転職

20代が会社を辞めてから転職をする時の3つの注意と大切な心構え

 

 

転職活動をする時は辞めてから転職をする人と、働きながら転職をする人の2つのパターンの人がほとんどです。

 

今このサイトを見ていると言う事はあなたは、すでに会社を辞めていて転職活動をしようとしていますね?

 

どうしても辞めたかった

うつ病になる一歩手前だった

 

などと辛い事が多くて、辞めてしまったのでしょう。その判断は大正解なのでとりあえず安心して下さい。

 

しかし、辞めてから転職をするのにも注意がいくつか必要です。

 

特に20代の人は、転職を焦る人が多いです。もちろん転職をする事は悪くはないですし、実際うつ病になるくらいならサッサと転職をした方が絶対に良いでしょう。

 

ですが、最低限の注意だけをしないと大変な事になる可能性があります。

 

今回は仕事を辞めてから転職した人の為の注意を書いていきます。

 

 

貯金をよく確認しよう

 

まずお金の心配を一番して下さい。

 

お金がないと携帯代も払えなくなりますし、実家暮らしといえ知らない間にジワジワとお金は減ってしまうので、貯金の額が少ないと非常に怖いです。

 

どれくらいのお金があると良いかと言うと生活費の半年分はあると良いです。あなたは実家暮らしなので最悪お金がなくて生活が出来ないと言う事はないでしょうけど社会人になっている為、自分が使う分は自分が払わないといけません。

 

半年分といってもこれは最低価格です。本来なら1年分以上は生活費の貯金があると良いですが、辞めてしまったためそんな事も言ってられません。

 

ちなみに失業保険が貰えるのは3か月後なので3か月分の暮らせるお金がないと親に頼んで携帯代を払って貰うか、コンビニなどで速攻でバイトをするしかなくなります。

 

関連記事:20代が転職を考える11個の驚くべききっかけとは?

時間は想像以上に短いと思った方が良い

 

それと、時間はあなたが思ったより短いと思って良いでしょう。

 

例えば「転職活動なんて2か月で終わらせる」とやる気に満ちた事を思っていたとしましょう。

 

確かに2か月もあれば転職は十分可能ですが、人間はピンチでないと体が動かないという仕組みがあります。

 

例えば実家暮らしの人は貯金がなくなっても、生活は出来るのでそこまでピンチではありません。なので仕事を辞めて最初の1か月は「社会人の夏休みだ!」と長い休みに喜んでなまけてしまう人が沢山います。

 

そして2か月目になりますが、ハローワークなどで求人の面接をして貰えるようにお願いして貰うと思っていた以上に時間が空く事が分かります。

 

例えば気に入った求人に面接をお願いしたら「面接は2週間後にお願いします」と言われる事もよくあります。

 

2週間と言うと半月も経っているので、そこの面接を受けただけで1か月半も時間が経過しています。

 

この様に面接をしてくれる時間が思ってた以上に空いてしまう事があるので、1つの面接を受けるだけでも時間がかかってしまいます。

 

しかも初めてのハローワークなので勝手がわからず、思ってた以上に転職活動で苦戦する場合があります。

 

関連記事:メンタルが弱い人はこれを使え!転職に迷った時の決断方法6選

 

焦ると面接の時に実力が落ちるので落ち着こう

 

メンタルが弱い人はとにかく焦らない様にしましょう。

 

確かに面接で焦る気持ちも分かります。早く内定を貰ってこの地獄の転職活動から抜け出したいと思っているでしょう。

 

しかし、そうなるとますます面接で落とされる事が多くなっていきます。

 

何故かと言うと、面接官はあなたがプレッシャーで焦っている事が何となくですが伝わります。

 

これは大企業の面接官だけではなく、中小企業でも零細企業でもどの人でもあまりにも緊張をしていると伝わってしまう物です。

 

緊張が伝わるとどうなるかと言うと、「この人は仕事がキチンと出来るのかな?」と心配になってしまいます。

 

どの企業だって明らかに緊張をしている人より、自信満々な人の方を採用したくなるに決まっています。

 

なのでとにかく落ち着いて行動しましょう。

 

落ち着く方法としてはゆっくりと意識をして深呼吸をするか、「ここが落ちても次の面接で頑張ろう」と開き直る事が一番良いです。

 

 

11月と12月は求人が少なくなるので要注意

 

そして辞めたあとでは遅いかもしれませんが、11月と12月は接客業以外の会社では求人が少なくなるので要注意です。

 

やはり11月、12月は仕事納めの時期に入るので、新人の募集を止める所が多いです。やはり11月に仕事を教わって長期休暇に入ると、新人がうまく仕事ができないと言う事もあるので、どの企業も募集の数は少ないです。

 

接客業に関しては11月と12月はむしろ繁盛期なのでバイトや正社員の募集をかけてくるところもありますが、あなたは人と話すのが苦手なので接客業はやる気はないはずです。

 

だから辞めたあとで少し遅いかもしれないですが、12月などは募集が元々少ないので良い求人に巡り合えない事もよくあります。

 

関連記事:精神的に辛くて仕事を休みたいと思った時に簡単にできる対策法

最悪派遣でもバイトでも良いと考える

 

最悪の場合は派遣社員でも良いと思うようにして下さい。

 

メンタルが弱い人は真面目で言われた事は素直に従う性格の人が多いです。

 

素直と言う性格は非常に良いですが、そのせいで正社員以外で働いたら人生は終わると思っています。

 

これは、学校で正社員にならないとダメという教育のせいで、派遣社員やバイトになると収入が減って将来に苦労すると教えられたせいでもあります。

 

しかし、正社員じゃないからって人生は終わりません。よく考えて下さい。会社が倒産して50代の人でも派遣社員になる人だっていますし、コンビニをよくみると60代のおじさんや70代で足元がヨロヨロしているおばあちゃんだって沢山います。

 

この人たちが人生が終わっていると聞かれたら全く終わってはいません。普通に働いているので何も問題なく人生を歩いている事が分かります。

 

むしろ本当にヤバいのは正社員で頑張りすぎて若くして自殺をする人たちです。

 

この人たちは「正社員で働かないと人生が終わる」と勝手に思い込んだり、1年以内に辞めると転職は絶対に不可能と思い込んだりして、どうする事もなくなり自殺をする。

 

日本でよくある過労自殺の実態です。

 

しかしこの人たちも仕事を辞めて派遣社員で働くと言う選択肢があれば自殺と言う選択肢は絶対にありませんでした。

 

むしろそのまま生きていればもっと面白い人生を歩いていけたはずなのに、正社員と言う狭い選択肢のせいでそのまま亡くなる人が日本では本当に多いです。

 

なので、あなたも焦るくらいなら派遣社員、それかバイトをして働きながら転職をした方が良いですよ。

 

とにかくいけないのは正社員だけしかないと勝手に思い込む事です。

 

働き方はいくつでもあると思った方が良い

 

今の日本では働き方なんて沢山あります。

 

先ほどいった派遣社員でもそうですが、YouTubeでお金を稼いでいるのだってあれも立派な働き方です。

 

ネットを上手く使ってフリーでイラストを描いている人だって沢山います。

 

人が嫌いすぎて中学生で株式投資で大儲けをした人だって世の中にはいます。

 

この様に正社員以外でも生きていける道は沢山あるわけです。

 

こんなにも面白い働き方があるのに正社員だけで働くのはもったいないと思いませんか?

 

もちろん、あなたはまだ正社員かバイトで働く事しかお金を稼ぐ方法を知らないのは無理もないです。学校や会社ではお金の稼ぎ方の授業なんてやっていないですし、親からもお金の稼ぎ方を教わる事もないです。

 

なので、心の中に入れておくだけで良いです。いざとなったらバイトでもしてお金を稼ぐ、正社員以外でも道は沢山あるそれだけを覚えてくれれば精神が不安定なあなたでも落ち着いて面接をする事が出来ますよ。

 

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

転職手段は全て使おう

 

最後に転職の手段は全て使った方が良いです。

 

例えばハローワークしか使えない人がいますが、それは非常に勿体ないです。

 

今の時代ネットを使えば転職サイトは山ほど出てきます。

 

工場だけの求人を集めたサイトや介護の仕事だけを集めたサイトなど探して見ると転職サイトというのは沢山出てきます。

 

それに転職の支援をプロが無料でしてくれるサービスも沢山あります。

 

例えばリクナビNEKTなんかは一番有名なサイトですね。登録をして全国に各地にある会社に行くとプロが無料で面接の指導や履歴書の書き方を支援してくれます。

 

やはり1人で悩むよりプロに相談するのが結局一番良いです。しかも無料で使えるとなったらハローワークより断然お得ですよ。

 

この様にハローワークだけではなく、ネットを使った転職の方が良い事が多いです。

 

おまけにこちらの記事もどうぞ!

↓↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント