仕事のマインド

仕事が断れない時のストレスが3分でなくなる対処法

 

人の頼みが断れない人は日本人で沢山います。

 

特にメンタルが弱い人は人の頼みが全く断れなくて、仕事を頼まれると自分のキャパオーバーでも無理やりやってしまう人がいます。

 

だけど本心は仕事を断りたい、飲み会を断りたいと思っているでしょう。

 

そんな人が仕事を断りたいと思った時はどうすれば良いのか?今回は人の頼みを断る方法と心構えを書いていきましょう。

 

断れない人の特徴とは?

 

では最初に断れない人はどんな特徴をしているのかを書いていきましょう。

 

真面目

 

断れない人の多くは真面目な人です。

 

それこそ、仕事中は一切手を抜かないくらい真面目な人が多いので、仕事となったら全て引き受けてしまいます。

 

その真面目な性格のせいで、常に自分の限界を超える仕事をしますが、断れないのは真面目な部分があまりにも強く過ぎるせいでしょう。

 

優しい

 

断れない人は、非常に優しい心の持ち主です。

 

それこそ常に他人の気持ちを考えて行動する優しい人です。

 

そんな優しい人なので、特に断る事が出来ません。

 

たとえば断りたい時も「断ったらこの人困るだろうな…」とつい相手の事を考えるので、全く断る事が出来ないでしょう。

 

気が弱い

 

断れない人は、少し気が弱い人が多いです。

 

特に上司など立場が上の人に対しては非常に気が弱く自分が出せません。

 

極端な人だと同僚や後輩すら自分が出せない人がいます。

 

そのせいで、断りたいけど自分が上手く出せないため上手く断れない事が多いです。

 

関連記事:20代が転職を考える11個の驚くべききっかけとは?

関連記事:メンタルが弱い人はこれを使え!転職に迷った時の決断方法6選

 

受け身が多い

 

断れない人は常に受け身になる事が多いです。受け身とは

 

  • 自分を出せない
  • 仕事では命令を待つ
  • 自分から意見を出すことが出来ない

 

などなど、自分から何かをすることがありません。

 

受け身の人は、自分の意見を出して傷つく事を最も嫌うため仕事は全て受け入れる。そんな人が多いです。

 

嫌われるのが怖いと思う

 

断れない人は、断ったら嫌われてしまうと思ってしまいます。

 

断れない人は、人間関係が悪くなるのが実は最も嫌いです。給料が低い事より残業が多い事より仕事内容がつまらないと言うより、人間関係が悪い事が一番嫌いな事なんです。

 

そのため下手に仕事を断って嫌わる。または陰で悪口を言われる事が嫌なので、仕事を断らない事が多いです。

 

断れないストレスの対処法とは?

 

断れないのは非常にストレスが溜まります。いくら受け身の人でも嫌われるのが嫌な人でも、仕事が増えればそれだけストレスが溜まるでしょう。

 

そこで次はストレスの対処法と仕事が断れない時の対処法。両方書いていきましょう。

 

1か月に1回で良いので何かを断ってみる

 

断れない人は慣れていないだけです。

 

それこそ断るのが怖いせいで、ついつい自分が慣れている方をやってしまいます。

 

なので、いきなり勇気をもって断ってみようとか言われても無理ですよね。

 

だったら、いきなり嫌な事は断るのではなく1か月に1回で良いです。嫌な仕事を断る練習をしてみましょう。

 

1か月に1回くらいだったら何とか出来るのではないですか?

 

それこそ断る事が成功しなくても良いです。断る姿勢をまず身に着けることが大事なので、絶対に仕事を断って引き受けるなとは言いません。

 

まずは断る事に耐性をつけることから始めましょう。

 

誰かに助けてもらう癖をつける

 

仕事が断れないのはしょうがないでしょう。それこそ上司に無理やり押し付けられることがあるので、どうしても断れない事情があると思います。

 

ならせめて、誰かに助けを求めてみてはどうですか?

 

断れない性格の人は、誰かに頼る事をあまりしません。それこそ限界を超えても自分1人で解決しようとするので非常に大変な思いをするでしょう。

 

たとえば同僚の子に手伝ってもらうとか、まだ話しやすい上司に手伝ってもらうとか、話しやすい人にぜひ頼んでみましょう。

 

ちなみにこれも1か月に1回で良いです。徐々に助けを求める事に慣れることが重要なので。

 

自分を一番大切にする

 

断れない人は自分はどうなっても良いけど、他人は絶対に助ける優しい人です。

 

確かに他人を大切にするのは良いですが、結局自分を一番大切にしないといけません。

 

たとえばあなたが今会社を辞めても、会社の人は誰1人転職を手伝ってくれることはありません。

 

たとえあなたが借金を背負っても、誰かお金を代わりに借してくれるわけでもないでしょう。

 

この様にいざという時は自分一人で何とかしないといけません。結局皆自分を一番に考えています。

 

なのであなたもまずは自分を大切にしてみましょう。自分を優先すると断る勇気も出てきますよ。

 

セミナーにいってみる

 

セミナーと聞くと怪しい響きですが、大事なのは心構えを変える事です。

 

セミナーは、メンタルを強くするセミナーなどがありますが、そう言うのに行くと案外簡単に自分は変わります。

 

自分で言うのもなんですが、こうやってネットをみて勉強するより、お金を払ってセミナーに行く方が何倍も経験値は高いです。

 

私も昔副業を学べるセミナーに行ったことがありますが、ネットや本では絶対に貰えない情報が沢山貰えましたり、何より副業をする仲間が沢山いたのでやる気が格段に上がりました。

 

たとえばDVDで歌手のLIVEを観るのと、実際に現場にいって生の歌手の声を聴くのでは楽しさがまるで違います。

 

なので、セミナーなどにいって直接メンタルを強くする事も大事になっていきますよ。

 

映画を観て勉強する

 

断れない時は映画を観て勉強するのも良いですよ。

 

映画には人間の性格がよく出てることがあります。

 

あなたと同じように、断る事が出来ない人が苦労する話もありますしそう言った映画を観ることで何となくヒントを貰う事も出来ます。

 

もちろん世の中映画のように全てが上手くいくハッピーエンドにはなりませんが、それでも多少真似できるところがあるでしょう。

 

ちなみに映画ですが、借りに行くのが面倒だ。そんな人にはHuluという定額で映画やドラマが見放題になるサービスがあるので、ぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓

Huluの無料登録はこちらから

断ったくらいで嫌われないと考える

 

何故断れないのか?それは人に嫌われるのが怖いと思ってしまうからです。

 

メンタルが弱い人は人の頼みを断ると嫌われてしまうと思っています。しかも人間関係で苦労するのが嫌だから出来るだけ相手と戦いたいと思ってもいません。

 

だからとにかく平和にすごそうと相手の頼みが断れないです。

 

ですが、人は頼みを断ったくらいで嫌いになる事はありません。それは確かに断られた人は一瞬だけイラッとするでしょう。

 

しかし、イラッとするのはその人の器が小さい事や偶然ストレスが溜まっていただけと言う事があります。

 

つまりあなたのせいではありません。全て相手のせいなんです。相手が勝手にイラッとして、ストレスを溜めているだけなので、あなたには関係ありません。

 

その人は誰に対してもイライラしますし、怒るので大したことではありません。

 

それに人は断った事に対してはすぐに忘れます。人の記憶と言うのは簡単な事だったら1時間もすればすぐに忘れてしまう生き物です。

 

例えば夜にネットニュースをみたとしましょう。あなたはそのネットニュースの内容を完璧に覚えていますか?例え生活に便利な事でも、お得情報でも自分に関係ない事だったらすぐ忘れてしまうのではないですか?

 

それと同じで断られたくらいだったら人間の脳は簡単に消えてしまう物です。なので1度や2度断られたくらいでは嫌われません。

 

 

なので安心して仕事を断ってください。もちろん手が空いている時は引き受けるようにもしましょう。

 

 

自分の仕事は沢山あると伝える

 

断れない人は自分の仕事が沢山あっても無理やり引き受けてしまう事が沢山あります。

 

仲の良い人や部長など目上の人の頼みは特に断れません。

 

そんな時は自分の力不足を認めたうえで丁寧に仕事を断りましょう。

 

例えば部長から仕事を頼まれたら「すいません、いま自分の仕事で手いっぱいでちょっと難しいです。もっと効率よく動けたら良いんですが、まだまだ力不足で…」と言う風に自分の仕事が沢山ある事を言い、更に自分はまだまだ力が足りない事を伝えられるとやんわりと断る事が可能です。

 

しかし、人と話すのが苦手なあなたは毎回この言葉を言えるとは限りません。

 

なので1週間に1回だけで良いです。先ほどの言葉で勇気を出して断ってみましょう。いきなり全ての頼みを断る勇気は中々出来るはずがないです。

 

しかし、練習しないと何も始まらないのでやってしまうのが一番良いです。なので1週間に一度だけ仕事を頼まれたら先ほどの様に意識して上手に断ってみましょう。

 

 

期待にはこたえないようにしよう

 

断れない人は人の期待に全てこたえようとします。

 

それこそ無茶苦茶な仕事を頼まれても張り切ってやってしまい、そして失敗するのが結局いつものパターンです。

 

なので期待には応えない。相手の期待があってもそれを無視する事をしましょう。

 

そもそもメンタルが弱い人はあまり頑張ってはいけません。向上心が高い事は良いですが、あなたの本当の心は責任が重いのは嫌だと言う事です。

 

昇進には興味がなく、日々を平和的に暮らせれればそれであなたは満足のはずです。しかし人に期待されると嬉しくなってしまう為、ついつい頑張ってしまいます。

 

だけどよく考えて下さい、あなたは今の会社で偉くなりたいですか?本当に課長クラスの人になりたいですか?

 

もしよく考えて違ったら、一度自分がどうやって仕事をしたいかを考えてみましょう。

 

あなたが本当に望んでいる事。それは仕事と趣味のバランスを良くする「ワークライフバランス」を実現する事ではないですか?

 

上手に断る技をつけよう

 

先ほど言ったように上手に断れる技を学びましょう。

 

よくやってしまいがちなのが、仕事を頼まれると「出来ません!」「無理です!」と一言で断ってしまう事です。

 

これは人との会話が苦手な人が早く会話を切りたい為にやってしまう事ですが、これでは普通に断るより相手をイライラさせてしまいます。

 

なのでちゃんとした理由もつけて断りましょう。例えば「今ちょっと仕事が立て込んでいて出来ないです」とか「すいません、仕事が溜まっていて今の自分では難しいです」など自分の力不足をアピールしたうえでしっかりと断りましょう。

 

しかし、まず練習をする事が大事です。先ほど言ったようにいきなり全ての頼みを断るなんて難しすぎて出来るはずがありません。

 

なので1週間に一回だけで良いので、誰かに仕事を頼まれたら意識して断る。そんな感じで少しずつ練習を繰り返して行けば良いです。

 

まとめ

 

断れない苦労は沢山あります。それこそ今のままで良いかな?と思う事もあるでしょう。

 

ですが、断れないというのはあなたにとっても非常にストレスが溜まります。

 

自分の仕事で限界なのに、新しい仕事を押し付けられたらストレスが溜まりますし、行きたくもない人からご飯の誘いがあっても行きたくはないでしょう。

 

結局断る事が出来るということは、あなたのストレスをなくすことにもつながります。

 

なので積極的に断れるように訓練する事が大事ですよ。

 

先ほど言ったように、1か月に1回嫌な仕事を断ってみるのも良いですし、Huluで映画を観て参考にするのもいい方法になるでしょう。

↓↓↓

Huluの無料登録はこちらから