メンタルが弱い人が転職で90%成功する5つの方法

メンタルが弱い人が転職で90%成功する5つの方法

メンタルが弱い人で転職に悩んでいる人は沢山います。

  • 転職が上手くいくのか?
  • 人間関係が悪かったらどうしよう?
  • 残業が多かったらどうしよう

など悩むことが多すぎて疲れてしまいます。今回は転職をしようと迷っている人に為に、転職を成功させる極意を教えていきます。

挨拶は大きく

まず面接に行くときですが、挨拶は大きな声ではなすのが良いです。

いまさら小学生みたいな事を教えていますが、これが大人になると出来なくなる人が非常に多いんです。

まず、多くの人が挨拶は何の為にやるの?と疑問に思う人が多いです。確かに仕事の初めと仕事の終わりにする挨拶は普通にみると無駄な行為に思えてきます。

しかし挨拶は非常に重要なものなんです。挨拶と言うのは礼儀だけではなく、「私はあなたともっと仲良くなりたい」と好意をあらわす行動なんです。

初対面の人同士だとお互いに警戒をしてしまいます。面接なんかは特にそうですよ。電話で面接の時間を聞いただけでお互いに顔を知らないので、警戒心は非常に強いです。

そこで気持ちよく大きな声であいさつをすると面接官に「こいつは敵じゃない」と人間の本能が許してくれることになります・

だから挨拶は非常に重要です。極端な話、ハキハキとした大きな声で挨拶をするだけで合格になる可能性だって十分にありえるのです。

なので挨拶は非常に重要な事だと覚えておきましょう。

目線は眉毛と眉毛の間に

メンタルが弱い人は人と目が合わせられない人が非常に多いです。

どうしても怖い、恥ずかしいなどの理由で目線が下に向いてしまいます。

しかし、面接官も目線が下にあるとすぐに分かってしまいます。それどころか目線が一度も合わなかったら印象が微妙な感じになってしまいます。

しかし、目線を合わせるのが慣れていないので難しい人もいます。そんな人は眉毛と眉毛の間をみる事をおすすめします。

眉毛は目の少し上にある所なので、そこをみると自然と目線が上がります。目線は下にあるより上にある方が印象は非常に良いので、これだけでも効果が高いです。

そして眉毛と眉毛の間をみる事で面接官はキチンと目をみて喋っていると錯覚を起こします。

目は合わせられなくても眉毛は見れますよね?どうしても目を見るのが苦手というひとはぜひ試してください。

身なりは整える

身なりはいつも以上に整えないと面接官との印象が悪いです。

しかし、これを言うと「身なりはちゃんとしているよ」と否定する人がいるかもしれませんが、意外と甘い所が多いです。

例えば爪は大丈夫ですか?爪は目立たない所なので、面接官はみていないと思いがちですが全くそんな事はありません!

むしろ面接官はあなたの全身の身なりを人通りチェックしています。頭の先から靴の先まで細かく見ている場合が多いです。

なので爪も当たり前の様にみられています。爪が長いという理由で内定を落としたという体験談もあるので、爪を切るのは忘れないようにしましょう。

そして次に問題なのが髪の毛です。髪の毛は男性なら短い場合が多くて安心しそうですが、問題なのはボサボサの髪の毛です。

男性は髪の手入れを細かく、丁寧にやる人が少なく、ボサボサになりがちな人が多いです。寝ぐせの様にたっている髪の毛は面接官は良いとは思いません。

髪質のせいもあるかもしれませんが、髪が立たない様に朝にしっかりとお湯で洗う様にしましょう。

最後にズボンです。ズボンも下にある為見られていないと思いがちでかなりしっかりとみられています。

男性のスーツのズボンはダボダボになる人が多く、よくみるとズボンが長すぎてしわだらけになる人がかなりいます。

シャツはバッチリ決まっているけど、「ズボンに関しては残念!」そんな人が沢山です。なので面接に行く前にしっかりと裾上げをして、ダルダルのズボンをはかない様にしましょう。

貯金は半年分まで貯める

さて、ここからは面接の話ではなくメンタル面やお金のことを話していきます。

まず余裕がある人だけで良いので、よく聞いてください。貯金は絶対に半年分以上は貯めた方が良いです。

「貯金なんてしなくても1か月で就職先を決めれば良いんでしょ?」と思う人がいます。しかしそれはかなり甘い見積もりです。

半年というと6か月程ですが、この時間は思った以上に早く進む事になります。

まず会社を辞めて最初の1か月から2か月ですが、会社を辞めた開放感のせいでかなりゆっくりしてしまいます。

それどころか、提出する書類が地味に多いためそれの処理をしていると、2か月なんてあっという間です。

そして3か月から4か月目くらいにやっと就職先を探しますが、これもじっくりと選んでしまう事が多いです。

なぜならまた前の会社の様な所は嫌だから。また辛い思いをするのは嫌だからです。

転職しようとすると、贅沢を言うのは仕方がない事。むしろブラック企業に当たらないためには確実に必要な事です。

しかし、ハローワークで求人を探しても、意外と求人数が少なくあっても明らかにブラック企業の臭いがする所しかありません。

そして5か月目から6か月目とこれで貯金がなくなります。

例えばハローワークに求人の応募をしても面接が2週間後だったり、3週間後だったりとかなりの時間待つことになるので、思った以上に早い事は確かなんです。

この記事をみたあなたは、半年はあっという間、それこそ1か月で転職しようとは思わなくなるでしょう。それどころか転職する時に行動が早くなってくれるとありがたいです。

そして話を戻しますが、貯金は先ほど言った通り、半年分の生活費、本当はもっと貯めて欲しいですが今の会社を早く辞めたいという願いがあるので、最低ラインだけ書きました。

そして出来るなら1年分の生活費を貯めた方が絶対に良いでしょう。1年もあればかなり余裕をもって行動が出来るので、焦る事もなく、確実に転職を成功できるでしょう。

何回でも落ちる覚悟を持つ

メンタルが弱い人は一発で面接を決めたくなりますが、ここは何回でも落ちる覚悟をした方が良いでしょう。

確かに運が良いと面接は一発で受かる事があります。それこそダメかもしれないと思った所から内定を貰えることだってあります。

しかしそこまで甘くないという覚悟もした方が良いです。

受けた所がことごとく落ちてしまう事だってよくある事です。普通の人なら数撃てば当たる戦法でごり押しの内定を貰いますが、メンタルが弱い人はそんな事もいきません。

一度面接に落ちると自分の全てが否定されると思うのがメンタルの弱い人の特徴で、弱点でもあります。

一回落ちただけでボクサーに殴られてくらいの衝撃があるのに、何十回も落ちていたら最悪の場合うつ病になってしまいます。

しかし、こういうのは心構え一つで簡単に変わります。なので何十回も落ちる覚悟をして転職活動に挑みましょう。

それだけでも心のダメージが天と地ほどの差があります。

1つ1つ全力でやれば10社も面接すれば受かる

とは言っても1つ1つ全力でやる気持ちで行けば10社も受ければ内定を貰えるでしょう。

よくあるのが、3社ほど落ちてからやけになって、会社情報も調べず、面接対策もしないで、身なりも整えない、最悪の場合挨拶すら忘れると言う人もいます。

それだとニュースで時々聞く、100社受けても内定を貰えない人と同じようになってしまいます。

なので落ちたとしてもやけにはならずに、1社ずつ丁寧にそして全力でやる様にしましょう。無理やりでも明るく振る舞えばあなたを欲しいと思ってくれる人が必ず出てきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする