男性必見!面接の時に印象が良い髪型とは?

男性必見!面接の時に印象が良い髪型とは?

転職をする時に重要なポイントといったらやはり髪型です。人は足元よりまず顔を見る人が多いので、まず目に入ってくるのが、顔と髪型です。

今回は男性が面接の時に効果的な髪型を書いていきます。

必ずショートヘアにする

まず必ずショートヘアにする事は覚えて下さい。男性は基本的に短めの方が面接官の印象は非常に良いです。

ロン毛の男の人が働けるのは美容院とか芸能界くらいで、基本的にどこの職場でもロン毛の男性と言うのは採用されません。

そして出来るなら写真の様におでこがみえるくらい、髪が耳にかからないくらい短めにした方が良いですね。

面接で一番大事なのは清潔感があるか?ということなので、綺麗なショートにしてくると受かりやすいでしょう。

ボサボサになっていないか?

次はボサボサになっていないか?ということです。

男性は短めの髪にしている人が多いですが、意外とやってしまうのはボサボサになっていると言う事です。

普段から髪の手入れをあまりしていないせいか、髪が癖のある髪になり、はね放題になっています。

綺麗に整っている人とボサボサになっている人、どちらが印象が良いかと言うと綺麗に整っている人の方が絶対にいいです。

なので面接に行く前に、水で思いっきり濡らして癖を無くすようにしましょう。

茶髪の人は染めた方が良い

社会人になってから茶髪に染める人がいますが、これも黒髪にした方が良いです。

確かに会社に入ってからは髪を染めても何も言われませんが、面接になると話は別です。やはり日本人は今でも黒髪の方が印象が良いのは全く変わりません。

一部の人は遺伝で茶髪になっている人もいますが、そう言った人も染めるのが良いでしょう。

遺伝によって茶髪になっている事を説明できれば良いのですが、面接官は髪型の事は聞かない場合が多く、ただの茶髪に染めているチャラい男という印象しかありません。

なので、美容業界やアパレル業界でない限り、黒髪の方が絶対にいいです。

ロン毛なんて絶対にアウト

このサイトを見ている人はいないでしょうけど、男性でロン毛は完全にアウトです。

男性で女性並みに髪型が長い人はまず印象が最悪です。やはり男性は短い髪というのは日本の常識なので、ロン毛にした時点ではじかれる事がよくあります。

ロン毛の方が印象が良いのはモデルくらいしかありません。

なのでロン毛にしている人はバッサリと髪を切る事をした方が良いでしょう。

人は見た目が9割

よく人は中身で勝負と言いますが、面接では話は別です。ぶっちゃけ見た目が9割で決まってしまいます。

見た目じゃなくて話す内容で勝負と思っている人は、実はその時点で内定が貰えない場合があります。

これは実話ですが、面接をしている時にどちらも真面目そうで、しっかりしている。だけど採用は1人しか決められないから、どちらかにしないといけない。

そんな時にどうやって採用を決めたか?それは爪の長さで採用を決めたそうです。

片方は深爪で白い部分が全くなかった、もう1人は爪が長く白い部分がしっかりとあった。

結果的に深爪の人、つまり爪が短い人に採用を決めたそうです。理由は「爪が短い方が清潔感があるから」だそうです。

この様に爪の長さひとつで採用が決まってしまう事があるので、見た目というのは非常に重要です。

逆に考えると清潔感があり、キチンとした服装と髪型をしていればそれだけで面接官のポイントは非常に高いです。

身なりをキチンとするだけでライバルに勝てるなんて非常にお得だと思いませんか?

清潔感のある髪型にしてこよう

なので清潔感のある髪型にするようにしましょう。

やはり男性は短く、ボサボサでない髪型のほうが印象が良いです。

なので転職をする前に手入れがあまりしていない髪は、キチンと手入れをするようにしましょう。

ちなみに水ではなく、寝ぐせスプレーという、寝ぐせを直すために開発されたものがあります。寝ぐせスプレーがあれば水でやるより効果的に寝ぐせを直すことが出来るのでこちらの方をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする