面接時間は何分前に着くのがベストな時間?

面接時間は何分前に着くのがベストな時間?

転職の時に面接をするのは良いけれど何分前に着くのがベストなんだろう?と思った事はないですか?

確かに気持ちは分かります、面接官に失礼のないようにする事は非常に大事です。特にメンタルが弱い人は相手に迷惑をかけないようにする事を誰よりも強く思っています。

そこで今回は面接時間は何分前に着くのがベストか?を書いていきます。

5分前がベスト

基本的に面接時間は5分前というのはベストです。

この5分前と言うのは早すぎず遅すぎずと完璧な時間帯な為、どんなときにも5分前集合が一番良いと言われています。

小学校の頃に社会見学や修学旅行で「5分前には集合して下さい」と言われませんでした?それと同じで昔から日本では5分前集合が一番いいと言われて来たので、社会人になっても5分前が一番ベストな時間帯になります。

不安な人は10分前でも良い

どうしても5分前が怖いと言う人がいます。それは5分と言うのは圧倒間にすぎてしまい、下手をすれば遅刻をする時間帯になってしまうからです。

確かに5分というのは待っていればあっという間に過ぎてしまい、5分前に集合しようとしたら遅れてしまったなんて事も沢山あります。

そういった心配性の人は10分前からでも全く問題はありません。

「10分前は相手側に迷惑がかかる?」と思っている人が多いですが、実はそこまで迷惑はかかりません。

というのも面接官も5分前、10分前にくるのは普通に想定をしています。やはり社会人のマナーとして集合時間よりはやく到着するのは当たり前のマナーになっているので、面接官も早く来ることを前提にスケジュールを組んでいます。

なので10分前までなら全く問題ありません。むしろ遅刻が怖いと思っている人は10分前の方が精神的に安心するのでその方が良いでしょう。

20分前は早すぎる

ですがさすがに20分前というのは早すぎるので絶対に止めましょう。

時々「早く来れば会社の評価が上がる」と勘違いする人がいますが、それは逆効果です。

面接官も会社で仕事をしています。仕事をしている中で時間をとって面接をしているので、ぶっちゃけ忙しい人が多いです。

なので20分前についても相手側がビックリするだけなので、印象としても非常に悪いです。

なので早くても10分前までにした方がポイントは高いです。

早く着きすぎたら外で待ちましょう

遅刻が怖くて10分前どころか30分前についてしまう人もいます。そんな時はどうしたら良いのか?というと外で待っておきましょう。

流石に20分前でも早いのに30分前に着いたらそれだけで失礼な人と思われ面接に落ちてしまう事もあります。

なので早く着きすぎた場合は外で待ってるようにしましょう。

外で待つときのポイントですが、会社から離れた場所。会社の建物が見えなくなる所まで離れた所で待機するのがポイントです。

会社の建物が見えない所で待機する理由は、単純に会社の人に見られている場合があるからです。

会社の人、特に正社員の面接を決める時は、課長や部長などお偉いさまが会社の外から見ている場合があります。

面接が始まる前の態度や終わった後の態度をみるため、面接官がみていない所ではどういった事をするのか?をみるためにやっている事です。

なので早く着きすぎて会社の近くで待機している所をみられると、時間管理が上手く出来ていない人とみられる場合があります。

なので待機する時は会社から出来るだけ離れた場所で待つようにしましょう。

人気そうな所だったら12分前についてライバルと差をつけよう

特に他の人から人気が高い求人だったら裏技として微妙に早く着くという技があります。

それが12分前に会社に到着する事です。

20分前や15分前だと早すぎるし、5分前だとライバルが到着しています。

ならばどうするか?12分前という遅くもなく、早くもない本当に微妙な時間帯に会社にいるとライバルがいない状態で一番のりをする事が出来ます。

あなたが受ける所が残業無しと求人に書いてあったり、駅前の近くの会社の場合は非常に人気が高い求人になります。

その場合は12分前について一番乗りをするようにしましょう。

ですが、先ほども言ったように20分前は早すぎて相手の迷惑になるのでダメです。早すぎず遅すぎずの微妙なラインを狙う様にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする