原付で通える職場が人気がなくて面接に受かりやすい

原付で通える職場が人気がなくて面接に受かりやすい

あなたは仕事を選ぶときはどういった基準にしていますか?

多くの人は通いやすい所から順に仕事先を探していると思います。

  • 徒歩で行ける距離
  • 自転車で行ける距離
  • 駅から近い距離

など多くの人はこれを基準に就職先を決めているかと思います。

しかしそういった場所は人気がある所が多く、内定を貰いにくい場合があります。

あなたの応募した会社はだれか必ず面接を受けに来る人がいたのではないですか?

そうだったら一度会社の場所を変えた方が内定を貰いやすくなる事が多いです。

例えば原付バイクで行ける距離でなおかつ近くに駅がない所。

まず駅がない所だとそれだけで人気がガクッと下がります。

皆は残業時間を第一に考える事が多いですが、2つ目に考える事は先ほども言ったように通勤がしやすいかどうか。

特に20代の人たちは車離れが深刻になっていて、車を持っていない人がとても多いです。

しかし、親から「運転しなくて良いけど、免許だけはとった方が良い」と強く言われて普通免許だけは持っている人が多いです。

だから皆、駅近くの会社や徒歩で行ける範囲、またはバス停の近くの会社を選びたがるんです。

ちなみに原付で行ける距離というのは20代の人は原付バイクを持っている人は非常に多いからです。

自動車だと保険代、車検代、車検代など多くのお金がかかるので誰も買いませんが、原付バイクなら値段が全て安いので人気が高いです。

持っているといっても朝の渋滞や帰りの渋滞で混むことが多いので、結局は近い所が非常に人気が高いんです。

だからこそ、他人が絶対に行きたくない場所こそ穴場の会社なんです。

目標は電車やバス停が近くにない場所

そして出来るなら電車もなく、バス停すらない周りが田んぼくらいしかない田舎が良いですね。

そんな所にそもそも会社があるのか疑問に思う人がいますが、普通にありますよ。田んぼがあり、田んぼの奥にある山の上に工場が建っている会社と言うのも当たり前の様に存在します。

それどころか、山の上が工場地帯という場所も存在するので田舎の様にみえて実は就職できる会社が多くあるのでそこが穴場になります。

何回もいうようですが、交通の便がないだけで不人気の会社になる事が多いです。例え残業がなくても通いにくい場所のお陰で、年中人が足りない様な会社もあります。

交通さえ我慢すればあなたの望んでいる残業がない会社に行く事も十分可能です。

山の上にある会社とまでは言いませんが、あなたが今まで内定に落ちているのは人気が高い会社に行っている事が多いので、一度通いにくい場所で面接を受けるのをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする