面接

面接の時に「最後に質問はありますか?」と言われた時の対策と理由

 

面接の最後の関門ともいえる、「最後に何か質問はありますか?」と言う内容。

 

これに答えるのはかなり苦労します。最後の質問といっても特に疑問を持たなかった人も沢山いるので、これを答えるのは相当の苦労が必要です。

 

しかもメンタルが弱く、人との会話が苦手な人はさっさと面接を終わらせたくて必死で、質問を考える余裕がありません。

 

そこで今回は「最後に質問はありますか?」と聞かれた時の対策をしていきましょう。

 

会社が「質問はありますか?」と聞くのはあなたのやる気を確かめている

 

最初になぜ最後に質問がありますか?と聞かれる事が多いと思う人がいます。

 

これは単純にあなたがどれだけのやる気をもって会社に勤めてくれるかを確かめるものです。

 

やはり会社は少しでもやる気のある人を採用したいので、「この人は会社に入ったらどれくらいの成果を出してくれる?」と面接をする人もしっかりと見抜かないといけません。

 

しかも「質問はない」と言われると、「この人はやる気がないんじゃないか?」と思われる場合が多いです。

 

理不尽だと思いますが、採用側としてはそんな気持ちなんです。

 

やはり嘘でも良いので、会社の事を調べてくれる人を企業は欲しいと思うので、これはしょうがない事です。

 

面接とはひどい話が、会社と労働者の騙しあいの様なものなので、ここは綺麗ごとなしでいきましょう。

 

「この会社の事なんて興味ないよ!」と思う人でも無理やり興味を持った方が良いです。バレバレの嘘でも興味があると思わせたら勝ちなんです。

 

 

給料面はNG

 

ちなみに聞いてはいけない1番手は給料面です。

 

確かに給料が大事なのは分かります。しかし日本人はお金の話をするのが嫌いです。特にお金持ちの人をみると妬み、嫉妬し「お金持ちはずるをして金を稼いでいる」と勘違いする人がいるくらいお金の話が大嫌いです。

 

だから、給料面を聞かれると「こいつはお金で仕事している」と思われて落ちてしまう可能性があります。

 

これも理不尽ですが、仕方ない事です。確かになんで働くの?と思ったらお金を貰って生活をする為なので、働く理由はお金の為です。

 

しかしここも抑えましょう。本音は隠した方が絶対にいいので給料の話は絶対にNGです。面接官に嫌われるので絶対にアウトです。

 

残業の事はNG

 

ちなみに残業があるかどうか?という質問も絶対にダメです。

 

確かにこれも分かります。あなたは前の仕事が人間関係か残業が多すぎたという理由で辞めているので、残業があるかないか?とはかなり重要な事です。

 

しかし、これも絶対に言ってはダメな事です。残業があるか?を聞くと残業は絶対にしたくないと告白している様なものです。

 

誰だって好きで残業が好きではないですし、出来るなら定時で帰りたいと思っている人が多いので面接官も「あ…こいつは残業をしたくないんだな?」と悟ってしまいます。

 

だから残業の事を聞いた瞬間に面接官の評価も落ちてしまいます。なので残業の事は聞かない様にしましょう。

 

ちなみにおまけ情報ですが、求人情報の残業無しという情報は信じない方が良いです。会社側も簡単に嘘をつく事が多いです。

 

特に転勤なし、給料面そして残業無しの3つは信じない方が良いです。怒りが出てくるかと思いますが、人を雇う為に会社も手段を選ばずに、求人情報に滅茶苦茶な事を書く事は当たり前にあります。

 

だから残業の事は聞きたいのは分かりますが、ここは抑えていきましょう。

 

有給休暇はNG

 

休暇の事を聞くのは、仕事を優先しないで休みを優先する人と思われるのでNGです。

 

これも気になるのはわかります。休暇は非常に大事で無かったらストレスが溜まり、仕事どころではないので非常に重要です。

 

しかし、日本の会社では有給休暇は無い様な所が多いです。今は多少有給をとりやすくなりましたが、やはりバブル世代に出来た会社の場合は働けば働く程給料が沢山貰えた時代なので、有給が会社のタブーになっている事もあります。

 

なので有給休暇がどれくらい貰えるか?という質問もしてはいけません。

 

恐らく面接官も会社に入社して有給休暇を貰った事が無い人でしょう。

 

質問のしすぎはNG

 

ですが、逆に質問を多くするというのもNGです。

 

確かに質問は大事と教わる事が多いですが、5つも6つも質問をしたら逆に困ってしまいます。面接官も仕事が残っているので早く終わらせたいという考えだってあります。

 

なので質問は1つ、多くて2つくらいで充分です。たった1つ質問をするだけで印象が全然違って見えてきますよ。

 

ホームページをみた感想を言う

 

どうやって質問をすれば良いの?と思った人がいますが、これはホームページをみた感想を言うのが一番やりやすいでしょう。

 

まずホームページをみて思った事。

 

  • 会社の商品
  • 創業して何年か?
  • 会社の理念は何か?
  • 社長はどういった人か?
  • 会社の歴史は?

 

など見える所は沢山あるはずです。

 

会社のホームページがしっかりとしていれば良いですが、中小企業で古い会社の場合はホームページすらない事が多いです。

 

中には事務の人が30分くらいで作った酷いページもあるのが現実です。

 

そういった場合は仕事のやりがいや楽しさを聞いた方が良いでしょう。そういった古い会社やページがない会社は商品自体に魅力がない事もあるので、何とも言えません。

 

なので従業員の仕事内容の事を聞くのが一番安全でしょう。

 

 

商品に1つ興味を持った方が良い

 

興味はないかもしれませんが、面接に行く会社の商品は必ず1つは興味を持った方が良いですね。

 

それに、自分たちの売っている商品に興味があると思わせるだけでやる気があると認められるのでかなりお手軽な方法です。

 

商品に迷った場合は人気商品に興味を持つのが一番安全です。

 

やはり人気商品というのは会社が一番知ってほしいものなので、一番売りが強いですし興味がある事が沢山出てきます。

 

  • 商品の歴史
  • 商品の作り方
  • 商品を開発したきっかけ

 

など商品に関する事で聞けることが沢山あるはずです。

 

仕事のやりがいを聞こう

 

先ほど言いましたが、商品自体に魅力がない会社も沢山あります。

 

その場合は仕事のやりがいを聞いた方が良いですね。

 

やはりどんな仕事でもやりがいはどこかあるはずです。

 

工場でも、介護でも、トラックのドライバーでもコンビニ店員でもブラックと呼ばれている仕事でもどこか楽しい事は1つはあるはず。

 

なので、面接官に仕事で楽しい事や、やっていて気持ちい事などを積極的に聞いて見ましょう。

 

新人がどれくらいの期間で戦力になるかを聞こう

 

新人のやる気を見せるために、自分が早く戦力になりたいと伝えるのは非常に有効です。

 

やはり面接の時にやる気があふれる人だと、多少喋りが下手であっても熱意は伝わります。

 

例えば面接の時に喋りが下手だけど明るく、やる気が見える人。次に喋りは上手だけど話すトーンが低く、暗い人。

 

どちらが採用されやすいかと言うと明るい人の方が面接では採用されます。

 

なので少しでもやる気を見せるために、「自分は戦力になるぞ!」という意気込みを見せる為に新人が立派に働ける様になる期間を聞き、1日でも早く会社の為になりたいと思わせるようにしましょう。

 

色んな仕事をやらせて貰えるか聞こう

 

これも同じで、色んな仕事を経験できるか?というのはかなり有効な方法です。

 

というのも会社は求人票に書いてある仕事をやらせてくれるとは限りません。

 

例えば事務所に希望したけど、人が足りない営業に回されることだってあります。

 

そんな事は無い方が良いですが、会社としては何でもできる人材というのは欲しいわけです。そっちの方が人が足りないときに非常に助かるからです。

 

なので「事務職ですけど、違う部署の仕事も経験してみたいです」と言えればやる気がある人と思われるので、かなりおススメの方法です。

 

面接ではやる気をどれくらいみせれるかが重要

 

 

結局のところ、面接ではどれくらいのやる気があるかが非常に重要です。

 

明るくハキハキと喋れるだけで、印象は全く違う事が多く、たとえ喋る時に言葉に詰まったり、平凡な回答しか出来なくても十分採用されます。

 

なので嘘でもいいです。メンタルが弱い人は嘘が苦手な事は分かりますが、面接となったら割り切る力が必要です。

 

嘘をついたら入社した時に困るんじゃないの?と思うかもしれません。しかし採用されないと仕事が出来なくてそっちの方が問題になります。

 

なので「質問はありますか?」という面接の最後の壁でやる気がある事をアピールしましょう。