コミュ障の人はシフト制の工場がおすすめ

コミュ障の人はシフト制の工場がおすすめ

あなたは会話が苦手ですか?

会話をするとドキドキしたり、会話をしても話が全く出来ないなんて事はありませんか?

今まで会社を辞めた理由も人間関係のせいであったり、会話が上手く出来なかったりと全ては人間関係に悩んで辞めた理由だと思います。

そんな会話が上手く出来ない人はシフト制の工場に働く事がおすすめできます。

シフト制の工場ってどんな所?

シフト制というのはコンビニや喫茶店など基本的に年中無休の所でやることが多く。

平日はパートの人、土日は学生など曜日によって出る人が全く違う事が多いです。

工場は基本的に土日は休みのイメージがありますが、実は年中無休で動いている工場も存在します。

工場の求人をよく探しているとシフト制の工場というのは結構多かったりします。

工場は基本的に会話が少ない

工場の一番良い所はとにかく会話が少ない所です。

会話が苦手な人にとっては雑談が一番苦痛で暇な時にする雑談がなによりも怖いものとして認識があるくらいです。

しかし工場では基本的に会話が少なく、一度仕事を教わったらそのままずっと作業と言う工場も珍しくありません。

会話が全くないわけではありませんが、人と雑談をする事や仕事の話をする事は他の業種と比べてもかなり少なめです。

シフト制だと嫌な上司に毎日は合わない

シフト制の良い所は嫌な上司と毎日は合わないと言う事です。

シフト制の工場ではバイト、派遣社員、正社員なども全てシフトが組まれます。

バイトだけではなく、正社員にもキチンとシフトが組まれるのであなたが苦手と思っている人がいない場合も沢山あります。

嫌な上司と顔を合わせたくないという人なら、これはかなり良い事です。

毎日あの人の顔をみるのは嫌だなーという悩みから、「今日はあの人いないの!ラッキー」と喜ぶことが出来るので、非常に安心できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする