フリーターと友人に言うのが恥ずかしい時の今すぐできる対策

フリーターと友人に言うのが恥ずかしい時の今すぐできる対策

現在、正社員をやめてバイトをしている人の悩みは友人にバイトをしている事を言うべきか?言わないべきか?と言う悩みです。

  • バイトが恥ずかしい
  • 友人が馬鹿にして来るのではないか?
  • 世間からしたらフリーターはダメ
  • 正社員を辞めた自分が恥ずかしい

など頭の中で出てくる物が沢山ありますね。そんなフリーターになった事を友人に話すべきかどうか?と言う事ですが、話さない方が絶対に良いです。

これはもう、言わない方があなたの為になります。

嘘をついてもばれる事は無い

ひとついい情報を言います。友人にフリーターと言うことをいってバレる事はまずありません。

よく嘘をついたら更に嘘をつかないといけないと言う事があります。確かにフリーターではなく正社員として働いているといったら沢山の嘘をつかないといけません。

しかし仕事の事なんて、友人はそこまで気にしないです。仕事の話をする時は大半の人は自分の仕事の話をしたくてたまりません。

仕事でやった失敗、仕事でやった武勇伝、鬱陶しい上司の話などとにかく自分の仕事であった面白い話や愚痴をとにかく話したいのが人間の本能です。

だから自分が嘘をついてもそこまで友人は深くは聞きません。

むしろ自分の仕事の話をしたくてたまらないので、あなたが話さないとドンドン相手側が話してきます。

なので嘘をついてもたいしてバレることは無いと思って良いです。

友人に言ってもそこまで得をしない

ちなみに友人に素直にいってもそこまで得をしません。

友人に言ったとしてもせいぜいなんで正社員を辞めたの?と聞かれるくらいでしょう。

そもそもあなたが言いたくないのに、無正直に話したって何も良い事がありません。

友人とはいえ、学校から「フリーターには絶対になるな」と教えられている人たちなので、フリーターにたいして多少誤解している所があるでしょう。

なので正直に話さないで下さい。むしろ嘘をドンドンついてしまいましょう。

本当に信頼してる友人1人には言っても良い

だけどフリーターと言う事をどうしても伝えたいと思っている人もいます。

やはり嘘をつくのは気持ちいものではありません。そして嘘をついて心がモヤモヤする事もあるでしょう。

そんな人は本当に信頼できる友人に1人だけ話すのが良いでしょう。

友人が少ない人でも本当に信頼できる友人、言いかえると親友の人は1人はいると思います。

そういった人には話すようにしましょう。だけど話すといってもフリーターというのに抵抗があるなら無理に伝えなくて良いです。

親友には嘘を言えない、嘘をついて心がモヤモヤしてる場合のみ伝えて下さい。

家族にばれるならしょうがない

家族にフリーターというのがばれるのは仕方ないです。

家族はあなたをみていないようで意外と見ているので、少し違和感があったら意外と気づくのが家族の良い所であり、厄介な所でもあります。

その場合は隠しようもないので素直に打ち明けた方が良いですね。

ただし、家族になにも聞かれないなら隠し通した方が良いです。実は家族にばれるのが一番厄介だったりします。

なぜなら、あなたの親世代はバブル世代を生きてきた人間で、長く働く事を前提に働いてきた人たちです。

終身雇用は安定してましたし、「24時間戦えますか?」という栄養ドリンクのCMが有名な時代です。

しかも働くときは正社員が普通という価値観がある年代なのでフリーターというのに嫌悪感がある事が多いです。

しかも日本人の悪い癖で世間体をとにかく気にする人が多いです。

世間体を気にする人は子供がフリーターと言う事が恥ずかしいとも感じる人が多いです。

なので「早くまともな職につけ」と言われる事が多いでしょう。あなたの親が世間体を気にしなく、生きていればそれで良いと考えている人なら話は別ですが、そういう良い親は中々いません。

なので親にばれるなら仕方ないですが、出来るだけ隠し通しましょう。

日本は世間のイメージにそのまま流される人が多い

先ほども言いましたが、日本人は世間のイメージに合わせようとする人が多いです。

例えば働くのは正社員が普通、派遣社員やフリーターは人生の負け組とテレビで報道されたら日本人のイメージは正社員以外で働くのはありえないと思います。

最近ではポケモンGOというのは大ブームになりましたね。

あれもテレビでとんでもないブームだからと言って、流行りに乗る人が沢山出てきました。流行っているからといって、ポケモンに興味のない人までやることがあったので、どれだけ日本人が流されやすい性格なのかよく分かりますね。

だから長年の「正社員で働くのが普通」と言う考え方はいまだに強く根付いているので、バイトは社会人がやる物では無いというよく分からない人まで出てくる始末です。

どれだけ言っても多くの人は世間のイメージに流されるので気を付けた方が良いですね。

正社員の人の仕事内容をそのまま伝えよう

正社員で働く嘘をつくのは良いけど、嘘は苦手と言う人もいます。

そう言う人はあなたの職場の正社員の仕事内容をそのままつたえましょう。

正社員の人の動きをみているとバイトとは全く違う仕事をしている事が多いです。

例えば毎日の日報を書いたり、商品の仕入れの電話を入れたり、本部に呼び出されたりなどよく見てみるとバイトとは色々仕事が違う事が多いです。

なので嘘をつくために正社員の人の仕事をとにかく観察してみましょう。

そして正社員の仕事をそのまま友人に話すと話をうまく合わせる事が出来ます。

自分の仕事ではなく友人の仕事の話を聞こう

最初に言いましたが、とにかく友人の話を聞くのが非常に大事です。

というのも話が上手い人なら嘘をついて誤魔化せる場合がありますが、あなたはそこまで話すのが上手くないはずです。

元々、話すのが苦手で仲が良い人以外は積極的に話したくないとも思っているので、上手な会話はできないでしょう。

だからとにかく友人の話を聞く事に集中した方が良いです。

とにかく友人が楽しく、永遠と仕事の愚痴を話してくれるような空気を出すのが非常にベストになります。

そうすると、友人は話してて楽しい、あなたはバイトがばれない。どちらにとっても良い関係が続きます。

正直に言っても損をするだけ

最後に言いますが、正直にいっても損をするだけです。

正直に生きた方が得をする事もありますが、多くの場合は正直に生きたら損をする場合の方が多いです。

なのでとにかく嘘をつく。仕事の話は極力友人に話させるなど、自分の事は話さない様にしましょう。

フリーターが恥ずかしい時はどうすれば良いのか?

嘘を堂々とつく

何度も言いますが、恥ずかしいなら嘘をついてしまえば良いんです。たとえば友人との会話も正社員と言う事にして、それっぽい嘘をついてやりましょう。

嘘をつくときは正社員のしてる仕事を伝えれば良いですし、何回も合っている友人なら「上司がうざくて」という人間関係の悩みを言えば「やっぱり上司の悩みはあるよね」と言う風に共感されます。

困ったときは人間関係。そして仕事内容は正社員のやっていることをそのままいうだけ。それだけで十分嘘をつきとおせます。

嘘をつくのはなんか嫌な感じがしますが、恥ずかしいならしょうがないです。なので堂々と嘘をつきましょう。

転職系のCMはみない

フリーターでいると転職のCMをみると心が痛くなってきます。

大半のCMは正社員になる為のものなので、正社員じゃない自分からすると心が痛くてたまりません。

なので、転職系のCMは極力耳に入れない、テレビでやったらチャンネルを変えるか耳栓をする。ネットのCMだったらすぐにページを下にスクロールする。

下に固定されている広告だったらページを切り替えれば、広告は変わるのですぐに変えましょう。

とにかく心が痛くなる事はしない方が良いでしょう。

自分で仕事を作ってみる

フリーターは恥ずかしいけど、正社員にはなりたくない。そう思っていますよね?

確かにあなたは今何かしらの、理由があって正社員になれないかと思います。

だったら自分で仕事を作った方が、一番良いですよ。たとえば経営者だって正社員ではありませんよね?

自営業と聞くとカッコいいですが、あれだって正社員じゃない事は確かです。フリーターも自営業も極端な話、一緒の立場になるでしょう。

ですが、自営業など自分で仕事を作れる人は嫌な人間関係もありませんし、儲かっている人は正社員の何十倍と言うお金が手に入っています。

なので、あなたも自分で儲かるような仕事をすれば恥ずかしくありません。

たとえばYouTubeで、お金を稼ぐのも自営業になります。

YouTubeは今は小学生の中で憧れの職業で、それで大儲けできてる人は沢山います。

株式投資で稼ぐのも1つの方法です。フリーターの時に稼いだお金を投資に使って、お金を稼いでみるのも立派な方法でしょう。

「俺投資家なんだ」と聞くと正社員よりかっこよくないですか?

もちろん、無理に投資家になる必要もないですし、YouTubeで稼ぐ事も考えなくていいです。

ただフリーターだったら多少時間に余裕があるはずなので、自分で仕事を作るのもありでしょう。

頑張って正社員になってみる

フリーターが恥ずかしいなら、頑張って正社員になるしかありません。

結局色々対策を書きましたが、正社員になった方が一番楽なんです。

確かに正社員になる事は怖いかもしれません。

  • 残業時間
  • 人間関係
  • 仕事のプレッシャー

などなど正社員になりたくない理由は沢山あるでしょう。

あなたはもう恥ずかしい思いを消したいのではないですか?

確かに今はフリーター生活に満足してるかもしれません。

私もフリーターである事は別に恥ずかしい事ではないと思っています。

あなたも「正社員よりフリーターの方が楽だ」と思っているかもしれません。

ですが、あなたはフリーターを恥ずかしいと思っています。

その証拠に「フリーター 恥ずかしい」と検索しています。

やはりあなたはフリーターは恥ずかしいと心の底で思っています。

しかもあなたは「フリーターは恥ずかしくない」とか、「正社員にならないといけないの?」と思いながらも心の底では正社員の方が絶対に良い。そう思っています。

その証拠にあなたは友人の仕事の話を聞いていると、心が痛くなるはずです。心が痛くなるという事は正社員の憧れが強いという事でしょう。

もし、これを聞いてあなたが「正社員に戻りたい」。そう思っているなら転職エージェントを使ってみることがおすすめです。

転職エージェントとはあなたの転職を支援してくれるサービスです。サービスの内容は主に

  • 求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 年収の交渉
  • 残業時間の確認

などがあります。特にありがたいのは求人の紹介でしょう。

転職エージェントは担当者の人と一緒に、転職活動をしていきますが、担当者の人はあなたの話をじっくりとまずは聞きます。

聞いた後に今までの職歴やあなたの性格などをみて、おススメの求人を選んでくれるのが転職エージェントの良い所です。

たとえばフリーター歴が長いと、どうしても学歴を重視した企業では受かりません。面接に行くどころか書類審査すら厳しいでしょう。

ですが、転職エージェントは大手のサービスを使えば学歴不問や職歴不問。つまりやる気さえあれば内定をあげるよという企業が沢山あります。

そういった求人を担当者の人と相談をすれば、紹介して貰えるのでフリーター歴が長くても問題がない事が多いです。

なのでもし20代の人で、フリーター歴が長い場合は転職エージェントを活用してみましょう。

ちなみにDODAという転職エージェントなら、担当者の質も非常に良いです。それにやる気さえあれば面接を受けさせてくれる企業も多いので、非常におすすめしますよ。

ちなみに30歳までずっとフリーターで転職エージェントを使おうとしても断られる事が多いです。なので転職エージェントを使うなら20代の間が絶対に良いですよ。

↓↓↓

転職エージェントDODAの利用はこちらからどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする