転職

メンタルが弱い人は辞めてから転職活動をした方が良い理由

 

 

辞めてから転職するのと働きながら転職をする。恐らく転職活動をする人にとって永遠の課題になることでしょう。

 

ちなみにこのサイトはメンタルが弱く、叱られただけで3日以上凹んでしまう様な人向けの作られたサイトです。

 

そんなサイトがおすすめするのは辞めてから転職をする事です。

 

今回はメンタルが弱い人は辞めてから転職をした方が良い理由について話していきます。

 

休む言い訳が出来ないから

 

 

メンタルが弱い人は非常に真面目で嘘が付けない正直な人が多いです。

 

なので転職活動をする為の嘘が付けません。本来は転職活動をするので休みが欲しいと言うのが一番堂々と転職活動が出来ますが、それはあまりおススメ出来ません。

 

会社の人たちは転職をする事を言うと自分たちが裏切られたと思い、その人の事を言い風にはみません。

 

中には「転職なんてしても変わらないよ!」とネガティブな事をいう人も存在します。

 

だから転職をする事は出来るだけ会社の人に言わない方が良いでしょう。

 

だからどうしたら良いのか?と言われると嘘をついて休む事です。

 

働きながら転職をしている人の大半は嘘をついて会社を休んでいます。

 

  • 仮病
  • 用事
  • 家族の法事
  • 仮病
  • 仮病

 

恐らくほとんどの場合は仮病を使って休むことが多いです。しかしメンタルが弱い人は嘘をつくのにも罪悪感を感じて、結局休むことが出来ません。

 

仮病を使って休まないと働きながらの転職は難しいです。だったら辞めてから転職をした方があなたの心にも優しくなります。

 

 

仕事と転職のストレスが大きいから

 

メンタルが弱い人はとにかくストレスに弱いです。少しの失敗でも大きく凹んでしまう事が多いので、仕事と転職活動の二つをやっているならいつもより2倍はストレスがかかります。

 

もともと人間関係や残業が嫌で転職をしようとしている人だったら、今の仕事のストレスと転職活動のプレッシャーの2つのストレスを抱えると精神が崩壊する可能性が高いです。

 

ストレスに耐えられるなら良いですが、予想外にくるストレスのせいで仕事と転職どちらも上手くいかなくなる危険があります。

 

 

精神的に疲れている状態で内定は難しい

 

 

いま、転職活動をしようとしている人は少なからず精神的に疲れている人です。

 

  • 人間関係
  • 残業
  • 仕事プレッシャー

 

など今の仕事に耐えられないから転職をしようとしています。

 

そんな状態で面接にいっても本来の力が出せない事があります。

 

やはり緊張していたり、疲れていると基本的な事が出来なくなる事が多いです。

 

会社の情報を頭の中に入れておくとか、面接の受け答えを用意するとか、酷い人は履歴書の自分の名前を間違えたり、住所を間違えたり、志望動機を書く場所を間違えたりと完全に集中力が切れています。

 

そんなに精神的に疲れている状態では内定を貰える物も貰えません。

 

なので会社のストレスが限界なら一度辞めた方が良いです。

 

関連記事:精神的に辛くて仕事を休みたいと思った時に簡単にできる対策法

焦って今以上のブラックにいくから

 

メンタルが弱い人はとにかく焦ってしまう事があります。

 

転職活動をしたのは良いけれど、3か月経っても内定が貰えない。そんな状態だと非常に焦ります。

 

早く会社を辞めたいのにこのままだと来年も同じ会社に居る可能性がある。と考えたら相当焦ってしまいます。

 

そして焦った結果今よりも人間関係が酷く、残業時間が長いブラックな会社に行く事になります。

 

そう、焦った結果に求人情報や給料、そしていつも募集してあるような雰囲気がヤバく人気がない会社に行きその会社が求人通りにブラック企業と言う事もよくあります。

 

せっかく転職をしたのに今より酷い会社に行ったら全く意味がありません。

 

なので焦って転職をするより、一度辞めてから落ち着いて転職活動をした方が良いです。

 

ちなみに転職エージェントというのを使うと、転職のプロと1体1の無料で話すことができブラック会社に行く確率がグーンと減りますよ。

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

 

最悪の場合派遣社員でもバイトでも良い

 

 

メンタルが弱い人は正社員しか道が無いと思い込むことが多いです。

 

理由としては学校でも正社員がどれだけメリットが多いか?というビデオなどをみせられたり。フリーター、ニートになる前の本というものも渡されるので正社員以外に道がないと思い込んでしまう人が多いです。

 

しかし実際の所働き方と言うのは無限にあります。

 

派遣社員やバイトをするという選択肢もありますし、そして今の時代はネットを使えば会社に就職しないでお金が貰える手段も沢山あります。

 

一番有名なのがYouTubeで稼ぐことです。あれだって動画の再生回数に応じてお金が貰えるシステムなので立派な仕事です。

 

あまりにも働くのが嫌、人が大嫌いという理由で中学の時に株式投資を学び、それだけで年収1000万になっている人もいます。

 

自由にのんびり暮らしたいと言う理由で、週に2日しか働いていない人もいます。その人は食事などをかなり節約して過ごしているみたいですがかなり幸せに暮らしています。

 

こんなに沢山の働き方があるのに、正社員だけにするのは非常に勿体なくないですか?

 

正社員じゃないと世間の目がと言う人もいますが、今に時代40%の人が非正規雇用、つまり派遣社員、バイトパートの人が全国で40%もいます。

 

しかも年々非正規雇用の割合が高くなっているので、このままいくと50%は非正規雇用になります。

 

ほら、国民の半分が派遣社員やバイトだと考えたら何も恥ずかしい事はないですよ。

 

「非正規雇用だと将来が…」と思っている人は今を生きる事を考えて下さい。

 

今、あなたが苦しんでいるのに将来の事を考えても無駄になります。今を精一杯生きないと将来なんてこないです。

 

そもそも正社員だから将来が安定する事はありません。いくら正社員でも会社が倒産したら結局は無職になります。

 

しかも40歳以上の人が会社の倒産をしてクビになったら結局正社員で働く事が難しくなってきます。

 

今の時代は30歳でも若手となる事が多いですが、流石に40歳になると相当な実績、例えば前の会社で「営業成績が1位」だったとか「大きいプロジェクトのリーダー」だったなどそういう成績がないと採用はされません。

 

日本人の働き方でよくあるのが、20歳で頑張って働き、30歳で管理職につき、40歳で仕事は部下に任せると言う人が意外と多いです。

 

簡単に言うと年齢を重ねる度に楽をすると言う事です。そのせいで年齢を重ねても大した実績がなく、ただ長く働いて根性があります。としかいう事が出来ません。

 

そして40歳で会社をクビになった人は正社員で仕事をする事が出来ず、結局派遣社員やバイトで働くしか方法がなくなります。

 

この様に正社員で頑張って働いても会社が倒産すれば世間で嫌われている派遣社員になってしまいます。

 

だから将来の心配をして正社員しか嫌だというのは間違いです。結局将来の事なんて分からないので、正社員でも派遣社員でも変わりません。

 

なので、正社員以外でも働いてみるという選択肢も入れた方が絶対にいいです。

 

 

その方が結果的に会社が倒産してクビになっても、色んな働き方を知っているお陰で将来の職に困る事がなくなります。

 

それでも正社員になりたいなら

 

 

でもやっぱり正社員良い。そう思っている人もいるでしょう。それはそうですねいきなり知らない人に派遣社員になれとかフリーターになれなんて言われても正直困るでしょう。

 

そうだったら転職エージェントを使ってみるのはどうですか?

 

転職エージェントとは簡単に言うと担当者の人があなたの転職を全力で支援してくれる場所です。

 

たとえば面接の練習もしてくれますし、履歴書のチェックもしてくれます。それにあなたの職歴と性格に合っている求人を丁寧に紹介もしてくれます。

 

時々担当者にもはずれがいて、てきとうな対応をされることがありますが、そんな時は会社にメールをすれば担当者を無言で変える事も出来るので心配はないですよ。

 

あまり人と話したくない気持ちは分かりますが、1人だと気づかない点も沢山あるので正直に頼った方があなたの為になります。

 

たとえば面接の練習なんてネットで調べたことを言うより、プロが教えてくれたものの方が10倍以上は役に立つでしょう。

 

それに履歴書も自己PRの部分をネットの例文丸写しをする人が多いですが、これもプロの人がみてその企業にあっている例文を教えてくれるので非常に助かります。

 

たとえば丁寧な仕事を求めている会社なのに、「少し仕事が雑になりがちですが、仕事の速さには自信があります」なんて書いたら落ちる確率が上がりますよね?

 

そんな風に企業1つ1つに対して対策をとってくれるので、転職エージェントは転職するために必須といえるものになるでしょう。

 

では転職エージェントはどこが良いのか?今回は転職エージェント初心者の人に紹介していきましょう。

 

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

DODA

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

 

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

 

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

 

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

 

求人は

 

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • アプリ開発

 

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

 

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

 

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい

という人にはお勧めが出来るでしょう。

 

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

 

 

リクルートエージェント

 

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

 

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

 

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

 

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

 

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

 

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

 

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

 

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

 

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェントの詳細はこちら

DYM就職

 

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

 

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

 

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

 

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

 

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

 

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

 

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

 

という人にはおすすめが出来るでしょう。

 

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

DYM就職の詳細はこちら

転職エージェントは無料で使える

 

ちなみに説明はしていなかったですが、転職エージェントは全て無料で使う事が出来ますよ。

 

先ほどいった面接の指導に履歴書のチェックも求人の紹介も全て無料で使う事が出来ます。

 

なので安心して使い倒してみて下さい。担当者の人にガンガン質問しても無料なので、気軽に使う事が出来るでしょう。

 

土日にも対応している。

 

ちなみにリクルートエージェントは土日祝日。

 

DYM就職は土日

 

DODAは土曜日

 

休日にも対応しているので辞めてからはやっぱり怖いという人は、安心して使ってください。基本的に休日にも対応は出来るので。

 

転職エージェントを十分活用してみよう

 

恐らくあなたはハローワークで就職先を探そうと思っていたでしょうけど、転職エージェントの方がホワイト企業も多いですし、先ほどいった転職のサポートを無料で使えるのは非常に強いです。

 

そして転職エージェントを使う時は、担当者のやる気がなかったりやたらと早く転職をすすめてくる人がいますが、ちょっと苦手だなと思う人は担当を変えればいい話です。

 

 

ぜひ転職エージェントを有効活用してみて下さい。