を始めてそれだけで暮らしているとんでもない人だって存在します。

この様に正社員以外にも道は沢山あります。しかしこういってもあなたは「だって世間手の目が」「だって親の目が」ととにかく周りの事を気にしますね。

確かに世間の目、特に親に見る目に関しては物凄く気になってしまう人もいるでしょう。

しかし、20歳を過ぎたら自分の人生は自分で責任を持たないといけません。逆に言うと20歳を過ぎた場合、犯罪をしなければ何をしても良いと言う解釈がとれます。

なので、正社員じゃなくても良いじゃないですか?世間的にみたらダメダメな人生でも良いんじゃないですか?

しかも20代の半分以上の人が「自分は何をしたいのか?」「なんでこの仕事を選んだのか?」なんて事は一切分かっていません。

やりたい事なんてほとんどの人が分からないまま生きているのが20代です。なのであなたも正社員だけじゃなくて、他の道を探す選択肢を持っておいた方が転職は上手くいきます。

身なりだけはキチンとする

さて、転職を成功させる事としてとりあえず、大事な事を言うと身なりだけは整えた方が良いです。

あなたの身なりは完璧ですか?

例えば男性の場合は「髪がボサボサになっているのではないですか?」男性はあまり髪の毛を手入れしない人が多いので、髪が傷んでボサボサになる事が多いです。

爪は切っていますか?爪はみられないと思っている人が多いです。しかしそれは大きな間違いで面接官は頭の先から足の先まで細かくチェックをしてきます。

爪が長いせいで面接に落ちたという人もいますので、爪という部分は非常に大事な所になります。

あなたのスーツは大丈夫ですか?

男性であるあるなのが、小さいと困るので少し大き目のスーツを買ってしまう事です。

大きめのスーツを買ってしまうと、スーツの袖が長すぎてダボダボになってたり、ズボンが大きすぎてズボンにシワが入り、ヨレヨレになってしまう事があります。

何だかんだスーツが一番面接官の目に入るのでスーツのチェックはよくしておきましょう。

残業、給料、休暇のどれかを諦める

あなたが会社を辞めた理由は人間関係か残業が多すぎるのどちらかだと思います。

だから次の会社に行くときはそこら辺に注意しておきたいと思っています。

しかし、1つ言いますと、何かを手に入れたら何かを諦める事が必要になっていきます。

例えば残業が絶対にない所にいくなら、給料の高さは諦めた方が良いです。逆に給料の高さを求めるなら、残業の多さは諦めないといけません。

残業がなくて、給料が高い所はないの?と言われますがそれは資格がいる仕事だったり、東大を卒業したレベルの人が沢山いる大企業くらいしかありません。

それかイラストレーターや作曲家の様に自分の能力を使ってフリーで仕事をするか、自分で会社を起業して自分好みの会社を作るしか方法がないですね。

ちなみに一番悩んでいる人間関係ですが、これについては100%運になります。

どれだけ社内見学をしても人間関係の事だけは分からないですし、面接官に人間関係は良い方ですか?と聞いたら一発で落とされる危険があるのでまず聞いてはダメです。

それに会社の部署が一つ変わるだけで人間関係が最悪の場所にもなります。

なので、人間関係だけは良い所に当たるように祈るしかないですね。

駅の近くの会社は人気がある

ちなみに駅の近くの会社は人気が高いので面接に自信がない人はあまり行かない方が良いでしょう。

人は基本的に通勤しやすい場所でまず仕事を探します。

歩いていける距離

自転車で行ける距離

車でいける距離

電車で行ける距離

など大半の人は通勤が出来るか?を基準にして求人をみます。

そして人気の通勤手段の1つが電車通勤をする事です。

電車通勤は自転車通勤と違い、疲れないうえに会社から通勤手当を貰う事が出来るので通勤分のお金は使いたい放題です。

しかも場合によっては車や自転車いくより通勤時間が短くなる場合があるので、ある意味一番便利な方法と言えます。

だから駅前の会社というのは非常に人気が高いです。徒歩5分の所にあれば通勤時間は合計で15分とかになる場合があるので、誰もがいきたいといえるでしょう。

だから駅前にあって「ここは便利そうなところだな」と思ったらそれは他の人も同じことを思っているので、人気が高いと思って良いでしょう。

嘘をついてもばれないようにする

ちなみに面接では上手い事嘘をついた方が良いです。

例えば「志望動機は?」と聞かれて「給料が高かったからです」と答えてしまったらそれは面接に落ちてしまうでしょう。

嘘はバレるからつかない方が良いと聞きますが、面接はどれだけ自分を魅力的にみせれるか?そして「どれだけ面接官に仕事に対してのやる気をみせれるか?」の勝負なので不利になる嘘は絶対につかない方が良いでしょう。

そして重要なのが嘘をついても自信を持つことが非常に重要です。

嘘が苦手な人は嘘をいっても自信がなさそうに答えてしまうので、すぐにばれてしまいます。

なのでとにかく自信を持つようにして下さい。

ずる賢く面接を受ける

先ほど言ったように面接ではとにかくずる賢く嘘をつきながら受けた方が良いです。

正直に言っても何も良い事がないのは確かです。

志望動機や会社を辞めた理由などについて綺麗に嘘をついた方が絶対にいいです。

面接官が志望動機や会社を辞めた理由を聞くのは「この会社で働けるか?」という基本的な事をみるためです。

例えば会社を辞めた理由が「前の上司が嫌いだったから辞めた」と言われたら面接官は恐怖でしかありません。

なぜなら「この会社でも上司とのトラブルを起こすんじゃないか?」と思われるからです。ようはその人の性格や人格をみているんです。

そして面接官の一番の本音は「この人と仕事をしたいか?」をみているんです。

面接官は基本的に課長や部長、小さな会社だと社長自ら面接をやることが多いです。なので面接に来た人を部下にしたら仕事がやりやすそうか?などをしっかりとみているわけです。

なので、面接官が一緒に仕事をしたくなる様なそんな人に嘘でも良いから人格を作った方が面接は圧倒的に受かりやすくなります。

ネットで稼ぐ

ここまできて、どうしても転職が出来そうにない、人と関わるだけで恐怖を感じる、やっぱり嘘は付けないと言う人はネットでお金を稼ぐことを覚えた方が良いです。

ネットでお金を稼ぐってなに?と思いますが、あなたもこの名前を聞いた事がないですか?

転売

YouTube

アフィリエイト

ポイントサイト

株式投資

これらはネットでお金を稼ぐ方法の中で特に人気が高いやつです。

転売は中古のゲームを安く仕入れてヤフーオークションなどで売る事を言います。

YouTubeは再生数に応じてお金が貰える子供たちの将来なりたい職業にも入っている稼ぎ方です。

アフィリエイトはブログなどを自分で書いてアクセスを集めてお金をもらう。基本的な仕組みをYouTubeに似ています。

ポイントサイトはゲームやアンケートに答えてポイントをもらい、一定以上溜まったら現金やアマゾンギフト券などに変えられるという仕組みです。

特にネットで稼ぐための初心者にオススメしたいのが、アフィリエイトかポイントサイトです。

二つの共通点はお金が全くかからなくても始められる事です。

アフィリエイトは無料ブログというものがあり、それを使えばネットが使える環境であれば完全無料で出来ますし、ポイントサイトも会員登録をすればすぐに始められる方法です。

どうしても就職できない、転職出来ない、人と関わりたくない、自信がないと言う人は一度ネットで稼ぐことを学んだ方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする