90%失敗しない面接の時の身だしなみ!20代男性のやり方 

90%失敗しない面接の時の身だしなみ!20代男性のやり方 

面接の時に一番注意しないといけないのは身だしなみと言われています。

その理由は人が初対面の時に一番最初にみるのは見た目だからです。しかも最初の印象でその人の性格を勝手に判断するのが人間です。

例えば髭が濃く、カリアゲの人をみたらチャラい人と思ってしまい、その人の印象は怖いと頭の中で思ってしまいます。

なので身だしなみがボロボロだと面接官は「この人を採用したくはない」と思われしまいます。

あなたは今非常に怖いですよね?「面接で失敗したらどうしよう?」「身だしなみがおかしかったらどうしよう?」という考えを持っていますね?

今回は20代の男性でメンタルが弱い人の為にも失敗しない身だしなみの方法を書いていきます。

まずは髪型から

最初に気にする所はやはり髪型でしょう。面接官はあなたが扉から入って来た時に最初に顔の確認、そして髪型の確認をします。

顔は近くでみないと分からないところが多いですが、髪型にかんしては一発で分かります。

清潔感があるか?髪型は短いか?など誰もがみたらすぐに気づくので、一番重要といって良いでしょう。

髪型で注意すべき点はまず、前髪が眉毛にかかっていないか?が重要です。

眉毛にかかっても良いんじゃないの?と思う人がいますが、確かにかかってても良いです。良いですが、眉毛の上まで髪を切り、おでこを見せる事によって爽やかさが演出できるので、非常に印象が良いです。

そして髪が耳にかかっていないか?というのも重要です。

耳まで髪の毛をみないと思っている人もいますが、面接官は細かい所まであなたをチェックしてくるので、耳は要注意したいポイントです。

耳までかかっていないと言うのも、爽やかさを出すために必要な為、よく覚えて下さい。

まとめると、髪型は短いのが一番よく、清潔感があり20代らしい爽やかで明るい人の方が面接官にはうけが良いです。

ヒゲの注意点

次はヒゲの注意点です。やはり男性はヒゲがよく生えてきます。特に唇の上とあごのヒゲは伸びやすいのが特徴的です。

ヒゲはどれくらい剃れば良いのと言われたら顔周りのヒゲは全て剃った方が良いです。

唇の上もあごのヒゲもみえるところは全て剃ってください。

これも先ほど言ったように清潔感を出すために必要な事です。ヒゲは40代ならあってもおかしくはないですが、20代というのはヒゲを生やしている人が少なく、そもそも若者の顔にヒゲは似合いません。

なので顔周りのヒゲは全て剃って20代らしい若い顔で面接に行った方が面接官の受けが非常に良いです。

もみあげの注意点

次はもみあげの注意点です。

ヒゲは剃ってももみあげが残っている人が男性では多いです。やはりヒゲと違い鏡でみにくいと言う事もあり、あまり手入れをしないと言う人もいます。

もみあげは耳の一番上まで剃れると非常に良いですね。もみあげと言うのは気になる人は凄い注意してみるポイントで、あまり手入れをしていない分、性格が出てしまう大事な所。

間違ってもルパン三世の様な長いもみあげにはしないようにしましょう。

スーツを着る時の注意点

次はスーツを着る時の注意点です。

スーツは服装で一番見られるポイントで、スーツが汚れていると不潔と思われて印象が下がってしまいます。

まずスーツで気を付けたいのはシワがないかどうか?です。スーツは大きめの物を買うためにダボダボになってシワが出来てしまい場合があります。

なのでスーツの大きさは合っているか?を確認して、スーツがピシッと着れているかを確認しましょう。

またポケットにも注意が必要です。スーツのポケットは携帯などをしまう時に使います。使うのは良いですが、使いっぱなしでポケットが裏返ってしまう場合があります。

ポケットは自分では見えませんが、相手側からすると丸見えの所です。なのでポケットが裏返しになっていないかの確認をしておきましょう。

ちなみにスーツの色は迷っているなら黒が一番良いです。茶色や青など個性的なスーツの色はありますが、あまり個性を出すと面接官に不評を食らう場合があり、危険です。

ファッション業界の面接にいくなら個性は大事かもしれませんが、ほとんどの会社ではファッションで個性はいらないと言い切れます。

なので迷っているなら無難な黒色の普通のスーツにしておきましょう。

ワイシャツの注意点

ワイシャツの注意点ですが、これは基本的に色選びです。

ワイシャツも意外と色が多く。

  • 薄い水色
  • 水玉
  • ストライプ
  • 青色

など意外と種類があるのがワイシャツの特徴です。

これも個性を重視するのは良くないので、無難な白色にしておきましょう。

とにかく目立たない様に、無難に、普通のワイシャツを選んでください。

ネクタイの色など

ネクタイの色も沢山あって迷いますね。

  • 黄色
  • 水玉

など色んなネクタイがありますが、これも無難な黒色にしておきましょう。

赤や黄色では流石に目立つのがある為、面接官にも不評の場合が多いです。これで面接の時に話が面白い人だったらネクタイの色を黄色にして個性を爆発させる事も出来ますが、あなたはそこまで喋るのが得意ではないでしょう?

なら無難な黒に、黒が嫌と言う人は青色なら清潔感や爽やかさを演出させる事が出来るので、おすすめが出来ます。

ズボンの注意点

スーツのズボンも意外と重要な所が多いです。

まず注意したのが。ヨレヨレになっていないか?と言う事です。

スーツのズボンと言うのは裾が余る事が多く、かなり余裕がある人が多いです。スーツの裾が長い人がやりがちなのが靴の中にズボンを入れると言う行為です。

確かに靴に入れれば長い裾も丁度良くおさまりますが、やはり長いせいでヨレヨレになる事が多いです。

面接官はダボダボの長さのズボンをみると「あまり身なりが綺麗ではないな?」と思われるのでメンドクサイかもしれませんが、ズボンの裾上げはキチンとした方が良いでしょう。

ちなみにネットではあなたの体型にあったスーツをオーダーメイド出来るお店もあります。

外に出るのがメンドクサイ

買った後にスーツのサイズを合わせるのがメンドクサイ

と思っている人は一度使ってみて下さい。オーダーメイドと言っても格安で作る事が出来ますよ。

靴の注意点

靴の注意点ですが、これは革靴を必ず履いていきましょう。革靴が基本だと思っている人は良いですが、面接の時に運動靴で来る人もいて、これでは面接官にマイナス印象を与えてしまいます。

靴は見られていないと思っている人が多いですが、やはり面接官は話している時にあなたの身なりをひと通り確認してチェックしています。

その時に靴のチェックをしている事は確実です。

靴のチェックポイントは次の様な感じです。

  • 靴ひもはほどけていないか?
  • 靴に泥がついてないか?
  • 靴がボロボロではないか?

などをチェックして来ます。特に靴に泥がついていないか?というのは非常に重要なポイントです。

靴ひもや靴がボロボロというのはあなたも注意深く見ているはずです。しかし泥というのは意外とみえないポイントで、見落としがちな所があります。

だから会社に入る前に、靴の裏側と表面を確認して土、泥、葉っぱなどが引っ付いていないか?をみた方が良いでしょう。

爪は重要

爪はあまり見られないと思われがちですが、とんでもない。爪はかなり重要なポジションでかなり見ている面接官が多いです。

こんな実話があります。とある面接官は二人のどちらに内定を出そうか迷っていた。

どちらも真面目そうで、職歴も似たようなもの、面接での受け答えも二人とも素晴らしい。面接官が迷っていると二人のハッキリとした違いがありました。

それは爪の長さです。1人は深爪気味で爪がしっかりと切られている。もう一人は爪が長く白い部分がかなり長い状態だった。

それで面接官は深爪の子を採用した。たった一つの違いですがこれで内定が決まってしまう場合があるんです。

なので爪というのは意外と大事な事だと判断した方が良いです。

出来るなら爪の白い部分があまりみえない状態まで切ると非常に良いでしょう。

全体的に清潔感のある服装で

もう1度大事な事を言いますが、面接に行くときの身なりで注意したいのは清潔感のある服装が一番良いです。

最初に言った通り、人は見た目で印象を9割決めてしまいます。

どれだけ中身がクズの様な人でも見た目が爽やかだとその人は真面目そうな人と思われます。逆にどれだけ心が綺麗で優しい人でも、髭が濃く、髪がワックスでカチカチに固めてある髪型だとチャラい人の様にみえてしまうので、それだけで損をしてしまいます。

なので20代らしく、髪型は短く、ヒゲは全て剃り、綺麗な顔にした方が絶対に面接官にも好印象が出てきます。

個性は出さない

とにかく重要なのは下手に個性を出さない事が重要です。

面接の時に面白い会話と黄色のネクタイ、ストライプのワイシャツで個性を爆発させて内定を貰う人がいますが、会話が苦手な人はそんな事は出来ません。

日本の会社では真面目そうな人の方が印象が良いので、無理に個性を出さなくても無難な格好をしていれば内定を貰える確率はグーンと上がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする