メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

メンタルが弱い人が上手に仕事をサボる方法

メンタルが弱くて上司の言う事を素直に聞いてしまう人に足りない物、それはサボる事です。

一般的にサボると言うのは悪い事と思われがちですが、長い人生の中でサボるというのは非常に大事な事です。

頑張って仕事を沢山終わらせると上司が次々と終わらない量の仕事を持ってくる。結構ある事ではないですか?

しかも仕事が早いと思われると、「あいつは出来る奴だからドンドン仕事をやってもらおう」と思われ更に仕事が増えてしまいます。

毎日毎日全力で仕事をしていると疲れて仕事を辞めてしまう事もあるので、サボる事は必須と言えます。

今回はメンタルが弱く、内気なあなたに仕事をさぼる色々な方法を教えていきます。

トイレでさぼる

まずはトイレでサボる方法をやってみましょう。

トイレはサボる場所としては定番中の定番です。王道のサボる場所なだけあって安全性は確実です。

もちろん、トイレは個室を使って上手くサボりましょう。不潔だから嫌と言う人にはオススメ出来ませんが、あまり気にしないのであればトイレは最高の隠れ場所になりますよ。

少し悲しい話ですが、母親と娘の関係があまり上手くいってないお父さんのあるあるなのが「家の中で落ち着ける場所はトイレくらいしかない」と言う人が実は多いです。

それくらいトイレはサボる場所、隠れる場所として最高の場所になるんです。

ちなみにトイレの隠れる時間は長くて30分が限界です。それ以上長いと頻尿の上司に気づかれる危険があるので、30分が隠れる限界と思いましょう。

ロッカー室でサボる

ロッカー室がある会社ならそこがおススメです。

ロッカー室の良い所は着替え以外で入ってくる人があまりいない事です。

男性は女性と違い、着替えなどはあまりしなく、汗をかいてもタオルでふけば気にしない人が多いのでロッカー室を頻繁に利用してくる人はほとんどいません。

ただ、ロッカー室は夏場は暑くてサウナの様で熱中症になる危険があります。

会社によりますが、多くの場合ロッカー室は狭い場合が多いです。特に男性の場合は女性と違って人がギリギリ入れるスペースしかない事が多く、扉を閉めると暑くて耐えられないです。

窓を開けても夏場の風なんて生温くて気持ち悪い風の場合があります。

ロッカー室は人がこないので良い所ですが、温度が悪く居心地が悪い場合もあるので注意です。

休憩室でサボる

お昼ご飯を食べる休憩室でサボると言う手もあります。

休憩室は人が来るイメージがありますが、そんな事もなくお昼ご飯が終わったらあまり人が来ない事が多いです。

なので意外と人が少ないサボリスポットになっています。

ただ、休憩室は事務所や作業場から近い所に設置されている場合もあり、サボっていると一瞬で見つかる危険性があります。

あなたの会社の休憩室が事務所の隣など近い所にあるなら避けた方が良いでしょう。

目を閉じる

目を閉じる。つまり寝ると言う事ですが、これは意外と使える方法です。

というのも事務作業では人の目というのはあまり分からず、分かる人は隣の人くらいです。

しかし隣の席の人も仕事で忙しいのでそこまで気にしないでしょう。

コツとしては1分間だけ目をつぶる。そして疲れたらまた1分間だけ目をつぶるの繰り返しをすれば、意外と効率的にサボる事が出来るでしょう。

パソコンを打っているふり

パソコンで作業をしているふりだけするのもおすすめです。

パソコンの良い所はwordなど、ツールを開いてキーボードを打っていればそれっぽく作業をしている様にみえます。

なのでExcelやWordを開いてキーボードでそれっぽい文字を打てば誰もサボっていると気づきません。

ただ注意したい点があり、後ろからみられるとすぐにばれてしまう危険もあります。

事務所などは横や後ろなど近くに人がいる事が多いです。横に座っているのが仲のいい同僚の席ならばれても黙ってて貰えますが、時々監視にくる上司が後ろにいたらばれて怒られてしまいます。

なのでパソコンで文字を打っているふりをするなら後ろだけは注意した方が絶対に良いです。

作業をやっているふり

次はパソコンを使って作業をしているふりです。

内容は先ほどと似ていますが、今度はキーボードだけじゃなくて、マウスを使ってサボるふりをします。

先ほどはExcelなどキーボードを主に使うものでしたが、今度はパワーポイントを使って文字を打ちながらマウスを使って企画書を書いているふりをします。

ポイントは先ほども言ったように後ろの人に注意する事と、パワーポイントである程度それっぽい企画書を書いておくことです。

流石に真っ白なままだとばれてしまうので、ある程度は完成させておく必要があります。しかも上司に「何をしているの?」と言われた時は返答に困ってしまう場合があります。

ですが、てきとうで良いです。円グラフを張り付けておくだけでもそれっぽいですし、棒グラフを張り付けるだけでも作っている感は出てきます。

これだけでも作業をやっている感が2倍以上上がるのでサボリにはうってつけの方法です。

自動販売機で飲み物を買うふり

これも使えるのが、自動販売機で飲み物を買うふり、または本当に買いに行くという方法があります。

会社内には、自動販売機が置いてあるところが意外と多いです。

私の前いた職場も、休憩室に自動販売機があったので夏には非常に頼りにしていました。

自動販売機は基本的に、人の目が使えない廊下や休憩室に置いてあることが多いので、サボるにはうってつけの場所になるでしょう。

ただ、自動販売機は他の人も使う事が多いので、サボる時は周りに人がいないかも確認した方が良いでしょう。

調べものをしているふり

次はネットを使って調べものをしているふりをしてみましょう。

やはり、企画書を書いたり、文章をまとめることはネットを使った情報収集が便利です。

どんな人も分からなかったら、調べものをする為にネットを使う事は当たり前になっています。

なのであなたもGoogleを使い、調べものをしているふりをしてみましょう。

調べものするふりをするコツは、自分がいま何の仕事をしているかを把握する事です。

例えば食品関係の仕事をしているなら、30代に人気の食品は何だろう?と調べたり、アパレル関係の仕事をしているなら、20代に人気の靴は何だろう?などとにかく自分の会社と関係がある事を調べているふりをします。

ネットで調べものをする時に注意したいのが、遊んでいる様に見えてしまう事です。

やはり第三者からするとネットサーフィンをしているとどうもサボっている様にしかみえません。まあ実際は本当にサボっていますが、そう見せないのが今回の目的になります。

例えばあなたがやっているアプリの攻略法を調べていると当然ですが、サボっている様にしか見えません。

だから会社に関係がありそうなことを調べるのが一番のコツです。ですがサボリなので一生懸命調べなくても問題はありません。

文章を書いているふり

これはパソコンで作業をするふりなどに似ていますが、今度は手書きで文章を書いてみましょう。

文章の仕事はパソコンだけで出来ますが、手書きの場合はより細かい作業をする事が出来ます。

例えば毎日のスケジュール管理、仕事で教わった重要な事をメモする、頼まれた仕事をいつやるのかを書くなど、手書きにしか出来ない事があります。

手書きの良い所は脳に残りやすい所が重要です。パソコンで書いたメモと手書きで書いたメモでは手書きの方が2倍以上覚えやすい事があります。

なので昔から言われている「手書きでメモをしろ」というのは手書きで書いた方が脳に残りやすいので、手書きでメモをする事が一番いいと言われています。

なので手帳やノートに文章を書いているふりをして、こいつは勉強熱心だなと思わせる事が出来るのが、良い所です。

上司もサボっている

サボる事は悪い事と思っていますが、実際は上司もサボりまくっています。

一番有名なのが喫煙所でサボると言う行為です。

今も昔も上司の休憩所は喫煙所であることが多いです。

上司がいなくなったら大半は喫煙所に逃げていると言って良いでしょう。

しかも上司がサボっているのにあなたが頑張る必要はありますか?確かに上司は昔は頑張っていたかもしれませんが、結局サボっている事は変わりません。

若い時は頑張っていたかもしれませんが、サボっているという事実に変わりはないんです。

なのであなたも安心してサボりましょう。いつも全力で仕事をしていると疲れてしまうのは目に見えています。

上司がさぼってあなたがサボってはダメなんて事はありません。

何回もサボってみて要領をつかもう

メンタルが弱い人は、非常に真面目なためあまりサボる事を知りません。

なので最初はサボる為の加減が分からない事が多いです。

たとえばサボりと言えないくらい、短いものやサボる時間が長すぎて逆に怒られてしまったりとちょっと間違いが起こるでしょう。

しかし何度も実験してみて、自分が一番楽が出来て怒られない範囲のサボり方を見つけてしまえば、簡単に仕事が長続きしますよ。

最初は怒られるけど、段々と諦められる

サボっているのがばれると流石に怒られます。しかしそれは最初だけです。

1日、2日は怒られるかもしれませんが、1週間もするとどんな人でも諦めて何も言わなくなります。

そして諦められたらこちらの物です。一度諦められるとあいつはああいう人間だと思われるようになり、サボっている事に対して誰も違和感を感じません。

サボっているのが普通になるので、分かってはいるけど誰も言いません。これが人間の慣れというものです。

働く時間は長いので効率よくサボろう

あなたが今20歳だったら後定年退職まで40年以上あります。今は65歳が定年ですが恐らく40年以上も経つと働く時間はもっと伸びます。

今、言われているので70歳まで定年が伸びるという説もありますが、これが本当になったら50年以上は働かないといけません。

50年は短い様にみえますが、実際に体験するとそうとう長い人生です。そんな長い人生でいきなり全力疾走したら疲れてきませんか?

人生はマラソンと良く言いますが、まさにその通りで自分のペースでゆっくり走らないと、いずれか体力が切れ、足が疲れ、胸が痛くなり走れなくなってきます。

なのでサボる事は良い感じに言うと休憩時間です。

体力を回復させて、足の疲れを癒し、胸の苦しみをとるそれがサボる事です。

なので効率よく良い感じにサボって、仕事を長続きするようにしましょう。サボると成長しないなんて言われていますが、別に成長して立派な人生なんて目指さなくて良いです。

あなたが平和に過ごせるならそれで、十分勝ち組の人生を歩く事が出来ます。

特にメンタルが弱く、精神が不安定な人は毎日を生きるのに必死です。なので今を乗り切る事が非常に大事です。

関連記事:リクナビnextの評判を実際に取材!そして分かった驚きの真実とは?

関連記事:【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする